2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

  • 2011627
無料ブログはココログ

京都とか近所とか

2024年4月27日 (土)

緑をはなつ森

ひっさびさの大文字山(如意岳)はいつも新緑の季節。20240426

光を透かした若葉が、きらきらと風に揺れていました。
よう来たよう来た、と見上げる私に笑いかけ、
ことしも元気か、と私に問いかけ、それぞれがはらはら揺れます。

太陽が雲に隠れてもまだきらきらしていて、まるで自ら光っているよう。
新緑のオーラたるや! 
これから命を大きくしていくオーラです。
ヒト、いえ人間ももまたしかり。
子ども達のオーラたるや!
紅葉時期も、木は自ら光りますね、アップするライトなくても。
人間も、人生の秋には光るのでしょうか?
私もなんなとオーラをまといたいものです(希望として(^_^;)。

久々の山道歩きに、私の心肺&足腰はしんどそうでしたが、山下りた後は爽快。すーーーとします。
運動せにゃなぁ。。。

雨続き後の山道は、崩れているところもありました。20240426_20240427114701
踏み外さず、怪我無く、心臓もウッとならず、無事、爽快に帰宅できてよかったよかった。

最近、私を含めた周りの人たちの無事を、日々ひとつひとつ、 喜んでいます。

2024年4月 7日 (日)

「アンデルセン World」 📖

朗読公演「アンデルセン World」終了。20240406

今回、余力ある時間に他組の朗読を味わうことができました。

読み人の個性・声・読み方・立ち居振るまいなどが、朗読にじわりと出て(伝わって)くるものなのだなぁとしみじみ感じながら、あの場所に居ることができました ♪

わたしは、、、、
さて、
どうでしょね。
自分に限って言えば、たぶんいつまでたってももうこれ以上かわらないのではないかと、よく思います。20240406_20240407102701

目線も含め、読みながら動くことは、見る側にとっては楽しみのひとつではあるけれど、
これまた私に限って言えば、
私は、動いてなんぼの朗読・動くからかろうじて話が聞き手に入ってくる朗読になってしまっていて、
動かなければ、話が伝わっていかないチカラであるのだろうなと、よく思います。

あと、

興味を持って朗読を聞きに行く・聞きに来ていただくのは、
やはり朗読されている(いた)方達がほとんど。
「見に行き合う」っていうんでしょうか。以前来ていただいたから、こちらもまた聞きに行くという。

見合い聞き合いまで含めての、趣味なのでしょう。

バスでの帰り道、
行くときの朝は5分咲きだった桜並木が、満開にオーラをはなっていて20240406_20240407103201

どかっとした疲れを癒してくれました。

これも、視覚からですね(^_^;)。

しばらくは、TVドラマを見るとか読書とか、 表現を‵受け身’して(Inputして)過ごしたいと思っております。

2024年3月23日 (土)

♪ ゆぅきが、とけ~たら~ ♪

♪ 雪が、とけ~たら~  つ~くし~んぼ~ ♪

という歌がありました、あります。
なじみやすい歌で、かつて、仕事につかえそうかなと思い、
キーボードで練習してたのですけれど、
バイエルが終わってない私には難しく、
仕事家事子育ての合間時間ではとてもうまく弾けるようにはなりませんでした。(>_<)

けども毎春、土筆を見ると、この歌が頭の中に流れます。20240318

今年は暖かと寒さが極端に交互に到来。
なので歌詞とはちがって、雪が降る前に顔出してました。

顔出したあとの、冷たさ寒さに負けなかったようです。
ハコベの間から、元気に!

近所の(?たぶん)おっちゃんが、ビニール袋に土筆をつんだはりました。

あんまり楽しそうなので、
ここは犬の糞尿道ですよ
とは言えませんでした。

まぁ、よく洗って熱を通して食すものですし、
身体には影響ないかと(^_^;)。。。

♪ 雪が、とけ~たら~  つ~くし~んぼ~
 思い思いに~背ぇ伸び、してぇ~ ♪

2024年3月21日 (木)

冬のなごり

昨日は横殴りの雨、20240321_20240321165001 20240321
夜半ぐっと冷えてきたと思ったら吹雪! 
そして今朝は、積雪 ( ゚Д゚)!

一面の雪景色でした。
積雪7~8cmというところかな。

やっぱりスタッドレス残しといてよかったんやぁ。
って、思ったけれどそこはやはり春の雪。

とけかけたみぞれ氷のよう。
春の陽に、みるみる融けしぼんでいきました。20240321_20240321165002

けれどもまだまだ空気は冷たい。部屋は寒い。
灯油はもう一缶買っておいて正解でした。
このまま暖かくなって、灯油が余りそうなら、
薄着になってもがんばって、暖房せねばなりませぬ。
それはそれでもったいないでしょ?

比叡はそれほど白くはなりませんでした。
車につもった雪も、出かける頃には
ワイパーでグイィィーン、ですみました。

家を出て🚙、北山通まで下がるともう雪景色ではありません。
雨でも降ったんかな的な道。

🚙上の雪と、私の長靴が、20240321_20240321165201
妙にういてるような気分でした。。。(^_^;)

2024年2月24日 (土)

宝ヶ池 202402

ひっさしぶりぶりに、宝ヶ池を散歩。何年ぶりでしょ。
歩数もめずらしく1万歩をこえました。
20240217_20240224104901
今日は、時間を逆にたどってお話してみようかと。。。。(*^-^*)

.

≪帰宅後の昼食≫

あ~おいしいわぁ、出る時しかけておいたフキご飯 ♪ &抹茶きんつば ♪

20240217edion

体を動かした後は、なんでも美味しい! 
はふ~~~。いい午後だ。

≪立寄ったEdion≫

エディオンの抽選会。まーいつもどこでも値引き券をもらえるぐらいのもんやけど、散歩ついでにいってみよう✊。
と、ガラガラを3回まわしました。
と、3回目に`抹茶きんつば’、当ったり~~~。
ラッキー ♪。
抽選で当たるなんて、これも何年ぶりでしょ。 うほうほ。

 

≪宝ヶ池1周≫

20240217_20240224105401

たくさん水がたたえられている景色はいいもんです。気持ちがすぅーっとします。
まわりを囲む小さな山たちは落葉樹が多く、まだ色彩はうすいです。
でもその枝ぶりをとくと見られるのは、冬だけ。
こいつはこんな枝の伸ばし方をしていたんだなぁ、とか。
ぉ、りっぱな伸び方やん、枝、ごつごつやん、とか。
これも、鑑賞できて楽しいです。ふむふむ。

そのなかで、少しずつ蕾をゆるめている梅の木が、ちらほら。
色のうすい山で、少しでも花の色があると、そこだけぱっと光のさしてるような気が、私はします。
私の頭の中にもぱっと陽がさして、どんよりしていたアタマがクリアになります。うきうき。

紅いのも、梅、かな?20240217_20240224105501
近づいてアップで、撮ってみました。
「いやん。」
と、花が照れたような。。。

池には鴨に混じって、黒い鳥。
鵜、かな?
胸がオレンジ色で背中が青灰色の鳥。
いい色です。
すばしこくて、スマホから逃げてしまった!
池の看板に書かれたカワセミと色は似ているんだけど、クチバシがそんな20240217_20240224105601 に長くない。
なんていう鳥でしょ。
亀はまだ出てきてません。

 

≪行ってみよう≫

ご近所の木の花が、ぽつぽつ咲き始めました。
レンギョウ、紅白の梅。
ロウバイははや役目が終わりのよう。

そうだ、宝ヶ池。
行ってみよう。

.

と出かけた散歩です。

家と買物・病院の日常とはちがったものたちに会い、私の心・時間が楽しいものになりました。
わくわく。 ♪(*^-^*)>
この池は、私の足で、1周約20分。池まで往復約40分。

長雨前の、小春の日に。

2024年2月12日 (月)

4感で春 ♪

【目】20240211xmasroze

クリスマスローズの芽が、出てきました~(^○^)。

冷たく硬い地面から、つやつや鮮やかな芽!

じ・・・・っと見つめ続けてたら(寒いからそんなことはしないけど)この芽の出る様子を見られたかしらん。
地面をわって出る音も、聞こえたかしらん。

たのもしいです。

花の咲くのは、何週間後?

【耳】

洗濯物を干してたら、どこか遠くで(遠いのは耳か?)
~~~~~ケキョ。

ウグイスだ!

私にとっては春告げる声だ。

上手に鳴くまであと何日?

【舌・鼻】202402_20240212112001

近所のスーパーで八朔 発見!

もう、大好きでね、この苦味と酸味のマッチング。
つぶつぶの触感。噛んだとき口に広がるシュワッと感。

甘いOnlyは、果物じゃなくて、菓子。
噛み応えも美味しさのうち。
というのが私の持論。

え?
そんな論理、勝手にお持ちになって。
ですと?
ですよねぇ。

5感のうち、4つで春。

触感は・・・・・皮膚にはまだだ、まだ寒い!!

 

2024年1月21日 (日)

朝は比叡

家の雨戸をあけ、家の中に順々に光を入れていく。朝ルーティーンのひとつだ。

20240120 2階の東窓と雨戸、開けたらお向かいの屋根越しに比叡の山が見える。

夏は日の出と競争!
私が窓開けるのが早いか、山から太陽の顔出しが早いか。
夕暮れもそうだが、太陽はけっこう速く動いている。
日焼けなど気にせず、起きたばかりの顔を光にさらすのが気持ちいい。

寒い今は、できるだけ早く窓を閉めたいところ。
なにしろセーターしか着ていない。裸足を、床の板が冷やす。

窓閉めようとして、目の端に山の景色がひっかかることが👀。
雪かぶった比叡。降る雪越しの比叡。朝焼け。

昨朝は、雨上がり後。水蒸気立ち昇る比叡の山。
あの霧の中、山の鹿や猪・猿たちはどうしているんだろう。

もういちどちゃんと窓をあけて、スマホレンズを向ける。

けっこう
いいでしょ?

2023年12月12日 (火)

クマ目撃地点!( ゚Д゚)’’’

居住小学区の安心安全マップが配られてきた(我が家のポストに入っていた)。

202312

このマップ、交通や人・獣からヒトを守るための絵地図で、
毎年更新されこうして各家庭に配布される。

先日、朗読レッスンで会った人達と
「住んでるとこ、クマが出るらしいね~ん(;^ω^)」
と話していたのだが、
話だけでなく実際、こんな地図が手元に届くのであ~る。

ちょっと、身をひきしめる。

私は見てない出会ってないだけで、同じ居住区にクマも居住しておるのだ。

ちなみに、

私はナマのクマを一度だけ目にしたことがある。
住んでるところではなく、長野は志賀高原。

ホテルから離れたゲレンデへ行くためバス乗車していた。その車窓から、のそのそ歩く(真冬に!)黒いクマ。
近くの山裾野を越えたところには別のゲレンデがあって、ヒトはみな笑顔で楽しんでいた。

私もその後、離れたゲレンデで楽しんだのだけれど、
もしかしたら、
この視界に入ってないだけで、
空間を共有していたのかもしれないなぁ。

お互い、会うも偶然会わぬも偶然だとしみじみ思う。
人と人、私と出来事。
これまた会うも偶然会わぬも偶然。
ほんのちょっとのすれちがいがあって、会わずに済んだこと、会えず知り得なかった人。
逆に、ちょっとの偶然で起こってしまったこと、出会えた人達。

常なのだ。

これからの私の生きる時間、大切に心に留めていようと、思いを広げてしまった。(*^-^*)

2023年12月 1日 (金)

初コインランドリー

今まで、息子達泊後のシーツはうちで洗濯し、ベランダで乾燥させていました。
小さな洗濯機&せっまいベランダなので、1枚/日ずつ。

けどね~~、真夏は別として、晴雨まじりのこの季節。
強風(西風が強い!)で畑の土や工事(住宅造成)の土埃が飛んできて、ベランダ手すりにふりかかっていたりすると、
あーーもう1回と洗濯しなおし。
時には、鳥の糞がくっついていて、あーあーもう1回とこれも洗濯しなおし💢。

今回は毛布もあり、これじゃぁ、息子たちの寝具を全部片づけるのに相当日数がかかるんだろうなー⤵

ということで、ついにっ、202311_20231201112801

いままで、難しそうと敬遠していたコインランドリーっちゅうもんを利用することにしました。

買物バスケットに山盛り4つ分ありました。ついでに私の分も潜り込ませましたけども~ (;^_^A

その店の大きい方の洗濯乾燥機を2回に分けて。

そしたらばっ、なんということでしょう✨

1回の洗濯乾燥が約1時間で完了!!!
もちろん鳥糞も土埃もついてません💕。

 

洗濯後のこのものたちを、室内で陽に干した布団にかぶせなおし、たたんで、袋に入れ、脚立など昇降し元の位置にIN。
まーこれは時間かかり、結局、日が暮れる頃、終わりました。

かかったお金は、これ全部を洗濯乾燥する手間・時間・再洗濯の不快さを考慮すると、オッケーOK👌。
値段は、値段です。

何日かかるかわからないとため息ついてたのが、1日で完了!20231201
今回、手間・時間をお金で買いました。

おりしも紅葉は今秋最終美🍂
来てくれた時にいい色を楽しんでもらえてよかったです。

写真は、近くの小学校の裏山。
柿の木もありますね~。
宮内庁の山だからヒトは入れません。
猿は最近見かけないし、鳥が食べるのかな?

 

2023年10月18日 (水)

大原朝市2023秋

最近、野菜室が空になったら、大原へ行きます。新鮮でおいしい! 

必要に迫られて多事の合間にというわけではなく、
ぉ、野菜がない、大原へ行こう🚙
という買物。

なんて贅沢な時間のつかいかたをさせてもらっているのだろう。
そんな、ゆったりとした、有難い今を過ごせる幸せをかみしめながら、日々を過ごしています。

さて今回、

アケビが売られていました。
大きいあけびがふたつ。500円。

これは高いか?安いのか?

山にわけいって、木々の間、枝にからまりぶら下がってるアケビを採ってきて、売る。

山にあるもの。これ高い?

山に分け入りアケビをさがす労力と時間。時には木に上る。
なんといっても、めずらしい。
これ安い?

おいしい~と食べる種のまわりは、その全体からするとほんの少しで、あま~いのもひと時。
これ高い?

いやいや。まわりの分厚い皮も切って炒めて食べられる。
これ安い?

と、アケビの前で熟考。
  立ち止まること数分。
    目の前のお店の方は、私が決めるのを、黙って待っててくださいました。

買わない、に決定。
高いにしろ安いにしろアケビはあきらめる。

その500円で他のものを買う、と。

間引いた大根。
秋も深まり根もちょっと大きくなってます。葉っぱわさわさ。
2束300円。
根っこはおでんの具。葉っぱは、炒めてソフトふりかけ♪
おおおおおぉぉぉーーー。

それと、20231015
小ぶりの柿。 3こで100円。

よく売られている大きいのではなく、小ぶり。
家で食べたら、

幼い頃、母の実家に行って、木から落としてもらった柿の味でした。

なつかし~~。
今の、あま~~い柿より、私はこっちのほうが好きなのはなつかしいからかな?

写真に2こしか写ってないのは、、、、
食べたからです~~~。(^_^;)

 

より以前の記事一覧