書籍・雑誌

2009年2月28日 (土)

京英辞典

京英辞典

小さな本を買いました。

『OKINI(おおきに)』と題されたこの本。 京都弁(京言葉)を英訳してあります。例文つきです。 面白いよ。値段も510円とお手頃でした。

たとえば、

「いらう(動)」=触る、to touch

  よそさんのもんは、ばばちい手でいろたらあかんェー。

  = Do't put your dirty hands on other perple's possessions.

とか

「きずつない(形)」=心苦しい、be sorry for ~ing

とか 

「おやかまっさんどした」=お邪魔しました

  There is no English equivalent.・・・・

つまり、 こんな発想は英語にはないということかいな。 

えーーーっ、この言葉、全国区じゃないん? と思った言葉もあり。

たとえば、

「いっしょくた(=一緒に)」 」「きょうび(=最近)」 「こかす(=倒す)」 「さら(=新しい)」 「せわしない(=忙しい)」 「どんつき(=突き当たり)」 「のく(=退く)」 などなど。

こんなんって、 共通語やないん?

.

平気どす/おおきに/などウルトラマンワールド〜シール・京都限定/女形・京都弁 平気どす/おおきに/などウルトラマンワールド〜シール・京都限定/女形・京都弁

販売元:きゃらんど
楽天市場で詳細を確認する

  

2008年10月13日 (月)

「ラーメンのかわ」

ラーメンのかわ

月1回のペースで 図書館で お話会(絵本読み聞かせ)をさせてもらっています。 持ち時間は30分。 「スイミー」「もこもこ」「ぴょ~ん」「くだもの」「おかあさんのぱんつ」「きんぎょがにげた」「はらぺこあおむし」などなど。 だんだん読む本が決まってきてしまって、 進歩がないよなあ レパートリーを増やさなきゃと 絵本の棚をうろうろしてたら、 こんな本を見つけました

おいしそうな絵本でしょ?

ラーメンの川には、トーゼンのことながら あたり一面ラーメンラーメン 川に顔つっこんで 食べほーだい  チャーシューもメンマも特大  釣りをしたら でっかいエビがつれる ネコ舌専用の川もあるし、 塩・しょうゆ・みそと エリアに分かれてもいる。 

その川の行きつく先は、 やっぱり ラーメンの海。 そこに住むクジラもラーメン通なのだー。

という、なんともバカバカしくもかわいらしい話。

みんな 真剣に聴いて・見てくれたんだけど、あんまりウケへんかった・・・・  ウケるような読み方ってあるんやろうなあ。 むずかしい

ラーメンの本を読んでるうちに、そろそろおなかもすいてきたことだから、今日のお話会は終わりま~す。 ってふうに、会を終わらせました シメは まあまあだったかな。

.

絵本・読み聞かせ おうちで実践編 第2巻 ぴったり!絵本の選び方 DVD 絵本・読み聞かせ おうちで実践編 第2巻 ぴったり!絵本の選び方

販売元:株式会社アスク
発売日:2005/03/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年10月 3日 (水)

不安の力

昔からね、 並んでいるのを見るのが好きなんです。 本のことですよ。 

本屋はもちろん、 図書館とか うちの本棚・本立てとか 学級文庫・病院や保険所の待合室・・・・などなど。  

そんなに たくさんじゃなくても、 2~3冊でも 並んでるのを見たら、 あっ なにが書いてあるんやろ・・・って、 わくわくする。

それで、 貸してくださ~い と、 ところかまわず 自分の読書力も顧みず お願いしてしまう。 実は、 私、 本を読むスピードが とっても遅いんです、 自慢じゃないケド。

このあいだ、 行きつけの、 あっ いやいや、 かかりつけの耳鼻科医院に行ったら、 見つけてしまった。 面白そうな本! 

Photo 五木寛之の「不安の力」。 不安=力・・・・・って、 どーゆーことなんやろ。 と、 読み始めてしまった。

あの日は 急に涼しくなったからか、 待合室がいっぱいで・・・、 私の出番、 じゃなかった、 診察の順番がくるまで40分ほども ありまして。 それが あかんかった(?)んやわぁ。 中途半端に 読み進んでしまってねぇ。 

診察が終わっても、 続きが気になってしかたない。  帰りに図書館で借りようと、 署名・作者名・出版社名をメモってはみたものの・・・・、 ちょっと待てよと 思いが立ち止まりました。 この本、 あんまり読みたそうな人が いないみたいだから(これ、私の思い込み)、 もしかしたら このまま貸してもらえるかも。 そしたら時間も節約できるし。・・・・って。  

薬ももらって、 お金も払った。 お礼を言った勢いで、 窓口の方に 「あのぅ~、 この本、 貸してもらえませんか。」と、 遠慮がちに(ここがタイセツ) 言うと・・・、 「いいですよ~。」 やって!  言うてみるもんやなあ。 人望、かなあ。 フッ。

不安というのは、 取り除くべきものではない。 ああ、よかった、と、ほっと胸をなでおろして安心する。心がやわらぐ。世界がいきいきと見えてくる。それは、その前に不安があるからこそ、そこから解放されたときの喜びとやすらぎがある。(プロローグより)

なるほどなぁ。 まだ 全部 読めてないんですが、 発想が いいなぁと思って。

でもね、 さっきも書いたけど、 私は読むのがとにかく遅い。 友達から いっぱい借りて、 本屋でもぽつぽつ買って、 未読の本は たまるばかり。 この本 面白いよ~って 教えてもらって、 読みたい読みたいって 思うのだけれど、 ‘いつかは読みたいリスト’は増えるばかり。 

今日もね、 買い物のついでに寄った古本市場で また1冊 買ってしまったよー。 柳 美里の「命」。 単行本が 105円だったもんでー、つい。 

あ、 「不安の力」、 返さんとあかんかったんや ・・・・・。