2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月30日 (土)

 録 画

TVドラマのクールとクールの間、ちょうど今みたいな時期に、録画しておいた番組を見ることにしています。
後でゆっくり見ましょ、とか、もう一度見ましょ、とか。
バラエティー特番ばかりの時期は私にとっては面白くなく。。うむ。

で、先日、なんか見ようかと録画メニューを見てみると、ふむ。2024

下町ロケット・半沢直樹・VIVANT・アトムの童・・・。
この系統のドラマが好きですねん。
学校もんは、見ることができません。
推理もんは、なんか最近アタマがコンガラガッテくるからパス。

昔話裁判・体幹を鍛える・のどトレのすすめ・ブラタモリ・高校講座・・・。
いつか役に立つと思い、録画予約しとります。
スポーツもんは、今見ないとだし録画せず。

それいけ!アンパンマン。
年に1度来た時、孫が喜んでくれるかな、と。

で今期は、

VIVANTに決定。

これね、実はあんまり記憶にない。
真ん中ぐらいまでは覚えてたんやけど、VIVANTのボス・実父と再会したところあたりから記憶不明。

推理ドラマとおんなじで、最近、人物関係とか昔と今の対比とか、話の進行についていけなくて、アタマが混乱してくるんですわ。

酒かなぁ。脳が委縮してきてるんかなぁ。
混乱アタマは、混乱を過ぎるとそのうち、ボォ~~っとしてきます。
TV見るのは大抵、ビール飲みながらの夜。なので、ボォ~~が眠さへと変換。眠たいアタマで見てたんかなぁ。

今回見直してみて、
あああぁぁぁVIVANT って、こんなんやったんやぁと得心。

何カ月後の‵面白い!’やねんっちゅう話やわなぁ。
ま、何か月か後も楽しめて、得した気分やわ。

ちなみに、アタマ。
実は、フルタイム仕事終了後、ずっと、昼間も眠くて眠くて仕方がなかった。昼寝も30分では起きられない。で晩も眠い。20年ちょっと前からかな。最近、ほんに最近やっと、昼は起きてられるようになってきました。よかったです。
老化かと思ってたんやけど違ったようです。
なんやったんやろね。

 

2024年3月27日 (水)

不思議なコンビニ

日々こつこつ貯めたポイントがたまり、コンビニのケーキと交換できることとあいなりました ♪

して、とあるコンビニへ🚙。

満車です。

Pの端に停めて空くのを待っていると、、、、、
1台Pから出るもよう♪ 
お、ラッキー♪

空いたところへ停めました。
狭いPに1台分スペースへ。
慎重に慎重に。。。

コンビニへ入店。すると、

店の中には、ひとっこひとり居ません。

あの通路、この通路、見渡しましたが、
だぁれもいない。

へ?!

Pはあんなに満車だったのになぜ?
駐車してる人達は何処へ~~?

くるりと振り向きレジカウンターを見ると、、、
レジにも、だぁれも居ません。

え?!

困った困った、ポイントでケーキ交換できないぞ~💦
そーだ。ここは鍛えた(?)声をコンビニ内へ響かせ、店員さんを呼ぼう。

と、息を大きく吸ったところへ、奥から店員がひとりふらり。
無事、ケーキとポイントを交換できました。ほ。

で、余計なものは買わず、ほくほくと小さなケーキ持って店を出たらば、
なんと、
Pには、私の🚙車のみ。
あんなに満車だったのに、息詰めて駐車したのに、私の車がぽつん。

あの数台の車はなんだったのか?・・
ミステリーなコンビニでした。

ぁ、ケーキはおいしかったよん。(*^▽^*)

2024年3月24日 (日)

『ワクチンの罠』

非常に怖い話でした。フィクションではありません。20240323

もしかしたら、偏った話・考えなのかもしれない。
私の老脳の理解不足によるのかもしれない。
怖くて、途中からざっくりとしか読めなかったからかもしれない。

でも、今の同調圧力やマスコミ情報信仰には、日頃から「ん?」と感じているので、
まぁ、
私の、偏ってるかもしれない老脳で理解したことを、書きます。
作者の意図・文意からはずれているかもしれませんが。「」内は、本書から私が写したメモです。
(原文のママではなく、私が勝手にまとめたところもあります。)

「ある巨大財団が、故意に人々の健康を悪化させて利益を得るために、ウィルスを作りだし外へ拡散し、WHOをも巻き込んで人々のパニックをあおり、地球規模の予防接種を計画的に敢行。パンデミックはしかけられたものである。」
というもの。

現に、

「エイズやSARSといった感染症ウィルスも、遺伝子組み換えによって開発されたことは、研究者の間ではもはや常識であり、そのエイズやSARSを予防するとしてワクチンも開発された。」

'09 豚インフルエンザ騒動では、
「かれらは、パンデミックを仕掛ける。政府と国際連合を動かし、「感染症が流行している」との情報を流布。マスコミも加担、1国ならず世界中を巻き込む騒動へと発展。WHOによるパンデミック宣言、大流行を阻止するにはワクチン接種しかないとも喧伝。マスコミによるさらなる情報流布。人々は、拡散という恐怖でパニックになりワクチンへと殺到する。そして地球規模のワクチン接種計画が遂行された。」

この本は2014年に初版発行されています。
上記の'09豚インフルエンザ騒動のくだりは、つい最近のコロナを彷彿とさせるのですが、いかがでしょうか?
私は素人なりに根拠も証拠もなく眉にツバをつけながらもしかし、あまりの世界中の空気に揺れ、同調しておったのですが、眉のツバは乾かず、予防接種は3回にとどめました。

さらに
「WHOを創設したその財団一族は、自分たちには合成一薬品をいっさい使用しないことで知られる。合成医薬品は石油からつくられる。しかし石油王一族は、現代医学をまったく信用していない。主治医も、代替医療のひとつであるホメオパシーの医師である。」

筆者は、あるブログを賛同引用。
「日本はいまや、世界を代表するワクチンの実験場と化している。日本国民ほどワクチン人体実験に都合のよい国民はいないのではないだろうか。なぜなら、総務省支配下の”マスコミ”と自治体を、うまく利用すれば、都市部の若者から田舎の爺婆(ジジババ)まで、簡単に”洗脳”し、まるでそれが義務であるかのように思いこませて強制できるのだから。」

洗脳されていたのだとしたら、私達予防接種や治療をされる側だけじゃなく、
苦しんでいる患者がどんどん運び込まれてくる現場にて、自らの体と使命・時間をつかって必死に頑張っておられた医療従事者の方々・ワクチンを全国に運んでおられた方々なども、入るのでしょう。

筆者はあとがきにこう記されています。

「初めて聞く人にとっては、驚天動地の話でしょう。なんというでたらめを!不安をあおるんじゃない! こんなふうにムカムカしてきたかもしれません。それは、あなたの、常識がゆらいだからです。常識は、教育とメディアによって入力された情報です。逆に、教育とメディアさえ操作できれば、人々の常識はコントロールできる。これを俗に洗脳あるいはマインドコントロールと呼びます。」 

私は、、、うぅ~ん、
この本の内容を頭の片隅において、折々に立ち止まりながら素人なりに考え、やはり日本の医療を利用すると思います。
だって、私の身体の現情報や、その対処の仕方を知るのには、医療が必要だから。

   *「ワクチンの罠」by 船瀬俊介(イーストプレス発行)

2024年3月23日 (土)

♪ ゆぅきが、とけ~たら~ ♪

♪ 雪が、とけ~たら~  つ~くし~んぼ~ ♪

という歌がありました、あります。
なじみやすい歌で、かつて、仕事につかえそうかなと思い、
キーボードで練習してたのですけれど、
バイエルが終わってない私には難しく、
仕事家事子育ての合間時間ではとてもうまく弾けるようにはなりませんでした。(>_<)

けども毎春、土筆を見ると、この歌が頭の中に流れます。20240318

今年は暖かと寒さが極端に交互に到来。
なので歌詞とはちがって、雪が降る前に顔出してました。

顔出したあとの、冷たさ寒さに負けなかったようです。
ハコベの間から、元気に!

近所の(?たぶん)おっちゃんが、ビニール袋に土筆をつんだはりました。

あんまり楽しそうなので、
ここは犬の糞尿道ですよ
とは言えませんでした。

まぁ、よく洗って熱を通して食すものですし、
身体には影響ないかと(^_^;)。。。

♪ 雪が、とけ~たら~  つ~くし~んぼ~
 思い思いに~背ぇ伸び、してぇ~ ♪

2024年3月21日 (木)

冬のなごり

昨日は横殴りの雨、20240321_20240321165001 20240321
夜半ぐっと冷えてきたと思ったら吹雪! 
そして今朝は、積雪 ( ゚Д゚)!

一面の雪景色でした。
積雪7~8cmというところかな。

やっぱりスタッドレス残しといてよかったんやぁ。
って、思ったけれどそこはやはり春の雪。

とけかけたみぞれ氷のよう。
春の陽に、みるみる融けしぼんでいきました。20240321_20240321165002

けれどもまだまだ空気は冷たい。部屋は寒い。
灯油はもう一缶買っておいて正解でした。
このまま暖かくなって、灯油が余りそうなら、
薄着になってもがんばって、暖房せねばなりませぬ。
それはそれでもったいないでしょ?

比叡はそれほど白くはなりませんでした。
車につもった雪も、出かける頃には
ワイパーでグイィィーン、ですみました。

家を出て🚙、北山通まで下がるともう雪景色ではありません。
雨でも降ったんかな的な道。

🚙上の雪と、私の長靴が、20240321_20240321165201
妙にういてるような気分でした。。。(^_^;)

2024年3月20日 (水)

朗読、のイメージ

‵朗読’というものへのイメージは、なんだかひとつであるような気がします。

趣味の朗読をやっている、と言うと、
「へっ?!」
と返ってくることが多いです。
Yogaやってると言うと
「すごーい」と返ってくるのに。
「それより私、ダンスやってるんだけど、いっしょにやらない? 刺繡もいいよ。」
なーんて。


朗読公演やるから来ない?、と言うと、
大分前のことですが、
「うちに来て読んでくれたらええやん。」
なーんて。

「その話、また本を借りて、私も読んでみるわな。」
なーんて。

先のOB会で、4月朗読公演のことを皆にお知らせしたところ、
「じゃぁ、楽屋まで、行く。」
なーんて。
う~~~~ん、楽屋は、ない。小さいとこやから。

台本の表紙にちりめんのハギレを貼ろうかなぁ、、、という独り言に、
「???、白い紙の表になんでまた、貼るの?」
との反応がちらほら。

朗読へのイメージ。
どんなんなんだろう。
読む? 音読?

朗読公演に行く、というのは
人が読む話が終わるまで、数人分、椅子にじっと黙って座って、聞き続ける、
という感じなのでしょうか?
聴覚で味わう話世界のために、時間とお金をかけてわざわざ出向く、
という感じなのでしょうか?
しかも、素人の、趣味の、自己満足におちいってそうな朗読を。(^_^;)

ふむ。

こんなんなんですけどねぇ。20230401_20240320125001

こんな会場なんですけどねぇ。

別世界になるんですけどねぇ。

朗読、は、
マイナーな趣味、マイナスイメージなんでしょか?

けど今回も本番まであとすこし。

めげずにモチベーションを保ちます✊。

202404_20240320125201

2024年3月18日 (月)

‛記憶’の妙♪

大学サークルじゃり研のOB(同期) 会で、与謝野ちりめん街道へ~。20240317
宴会・宿泊は、1年後輩S君のご実家(井筒屋旅館)にて。

初めて訪れた所ですが、
子どもの頃の思い出とリンクして、家屋も家並みも懐かしく、
運転疲れのアタマにぼわぁと沁みました。

さてOB会。

心づくしの料理をつつきながら、近況やあの頃の思い出話。

私はね、OB会あるたびに繰り返されてる(であろう)思い出話が面白かったです。

「あん時、おまえもいたよなぁ。」
「え”ーーーっ、おらんかったおらんかった。別のやつのことを言うてんのとちがう?」
「ちゃうちゃう、いたいた、おれ、覚えてるもん。おまえが忘れてるんやで。」
「ちがうって、それ、ウソやろ。」

カッカッカ・・・・・(*^▽^*)。

「おおぉぉぉーーー。どっちの話がホンマや? 国会みたいになってきたで。」
と、別の席からチャチャが入ります。

カッカッカ・・・・・(*^▽^*)。

半世紀近く前の記憶が、いや、記憶というのが面白くて、思わず笑ってしまいました。

そもそも 記憶と言うのは薄れていくもので、
薄れたベースに、個々のこの50年の経験や、こうあってほしかったという希望や、他の似たような記憶もブレンドされて、
同じ出来事だったのに、それぞれの記憶がちょっとずつ違うものになっておるようです。
おもしろいです~~。
だからこそ、同じ思い出話が、数年ごとのOB会でまた楽しく繰り返されるのでしょうね。
ホンマはどうだったかなんて、話の花咲く時空ではもう済んでしまったコトなんで、、、、。
地元の魚と同じくらい美味しいなと、可笑しく味わわせていただきました。

かくいう私にも、\(゜ロ\)(/ロ゜)/
手紙事件(?)話がまた降ってきました。
遺影で参加したM君との絡みもあったよう。これは私の記憶から抜けてました。
思い出話の中に登場したM君は、ただ事情あって欠席しただけのような存在。
M君が持つ記憶は、話す彼のカラダがないのでもうわからないけれど、M君の分まで謝っておきました✋。
話の主・N君は、また2年後のOB会でも出すと思うとのこと。(^▽^;)
そのとき、N君や私の記憶がまた微妙に変わっておるのかもしれません。。。

きっと、16人(欠席者ふくむ)それぞれのあいだで、持ってる思い出のズレがあるのだなぁ。おもしろいなぁ。

おっとそれから、右の写真は、20240317_20240318112701
デザートで出てきたシフォンケーキ。
この旅館で飼われている烏骨鶏の卵でつくられたお手製です。カリンのジャムが添えられてました。
この烏骨鶏、男性が泊した別棟で、夜明け前から鳴いておったのだそうですよ。

思い出も、
道具も

食べる物も、
人間も、
時間をかけて味わい深くなるものですね。

そう思って、自分のシワをながめよう。。。

 

 

 

2024年3月13日 (水)

1年まわって うちの草

寒い! 

いっときあったかかったころ、まだ啓蟄でもないのに、庭からカエルの声がしてましたが
「ちゃうで。まだやで。」
と言うときました。

私が弱くなったからか、今冬は、灯油の購入数が多いです。ガス代も去年より高いです。

まだまだ寒く冷たいけれど、太陽がだんだん北よりから昇り沈むようになってきました。20240311
こんなのを目にすると嬉しくなります。(*^_^*)
気も晴れて、身体も心なしか早く動けてるようです、心なしか。

庭に出る勇気をふりしぼってぇ~、
足元を見ると、
草は元気に伸びてきています。

ホトケノザ、ナズナ、カタバミ、ハコベ、タンポポ・・・・・。
昨春みつけたものたちがまた。

植えた水仙は遠慮がち。20240311_20240313154401

つやつや光を反射して、
美味しそうでさえあります。

送られてきた動画で、
孫が言うてました。
「じゃじゃーん。ばじごっくり(マツボックリ)、おいしそーだね。」
かわいいでしょ?
植物見て美味しそうと思うのは、自然かな遺伝かな?

話はそれますが、20240311_20240313154402

ちなみに私は水族館でも、美味しそう~と思ってしまいます。(^_^;)

2024年3月10日 (日)

ほら!回覧板にも!

犬の予防注射についての回覧板が回ってきました。
同じ面には、ICチップ(?)をつけることが努力義務になってます云々。

裏面には、糞尿について。

・糞尿を家でさせてから散歩しましょう。
・外で糞尿をしてしまったら、放置せずちゃんと処理して持ち帰りましょう。
・糞尿放置は、3万円の過料になる場合もあります。

ほらっ!ほら~~~っ!

ほんまにそうやわ!!

いまだに、みんなが通る道路に放置されて、道路に糞尿染みがついている。染みのない道路のほうが少ない。糞尿道路!汚い!見苦しい! 

やわらかい糞は、上だけ取り除いても残ってるし、全部取り除いたつもりでもアスファルトの溝には残ってる。 いっぺんその匂いがついたら、また別の犬がそこに糞尿する。

かわいい犬たちのやからちょっとはええやろ、田畑の横やからええやろ、どうせ鹿や猪・鳥が来るんやからええやろ、ほかにも放置してる人がいるからええやろ、と思うのは、犬好きの人達だけで、🏠横・前が糞尿道路化してる私なぞは、ほんまに気分悪い。街中ではこんな糞尿染みは、ない。ここの家の人、なんにも言わはらへんからええやろ、も、あるんかもな。そういうことやないやろ!!!!!

さすがに、うちの敷地内(玄関前)にウネウネと、というのはなくなったけど(今までに3回あった)。

かわいいだけ、自分がいやされるためだけなんやったら、動画で気ぃすましといてほしい。

そもそも、トイレのしつけをするのは、家族の責任!
糞尿は家の中、や。外出の際はおむつ、や。

道路や水路は、トイレでも、糞尿ゴミのゴミ箱でも、ない。
ついでに灰皿でもない(毎日決まって2回捨てていくおっさんがいる!)

昨日はとても寒く、雪が風に吹かれ落ちてくる日ぃやったから、散歩途中、糞尿で立ち止まる人も少ないやろと見にいかへんかった(私自身も寒いので)。さっき見たら、もー4~5か所! 

夜にも糞尿散歩してる? 
うちの横、明るい街灯あるから、糞尿中にスマホ見ることもできる。いや、スマホ見てる間に、糞尿するということもあるかも。

4~5か所ということは、一件につき3万円として、12~15万円やで!

けど、現行犯の証拠がないと、犯人を訴えることもできんわな。

ほん・・・・・っまに、
犬飼うてる人のなかには、意識低い人が多いと思う! 💢"(-""-)"

と怒りながら、糞尿後に水撒いた。

となりに回した回覧板、ラインマーカーで線ひいといたらよかった。。。
ま、私みたいに裏面の記載にまで目ぇとおす人もあんまりいいひんやろな。。。
役所のほうも、一応記載したからええかな、ぐらい?  迷惑糞尿<動物愛護なんやろな。

2024年3月 7日 (木)

ママの ばんぼ

送られてきた動画 ♪

孫が白いタオルみたいなのを巻いている。

ママ「あれ?それ、ママのヘアバンドじゃない?」

 孫  「ぶぁんぼ、ばんぼ、ママのヘアバンド。」
    ばんぼ、って、ヘアバンドのことだったんだね。すぐに覚えて修正できるのが、さすが新鮮な若い脳!

 孫 「アタシタチ、もってきたんだ~。」
    タチと複数形なのは、パパが入っているから。パパを入れてる言葉を意識してるのか丸覚えなのかはわからないけれど、ふむ、パパもママのヘアバンドをつけさせられておる。パパは、孫がマウントとれる(と思っている)遊び仲間らしい。

 孫 「***(パパの名前)はピンクの。アタシ、ピンクのばんぼ、ちょうだいの。」
    パパがピンクのヘアバンドつけてスマホをのぞいている。

パパ「ぁ、これ、つける?」
    関東アクセントだ。息子は関東人になりつつある。

それにしても、

いっちょ前にアタシタチやアタシなんていう言葉、保育園でゲットしてきたのかな。録画だと細切れだからなお、孫の成長著しいのがわかる。うれしいなぁ。

あとね、

ママに「行ってみようよ」「ちょっとおいで」なんて言ってるのも、おしゃまで可愛らしい。息子の時とはまた違った言葉ゲットの仕方。おもしろい。フレーズで覚えていくんでしょうかね。ママや保育園の方達に、よく話しかけてもらってるんだなぁ。
私も、もっと息子に話しかける心の余裕があったら良かったんだろうなぁ。

うまく言えないのも、大人顔負けのフレーズも、どちらを見ても、嬉しい!

けっこう長く’文’でしゃべってるよ~。
うちの孫、賢いんとちがう?✨

 

って、

アタシ、バババカカ(婆馬鹿か)な~? (*^_^*);

 

2024年3月 5日 (火)

水 栽 培 🍃

2月初めでしたか、
葉っぱわさわさ京都産 大根を買いました。葉っぱ狙いでした。

20240209 葉っぱを取った(食べた)後のヘタ、
これはいつも根(大根)からも切り離し、水に浸けます。
3連で売られているミニ豆腐の容器に水を張ったところへ。
ちょっとした水栽培ですね。
もちろんこれは育った葉っぱを食べるため、食費節約のためもあります。

おまけで、
ちょっと台所が賑やかになります。

どんどん伸びまして、202403

茎も太くなりまして、

いまやその身長は、1ℓペットボトルを追い越してしまいました。

 

どうですこの雄姿!

20240226

気温・室温が暖かすぎると、こうなる前に腐ってしまいます。
寒すぎると、なかなか成長しません。
ちょうどいい具合だったようです。

で、そろそろ食べようかとふとのぞくと、

なんと、

20240304 蕾が ♪
黄色い花びらものぞかせております。

寒いのか、栄養がもう限界なのか、
なかなか花を咲かせません。

やっぱそろそろ、

食べましょうかね。(^_^;)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »