えとせとら

2018年11月19日 (月)

聞こえのサポーター養成講座

聞こえのサポーターって、なんやろう。
というごくシンプルな思いで、この講座に参加してみました。

私は、たまの練習ですが、声という音を使って朗読していますが、それに関係あるのかどうか。「聞く」という動詞に反応してしまったのでした。

「聞こえのサポーター」というのは、聞こえない方達・聞こえにくい方達も聞こえる私達も共に生活できるような心を持って実際にサポートする者、なのではないかと、私なりにですが理解して帰ってきました。

 

講師の方は、生まれた時すでに音がなかった方。

まずは講話。視覚に関しては皆「視力1.2」などと自分の力を覚えているし言えるのだけれど、聴覚に関しては自分の聴力が何デシベルかを気に留め覚えている人は少ない、という話から始まり、聞こえないといっても人さまざまであること、先日のように大きな地震で自分の乗っている電車が止まったとき何が起こっているのかスマホがない場合なにもわからず周りの人に尋ねるのに勇気がいる者が多いなど。 手話で話されるのを、担当の方が声で説明してくださいました。

また、生まれたときから聞こえない者には、音・声というものの概念ははっきりとはわからない、さらに声が高いとか低いとかもイメージを持ちにくいとおっしゃっていました。

じゃあ、聞こえない方にとっての朗読とは? 
話の内容は、見えるなら読んでわかる。でもそれは読書です。話者がどんな思い・イメージを持ってその話を伝えようとしているのかは、、、? 話者の表情・目線も見なくちゃ、字(文章)も読まなくちゃということになるのだろうか。 (ぁ。言うときます。私は、声で思いやイメージを伝える力はまだありません。頭で考えてただけです。(^-^;)。) 

講話の次は、実践。 コミュニケーションの仕方にもいろいろあることを聞いた後、そのひとつである手話を少し教えてもらい、隣に座ってる方と。それから、「聞こえない」体験。厳重に耳栓をして、その上からかけたヘッドフォンからはボリューム大の雑音のなか、グループの話の中に居るという体験。 大勢の会話が進んでいく中、自分だけ聞こえなかったら、どんなことで困るか、どう心が動くか。

この講座で、大きくみっつ、得たことがあります。

ひとつ。

口話では、母音しかわからないのだという、ちょっと考えてみればわかることが、私は今まで気づかなかったのだということ。今まで私は、聞こえなくても手話が苦手な人もいるのだろうし、口話で伝わるのなら口話でいいじゃないかと思っていました。

実際、何十年か前クラスの子に口話で伝えていましたし、職員研修でも「あなたの口話はわかりやすい」とその時の講師の方に言うていただき気をよくしていました。けれど、何の話をしているかとか行動の指示とかはあらかたわかるけれど、具体的な言葉・内容は母音だけではやはり無理だったのでした。

楽しい話をしているというのはわかります。みんな楽しそうだし、聞こえない私にも向いて話をし笑顔をむけてくれるので、私も楽しくなりました。で、聞こえない私が居るということでもありジェスチャーも入れて話していたので「あ。趣味のこと話してるんだな。」とか「食べたものの話だな。」とかもわかりました。

でも、ゴーヤを食べたと思っていたその人に「ゴーヤを食べたの?」と相槌をうとうとしても「ちゃうちゃう。」と言うんです。何回かそのやりとり。研修じゃなく実際なら書くことで伝えるのでしょうね。で、その方は何を食べたのだと思います

餃子、でした。

 

GOYA と GYOZA。 ともに口のカタチは O-A。
あと、一時と七時・卵と煙草・佐藤さんと加藤さんなど。なるほど。

 

ふたつ。

 

コミュニケーションというのは、聞いて内容がワカルことだけじゃないのだという、これもちょっと考えてみればわかったはずのことなのでした。自分たちの話の内容や今の状況の説明を伝えるだけでは、その人は会話に入ったとは言わない。

 

ぁ、食べたものの話をしてるんだ、この人はゴーヤ食べたのかなと思ってその次は、私はきのう味噌鍋を食べたとみんなに言いたい。聞いてもらいたい。そういう返しもあってこそのコミュニケーションなのだと。

 

みっつ。

声・手話・動作・口話、そして筆談さえも、表情・目線・動作(ジェスチャー)はとても大切なのだということ。誰が相手でもどんな時でも大切だと、これもわかってはいるのですけれど、今の私にとっての課題でもあります。疲れてきたりすると、焦点をぼやかして、声だけでなんとかしようとしてしまいます。朗読にも生かせるかな。181118__2





講座の終わりに「聞こえのサポーター認定証」なるものをいただきましたが、、、
もらっていいのか?
私が、もらっていいのか? 

 

これからも、今日得たことをいろんな場で生かせたらいいなぁ。

2018年10月22日 (月)

やっとこさ台風21号の、

や・・・・・・・・・・・・・っとこさ、
うちのベランダ屋根が直りました。180904_161521_3

9月4日。台風21号は、ベランダの波板をぶっ飛ばしていったのでした。 あ。あと、トユも壊れ、その後雨が降るたびベランダに雨がダダ漏れでした。

写真は、我が家が暴風に翻弄されているとき、恐る恐る雨戸と窓を開けて撮った、ぶっ飛ぶ寸前の最後の波板屋根です。バタバタと音たてて狂ったようにひるがえっておりました。屋根はバタバタとヘルプを訴えておりましたし、これが飛んでいって他のお宅を傷つけるやもしれないとも思いましたが、私は怖くてなすすべがなかったのでした。

で、職人さん待ち&材料待ちの末、やっとこさ、修復いたしました。ばんざ~い! o(*^▽^*)o

空が見える屋根なしベランダも、それはそれでまぁオツなもんでしたが、そこに鳥たちがとまって毛づくろいしたりフンしたりするもんで、洗濯物を干すのに困りました。お金はかかったけど、元に戻るというのはうれしいもんです。

私は、屋根がバタバタヘルプを叫んでおる時に工務店へTELしたからひと月半で直りましたが、街にはまだまだブルーシートのかかっているお宅がたくさんあります。順番待ちなのです。みな、早く、もとにもどりますように。

2018年9月17日 (月)

あかり

台風で約20時間停電したとき、電気がなくて一番困ったのはなんだったろうと考えました。

①冷凍食品が解けたこと・・・再凍結したものを少しずつ食べ続け、やっともうすぐなくなります。

②情報が絶たれ、母との連絡がとれなくなったこと。TV・ラジオ・ネット・ケータイすべて要・不要を問わず情報を得るためのグッズだったのでした。この‘情報’の中には、‘台風&避難情報’‘安否’のほかに’正確な時間’というのも、うちの場合。うちの置時計・壁掛け時計はゆる~くちょっと早めに時刻を合わせてあるのです。

③手元が見えなくなったこと・・・玄関に何年も置いてある懐中電灯ひとつ。電池がなくなってきていたのか薄暗い明かり。それが、とても心強かった。

自転車ライトは明るかった! PCから充電するもので、春先に充電したきりだったけど、細かいところを見る時はこれが役に立ちました。

がしかし、、電気がもったいないからと用が済んだらすぐスイッチオフ。そんで、ふつうに明るいときのようにふっとどこかに置いてしまう。どこに置いたか忘れてしまう。小さいモノなのでさがせない。ライトを捜すために、懐中電灯を手探りで捜す。ということが数回。 で、カラの箱を自分の脇に置き、大事で小さなもの__自転車ライト・メガネ・置時計・薬ETC.をそこにまとめて入れたりしました。あとね、バッテリーがきれるまでのPCとライター・チャッカマン(炎は危険だけど)。

ところで、

何かをするには必要だった手元の灯りですが、今回うちは、一部地域だけの停電。 はじめは、なんであの家(うちから見える)は電気(灯り)が点いているのにここいらは停電なんだ!と憤っておりましたが、北海道のようにブラックアウトでなかったのは有難いことでした。

窓を開けてみると、星も月も出てないし街灯も消えているのに、明かりが家の中に入ってきました。これはかなりの安心感。 停電してない家々の灯り・山の向こうの街(修学院や一乗寺)の灯りが曇った空をぼぉぉぉっと明るくしているのです。どこか岩倉あたりのグランドで、夜間照明を一晩中点灯してくれていた気もします。その晩は(台風そのものが過ぎ去っていたこともあって)、明かりを家の中にいれるために、雨戸や障子をを開けました。漆黒の闇ではなくなった、程度のうすい明かりでしたが、朝を待つ気になれました。

夜が明けたとき、明るぅなってきたぁ~~って、さらに身体が緩んでいきました。

指の先ほどの灯りでも、どんな薄い明かりでも、闇の中では支えです。心をぽっと落ち着かせるものなのだと、あらためて思いました。

2018年9月 8日 (土)

台風21号

初めてひしひしと恐怖を感じた台風。

まずは、
私は無事です。

しかし、ちょいと疲れております。

あっちからもこっちからも回りこむ雨風に負けじと一歩一歩 地面を踏みしめて進んだ家への道(朝から休めばよかったのに出勤)。 家へたどり着いたときのカサは、どんな力がはたらいたらこんなふうになるのかと思うほどの形の変わりよう。風が向かってきたときに息ができなかったから、顔だけでもと覆っていたのでした

暴風雨とりまく家の中で聞いた大きな音。ガラスを爪でひっかいたような細高い風の音。ドッシーーーンと何かが倒れた音。ほそ~く裏戸を開けてみたらばそれは我が家の倉庫で、自転車の上に倒れておりビックリ! そのあと数回のドッシーーーン! 雨戸閉めた内側のサッシ窓がしなる手応え。怖くてもう窓あけられない。

風去って、出て見た家周りの様子。 自転車の上に倒れたはずの倉庫は、その後再び風にあおられたようで、なんと、車の後部ドアの取っ手にその角をぶつけていたのでした。 庭に周れば、木が一本倒れており、二階へ上がればベランダの波板屋根がほとんどどこかへ飛んでいってしまい(他の家などへぶつかっていなければいいのですが)。。。証拠写真を撮ったり工務店へ電話したり。

TVで情報を得ていたら停電。停電ダイヤルはずっと話し中。実家も電話がつながらない。とりあえず、使ったことのない懐中電灯と、自転車のライトをテーブルに置く。車で公衆電話をさがし、実家へTEL。つながらない。もしかしたら、なにかあって、受話器にぎったまま母がたおれているのではないか。。。心配なので、車で実家へ向かう。 車中でケータイのバッテリー切れ。

母は無事。ほ。実家も停電。今どきの電話は電気がないとつながらないものだと知る。満員のコンビニで買った弁当を母に渡す。いつまで停電が続くかわからないからと、母がロウソクを灯りにしていたので「火事になるからやめて」とおねがい。もう台風はおさまっていたので、実家の重い木の雨戸をズズズズ・・・・と開け(弟が閉めに来たとか)、ご近所の方と少し話をして心を落ち着かせ、我が家へUターン。

我が家もまだ停電。ご近所と情報交換。なにせ停電でTVが消えたまま。ラジオもPC(ネット)もつかないしケータイもアウトなので情報が入らない。これは想像以上に不安。か弱い光の懐中電灯(防水ではない)を風呂場につりさげて入浴。寝るまでの灯りはこのか弱い光の懐中電灯&自転車のライト&ネットのつながらないPC。そうか。電池やバッテリーは大事だ。

朝起きてもまだ停電。冷蔵庫内の温度が上がって傷みそうなものにガスで火を通し、食べられるだけ食べ、入るだけ弁当に詰めて出勤。アイスクリームバーも1本朝から食べました。

まだ続いてるかもしれない停電のため、仕事終わりの帰り道で懐中電灯と電池を購入。 売り切れ寸前でした。 隣の家に洗濯物がはためいているのを見たときは、ああ電気が来たんだと身体の力が抜けました。家の中へ入ったら、TVが元気にしゃべっていました。 180906_

20時間ほどの停電。 写真は、再び凍ってフッカツしたアイスクリームバーです。棒を下にして冷凍庫内にあったらしく、棒がクリームに埋もれてます。

次の日(台風の2日後)、仕事を1日休んで家周りの片付けを。倉庫を起こすのはひとりじゃ無理で、隣の方が手伝って下さいました。有難いです。感謝です。工務店にも見に来てもらい、とりあえず飛び残っている波板屋根を取り除いてもらいました。今日は、車の応急処置の相談をしに、車屋に行ってきました。周りの人の存在が、ありがたいです。

 

というようなことを書き始めたけど、なんといっても北海道の地震。

 

私の家はすこし壊れたけど、あります。
今は電気が来て、ブログ記事をアップできます。
車も、動きます。
私は、無事です。
母も実家も無事です。
ありがたいです。

 

災害ニュースの見方・感じ方が変わった気がします。

2018年9月 2日 (日)

洗濯のタイミング。

休みの日で、い~い天気で、出かける予定のない日。

夏布団やシーツなど、大きな洗濯をするのは、こんな日でなくてはいけない。

だけどなかなかそんなめぐりあわせの良い日はめったになく、い~い天気の日は仕事だったり、休日は雨だったり。

今日の午前は、伸びに伸びた髪を切りに行く予定。午前の天気予報は晴れsun。なのに起きたらすでに7時で、おかずの作り置きなぞしているうちに、出かけるべき時刻になってしまった。しまった。。。sweat01。 洗濯は帰ってきてから。

昼、帰宅。

まだい~い天気だ、わーい、夏の掛け布団を一度洗おう。シーツも洗おうhappy01

と、洗濯が終わってさあ乾そうとベランダへ出たところでなんと、近所の稲刈りが始まった!

稲刈り時期は外干しできない。ここいらは風が強いので、稲を刈った葉や茎の粉なぞが広範囲に飛散する。仕方がないから部屋干し。乾くかなぁ、掛け布団。

昼ご飯食べたら眠ってしまった。

目覚めると稲刈りの音がしなくなっているflair。外を見るとまだいい天気。風もない!よし。干せるか?外干しできるか?急いでベランダに洗濯物を干しなおす。

30分ほどしたところで、外が暗くなってきた。雨雲cloud。風も出てきた。また洗濯物を部屋に干しなおす。とたんに雷thunder。よこなぐりの豪雨rain。滝の中に家があるような雨の降りようで、閉めた窓ガラスから外の景色が見えないほどだ。これじゃあ車の運転もムリだろなぁ。

洗濯物、セーフ。乾いてないけど、セーフ。よかった、のか?

さ。晩御飯作って、掃除しよ。

2018年8月 5日 (日)

骨導聴力も

仕事で電話をとるとき、3つある電話機のうち、一番私に近い電話機がとっても聞き取りにくくて困っています。他の方達は3つの電話機それぞれ難なく聞き取っておられるようなので、ああ聴力も弱ってきたかー、と耳鼻科へ。

私は実は常に耳鳴り(電波音のような音)がしていて___周りに音があふれていたり、仕事中とかなにかに夢中になっていたりすると気にならない程度___10年ほど前に耳鼻科で聴力検査をしたことがあります。

耳鼻科の先生も「ま~ここらで、も一度検査してみましょかぁ~」ということで、あれから10年後の検査値をとってみることになりました。

前にはなかった骨導聴力検査っちゅうのも、初体験。ヘッドフォンみたいに外耳を覆ってする普通の聴力検査もしましたが、これは外耳の後ろの骨にヘッドフォンみたいなのをつけて検査します。

どんなふうに聞こえるんやろう。わくわくheart04。そもそも、骨から音が聞こえてくるって、、、?

外の音が聞こえないようになってる個室に入り、器具を耳の後ろに装着し、、、、、、

聞こえるんですねぇ! 音が! 骨を伝って!
考えてみたら、振動が伝わってくるのが音だから、あたりまえっちゃぁあたりまえなんですけども。

ん? だったら、ずーーーーーーっとキィーーーンと耳の奥で鳴っている耳鳴りはどこから伝わってくるんだろう? 

ヒトの身体って不思議です。

で、結果。 数分後。 10年前の検査結果グラフと今年の検査結果グラフが重なっているのを、PCで見せていただきました。

「そんなに聞こえが悪いというほどでもありませんよ。心配しないでいいですよ。年齢相応ですから。。。」

年齢相応の耳、ということですな。
目だけじゃなく、私の耳も、フツーに老化しておるということですね。

コマルなぁ。仕事しにくいんやけど。。。。coldsweats02

2018年7月21日 (土)

灼熱の昼休みをどう過ごすか?

数年前、「予想最高気温が36℃」なんて気象情報を聞いて、ひょーそれって体温やん!低体温の人はずっと湯に浸かってるようなもんやん、のぼせるやん!ってびっくりしておったのですが、先日、京都では39.8℃impactなどという信じられない数字が出ましたwobbly。職場に着くととたんに吹き出る汗汗汗。なので着替えを持参しております、チャリ通勤でもランニング通勤でもないのに。。。

昼休みも困ります。180405_1239_2



昼休みぐらいは職務室から出たい。PCの前から離れたい。休憩中省エネな薄暗い部屋に居たくない。

ということで、春は、堀川沿いや御所や旧館の中庭などで持参弁当をひろげていました。

堀川はほそ~い川だし車の騒音大ですがまぁ一人の時間を持てます。水の流れる音が車の音に負けじとかすかに耳に入ってくるのも、いい。

御所は枝ぶりのいい木が見応えあります。アリ・カラスなど近寄ってきますけど180525_1246
まぁ葉擦れの音が心地いい。

ですが夏!この暑さ!いや、熱さ! まとわりつく湿った熱風。 熱で私自身の肉が蒸し焼になってしまいそう。

ということで、たまには職員食堂へ行き、たまには外に食べに行きます。 職務室よりかは、クーラーが効いています。

.

.

.

180227_1239ywcaこの店。YWCAの食堂なのですがとっても居心地がよいです。メニューは日替わりでひとつだけ。でも美味しい。回数券買って、一食につき590円。

でもね。お財布事情がまだキビシイから、だいたいは職場内の「お弁当食べていいよ室」に弁当持って行って食べる。しかしここはなーんか落ち着かない。食べたらサッと席を立って移動。 昼休みの暑(熱)くない居場所を探して日々さまよっております。

夏は好きだったんだけどなあ。

帰宅したら、あえて閉め切っておいた室内は34℃ぐらい。しかも、閉め切っていたのに、畳には老眼に見えないアリがいっぱい侵入してきております。どこからくるんでしょうかねぇ。毎帰宅後、(なんと)コロコロで畳の上を掃除してはアリ退治。

汗噴き出すーー。暑いよぉ~~~crying。え?家のクーラー?夕食~就寝前まで、オンしてますconfident

2018年6月24日 (日)

地下鉄の中で、

先日の大阪北部地震。

 

あの時、私は地下鉄の中にいました。出勤途中でした。
もうすぐ降りる駅やなと本を閉じたあたりで、車内のどこかで誰かのスマホが鳴りました。

 

だれやだれやー、車内でスマホ鳴らしたらあかんやん。マナーモードにしとかな。

 

と思ってるうち、あっちからもこっちからもどんどんどんどんスマホが鳴り、おっと私のケータイも!

 

音があらかた鳴り終わりそうなころ、抑えた声があちこちから。
「じしんや。」「地震やって。」「大阪で地震らしい。」
緊急地震速報だったのでした。

 

地下鉄は、私が降りる駅に停車。たくさんの出勤・登校客とともにドアから降りるとき、車内アナウンス。降りたら駅構内で構内アナウンス。
「大阪で地震発生のため、地下鉄は全線、運転を見合わせます。」 云々。

 

よかった。私は足止めをくらわずに済んだ。いつも通り出勤できる。
とは、一番に思ったこと。自分のことが一番でした。おはずかしい。

 

けど、そんなに大きな地震だったのか? というより、最近は地震に対する交通安全対策が念入りになってきているということかな。それなら安心や。

 

と、思いながら地上へ出ると、息子からメールが入っていました。
「地震、大丈夫やった?」
めったに連絡などしない息子からのメールにまたびっくり。
そんなに大きな地震だったのか?

 

とたんに気になったのは大阪に住んでる友達のこと。地震直後でスマホ人がメールチェックするかどうかわからないけれど、職場についてから、とにかく「地震、大丈夫やった?」メールを。

 

そうや!実家のある伏見はここより大阪に近い。母や!と始業前に母へ電話。
「さっきはかなり揺れたなー。けどなんも倒れたり落ちてきたりはしてへん。怪我もしてへん。」
ということなので、ほ。

 

有難いことに、後はいつもどおり仕事をしました。

 

話を聞けば、揺れたとき地下を歩いていて、今まで聞いたこともないような地中の音がうなっていて怖かったという人。
揺れたとき、それからその後、子ども達がどうしているのか心配でたまらない人。

 

私は、幸いです。

 

実家を見に行くと、2階にあるベランダの床がずれていました。で、2階室内は砂でじゃりじゃりでした。柱近くの壁土が、揺れたときに落ちたようです。 先日のが前触れだとして本震が来たら、築55年の実家は心配ですが。

 

今回気づいたことがあります。あの、スマホ・ケータイへのアラーム音は、文字どおり‘速報’なのであって、もうすぐ地震がきますよ~の‘お知らせ’ではないのだということ。え?知ってました? 

 

で、今回、地下鉄に乗っていた私達は、地震の揺れを感じなかったので、もしも、万が一、上にある地面が崩落してきたらば、地震だということを知らずに死傷するのだなぁと、ぞぞぞぞっとしたことでした。

 

いつも通り仕事を終えて(国から「地震の被害状況を調べて報告してください」的な電話あったのはいつも通りではありませんでしたが)、比叡の麓に帰ってきたらば、会う人ごと「おかえり」の後は「よ~揺れたなーーー!」でした。我が家辺りも相当揺れたようです。

 

我が家に入ってみたらば、風呂場のシャンプーが1本、こけていました。

 

有難いことです。
心配して連絡してくださった方達に
感謝します。
‘いつも通り’でなかった(ない)方々の生活や心が早くいつも通りに(すこしでもかるく)なりますよう祈ります。

 

2018年6月 9日 (土)

2度目のカーネーション

先月の話。180512_2

 

息子からカーネーションが届きました。

花キューピットが
「母の日で~~す♪」
と。

 

これは、先月1番うれしかったこと!

 

母の日のカーネーションをもらうのは2度目です。

 

1度目は、20年ぐらい前。1
「先生がお母さんにあげやって言わはったから、あげ
る。」
と、学童保育所から帰ってきたときに手渡してくれたもの。これもうれしかったなぁ。

 

それからずっととだえていた母の日カーネーションは、うれしい。

 

息子がおとなになったようでもありたのもしく、うれしい。

 

GW帰ってご飯食べに行った時、自分(息子)が支払うつもりだったのに忘れていたから、そのかわりなのだとか。

 

「こんど帰ったらまた一緒にごはん食べに行こう。」
などのメッセージがついていたのも、
ほんまにうれしい。

 

メッセージには「次は彼女もいっしょに帰る」と書いてあったのも、うれしい。
彼女とうまく続いているといいな。いい人だといいな。

 

5月もいろいろあったけど、うれしいことがあると、こころがほくほくしますね。

2018年5月12日 (土)

カレンダーの裏を、

月めくりのカレンダー、ひと月すんだら、みなさん、どうしたはります? 

私はね、適当にハサミで切って、メモ用紙として使(つこ)てます。

この、元カレンダーだったメモ用紙、
実は、クセモノですえ。
わ・た・し、こないだ、えっらいめにあいました~。

うちの月めくりカレンダーは写真の載ってるちょっとしっかりした紙のやつですねん。これを、ハサミで切って、買い物メモにしてましてん。何を買うか、メモしといてね、それだけを買って帰るんです。そうしたら無駄使いを避けられますでしょ?

こないだもね、「食パン・うどん・豚コマ・菜っ葉・ヨーグルト・・・・」ってね、次の一週間に要るもんをメモして車でスーパーへ行きましてんcar

駐車場で並んでるとき、あ、そうや並んでる間に買い物メモを出しとこ、タイムイズマネーや、思てね、メモをカバンから出しましてん。

でね、開いてるスペースにバックで駐車しようとしたとき、ほら、手ぇにメモ持ってたらハンドルきりにくいでしょ? そやし、口で持っとこ~思てね、上と下の唇でメモはさみましてん。

駐車場のおっちゃんがずっと見たはってね。 おし、一回でバック駐車をきめたろう、って力いれました。 で、 一回で駐車成功!(拍手) エンジンきって、よぉーし よしよしhappy01と自分を褒め、勢い余って唇の間から買い物メモをひっぱったら、、、、、、、

ら、、、、、、、なーんとっ、上唇からビッ!wobbly 

唇にも力いれてたんやろなぁ。 力の入った上唇に元カレンダーの買物メモがしっかり貼りついておりましてーーーー、
力いれてひっぱったもんやからあなた、上唇の内側の皮がメモの方にくっついていきましてーーーcoldsweats02
はがれてしまいましたぁーーー、上唇の内側の皮 crying

そら痛いのコワイの言うたらありませんわ。

な。 元カレンダーだったメモ用紙、クセモノですやろ? 
みなさん、気ィつけてくださいね。元カレンダーをメモ用紙として使うときは、けっして、唇で挟んだらあきませんえthink

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

  • 2011627
無料ブログはココログ