2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

  • 2011627
無料ブログはココログ

家   族

2024年3月13日 (水)

1年まわって うちの草

寒い! 

いっときあったかかったころ、まだ啓蟄でもないのに、庭からカエルの声がしてましたが
「ちゃうで。まだやで。」
と言うときました。

私が弱くなったからか、今冬は、灯油の購入数が多いです。ガス代も去年より高いです。

まだまだ寒く冷たいけれど、太陽がだんだん北よりから昇り沈むようになってきました。20240311
こんなのを目にすると嬉しくなります。(*^_^*)
気も晴れて、身体も心なしか早く動けてるようです、心なしか。

庭に出る勇気をふりしぼってぇ~、
足元を見ると、
草は元気に伸びてきています。

ホトケノザ、ナズナ、カタバミ、ハコベ、タンポポ・・・・・。
昨春みつけたものたちがまた。

植えた水仙は遠慮がち。20240311_20240313154401

つやつや光を反射して、
美味しそうでさえあります。

送られてきた動画で、
孫が言うてました。
「じゃじゃーん。ばじごっくり(マツボックリ)、おいしそーだね。」
かわいいでしょ?
植物見て美味しそうと思うのは、自然かな遺伝かな?

話はそれますが、20240311_20240313154402

ちなみに私は水族館でも、美味しそう~と思ってしまいます。(^_^;)

2024年3月 7日 (木)

ママの ばんぼ

送られてきた動画 ♪

孫が白いタオルみたいなのを巻いている。

ママ「あれ?それ、ママのヘアバンドじゃない?」

 孫  「ぶぁんぼ、ばんぼ、ママのヘアバンド。」
    ばんぼ、って、ヘアバンドのことだったんだね。すぐに覚えて修正できるのが、さすが新鮮な若い脳!

 孫 「アタシタチ、もってきたんだ~。」
    タチと複数形なのは、パパが入っているから。パパを入れてる言葉を意識してるのか丸覚えなのかはわからないけれど、ふむ、パパもママのヘアバンドをつけさせられておる。パパは、孫がマウントとれる(と思っている)遊び仲間らしい。

 孫 「***(パパの名前)はピンクの。アタシ、ピンクのばんぼ、ちょうだいの。」
    パパがピンクのヘアバンドつけてスマホをのぞいている。

パパ「ぁ、これ、つける?」
    関東アクセントだ。息子は関東人になりつつある。

それにしても、

いっちょ前にアタシタチやアタシなんていう言葉、保育園でゲットしてきたのかな。録画だと細切れだからなお、孫の成長著しいのがわかる。うれしいなぁ。

あとね、

ママに「行ってみようよ」「ちょっとおいで」なんて言ってるのも、おしゃまで可愛らしい。息子の時とはまた違った言葉ゲットの仕方。おもしろい。フレーズで覚えていくんでしょうかね。ママや保育園の方達に、よく話しかけてもらってるんだなぁ。
私も、もっと息子に話しかける心の余裕があったら良かったんだろうなぁ。

うまく言えないのも、大人顔負けのフレーズも、どちらを見ても、嬉しい!

けっこう長く’文’でしゃべってるよ~。
うちの孫、賢いんとちがう?✨

 

って、

アタシ、バババカカ(婆馬鹿か)な~? (*^_^*);

 

2024年2月 6日 (火)

パパ鬼はぁ~~うち♡

ママから、かわいくゆかいな豆まき録画が送られてきました。

.

パパ鬼:***な子はいないかぁ~。

 孫 :あれ?(声のする部屋へ、行く)

パパ鬼:かわいい子はいないかぁ~~。(上下黒のジャージ?で画面に登場。赤鬼のお面をつけている)

 孫 :えへっ。(^○^)ニコニコ

パパ鬼:かわいいかわいい子はいないかぁ。食べちゃうぞ。

 孫 :逃げど(ろ)。(^○^)ニコニコ

パパ鬼:あ、かわいい子がいた!

 孫 :えへっ。(^○^)ニコニコ

パパ鬼:連れていくぞぉ~~。

 マ マ :タイヘンだ!鬼はぁー外。(と、豆代わりに小さなフワフワボールをパパ鬼に投げる)
    ほら、やってみて。

 孫 :(テーブルの前に座って)投げない。(^ヘ^)

パパ鬼:こっちへ来いっ。

 孫 :いやだー。(ママの足にしがみつきながらフワフワボールを拾う)

 マ マ :鬼はーそとっ。福は~うち。はいっ、ほら。

 孫 :う(ふ)くはーうち。

パパ鬼:いっ痛いっ。痛いよ~。やめてくれ~~~。

 孫 :うくはーうち。

.

今日は、なんでパパがこんなことしてるんだろ? 
パパ、痛いって言ってるよ。投げたらダメだもん!助けてくれって、言ってるもん。
パパ、外に出たら寒いでしょ? パパは、おうち🏠。
パパは内。福は内。

と、まだ こんなに言葉で思ってたわけではないでしょうが、20240119_20240206111701
なんだかそんなふうに見えました。

パパ鬼、お面の奥の目は、ママの目と同じように、優しく笑ってたんだろうな。
まだ小さい子が怖がらないよう、セリフなども両親ふたりで相談した気がします。

動画を見ている私は、ほっこりにっこり。

散歩道では、すでにロウバイがいい香り。晴れた日は、その花びらが陽を透かしています。

 

 

2023年12月30日 (土)

あ~じ~ざん!

送られていた録画のなか、孫が言っていました。
児童公園かな? 
しゃがんで、うれしそうに大きな声で、地面のなにかに呼びかけています。

(^○^)「あ~じ~ざん!」
マ マ 「あ、ほんとだ! アリさんだね~~。」
     さすがはママ。1才語がわかる✊。
(^○^)「あ~じ~ざん♪」
マ マ 「アリさ~ん、こんにちわ~。どーもぉ。」
(^○^)  しゃがんだまま、おじぎしてる。かわいい♡。
      身体、やわらかくてバランスしっかり。
      私なら、きっとふらつく。この1才孫の方が、今の私より身体能力ある、よな。

アリは、孫にとっては友達というか、いいイメージなんだな。絵本で見たのかな?

と、私の中のアリイメージが、1才の孫のそれとかけ離れているのに、改めてびっくり。(;_:)
人生経験というのは、大きい、うん。

先日、うちの網戸にしゅっとした虫が留まってました。
202312_20231229132501スバカゲロウかなぁ。
あったかい日。
カメラを通して見ると、触覚とか足とかを手入れしていました。
(もはや、自分の目だけでは、細く細かいモノはみえません (;_:)。悲しいかな⤵)

 

このウスバカゲロウの幼虫が、アリジゴクなのだそうです。
だとしたら、季節めぐったら、アリなぞ退治してくれるのだな。
よしよし。

と思ってしまっている私の思考経路の、なんと経験積んだことでしょ。

 

2023年12月27日 (水)

冬瓜のくずひき。

「冬瓜、ってな、まるごと保存しといたら冬までもつ(食べられる)から、冬瓜って言うんやって!」202312_20231227163301

小学生だった息子が、学校で聞きかじってきた情報を教えてくれた冬瓜という名の由来。その日、給食に出たそうです。

得意げに言っていた息子の顔、なつかしいなぁ。私の中ではついこの間のことみたいなのに、実際、時はもう四半世紀過ぎています。四半世紀たった当の息子は、孫の公園遊び仲間(?)になってます。

11月息子たち家族が帰京するときのために買っておいた冬瓜。
結局使わずに済んでしまいました。

1個を切って、食べることに。

ネットで調べたら、皮も種のある綿の部分もみな食べられると出ていたんですけど、それは収穫後すぐの冬瓜のことだったよう。
冬瓜も時を経ればそれなりに硬くなる。そりゃそうだ。写真のとおり。
皮を刻んでキンピラに・・・・しても、
皮わたを塩漬けに・・・・しても、食べられませんでした。20231213
残念!大量の生ゴミ!

結局、いつものように煮て、くずひきを。
たくさんできたけれど、大根でつくるよりも柔らかく、のどをすっと通るので数日でおいしく完食。

餡がミンチだけでは物足りなくて、いろどりに人参やネギ・銀杏を入れたけれど、ちょっと賑やかすぎた気もします~~(*^^*)。

 

 

2023年11月28日 (火)

パッカさん

息子家族が墓参帰京してくれました。なんと今年は3回、彼らに会えました ♪ 孫の成長がおもしろい。やはりヒトっていいなぁ、って思います。

言葉。

口はまだうまく使えない(舌とか唇とか)のに、いっちょまえに表現しようとしている。いつも一緒にいるママやパパ(息子)とは会話としてつながっている。2~3語文になってます。

「あで?ばぐどこった?(=あれ?バッグ、どこいった?)」
「にゅーにゅー いなない(=牛乳、いらない)」
「ママ、おいで、こっちこっち」
「おさかな、いたーーー」
「あくさ おもちゃちゃったって(=アレクサ、おもちゃのチャチャチャを歌って)」
*アレクサとは、パッドにはいっているメニュー?名称、かな?
「いたいよ=痛いよ」
                        

それから、感情。

「できない」「つたわらない」ことへのもどかしさ・くやしさから「泣く」「怒る」。
あと、うそ泣きとか。

「でぃきないよ~(できないよ~)」
「おこどぅー(=怒るー)」
*これは大人が強い口調で言ったとき「怒らないで」と伝えたい、のかな?

前回の8月も今回も、カッパぬいぐるみがお気に入り。つかみやすいやわらかさと大きさ。サンタも一緒に並べておいたの202308_20231128113601 に、迷わずポイっとカッパをとりました。

カッパがどうしてもパッカになり、それがまたかわいい。
「パッカさん、どーじょ」
と、自分のお茶を分けていました。ごっこ遊びが生活の中に入ってるんですね。

そうそう、今回は私を「ばぁば」と呼びかけてくれました。
よし。

 

 

2023年9月27日 (水)

オーレ・ルゲイエ〰〰 (;゚ロ °;)➰

朗読レッスンは、来4/6朗読会のためのレッスンに入りました。

私は、この台本では初レッスン。
来年はアンデルセンです。

私のアタマの中は、今、迫りきたる10月P'act文庫のことでいっぱいなのだけれど、
新しい話の本を手にすると、わくわく💕

話の中に‵オーレ・ルゲイエ’という人名が何度も出てきました。

言えません!

何度出てきても
‵オール・レゲイエ’になってしまう~~。

どーしたことだ?!
いつも愛用しているオールインワンとこんがらがっているのかっ?

にしても、こんなに何度も同じように言い違えてしまうことがふがいない。
10P'act文庫が終わったら、こんどはこのオール、あ、ちゃう!、オーレ・ルゲイエを口にしみこませよう✊。

と心に留めてスマホを除くと、

最新の動画で、孫が楽しそうに「ず~ち、んわんわ」としゃべっておった。
「(アンパンマンの)チーズ、ワンワン」
のつもりだな。

ワンワンって、言えてたのになぁ。。。
楽しそうにこんがらがってるなぁ。
(そこがまたかわいい)

! 202310_20230927161701

私はまずは10月だ!

家稽古では言えてたのに本番だけカンだ💦ってことにならないよう、
(こっちは、かわいい、とはならないだろう)、
今は、今の話を口にしみこませよう✊ 

10/8 P'act文庫。


まだ空席あるそうです。
予約をお待ちしてます✋😊。















 

 

 

2023年9月24日 (日)

25年ぶりのYAMAHA。\(* ロ *)/

かつて仕事で使っていたYAMAHAのキーボード。20230922
今の家に引っ越してきてから(最後の勤務地へ転勤してから)、1度もその保存バッグを開けてないことに気が付きました。

25年後の今。

おりしも、

録画のなかで、孫が ♪アンパンマンはきみっさー♪というママの歌に合わせて楽しそうにリズムとったり、語尾だけ得意そうに歌ったりしてるのを見てふいに、思い出したのでした。

朗読稽古の前にちょっとYAMAHAバッグを開けてみよう。
まだ音が出るかなぁ。

バッグ周りのホコリ掃除はしていたものの、多湿な我が家。
はてさて、どうなってるんやろう。
部屋の片隅から、引っぱり出します。
どきどき。

アルコールシートでバッグの外側を拭きまして、ファスナーを開けると・・・・
中からなにやら粉ホコリ!! もわっ。
そぉーーっと本体を引っぱり出すと・・・・
茶色い粉がこびりついておる!!! なんやこれっ。
アルコールシートで本体を拭きまして、そおぉっと取り出します。
黒っぽい荒い粉がいっしょに出てきました。バラバラ。
してから、バッグをこわごわ覗きますと・・・
バッグの裏に黒いシミ!!!! カビかっ?! プラスチック部品も劣化して粉にっ!!!

よく見ると、バッグに穴が空いておりました。
おそらくここから25年にわたってホコリ・高温・湿気が侵入したものかと我が推理。

バッグは廃棄決定。
本体は、茶色い粉?を取り除くべく、爪楊枝などを使って、再度、四面を細部まで拭きました。

なんかどきどきしてる。 

はぁ。

音は出るかな?

出ました✋。

ちょっと弾いてみよう。
♪ アンパンマンはきみっさー ♪ というのは
♪ ソ・ラ・ソ・ラ・ソラッソー ♪ かな?
私ゃハ長調でしか音を想像できませぬ。(^_^;)

おおおおぉぉぉ~~。アンパンマンの歌に聞こえるやん!

と、ここで、思い出しました。

本当は、
朗読稽古をしようとしていたのだということを。

すでに2時間が経過しておりました。

おっと、
まずはバッグをビニール袋に入れなきゃ。。。。。
床に掃除機かけなきゃ。。。。。。。。。

2023年9月18日 (月)

重いコンダラ

♪ お・も・い~ぃこんだぁら、試練のみぃちぃをぉ~ ♪  

アニメ「巨人の星」の主題歌の中に出てくる、有名な歌詞。
番組最初、この歌とともに流されていた画面(アニメ動画)の中で、星飛雄馬が古タイヤを荒縄で腰につなげたままうさぎ跳びをしていた。

私ゃてっきり、この、古タイヤを荒縄で腰につなげた特訓道具のことを「コンダラ」っちゅうもんやと思っておった。

コンダラつかって鍛えたらさぞ足腰強くなるんやろうな、と。

.

♪ うーさーぎ おぉ~~~いし、かーのー山ぁ ♪

この歌作った人のふるさとは、ウサギが美味しかったのかーーー。

と、思っておった。

.

202309 似たような題名の本を見つけた。

「夜中の薔薇」by 向田邦子(講談社文庫)

♪ わ・ら・べ・は、 見ぃたぁり、野中(の・な・かぁ)の、バ~~ラ ♪
または
♪ わ~~らべ~~は 見~~たり~~、野中(よぉぉぉなかぁ)の、バ~~ラ ♪

なつかしい! 
音が合ってるかどうかはベツとして、
同じ歌詞でちがう二重唱というのが楽しかったなぁ。

この歌を歌ってた人が‵夜中のバラ’と信じて、楽しんで歌ってたという話(エッセイ)かなと、借りた。
このような勘違い話をきっかけに、ご自身の思い出へとつながっていく。
私よりもう一段むかしの、作家さんの話は、その一冊が話のパッチワークのようで、面白い。

で、

このような勘違い歌詞、よくあることなんだなぁと、
これまた楽しい!

例えば、
♪ せっせーと編んだだよ~ ♪
→ ♪ 節制ぃ~ と 安打だよ~~~♪
と信じて歌っていたかつての野球少年だとか。(笑笑でした (*^_^*)

.

ところで先日送られてきた動画の中で、うちの孫は、
 葉っぱ🍂→ あっぱ
 タッチ✋🤚→ アッチ
言葉はじめの子音って難しいのだな。特に、破裂音(?)。
だんだん口周りの筋肉も発達して、周りの反応もたくさん感じて、
言えるようになっていくのだな。

さ。202310_20230918161301

私も、母音や間の長さ、音の高低や色を工夫できる口・舌・喉になりたく、
孫の動画にはげまされてから、朗読練習始めることにしております。

こんなして練習している先の、
ワンコイン朗読会。
P'act文庫。

見とどけに来ていただけたらうれしいです。

 

 

 

2023年8月15日 (火)

初:我が家🏠に帰省

初めて息子達家族3人が我が家🏠に泊まりました。

去年は京都に来て会えたものの、3人はホテル泊。
孫の腰がなかなか座らなくて、地下鉄の駅から我が家🏠まで車移動🚙するためのベビーシートがないからということでした。
ベビーカーはあるのだけれど、駅から我が家🏠までの夏の道のりを、8カ月の赤ん坊のせたベビーカーと大量の荷物とともに歩く🚶のが大変、と

今夏は、息子達からチャイルドシートが事前に届きました。これは、就学前まで使えるのだそうです。

4月には伝い歩きしはじめたばかりだった孫も、少しなら小走りできるまでになってました。
子どもの成長は、早い!

私の興味はやはり、人間はどうやって話ができるようになるのか?、に行ってしまう~。
孫の言葉がおもしろかったです。

4月に私が「ばぁば」をしこんだからかどうなのか(;^_^A、
送られてくるビデオではしばらく、パパのことも「ババ」ママのことも「ババ」と呼んでたように見えたのですが、
今8月はパパもママも「ママ」と呼んでいました。(*^-^*)

エアコンやTVのリモコンを耳に当て「ピシピシ~~ ⇒ もしもし~」
「アパマン」「コッシー」を指さして教えてくれたり、
「ニューニュー ⇒ 牛乳」「チャ ⇒ 茶」「ワンワン」「ニャー」「どーじょ」。

言えなくても聞き取ることは増えて、YesとNoをうなづきや首ふりで答えたり。

帰る頃(3日後)には、なんと「ママだ」「雨だ」と、助動詞「だ」がついてました!
(助動詞ですよね、「だ」)

おもしろいです~!(*^-^*)

布団にカバーかけたり、
息子が使っていた小さな椅子や絵本を出してアルコールで拭いたり、
好きそうな献立を考えて買い物したり、
アンパンマンの歯ブラシやフォークなどを買ったり。
パパママが少しでも落ち着いて食べられるよう、その間孫と遊んだり、
洗濯も炊事もいつもの4倍で、身体はけっこう思ったよりしんどかったけれど、
心はずっと楽しかった。不思議。

3人が関東へ帰った後すぐに台風が来て、布団の片づけがまだ残ってます。20230815
チャイルドシートはいったんはずしました。

ふと見ると、鴨居にかけた赤い風船。
我が家に来る途中どこかでもらったんでしょうね。

しぼむまで置いとこう。