2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 本番前日 | トップページ | 瀑 布 ! 【伊豆Ⅰ】 »

2024年4月 7日 (日)

「アンデルセン World」 📖

朗読公演「アンデルセン World」終了。20240406

今回、余力ある時間に他組の朗読を味わうことができました。

読み人の個性・声・読み方・立ち居振るまいなどが、朗読にじわりと出て(伝わって)くるものなのだなぁとしみじみ感じながら、あの場所に居ることができました ♪

わたしは、、、、
さて、
どうでしょね。
自分に限って言えば、たぶんいつまでたってももうこれ以上かわらないのではないかと、よく思います。20240406_20240407102701

目線も含め、読みながら動くことは、見る側にとっては楽しみのひとつではあるけれど、
これまた私に限って言えば、
私は、動いてなんぼの朗読・動くからかろうじて話が聞き手に入ってくる朗読になってしまっていて、
動かなければ、話が伝わっていかないチカラであるのだろうなと、よく思います。

あと、

興味を持って朗読を聞きに行く・聞きに来ていただくのは、
やはり朗読されている(いた)方達がほとんど。
「見に行き合う」っていうんでしょうか。以前来ていただいたから、こちらもまた聞きに行くという。

見合い聞き合いまで含めての、趣味なのでしょう。

バスでの帰り道、
行くときの朝は5分咲きだった桜並木が、満開にオーラをはなっていて20240406_20240407103201

どかっとした疲れを癒してくれました。

これも、視覚からですね(^_^;)。

しばらくは、TVドラマを見るとか読書とか、 表現を‵受け身’して(Inputして)過ごしたいと思っております。

« 本番前日 | トップページ | 瀑 布 ! 【伊豆Ⅰ】 »

京都とか近所とか」カテゴリの記事

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

飛鳥井かゞり先生へ_____。

コメント、なによりいつものご指導ありがとうございます。
今回、自分としてはすごく頑張った苦しい稽古だったのに、
実際(録画)は、私にとって例年にも増して、見ていて、ザワザワと落ち着かなくなるような出来でした⤵
ひとつの公演としては、ああいう数分があるとアクセントになっていいのかもしれませんが、
やはり、他の方達のように、音の言葉で存在感を出せるようなふうに憧れます。しばらくじっくり考えます。

『P-act文庫』には、黙読も含めて自分で本を読むのが苦手なので、読んでもらえる朗読会が楽しみだと来られる方もいます。私は本を読むのが好きなので、へ~え、そういう方もいるんだ、と驚いたものです。まあ、そりゃそうですね、いろんな方がいるものです。
お疲れさまでした。私は、風さんの朗読、好きです♪ 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本番前日 | トップページ | 瀑 布 ! 【伊豆Ⅰ】 »