2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月30日 (土)

あ~じ~ざん!

送られていた録画のなか、孫が言っていました。
児童公園かな? 
しゃがんで、うれしそうに大きな声で、地面のなにかに呼びかけています。

(^○^)「あ~じ~ざん!」
マ マ 「あ、ほんとだ! アリさんだね~~。」
     さすがはママ。1才語がわかる✊。
(^○^)「あ~じ~ざん♪」
マ マ 「アリさ~ん、こんにちわ~。どーもぉ。」
(^○^)  しゃがんだまま、おじぎしてる。かわいい♡。
      身体、やわらかくてバランスしっかり。
      私なら、きっとふらつく。この1才孫の方が、今の私より身体能力ある、よな。

アリは、孫にとっては友達というか、いいイメージなんだな。絵本で見たのかな?

と、私の中のアリイメージが、1才の孫のそれとかけ離れているのに、改めてびっくり。(;_:)
人生経験というのは、大きい、うん。

先日、うちの網戸にしゅっとした虫が留まってました。
202312_20231229132501スバカゲロウかなぁ。
あったかい日。
カメラを通して見ると、触覚とか足とかを手入れしていました。
(もはや、自分の目だけでは、細く細かいモノはみえません (;_:)。悲しいかな⤵)

 

このウスバカゲロウの幼虫が、アリジゴクなのだそうです。
だとしたら、季節めぐったら、アリなぞ退治してくれるのだな。
よしよし。

と思ってしまっている私の思考経路の、なんと経験積んだことでしょ。

 

2023年12月29日 (金)

うちの草’23.12

冬の庭は、
私の中では、
その寒さに停止しているイメージあるのですが、ちびちび変化があるもんです。

冬の陽に、202312_20231229124901
また草が生えてきていました。

寒さで停止モードなのは、私でした。(^_^;)

ホトケノザ、だと思います。
オドリコソウじゃなく。
紫の小さな花が咲くやつ。

.

カタバミ。202312_20231229124902
黄色い花が咲くやつ。
こ・れ・は、暖かくなるとはびこります。
今のやわらかい葉はかわいい。

.

.

オニノゲシ?
202312_20231229125201これは庭ではなく、
外壁コンクリートとアスファルトの隙間から生えています。
そこらの犬も喰わないから、そのままにしていました。
葉っぱがトゲトゲを見て飼い主がリードを引っ張るのかな。

 

.

.

202312_20231229125601

 

.

チチコグサ?
ハハコグサ?
花が咲いてもこのふたつ、
未だに区別が難しい!

.

202312_20231229125401

.

水はけのわるさに、
勝手に生えてきた玄関前のシダ。
調べてみたんだけれど、名前がわかりません。
いい緑かなと、抜かずにおいています。

.

.

そして、あちゃーー、、、、
202312_20231229125701草じゃないけど、

これは・・・・!!!生えてきたのでなく、私が植えたレモン。
タイヘンだーーー。
寒気でこんなに枯れ枯れです。 (>_<)
枝は緑なのも健在。
春には新葉が出てきますように!

 

 

2023年12月27日 (水)

冬瓜のくずひき。

「冬瓜、ってな、まるごと保存しといたら冬までもつ(食べられる)から、冬瓜って言うんやって!」202312_20231227163301

小学生だった息子が、学校で聞きかじってきた情報を教えてくれた冬瓜という名の由来。その日、給食に出たそうです。

得意げに言っていた息子の顔、なつかしいなぁ。私の中ではついこの間のことみたいなのに、実際、時はもう四半世紀過ぎています。四半世紀たった当の息子は、孫の公園遊び仲間(?)になってます。

11月息子たち家族が帰京するときのために買っておいた冬瓜。
結局使わずに済んでしまいました。

1個を切って、食べることに。

ネットで調べたら、皮も種のある綿の部分もみな食べられると出ていたんですけど、それは収穫後すぐの冬瓜のことだったよう。
冬瓜も時を経ればそれなりに硬くなる。そりゃそうだ。写真のとおり。
皮を刻んでキンピラに・・・・しても、
皮わたを塩漬けに・・・・しても、食べられませんでした。20231213
残念!大量の生ゴミ!

結局、いつものように煮て、くずひきを。
たくさんできたけれど、大根でつくるよりも柔らかく、のどをすっと通るので数日でおいしく完食。

餡がミンチだけでは物足りなくて、いろどりに人参やネギ・銀杏を入れたけれど、ちょっと賑やかすぎた気もします~~(*^^*)。

 

 

2023年12月24日 (日)

「めんどりの足に愛を語る」

「ねぇ、今日はいよいよクリスマスイブだね ♪」
とおんどりが言った。

「クリスマスイブまで待てば、これから先もまた君といっしょに同じところに行けると信じていたんだ、やっぱ僕たちは赤い糸で結ばれていたんだよ。わかるかい?」

「まぁぁ、、、そう、、いっしょにいるわね。でも私、あなたとはちょっと身なりが違うわ。」

「まだそんなことを言っているのかい? いいかな? 何度も言ったことだけどよく聞いて。同じ鶏舎に生まれた僕たちは、同じものを食べ、りっばなおいしい肉になるよう育てられた。そして、同じ日に同じ工場へ運ばれていったよね。」

「ええ、覚えているわ。」

「工場へカタチをととのえられ、味をつけられ、熱をあびた。」

「そうね。でもあなたとは、工場内のレーンもちがってたわ。」

「それはそう・・・なんだけど、工場へ行った時から思ってたんだ、僕たちはクリスマスに食べられるおいしいチキンになるんじゃないか、ってね✊。そのために胴からは独立して、足だけになったんだ。」

「いままでのところ、あなたの推理は当たっていたわね。今こうして同じ店の店頭にならんでいるもの。でも私は別の味、別名のローストよ。これから同じ人が買っていくとは思えない。」

「そんなことはないよ、クリスマスだもの!僕たちは赤い糸で結ばれている。いっしょに買っていく人がいるよ。」

.

小さなお客さん「ナナチキください!」
そのお母さん 「ちがうのよここは、ナナチキじゃ・・・」
店員さん   「いらっしゃいませ(*^-^*)、ファミチキですね。ありがとうございます。」
お母さん   「すみません。。。。。」
店員さん   「(*^-^*) おひとつでいいですか?」
お母さん   「じゃ、同じものをもうひとつ。」
店員さん   「ありがとうございました。(*^-^*)」

.

と、おんどり、いえ、おんどりの足は、別の足といっしょに、小さな子の家へ運ばれていったのだった。

めんどり、いえいえ、てかてかとローストされためんどりの足は、ファミチキとは別の段に並べられたまま、買いもとめ運んでくれる別のだれかを待っている。
「わたくし、別のレーンでつくられましたの。」
と心の中でつぶやきながら、糸の切れる音をうなづきながら聞いた。20231122

.
オーレ・ルゲイエが子どもたちに夢見せてくれた「メンドリの足に愛をささやいたオンドリの足の話」。どんな話なんだろうと考えてみたらこうなりました。まさかアンデルセン時代にコンビニはなかったでしょうけど(^_^;)。

「ナナチキください!」以後のくだりは、去年のノンフィクションです。(カウンターにのりだして注文した子がかわいかった♡)

  Merry X'mas !!

*追記:①コンビニでのチキンの製造方法やそのルートに関しては、話を考えた私は知りません。想像です。
    ②先程ケーキを買いに行ったコンビニで確かめたら、ローストチキン(ファミチキより少し大きめ)はファミチキより高値でした。

 

2023年12月22日 (金)

咲き残りコスモス🌸

つっついにっ、
朝の室温4℃という季節が到来!
今朝は寒さで目が覚めました。人気のない2階はなんと室温1.8℃!

こういう冬朝のルーティーン。

まず布団の中で背中をストレッチ。ウサギのポーズのようにまるまります。
で、手だけ出して、セーターをとり、座ったまま上半身を布団から起こしてすばやくセーターを着る。
→立ち上がって部屋のスモール電灯をつけ、石油ファンヒーターをONし、室温&湿度を見る。
→羽毛掛布団と羊毛掛布団を石油ファンヒーターじゃないほうへはねのける。
→隣の台所のストーブONし、ヤカンに水を入れてストーブの上に置く。コーヒーポットとカップも横の方に置いて温めておく。
→羽毛掛布団と羊毛掛布団・上の敷布団(2枚重ねて敷いてます)を一枚(回)ずつ2階に持って上がり、室内布団干しに掛ける。階段から足を踏み外さんように「落ちたらあかん」と声に出しながら。
→ストレッチ。これはもう20年ちかく続いております。<(・ ^・)>エッヘン! 自己流ですけど。約30分。座位から始め、布団をたたんでから立位も少し。部屋が暖まってない中でのストレッチなので、慎重に、ゆっくり。これで筋なんぞまた傷めたら、、、しゃれにならん💦
→ここらでお湯が沸くので、コーヒーをばばばっと雑に淹れる。後、ヤカンを鍋に代え、今晩の煮物を。大根とか人参とかあるものを投入。味付けはあと。朝食の準備。チーズトーストorお粥(または煮汁・鍋の残りあれば雑炊)。オートミールか米(ご飯)で。
洗濯機をONしておく。
→靴下をはいてから血圧を測る(実は履いていない(^_^;)。暖まらない中で動いたのもあって、まぁ上が140前後というところです。

と このへんで、8時。連ドラ見ながら朝食。ほっこり(*^-^*)。服薬。
したらば、朝日が我が家🏠に射しだします。朝食後、洗濯物を干します、ベランダの手すりや物干し竿を軽く拭いてから。

で、9時半ごろから本日の予定リストに着手。
例えば大掃除、例えば散歩がてらの買い物、朗読稽古、レシートやスマホ・PC内の整理。。。

なんという贅沢な毎日!✨
今まで頑張ってきた自負があるとは言え、ほんとうに有難いことです。享受しています。

歩いて帰ってくると、12月の今まだコスモスが風に揺れています。20231221
毎日、次々と咲き続けています。が、もう種はできません。寒さのせいか、虫がいなくなったせいか。
結実しなくても、咲く✊。
見る人を楽しませるために、咲く。

このコスモスね。今年も1本だけ、生き残った(?)ヤツです。
去年のこぼれ種からたくさん芽がでたのですけれど、
今夏の激暑で、この1本以外みな枯れてしまいました。

強くたくましいヤツです。
寒い冬に、いつまで花を見せてくれるのか、毎日楽しみにながめています。

 

 

2023年12月18日 (月)

叡山すみれ

料理酒1ℓを買いに行ったら、日本酒コーナーで足が止まってしまいました。

202312_20231218102001

「波の音 叡山すみれ」 税抜き490円。

おもわず購入 (^_^;)
ま、いいか。誕生月だしね。
私をつくる原子電子(素粒子?)は、入れ替わり立ち替わり、この世で生きてる状態に維持し続けている。
それはすごいことで有難いことだと、毎年しみじみ思います。

ところで「叡山すみれ」。

私の苦手な、ツンと鼻にくるのはなく飲みやすかった! 

しかしくいくい飲んでいくうち、甘くなってきました。
酒の甘さが、食事の味に混じってヘンなかんじ。

ビールでもそうなのですが、糖質あるなしにかかわらず甘味が多く、苦手です。 
ツンとくる酒も苦手、
甘い酒も苦手。
なんとゼイタクなことを言っておるんでしょうねぇ。

ちなみに、
いっしょに買った料理酒は、1ℓ 189円(税抜き)でした。

って、ここは考えたらあかん比べたらあかん。
なんせ誕生月やもん。ありがた~く、この世のお金使いを楽しみましょうぞ。

2023年12月15日 (金)

カメムシどこにダイブした?!

やはり今冬も灯油ストーブを点けました。ほよよぉぉぉ~~~、あ・・・・・ったかいです~~~。炎が燃えているというのはなんとも安心します。室温や設定温度はエアコンと同じなんですけどね。

が、‵あなたの街の電気屋さん’に忠告いただいたように
「灯油はあかんで灯油は! テレビニュースで火事やってるやろ? あれみんな灯油やで」
と、火事の危険はあります。

満タン灯油缶を持ち運べなくなったとき、灯油暖房は止めなあかんと思うとります。
脳の老化での消し忘れもでてくるやろうしね。

ところで、

こんなほっこりあったかい夕食をしていたある日、

なにやらどこかでブーーーーーーンという羽音が。
ん?この寒くなった時季に、ハチでもなしハエでもなかろうし。ゴキちゃんならもっと強い直線的な飛び音だし!

また、ブーーーーーーン、、、、、ブーーーーーーン。機械音ではないな。生きてるモノが出す音。

こたつに座ったまま、上を見る。虫のようだから、電灯周り?!

👀! ( ゚Д゚)!!!

いました飛んでます!!!!!

電灯にとまったーーーーっ。

かっ、カメムシやないかぁーーーーー。
冬眠しとらんのかーーーーーっ。

推測:この家のどこかで冬眠し始めていたカメムシが、ストーブであったまった部屋がうれしくて眠りからフッカツした。

アルコールシートを手に、カメムシ捕獲体勢。。。近づく。。。。。

はっ!!!✋✊。

あかん⤵ 捕まえられへんかった。。
で、どこ行った?
音がしなくなりました。不安ふあん不安。。。

こたつ天板の上、は、いない。茶碗の中をさがす。皿の中も。 こたつ布団をパタパタ。テレビの裏? 
えええぇぇーーーっ?! どこ行った?

仕方がないから、そそくさと夕食の続きを。
テレビ見るためにメガネしてるから、食器の中はぼんやりのまま、食べる。合間にビール。

ずっと、羽音は消えたまま。ストーブは消してない。窓は開けてない。

やつはどこいった?

もっもしかして、汁物の中にダイブインした?
そっそれで、目の見えない私は、そのままのみこんだ? \(゜ロ *;)/
ということは、、、、もうすでに私の胃の中かいっ!!

羽音は、しない。
うっ。なんだか胸がつかえてきた。

カメムシいったいどこにダイブした?! 

 

 

2023年12月12日 (火)

クマ目撃地点!( ゚Д゚)’’’

居住小学区の安心安全マップが配られてきた(我が家のポストに入っていた)。

202312

このマップ、交通や人・獣からヒトを守るための絵地図で、
毎年更新されこうして各家庭に配布される。

先日、朗読レッスンで会った人達と
「住んでるとこ、クマが出るらしいね~ん(;^ω^)」
と話していたのだが、
話だけでなく実際、こんな地図が手元に届くのであ~る。

ちょっと、身をひきしめる。

私は見てない出会ってないだけで、同じ居住区にクマも居住しておるのだ。

ちなみに、

私はナマのクマを一度だけ目にしたことがある。
住んでるところではなく、長野は志賀高原。

ホテルから離れたゲレンデへ行くためバス乗車していた。その車窓から、のそのそ歩く(真冬に!)黒いクマ。
近くの山裾野を越えたところには別のゲレンデがあって、ヒトはみな笑顔で楽しんでいた。

私もその後、離れたゲレンデで楽しんだのだけれど、
もしかしたら、
この視界に入ってないだけで、
空間を共有していたのかもしれないなぁ。

お互い、会うも偶然会わぬも偶然だとしみじみ思う。
人と人、私と出来事。
これまた会うも偶然会わぬも偶然。
ほんのちょっとのすれちがいがあって、会わずに済んだこと、会えず知り得なかった人。
逆に、ちょっとの偶然で起こってしまったこと、出会えた人達。

常なのだ。

これからの私の生きる時間、大切に心に留めていようと、思いを広げてしまった。(*^-^*)

2023年12月 9日 (土)

まずはオーレルゲイエについて、

4月朗読公演「アンデルセンWORLD」での、担当箇所が決まりました。

202404


主に水曜日・日曜日の話。話中、オーレ・ルゲイエが語る話です。

まずは、オーレ・ルゲイエについて検索し、調べてみました。
出るわ出るわ~~♪ いっぱい出てきます。オーレさん、有名だったんですね。

オーレ・ルゲイエというのは、デンマーク伝承に登場する眠りの妖精で、
オーレはデンマークの北欧起源の男性名、ルゲイエは「目を閉ざす者」といった意味なのだとか。

ふむ。

アンデルセン以前に、オーレさんは居たのだね。ドイツにも似たような妖精が伝承されているのだとか。

で、

ハンス・クリスチャン・アンデルセン Hans Christian Andersenがこの妖精をテーマに作品を書き、詳細に描写したものが伝わっているんだって。

それによると、
彼は、二つの傘を持つ小人の老人で、絹製の虹色に輝く服を着て、足音を立てないように靴下だけを履いている。
夜眠らない子供がいると、目の中にミルクをさして眠くさせてしまう。
良い子には楽しい絵の描いてある傘で良い夢を見せ、悪い子には無地の傘で夢を見させないといわれる。


また同名の弟がおり、永遠の眠りである死を司る。死の間際に馬に乗ってやってきて、善人であれば天国へ、悪人であれば地獄へ連れて行くという。

ふむふむ。台本とおんなじ。
て、台本もこの話からきてるんだから、おんなじ。

先生のイメージは、オーレは「耳をすませば」のバロンなのだそう。
うむ。オーレ・ルゲイエ調べ・情報ゲットの一環として、「耳をすませば」を見なければなりませぬ。
(見たことがあるのかもしれませんが、記憶にない。(^_^;))

ようやく得つつある時間を利用して、じっくりイメージづくりしようと思います。

ところで、

私の担当箇所を知ったこの日、レッスン帰りの道、半そで半ズボンの若者観光客がキックボードで歩道を移動していました。
このさっぶいのにーーー( ゚Д゚)””””
いえオーレさんとは関係ありません。この人たちが黒いマントをひるがえしていたなら、おおおぉぉーーーーーっとなるところですけどね。(*^^*)

2023年12月 3日 (日)

無添加化粧水2200円 ( ゚Д゚)/"""

あんなぁ~、、、、聞いてくれる? また損してしもててん⤵ 

こないだ私、大掃除してたやんかぁ、してたんや。

ほんでな、洗面所で小物を置くトレイ、それを全部はずしてきれいに洗おうかと思てん。

全部でトレイが6つ。

まずはトレイに入れてる後付けトリートメントとか綿棒・コットンとか髪ブラシ、コンタクト洗浄液、歯磨きチューブ・フロスなんかを全部取り出してから。ひとトレイずつきれいにするより、まとめてやったほうが時間効率ええやん? 
台所にあったお盆を左手に持ち、右手でお盆にこれらの小物を入れていった。

レストランでバイトしてた時のことを思い出したわ。あの頃は、左手にメインディッシュの皿を4人分(4枚)のせて持ち運び、お客様の左側からテーブルに置いていったなぁ。

おっと、話を2023年にもどすわな。

ごちゃごちゃ入れて最後、化粧水を入れたときっ、
これや。
化粧水のビンがバランスくずして傾き、お盆から落ちそうになった💦。

焦るやん?! 焦るわーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
落ちたら、、、、
これな、ガラス瓶に入ってんねん。買うたとこでほぼ満水(って言うんかいな?)。そんでさらにや、この化粧水、香料等添加物入ってへんやつ、ええやつや。2200円や。

落としたらあかん💦、落としたらあかんんんん〰〰〰〰〰。
っていうまに私の手ぇもかたむき化粧水が床にガチャン!

焦りで勢いついたんか、ガラス瓶がこなごなにっ! 
ほぼサラで満水の化粧水が全部 床にっ!!

まとめてやったほうが時間効率ええと画策した作業で、掃除の時間がよけいにかかるし、
せっかく買うた化粧水はなくなるし。
踏んだり蹴ったりや。

後日、百均で100円化粧水買うておんなじ場所においといた。
2200円を雑巾にすわせてしもた自分への、まあ言うたら戒めや。

これからは、なにをするんも、手元を見ながら丁寧にやらなあかん、っちゅうこっちゃな。

2023年12月 1日 (金)

初コインランドリー

今まで、息子達泊後のシーツはうちで洗濯し、ベランダで乾燥させていました。
小さな洗濯機&せっまいベランダなので、1枚/日ずつ。

けどね~~、真夏は別として、晴雨まじりのこの季節。
強風(西風が強い!)で畑の土や工事(住宅造成)の土埃が飛んできて、ベランダ手すりにふりかかっていたりすると、
あーーもう1回と洗濯しなおし。
時には、鳥の糞がくっついていて、あーあーもう1回とこれも洗濯しなおし💢。

今回は毛布もあり、これじゃぁ、息子たちの寝具を全部片づけるのに相当日数がかかるんだろうなー⤵

ということで、ついにっ、202311_20231201112801

いままで、難しそうと敬遠していたコインランドリーっちゅうもんを利用することにしました。

買物バスケットに山盛り4つ分ありました。ついでに私の分も潜り込ませましたけども~ (;^_^A

その店の大きい方の洗濯乾燥機を2回に分けて。

そしたらばっ、なんということでしょう✨

1回の洗濯乾燥が約1時間で完了!!!
もちろん鳥糞も土埃もついてません💕。

 

洗濯後のこのものたちを、室内で陽に干した布団にかぶせなおし、たたんで、袋に入れ、脚立など昇降し元の位置にIN。
まーこれは時間かかり、結局、日が暮れる頃、終わりました。

かかったお金は、これ全部を洗濯乾燥する手間・時間・再洗濯の不快さを考慮すると、オッケーOK👌。
値段は、値段です。

何日かかるかわからないとため息ついてたのが、1日で完了!20231201
今回、手間・時間をお金で買いました。

おりしも紅葉は今秋最終美🍂
来てくれた時にいい色を楽しんでもらえてよかったです。

写真は、近くの小学校の裏山。
柿の木もありますね~。
宮内庁の山だからヒトは入れません。
猿は最近見かけないし、鳥が食べるのかな?

 

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »