2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

  • 2011627
無料ブログはココログ

2024年4月 2日 (火)

キャベツはどこへいった?

たまたまなのかどうなのか、今年買うキャベツがカタイ。
春キャベツだと、レタスじゃなくてもふわふわかつシャキシャキ、のはずなのに。

レタスはふわふわだが、ひと玉買ってもすぐになくなる。
その点、キャベツはしっかりもんである。
春でも、中身がわりと詰まっていて、持ちが良い。食べ続けても、すぐにはなくならない。
我が家のオサイフにやさしいのである。

しかしここ2~3玉は、ハズレておる。
食べごたえあることには変わりがないのだが、カタイ。

しょうがないから、火をとおして食すことにした。

昨夕、煮込みに使おうと、野菜室を開けると、、、、

ない。

あれ?もう食べてしまったか?
最近どうも、物忘れが多い。
食べてなくなくなったのに、まだ食べてない、残っていると思い込んでいたか?
最近、思い込みも、多い。

ま、いーかー。いいさ~。
別の野菜を煮込んで食べたらいいさ~。

今朝。

食パンを出そうと冷凍室を開けた。
私、食パンは、冷凍保存である。

と、開けた一番手前に、

あったーーーーーーーっ!!

ほどよく(なのかどうなのか?)冷凍された生のキャベツ。。。

冷凍すると、食物の繊維が壊れて別の風味が出ると言うから、
これはこれで今後の料理が楽しみな、今朝の私なのでR。

 

 

2024年3月 5日 (火)

水 栽 培 🍃

2月初めでしたか、
葉っぱわさわさ京都産 大根を買いました。葉っぱ狙いでした。

20240209 葉っぱを取った(食べた)後のヘタ、
これはいつも根(大根)からも切り離し、水に浸けます。
3連で売られているミニ豆腐の容器に水を張ったところへ。
ちょっとした水栽培ですね。
もちろんこれは育った葉っぱを食べるため、食費節約のためもあります。

おまけで、
ちょっと台所が賑やかになります。

どんどん伸びまして、202403

茎も太くなりまして、

いまやその身長は、1ℓペットボトルを追い越してしまいました。

 

どうですこの雄姿!

20240226

気温・室温が暖かすぎると、こうなる前に腐ってしまいます。
寒すぎると、なかなか成長しません。
ちょうどいい具合だったようです。

で、そろそろ食べようかとふとのぞくと、

なんと、

20240304 蕾が ♪
黄色い花びらものぞかせております。

寒いのか、栄養がもう限界なのか、
なかなか花を咲かせません。

やっぱそろそろ、

食べましょうかね。(^_^;)

2024年2月29日 (木)

豆腐実験

「豆腐もつくれます」と書かれてある豆乳をいつも購入。
豆腐屋さんで買うできたて豆乳の味に似ていて、美味しいです。

寒いせいか、余り気味になってきました。寒くても、冷やしたビールは飲むのに、豆乳は減りませぬ。

もったいないから、「豆腐もつくれます」にのってみることにしました。

紙パックに一応のつくり方は書かれているんですが、うちの電子レンジの具合などによるんでしょうかね。
うまく豆腐になりません。

で、豆乳の量やにがりの量・電子レンジする時間をいろいろ変えて、作ってみることにしました。
記録もします。一覧表をメモ用紙に、定規も使わずラフに作成。ラフ実験です~。

にがりを入れすぎたら、その名の通り、ちと苦い。20240229
少なすぎたら、かたまらない。

失敗作(私の気に入らない豆腐)も、もちろん食べます。
も・・・・ったいない!

で、

何度目かの豆腐実験の末、とうとう、豆腐らしきものができた!、かな?
写真の、左下の穴は、沸騰のあとかな?

私は木綿豆腐が好きなのですが、家で私には、こういうのはできないことが判明しました。
(^_^;)

おぼろ豆腐。

しょうが醤油かけて、スプーンですくって食べたら、おいしい。
片栗粉アンをかけてもいいかも。
今日は、このなめらかさを利用して、
ほうれん草の白和えにしてみます✋。

で、

気がのるようだったら、甘味を入れて、デザートもどきができないか、試してみたいなぁ。

豆乳 紙パック900ml、
けっこう楽しんでます。(*^_^*)/

 

2024年2月17日 (土)

あぢっ!!

マルエフ500ml缶を飲んだところで、食べるものがなくなりました。

ここで今夜の夕食終了~~、とすればいいのにねぇ。マルエフもなくなってます。腹も9分目です。

がしかし、もうちょっと食べたい。

と、昨夜はスルメあることを思い出しまして~💡、ストーブの上にのせました。20240216_20240217111501
ちょっとあぶって食べたほうが美味しいやん。

♪ 酒はぬるめの、燗がいいぃ~~~ ♪
と歌いながら、お湯を湯のみにつぎます。

♪ 肴はあぶった、イカでいいぃ~ ♪
と歌い続けながら、割いたスルメをストーブの上にのせていきます。

とこのとき、

ストーブの天板っていうんでしょうか?
その隙間から、割いたスルメが落ちました💦

とらなきゃ! スルメが燃えてなくなってしまうーー。
と手前のフェンスを開け、なんとっ!!

すでに酔っていた私は、老化もしている私の脳は、
少しぐらいなら、手でとってもOK👌~~~
と思っていました。

左手で、挟まった細いスルメをとろうとしたんですねー。
バカですねーーー。

一瞬、ジュッ、と音がしました。\(゜ロ\)(/ロ゜)/
私の、左手の、指の、皮膚のとける音!、ですよね。

ぞぞぞぞぞ⚡⚡⚡

すぐに水道水で冷やし、大事には至りませんでした。ほ。

いかん!!

食べ過ぎに注意!20240217

ちゃうっ。

火の扱いに注意。

心しよう✊。

お湯でなく、もうちょい焼酎なぞ飲みたいと思ったときも、
流し台の下にあるビンたちの中から、
ちゃんと焼酎のビンを取り出すことにしよう。

って、これも、ちゃうか?

 

 

 

2024年2月16日 (金)

 フ キ

朝からフキにつき合いました。

洗濯しながら、朝御飯作りながら、ストレッチしながら、身支度しながら。

皮をむき、酢水に浸け、サッと茹でて二分します。

半分は、今晩の煮物へ。
もう半分は、ビン詰保存。

ビンごと鍋で煮沸消毒。どうせなら、長くもたせたい。20240216
先日食べきった去年の筍たち。それらが入ってたビンが空いたので使用。

茹でたフキと熱湯入れてゆるく蓋を閉め、30分ほど鍋で煮沸。これは脱気のため。

で、蓋をキュッと閉めて、また鍋で煮沸。これは、仕上げの消毒なのだそう。

お湯から上げまして、、、、いま、冷ましてます。

まー手間がかかるのですが、売ってる水煮は美味しいと感じないので、筍の経験をもとにフキも瓶詰保存してみようかと、初、です~。

筍、めっちゃおいしかった!
フキも、旬の味が季節はずしても味わえますように~~!

 

2024年2月12日 (月)

4感で春 ♪

【目】20240211xmasroze

クリスマスローズの芽が、出てきました~(^○^)。

冷たく硬い地面から、つやつや鮮やかな芽!

じ・・・・っと見つめ続けてたら(寒いからそんなことはしないけど)この芽の出る様子を見られたかしらん。
地面をわって出る音も、聞こえたかしらん。

たのもしいです。

花の咲くのは、何週間後?

【耳】

洗濯物を干してたら、どこか遠くで(遠いのは耳か?)
~~~~~ケキョ。

ウグイスだ!

私にとっては春告げる声だ。

上手に鳴くまであと何日?

【舌・鼻】202402_20240212112001

近所のスーパーで八朔 発見!

もう、大好きでね、この苦味と酸味のマッチング。
つぶつぶの触感。噛んだとき口に広がるシュワッと感。

甘いOnlyは、果物じゃなくて、菓子。
噛み応えも美味しさのうち。
というのが私の持論。

え?
そんな論理、勝手にお持ちになって。
ですと?
ですよねぇ。

5感のうち、4つで春。

触感は・・・・・皮膚にはまだだ、まだ寒い!!

 

2024年2月 9日 (金)

有効活用~

今日はいい天気です! 昼は南窓からの陽光をめいっぱい活用。202402

写真手前から、

冷凍したご飯。
昼に納豆かけて食べるべく、太陽解凍。
食べる時間になったらレンジで仕上げ。
電気代、うくかなぁ。

炊飯器の中蓋。
ゴムパッキンの隙間がなかなか乾かないから、太陽に手伝ってほしい。
食器や用具は、基本、自然乾燥です。
時間にも、手伝ってもらってます。

夏に大原で買った紫蘇ジュースの小ビン。
手ごろなサイズ。洗いやすい。フタも繰り返し使用可。
いつかなにかに使えないか。
余った煮汁とか?
とりあえず日光消毒。

大根のヘタ。
ふさふさ葉っぱの大根。
ぎりぎりで切り落とした葉っぱも食べたそのあとを、水栽培。
新鮮な野菜は生命力旺盛!
どんどん生えてきます。
茶色バージョンのおかずに添えます✊😊。

 

 

2023年12月27日 (水)

冬瓜のくずひき。

「冬瓜、ってな、まるごと保存しといたら冬までもつ(食べられる)から、冬瓜って言うんやって!」202312_20231227163301

小学生だった息子が、学校で聞きかじってきた情報を教えてくれた冬瓜という名の由来。その日、給食に出たそうです。

得意げに言っていた息子の顔、なつかしいなぁ。私の中ではついこの間のことみたいなのに、実際、時はもう四半世紀過ぎています。四半世紀たった当の息子は、孫の公園遊び仲間(?)になってます。

11月息子たち家族が帰京するときのために買っておいた冬瓜。
結局使わずに済んでしまいました。

1個を切って、食べることに。

ネットで調べたら、皮も種のある綿の部分もみな食べられると出ていたんですけど、それは収穫後すぐの冬瓜のことだったよう。
冬瓜も時を経ればそれなりに硬くなる。そりゃそうだ。写真のとおり。
皮を刻んでキンピラに・・・・しても、
皮わたを塩漬けに・・・・しても、食べられませんでした。20231213
残念!大量の生ゴミ!

結局、いつものように煮て、くずひきを。
たくさんできたけれど、大根でつくるよりも柔らかく、のどをすっと通るので数日でおいしく完食。

餡がミンチだけでは物足りなくて、いろどりに人参やネギ・銀杏を入れたけれど、ちょっと賑やかすぎた気もします~~(*^^*)。

 

 

2023年12月18日 (月)

叡山すみれ

料理酒1ℓを買いに行ったら、日本酒コーナーで足が止まってしまいました。

202312_20231218102001

「波の音 叡山すみれ」 税抜き490円。

おもわず購入 (^_^;)
ま、いいか。誕生月だしね。
私をつくる原子電子(素粒子?)は、入れ替わり立ち替わり、この世で生きてる状態に維持し続けている。
それはすごいことで有難いことだと、毎年しみじみ思います。

ところで「叡山すみれ」。

私の苦手な、ツンと鼻にくるのはなく飲みやすかった! 

しかしくいくい飲んでいくうち、甘くなってきました。
酒の甘さが、食事の味に混じってヘンなかんじ。

ビールでもそうなのですが、糖質あるなしにかかわらず甘味が多く、苦手です。 
ツンとくる酒も苦手、
甘い酒も苦手。
なんとゼイタクなことを言っておるんでしょうねぇ。

ちなみに、
いっしょに買った料理酒は、1ℓ 189円(税抜き)でした。

って、ここは考えたらあかん比べたらあかん。
なんせ誕生月やもん。ありがた~く、この世のお金使いを楽しみましょうぞ。

2023年10月18日 (水)

大原朝市2023秋

最近、野菜室が空になったら、大原へ行きます。新鮮でおいしい! 

必要に迫られて多事の合間にというわけではなく、
ぉ、野菜がない、大原へ行こう🚙
という買物。

なんて贅沢な時間のつかいかたをさせてもらっているのだろう。
そんな、ゆったりとした、有難い今を過ごせる幸せをかみしめながら、日々を過ごしています。

さて今回、

アケビが売られていました。
大きいあけびがふたつ。500円。

これは高いか?安いのか?

山にわけいって、木々の間、枝にからまりぶら下がってるアケビを採ってきて、売る。

山にあるもの。これ高い?

山に分け入りアケビをさがす労力と時間。時には木に上る。
なんといっても、めずらしい。
これ安い?

おいしい~と食べる種のまわりは、その全体からするとほんの少しで、あま~いのもひと時。
これ高い?

いやいや。まわりの分厚い皮も切って炒めて食べられる。
これ安い?

と、アケビの前で熟考。
  立ち止まること数分。
    目の前のお店の方は、私が決めるのを、黙って待っててくださいました。

買わない、に決定。
高いにしろ安いにしろアケビはあきらめる。

その500円で他のものを買う、と。

間引いた大根。
秋も深まり根もちょっと大きくなってます。葉っぱわさわさ。
2束300円。
根っこはおでんの具。葉っぱは、炒めてソフトふりかけ♪
おおおおおぉぉぉーーー。

それと、20231015
小ぶりの柿。 3こで100円。

よく売られている大きいのではなく、小ぶり。
家で食べたら、

幼い頃、母の実家に行って、木から落としてもらった柿の味でした。

なつかし~~。
今の、あま~~い柿より、私はこっちのほうが好きなのはなつかしいからかな?

写真に2こしか写ってないのは、、、、
食べたからです~~~。(^_^;)

 

より以前の記事一覧