2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

  • 2011627
無料ブログはココログ

京都とか近所とか

2021年1月 4日 (月)

白いイノシシ 🐗

正月三が日は、老人ホームとのTELやりとりもあったけど、寝正月ときめこみました。寝正月は、私の理想のんびり正月です。

で今日は、久しぶりに地下鉄を使って護王神社へ行きました。理想の正月で満足だったはずなのに、三日ぶりに歩いて駅まで行き、地下鉄に乗るとしゃんとしてきますね。なまっていたのですね。(^-^;。 日々の通勤乗車はうんざりだったけれども、不思議なもので、久しぶりだと地下鉄に乗るというだけでちょっぴりウキウキしてきます。

右の写真、犬ではなくて、イノシシです。20210104
白いイノシシ。慣れてます。
正月になるとお目見えする、この神社のイノシシです。

足と腰にご利益があるというので、老母へ渡す御守りを買いました。
有難いと思ってくれるかな?
お菓子を持ってきてくれたほうがよかったのにと、部屋に帰ったら引き出しにポイかな? 

おみくじは、末吉。
「願い事は半分かなうでしょう」でした。
半分もかなうんや!♪ よき。

保育園の子ども達が、お散歩兼ねてお参りに来ていました。

20210104_20210104173401 地下鉄駅までの烏丸通沿いに、菅原院天満宮神社があったので、そこにもお参り。
ここには牛がいました。(*^-^*)

老母が安らかな心で過ごせるように、祈りました。

今日も、晴れ。

 

2020年12月23日 (水)

ああふゆがきた冬が来た

20201130 20201216雲のカタチが変わってきたなぁと空を見、

頂が白くなったと山々を眺めて数日後、

.

.

.

.

.

 

うちも雪、積もりました。20201217
洗濯して掃除したらもう消えてましたけどね。比叡の頂から寒さ予告が届いたかんじ。

さっぶいです。まだまだこれからなんやな、さむぅなるのは。ヤやな~。

年々、寒さにも暑さにも湿気にも、弱くなってる気ぃします。 苦手やわぁ、どれも (>_<)。

今朝の寝室兼居間、室温6℃! これからどんどん冬が深まっていくと、も少し下がります。朝一に冷蔵庫あけて、あったかいかも、と思える季節です(どんな季節や!)。雨戸が凍って、朝は開けられなくなる季節です。

お隣さんは、床下暖房工事 👀。うううぅ・・ええなぁ。けど、うちは我慢。がまんガマン我慢の子! 代わりにコーナンへ行って少し厚めのアルミシートを買い、畳と畳敷きの間に敷きました。足指のしもやけ、治るかな。

 

ま、

それなりに、自分を楽しませよう。

20201221

冬至に、数年ぶり庭に成ったレモン4個のうち1個をていねいに採り、半分に切りました。採れたてレモンを切った

202012_20201223163701 ときの香りが、たまりません! 横隔膜を思いっきり下げてぇ、胸いっぱいの深呼吸 。

なんで冬至にレモンを採ったのかというと、半分をレモン湯にするがため。本当は柚子があればいいのですけど、湯船につかりながらのレモンの香りにも、癒されます。

あとの半分は、焼酎in炭酸水に搾って(レモン酎ハイ?)味わいました。焼酎も、レモンを入れると甘くなるような気がします(注:私個人の見解です✋)。

てなわけで、

無職なのをいいことに早めの大掃除を済ませ、冬ごもりに備えておる日々であります(*^-^*)。

   〇〇〇〇〇 ああふゆがきた冬が来た

さて、この句の最初の五文字。 なに入れます?

2020年11月14日 (土)

大原朝市2020秋【鹿角編】

野生動物と私たちヒトとの共存は、難しい。。。むむむ(-_-)

の住んでいるところは山の麓。いろんな動物と遭遇します。

引越してきたころは、夜、車ライトの前をタヌキ?イタチ?が横切ったり  (;゚Д゚)、ベランダでなにかバタバタ音がするなと窓を開けたら、パンダのように目の周りだけ毛色のちがうアナグマ?ハクビシン?だったり。数年前までは、けっこうサルがいて、ゴミを出そうとして裏口開けたら目が合ったり(もちろん、サルとです)。

息子に「泥棒とか放火とか心配やし、塀とか門とかつけようかなあ。」と相談すると、曰く、「大丈夫なんちゃう?うちに入ってくるのはドーブツぐらいのもんや。」となるし。

最近、サルは見かけなくなりました。 が代わりにシカのうわさが多いです。高野川沿いに数頭下りてきている時などは、皆がスマホで写真とる~。以前、体育館で臨時職員やってたときは、体育館前コンテナに植えた花を食べられてしまったときがありました💢。周りにはコロコロ糞。

切実なのは農家です。畑がやられるのだそうです。 生計がかかってるので大変です。一晩で作物がほぼ食べられてしまうこともあるのだとか。シカよけの(場所によってはイノシシよけの)ネットを周りにはりめぐらしておられるのですが、駄目な時もあり、食べてるシカを見つけたときは、資格をもったプロの方(おそらく市に登録)に連絡して駆除してもらうのだそうです。

住んでる者から言えばこれは駆除。動物愛護の方々から言えば、なんというのでしょう。生きてる命を無くすのですものね。兼ね合いが、山に限らず、難しいのだろうなぁと、よく思います。

おっとところで朝市だ。

朝市で鹿角を見て、いろいろと思い出したことを書いていたのでした。

鹿角も並べられてるときがあって、「この角ひとつ、何円やろう?」と思う自分と、「どこでなにしてるときに一生が終わったんやろう?」と思う自分がいました。Kimg0917

ちなみに、さかのぼって9月は、山のボランティア(久多のトチの実拾い)して、手作りジビエをいただきました。自分で盛り付けたので見栄えはわるいですが。

鹿のメンチカツ(右下)。あっさりとして美味しかった。写真の中で、カツのむこうにおいてあるのは、天然鮎の干物です。めずらしいでしょ? その日のために少しずつ釣って塩干していただいていたのだそうです。左下はトチ餅。

山の幸、いただきます。いつもより丁寧に手をあわせました。

202011 こんな回覧版も回ってきましたよ。
もうすぐ狩猟期間に入るのですね。

ここにも、鹿限定って書いてあります。

私はリハビリのための山歩き。次の春が来るまで、山には入らないことにいたします✋ 。

 

 

2020年11月 5日 (木)

GoToしんらん交流館!だったのにぃ。

以前、朗読の飛鳥井先生のブログに、しんらん交流館というところで先生のアナウンスが流れていると書いてありました。

Photo_20201105185101 生の説明アナウンスがそんな所で聞けるとは! いつもの朗読でもないし芝居でもないのです。もろもろのコトが落ち着いたら行こう、いつか行こう、、、っと思っておりました。GoToしんらん交流館! です。

そしてっ、きのうっ、ついにっ、行ってきました。他の用事をついでに~なんてことはせず先生のアナウンスを聞きに行こう、とゆっくり市バスで。

交流館でのその催しは
「西田幾多郎と鈴木大拙 ー真宗と禅に生きた人ー」。
宗教にうとい私には、初めて知る方々の展示やパネル。入り口付近から順に読んでみるのですが、申し訳ないことに、なかなか頭に入りません。興味云々というより、これも老化かっ?

お、そうだ! 先生のアナウンス説明だ。どこかなぁ。と、奥へ進んでいきますと、声が聞こえてきました!

が、

先生の声じゃぁありません。パートが分かれていて、数人の方による声説明なのかも。。。と、数分、画像の前で待っていましたが、出てきません、先生の声。

あれぇ? ? ?
と、そのとき初めてすこし考えてみた私。もいちど、ポスターを見てみた私。先生のブログ紹介をじ・・・・っくり思い出してみた私。

この催しは、前半と後半に内容が分かれていました。そして、先生の担当は、前半。前半は10/12に終わり。つまり、10/12までに来なければ、聞けなかったということなのでした。あちゃー。西田幾多郎・鈴木大拙 という人達の名前を知った、ということを今回の収穫といたします。

せっかく来たのだからと、近くの東本願寺へ入ってみることに。たぶん、初めて来ました、本願寺。京都にずっと住んでるの20201104 にね。西本願寺は、まだです、たぶん。

広い敷地のなかを歩いて、広いお堂の中に座り、あのなかに仏像?かなんかあるのだろうなぁという方へ手を合わせました。

本願寺というのは歴史にもよく出てくるお寺ですけれど、力があったのだなぁと、つくづく。広くて大きくて、城のようにお堀で囲まれている。お墓が敷地内にあるという、私の中のお寺のイメージとはちょっと違います。

ぐぐっと中を歩いて別の門から出ると、ひとつ次のバス停の前20201104_20201105190001

帰りも5番のバスでゆっくり景色を楽しみながら帰りました。自分で運転してると景色は堪能できませんもんね。若い頃とはすっかり変わった河原町や、コロナで等間隔の法則が消滅した鴨川の岸、会社のあった五条の角、いつもの白川通。。。ぼぉーーーっと景色見る時間を持てたのも、昨日の収穫です♪

 

2020年9月25日 (金)

( ゚Д゚) ! 三角洲ホリデイ

20200922 びぃっくりした。

久しぶりの朗読レッスンから帰る途中、加茂大橋を渡る時なにげなく川をのぞいたら、( ゚Д゚)ハッ!、思わず二度見! 思わず立ち止まって、写真写真。私のほかにも写真撮ってる人が数人。めずらしい光景やーーっちゅう写真やねん。

というのも、

加茂川と高野川の合流点に三角州、あるやろ? そうそう、出町柳の近く。あのあたりに、見たこともない人・ひと!

家族連れ。アミを持った子ども達。友達どうしのグループ。 手をつないで、飛び石跳ぶのに、順番待ち。せまい川岸にテント。

で、おとなはみなマスクしてはるし、お互いの距離は意識したはるみたいやねんけど。

そう言うたら、その日は、連休最終日。 この連休は、四条辺りでは、例年の約160%の人やったそうや。

こんなこと、ここで、見たことある?

私的なイメージやけど、この三角州がにぎわうのは、4~5月頃。大学生たちが新入生歓迎の催しで立ち寄るとき。他は、なんぼ観光京都が混んでいたとしても、なんぼ休日やとしても、家族連れちらほら、数人ちらほら。 ちがうやろか。

電車やバスの駅から近いしな。市営駐車場も近いしな。家族や友達どうしで、近くて便利な川沿いに行って遊ぼかーー、ってかんじやってんやろなぁ。三角州でホリデイや。けど、混んでたで。

て、写真撮ってる私も、電車とバスでレッスンに通ってんけどな。ちょっと前は、新幹線で関東へ行って、地下鉄にも乗ってんけどな。

 

このまま、感染拡大がおさまっていったらええなぁ。

 

 

2020年8月21日 (金)

このごろの散歩 👟 👟 。。oo

朝起きて、かる~くストレKimg0869Kimg0860 ッチしたあと近所をぐるっと散歩。

これでもかっこれでもかっと降った梅雨をすいこんだ大地が、
夏が来てこれでもかっこれでもかっと朝昼晩かまわず蒸発し続けてる気がします。
蒸し暑いです。
湿気がたまりません💦

でも最近、朝日に間に合うようになりました。
スマホのレンズが汚れてるんですかね。写真、見づらくて、すみません。


光が届くまでは、草むらからリリィーというコオロギやギチギチギチというバッタ(名前わからん)の声。Kimg0861
太陽出ればスイーーーーッチョン。
と、名残りのクマゼミ。

時はだれにも平らに流れていること、感じながら歩きます。

用水路めぐる山里なので、ぐるりと周るとけっこういい気分。
今日はこっち、明日はあっち、と変化ある景色を楽しんでいます。

時には、カニに道を譲って。踏まないように踏まないように。。。

Kimg0857野川に佇む石たち。

縦に立ってるんです。不思議! 13個あります。
雨の増水時にこんなに残ったKimg0854 のか、川遊びで誰かが作ったのか? けっこう前から、気づけばこんなになってます。ふしぎ~~。

なんでだと思います?

家に戻ったら、ムクゲの花が落ち散らばってる角を掃いて、しかけておいた洗濯物を干して、そして朝食。

この、戻ってきた平常平和で静かな朝が、心にしみます。

 

2020年5月14日 (木)

☀ 朝日を追う

明るくなると目が覚めます。新聞配達のバイク音でも、目が覚めます。アラームかけてたら、そのちょっと前で目が覚めます。健康なのかどうなのか?

覚醒時の動悸がおさまるのを待ちつつ検温。よし。布団をあげてストレッチ。ジーンズにTシャツ、マスクにメガネとキャップといういでたち。あやしげですねぇ。

家を出たとき、今朝は寒かったです。手もかじかみそうでした。だけども、歩いて温まることにしましょう。時間がない。

というのも、今日こそ太陽が比叡の山から昇る瞬間を見たいと思っていたからです。

辺りはもう明るくなりきっていて、京都の日の出時刻はもうとっくに過ぎています。 もう間に合わないかもしれないと急ぎ足。太陽よ、ちょっとだけ、山から顔出すの、待ってくれないかなぁ。

ですがそこは比叡 848mの麓、きわなので、ぎりぎり間に合いました。20200514 ? いやちょっと遅刻?

一枚写真を撮って、別の場所からも~、と半ば駆け足🏃 。誰も歩いてない、畑の横道を駆け足🏃 。パタパタパタ🏃。

一筋向こう側へ行くともう太陽はだいぶんと出現ーー。
ま、まぶしいっ!
太陽はけっこう速く動きます。
ちゃうちゃう。
地球はけっこう速く回っています、でした。

もう10分早く布団から出ればよかったなぁ。

家や木で光線を隠して、なんとかもう2枚。Kimg072120200514_20200514141001


線路の向こうと、川の向こう。どちらも山は比叡です。
もうちょっと早うに起きなはれ~~、
と、太陽が言うてはりました。

せっかくだから近くの神社まで。
子どもを守る神様なのに、
「悪霊たいさ~~~ん!(疫病退散じゃなく)」
と心でけっこう長く祈りました。10円のお賽銭で(^-^;。

往復約30分。約3000歩。
あーすっとした。(^_^)v

 

2020年4月12日 (日)

🌸 sakuraから 🌼

久しぶりに宝が池へ。

20200407_20200410115701

.20200407

散歩です!健康確保です!腰痛治療、高血圧不整脈対策です! 😃

 

いつもの平日はどんな具合か最近の様子はわからないし、ご覧の通り人影まばらですけれど、いつもよりは、人が多いのではないかなと。桜の季節だつたからというのもありますね。

 

今年の桜は、花🌸を長くとどめていたような気がします。

今春のヒトはタイヘンだ、花なぞ咲かせて、目で楽しんでもらおじゃないか、という桜のはからいですね。

 

数日前の写真ですが、はや桜は散り始め、みつばツツジの花が色を濃くしていました。

.

 

  鹿は若芽を20200407_20200410115201食み、20200407_20200410115501
    鷺が居眠り、
      亀が甲羅干し。

  鯉がはね跳ぶ水音。

    桜をちらす風の音。

二枚の写真に写ってる生き物たち、わかります?

 

  のどかだ。 。 。

.

 

 

 

 

2019年10月27日 (日)

雨上がりには下を見て👞 👞 👞

雨上がりの朝、出勤時、歩く時は気をつけんとあかん。よぉ~く自分の足が出る先を見ながら歩かなあかん。そやないと、踏んでしまうんや。三つあるねん。アスファルトに貼りついてるねん。三大注意事項やねん。

それは、20198_20191027115101

①踏まれたカニ

 雨降ったらうれしいんやろかやっぱり、カニは。雨の夜、人はもちろんケモノもあんまり道を歩かへんしなぁ。安心して散歩できるんやろか。私が出勤する時分にはもう、何匹かあっちやこっちで踏まれてて、せんべい🍘みたいになっている。あ~あ。せっかく、♪雨にうたえば♪の世界やったのになぁ。歌てたかどうかは知らんけど。。それをさらに私がプレスしたらかわいそうやろ? かわいそうって思いながら、私、海辺の土産屋で売ってた袋売りの揚げた蟹を思い出してしまうねん。この写真、わかるやろか? 小さいカニがいるやろ? これは踏まれてへんねんけど、生きてへんかった。これも、踏まんように歩いたで。

②地上に出てきたミミズ

 これ、最近、減ってきたような気ぃする。ここらはまだ田畑が多いんやけども。土が変わってきたんやろか。それでもまだ、水でふやけてるのか地中の主なのか、で・・・・・っかいミミズが出てきてるねんなぁ。水 多すぎる!息できひん!って、出てきてるような気ぃするねんけど、どうやろ?ミミズって、水中では息できひんやんなぁ。ミミズもな、踏まれたんか轢かれたんか、ぺっちゃんこやねん。それを踏むのはなぁ。。。これは、なんでやろ?かわいそう、ってなかなか思えへん。おんなじ生き物やのに、ちょっと気の毒やけども。踏みたくないわ。

②放置ウンコ

 まずは言いたい! 放置ウンコは悪質行為だ! 公の道に放置するぐらいやったら犬を飼うたらあかんわ💢。 自分の家の玄関前でウンコさしてから散歩してほしいわ。と、いっつも思ってるから、最近は犬見ただけで、踏んでしまった時の、あの、不快感がついてくる💥 。踏まれたウンコを見るのもいややろ? 先に踏んでしもた人は、今日一日どんだけ不愉快やろう、思うわ。

 ついでに猫はな、道とちゃうねんけどなついでやで。ひとの庭に勝手に入ってきて、植え込みの根元にウンコするねんなぁ。。草抜いてたらな、突然、ぐちょ、やで。びっくりするで不快やで。首輪してる猫の現行犯を目撃した日にはっ、もう怒り心頭ですわ。猫飼うんやったら、家から出すなぁー!、と私は言いたい。

20191026 、、、とまあ、三つめは、初老おばさんの主張になってしもた😖 。

ところで、今日、下見て歩いてたら、金木犀の花が、雨で落花していました。塀のきわが、金木犀の濃いオレンジ色になってた。ああこの家も金木犀を植えたはったんやなと、今季最後の香りを思い切りすいこみながら歩きました。ええもんも、落ちてるんやったわ。😃

 

2019年9月16日 (月)

トチの実拾い○。。○。。

3年ぶりのトチPhoto_20190916123201の実拾いだ。どーしても行きたい! と、痛み止めを飲んで久多まで行ってきました🚙。ボランティアです。もちろん薬服用の件はふせて。だって去年は台風で中止になったし、一昨年は雨で延期になった日に実家の用が入ってていけなかったし。



い~~い天気で、山はくっきり・川の流れは蒼い。山の中はけっこう涼しい。

トチというのはモチモチの木のことです。

トレッキングシューズ履いて首にはタオル手には軍手。雨水浸みだす急斜面の谷筋を、実を探し拾いながら移動しました。なのでケータイなどは集合場所の木にひっかけたまま、実を入れる袋だけ持って、まずは安全確保です。

今回はたっくさん落ちていました。Photo_20190916123202

最初はね、鹿に食べられる前に片っ端からとっちゃえ!なんて、ほんに目をサラのようにして拾ってたんですけどね。たくさん落ちてるのを全部拾ってると、どんどん降ってくるんです、トチの実が。

不思議な音でした。ボトッ、コンッ、って重みのある音はトチの木の意思のよう。急斜面の落ち葉の上をカサカサカラカラと転がって降りてくる実。

豆太のように
「やい、木ぃ、モチモチの木ぃ、実ぃ落とせぇ。」
なんて言わなくても、どんどん降ってきました。
ほら、まだあるで、持って帰り、ほらほら。
って、木が腕を広げて落としてくれてるようでした。
黒くピカピカ光ながら、落ちた実が「拾ってぇ。」って言ってるみたい。
(自分のええように感じるのが私の心の特徴です。)

食べられるもんが上からどんどん降ってくる満足感。ありがたやぁ。Photo_20190916123501Photo_20190916123801
(食べ物に加工するのは私じゃないんだけど(^-^; )

無言で拾い続けて、袋が何度も満杯に。
ちょっとは鹿に残しといたほうがええわな、と思うようになっていました。
心の余裕っていうのは、豊かさから出てくるもんなんやなぁ。実感。

堪能しました。大漁! 

山から下りたら、久多の方から昼御飯をごちそうになりました。ボランティアなのに、ええんやろか。


 トマト仕立ての鹿シチュー 
 ヤマメの塩焼
 でかいおにぎり🍙
Photo_20190916124001
 トチ餅



薬がきれるころ思い出したようにもどってきた痛みより、山でおもいっきり遊んだ満足感が心を占めました。
ボランティアに行ったのに、ええんやろか。
ええよなぁ、3年分や !(^^)!。


 

より以前の記事一覧