2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月30日 (土)

おせちの始末🎍

黒豆の煮汁があまってました。数日ごとに煮て、もたせていました。例年なら黒豆寒天にするんですが、あいにく寒天がなくて、買うのをいつも忘れてしまいます。

なんで、今年は別物にして食すことに202101_20210127172101

黒豆葛湯ふうぅ~~~🍵

私が幼い頃、母が、砂糖と片栗粉でよく作ってくれたのを思い出します。

カップに片栗粉と粉ココアを少しの水で溶いておきます。で、沸騰させた黒豆煮汁をどどど・・・っと入れ、スプーンでぐるぐるかきまわしますと、できあがり~~。葛粉のかわりに片栗粉を使ったから、葛湯ふう。ココアを入れたのは、気まぐれですじゃ(*^-^*)。

午後の寒いひととき、2日連続で楽しんだら、なくなりました、おせちの名残り。

小餅も鏡餅も、あんこ・いそべ・鍋の〆で美味しくいただき、始末済み。お雑煮の出汁とるのにつかった鰹節&昆布は、こまかく刻んでソフトふりかけにして食べきりました。

あとは、白味噌。これはね、鍋に使います。豚コマ入れて、酒粕もいれて。美味しいですよん🍲。

2021年1月27日 (水)

3こめレモン🍋と4こめレモン🍋

このふたつ、ピール(砂糖漬け)とジャムにしようとたくらんでおりました。

でももったいなくて、枯れた庭に黄色のふたつがきれいでとらずにおいておいたらば、
なななんと、白く変色!白い個所はぷにょぷにょ。202101_20210127165701  
なぜ?なぜなぜ?なにいゆえに? 
せっかく4個も生ったレモンです。冬ごもりのおともにしようと、楽しみにとっておいたのに。。。

凍ったのかな?カビかな?病気かな?

でも、食べますぞ(^_^)✊

まずは白いぷにょぷにょ部分を切り落とし、切り口で味を確認。

いけるやん。レモンやん。レモンの香りや。レモン酸っぱい味。

白ぷにょぷにょ部分が多いから、ピールはむりやなぁ。

マーマレードにしよ。

刻んでいくと、中の種が大きく育っていました。ぷにょぷにょはこのせいでもあるのかも。せっかくやし、種も食べましょ、かみしめて。

前回作ったのはめちゃ甘かった。それにすぐなくなってしまったので、甘さをおさえることにしました。かわりに焼酎をすこし。

ちょっと苦めのマーマレードができました。トーストや乾パンケーキにのせて、食べます~~(*^-^*)/。

 

 

2021年1月22日 (金)

期限切れ乾パンを、食べる✊

実家で賞味期限切れの乾パンを発見! 缶入り。 ホームサイズ5食分475g。かなりたくさん入ってます。昨年7月に期限切れ。未開封だけど缶が錆びてきていました。何年前か、父と母が災害時に困らないようストックしておいたのでしょう。

食べなきゃ。
もったいないやん。
たくさんの乾パン(食料)も、何年か前の両親の気持ちも。

とりあえず、家に持ち帰り、開封。ひとつ、試食。うん。傷んではいない。食べられる。
とりあえず、ジッパー袋に入れ、冷凍室へ。開封しないでおいたほうが長持ちしたのか、こうやって冷凍保存したほうが長持ちしたのか、わかりませんが。冷凍室にあると、乾パン食べなきゃを忘れずにすみます。(^_^)v

で、第一弾。ネットで調べて一番簡単にできそうなものを作ってみました。

ホットケーキ。

材料は、期限切れ乾パン&小麦粉&豆乳&オリーブ油。道具は、ジッパー袋&すりこぎ&フライパン&フライ返し。
すべて家にあるもので。牛乳とか卵・バターは常備しておりませぬゆえ。計量は面倒なので、カップ・測りは出しません。使ったら後で洗わなきゃだし。。(^-^;

①ジッパー袋に乾パンを入れ、上からすりこぎで乾パンを砕く。
②そこにトーニューをトーニュー(豆乳を投入)。豆乳の量は、2時間ほどたったら豆乳が余らず乾パンに吸い込まれて、乾パンがふやけるかな、ぐらいの量を想像して。
③乾パンがふやけたら、その袋に直接小麦粉&豆乳を投入。小麦粉の量は、ふやけ乾パンがつながるかな、ぐらい。豆乳の量は少しずつ、ゆるすぎずかたすぎず、混ぜながら。
④なんだかまとまってきたかなというところで、オリーブ油を多めに広げたフライパンで焼く。表裏をひっくり返したら、フタをして も少し焼く。

砂糖を入れなかったのは、いろんなものを乗っけて、どんな味になるのか試す楽しみを持ちたかったからです。

できあがったのは、固めのパンケーキというべきか。20210121

買っておいた粒あんや先日作ったレモンマーマレードをのせて。
美味しかったよ。腹持ちもよいです。

乾パンは、小麦粉をカサ増しできるということが判明いたしました✋。

③で、ボールを使って小麦粉を別に溶いておいてもよかったな。そこで豆乳の量を多めにしたらどうなるか。かためになるんだったら、薄く焼いて、ピザ生地のかわりにならないか。はたまた、重曹など入れて蒸してみたらどうなるか。というあたりが、今後の課題であります~。

 

2021年1月19日 (火)

新しいブーツだぞよ。

あーもうじき底に穴があきそうーーーやけど、ほんまに穴あくまで履こう~~~って、私にこき(?)使われてたブーツがありました。

靴や必要な服は、ほころびを自分で繕えなくなるまで使うことにしています。もったいないというよりも、、、ひとえに¥👛¥事情です。(^-^;
こないだ、20代から来ていたセーターに大きな穴(ほころび)があいていたので捨離したところでした。

元に戻ってブーツの話。

そのなじみ深いブーツ、ついに穴あいてるのを発見👀! 仕方ない。しもやけが広がってはいけない。と、何年かぶりにブーツを新調しました♪ 旧のと似たようなやつ。ズボンにもロングスカートにも、まぁまぁ合いそうなやつ。202101_20210119103101

お金を使ってモノを買うというのは、なんだかわくわくします。ちょっとだけ、私の中のモワンとしたものがスッと抜けていく気がします。いつかの自分の労働とモノとの交換です。

先日は、この新しいブーツを履いて、これまた久しぶりに街へ。町は、緊急事態宣言されたというのに、にぎやかです。人をすり抜けて歩くというのも久々で新鮮✨。京都にもたくさんの人達が住んだはったんやなと思い出し、ひとりマスクの中で笑ってしまいました。

新しいブーツ、これから大事につき合います。(^^) /

2021年1月17日 (日)

第88回 P'act文庫へ

P'act文庫へ朗読を観に行きました。88回目なのだそうです。 Pact88-202101

知らない話ばかりで、面白かったです。

ちがう世界へワープできるっていうのは心の栄養になるのだなぁと思いながら、3つの話を聞きました。

「星を読む人」はSFファンタジーのようで、もっと続きを知りたい気がしました。あのあと、二人はどうなったんだろうか。続きは、いつのP'act文庫に登場するのだろうか。。。

「時計のない村」は、今私が稽古している小川未明だーーって思いで、見てました。「・・・・と、〇〇が言いました」が多い作家なんやな、私の「おじいさんとくわ」もそうだし、もし私がここに立って「おじいさんとくわ」を読むのだとしたら・・・と考えようとしてみたのですが、すぐに「時計のない村」のなかに入ってしまいました。

「アグニの神」。芥川龍之介はこんな話も作っていたんだなぁ。少女が助かって婆さんが死んで、でも、よかったのか?と、今ふうに考えてしまいました。まぁ、日本昔話でも鬼はやっつけられるのだし、同じか? なんて。最後の方は、手に汗にぎる感じで、読むのには息継ぎが難しそうだなぁ、とも思っていました。

ずっと家に居ると、私の場合、やることは途切れないのですが、思うことは自分の周りのことにせばれられてしまいます。
たとえバーチャル・想像であっても、ちがう世界に入ると、ちがうことを思い考えることができるんですね。その場・その機会があるということは、有難いことです。

今回、私は、入場記念のしおりが5枚たまりました♪ しおり5枚=入場料500円なので、次回は集めたしおり5枚を握りしめて✊、P'act文庫を観に行きます✋ 楽しみです。

 

 

 

2021年1月16日 (土)

マスクでレッスン受ける練習 📖

朗読レッスンのとき、私は、マスクはずして読ませてもらっていました。

マスクして読むと、唇がマスクにあたり、気になってしょうがありません。口をはっきり開けられず、滑舌がさらにわるくなり、声もくぐもる気がして、避けていたのです。

けれど、どのメンバーとレッスンするときもマスクはずして読んでいるのは私だけ。「読む時は、はずしてかまわない」という先生の言葉に甘えて、マスクはずしていましたが、やはり気になる(遅いか?)。

前回レッスンは、小さなシールドつけて読みました。あごで留めるやつです。が、可視化されるのですね、飛沫が (*_*)。シールドに水滴?ついてるのが見えました。一話読むとかなり飛んでるんです。あの小さなシールドじゃぁ、シールドの外側にも広範囲に広がって飛んでるんでしょう。

先生のブログの中でも、「(先生自身が)ひとりで稽古するときも時々窓開けて換気する」と書いてありました。あちゃーー (>_<)

で、大きめのシールドを購入。読み手はステージに立って読み、聞く人はその前に座って聞く態勢なのを鑑み、頭部で留める202101_20210113170501シールドを逆さにしてみました。台本を下にみて読む時、下方に飛ばぬように。けども、具合よくありません。シールドが、曇るのです。文章の細々した表現をままだ覚えていないし、これは、困ります。どこ読んでるんだっけーーと探すと、私でもわかるぐらい不自然に、間があきます。

ふむ。

やっぱり、マスクするのが、一番よいようで。。。(^-^;

コロナ感染予防についての意識の持ち方については、少々、持論もあるのですが、そこは人が集まる場所。
レッスン受けるときはマスクするのが、一番よいようで。。。(^-^;

持論より何より、私も高血圧の持病アリの身。
マスクするのが、よいようで。。。(^-^;

なので、
マスクしてレッスン受けられるよう、家でもマスクして読めるようになる練習をしております。

納得するのが遅かったかしらん?

2021年1月13日 (水)

2こめのレモン

4こ生ったレモンのうちの2こめを家に入れてやり、ジャムにしました。
昨年冬至には、1こめを、レモン風呂&レモン酎ハイにしたのでした。202101

レモンを皮ごとざく切り。実家から持ち帰ったグラニュー糖を同量ほど投入。焼酎を少々。それを混ぜて、灯油ストーブにON。ストーブのそばを通るたびに、かき混ぜる。

昔ながらのこの灯油ストーブは、便利です。鍋を乗せておけば、部屋が温まるにつれて鍋の中も煮えてきます。おでんなどの煮物、ポトフ、ふろふき大根、お浸しのためのお湯、もちろんコーヒーのためのお湯。少ない冬の楽しみです。湯気や火の赤が見えると、なぜかホォ~っと安心。

灯油in灯油タンクを持ち運べなくなるまで、もしくは認知力が衰える前まで、楽しみます(^_^)v。そのためにも筋力維持せねば! 

出来上がったジャムは、ほろ苦くて上々。明朝のトーストにのっけて食べましょ。202101_20210113160601

そうそう、きざんでおいた皮を、酢の物(キャベツとワカメ)の上に、のっけてみました。 柚子のかわりですが、リンゴ酢をつかったので、レモンの香りがして合う味になったと自負しております。写真では、キャベツが同じ色なので、上にのったレモンがわかりませんよね。(^-^;

寒くて陽の少ないここ数日でしたが、ひとり家にいられる時は、こんなふうに部屋の中で楽しんでいます。

今日は歩いてい202101_20210113160701 ると、蠟梅がいい香りでさそってくれましたよ。

2021年1月10日 (日)

アカハラ

イモリの別名じゃぁありません。
野鳥なんです。 スズメとカラスのあいだぐらいの大きさで、腹の毛が赤茶色、背中はアスファルト色。20201231

調べてみたところ、たぶんアカハラという名の鳥。

20201231

最近こいつにちょいと悩まされています。

まあ、聞いてくださいまし。

私は洗濯物を2階のベランダに干します。そのベランダ幅が狭い。人が離合できません。洗濯物が風に吹かれると、洗濯物の長さによってはベランダ手すりに触れます。なので、ベランダ手すりは、毎朝拭いて土埃などをとりのぞきます。部屋側の窓も、さっと拭きます。

ある日。ベランダを拭こうとすると、そこに、でっかい鳥の糞!木の実が好物なのか、小さな種がいっぱい入った緑青な糞! しかも、ドバッてかんじの広がりよう。(>_<)。 ま、その日は、丁寧にとり除きました。

ところが、
その日から毎日のように、ベランダ手すりに緑青な糞! 

どんな鳥やろうと思ってると、数日後、とまっていました。ベランダ手すりに佇んでいるというべきか。スズメとカラスのあいだぐらいの 大きさで、腹の毛が赤茶色、背中はアスファルト色。

お、おまえかぁーーーっ! ここんとこの不埒な所業!と、手を挙げて威嚇してみました。

逃げません。

困って(私が)じっと見てると、ゆっくり首だけ回してこちらをみた赤い腹の鳥。
目が合った! ・・・ので、にらんでみる。

逃げません。

なんじゃぁーーこいつ!
威嚇が足らんようです。ヒトをあまくみるなよぉ。ここは近づいて声で脅かすことに。

私、そいつになんて言ったと思います? はいシンキングタイム⏰

思わず出た私の言葉、いえ、声は

「ワンッ!」

私は犬かい。

その時は、効あって、そやつは逃げていきましたが、次の日も、また次の日も、そのまた次の日も!
居るんですよ、その、赤い腹の鳥。日によっては、干してる洗濯物(竿)の上にっ!

可愛い顔してるんやけどなあ。生きてるからしかたないとはいえ、糞はちょっとなあ。私も毎日「ワン」と言うわけにはいかんし。。

毎日、拭きとるのがいやなので、ベランダ手すりをアルミホイルで巻きました。キラキラの反射を、あやつは嫌がるんじゃないかと。それにこれならある程度汚れたときにアルミホイルを交換すればいいし。 さらにその上から、荷造りヒモでひらひらと巻いてみました。

が、来ます (>_<)!

ご近所さんに聞いてみたけれど、そんな鳥は来ないしそんな糞は落ちてないのだそうです。

何しにここへ来てるんでしょう? なぜ、うちのベランダ手すりなんでしょ?

 

 

2021年1月 8日 (金)

家🏠じゅう冷蔵庫 \( ゚Д ゚)/

寒かったですねぇ、今朝。(/_;) 雪は降りませんでしたが、とにかく冷たい強風がうなるうなる。

寒くて目が覚め、室温を見たら3℃でした。もう夜明け間近だったので、起きて部屋を暖めることにし、ファンヒーターとストーブをON。布団をあげ、ゆるりとストレッチし、口のストレッチがてら「キャリーパミュパミュ」等滑舌練習し、ストーブでわかしたお湯でコーヒーを入れます。1時間ほど経ったところでようやく15℃前後となりました。

凍結防止の為お湯をぬかずにおいたバスタブは、奥の方でモーター音。おそらく一晩中ウイィィ~~ンと働いていたのではないかと。

しかし、給湯器からのお湯蛇口からは水すら出ませんでした。どこかが凍っていたのでしょうね。

15℃前後になった部屋を出て、水で洗顔等すると、手がかじかみます。息がいつまでも白い。

トーストにつけようとしたオリーブ油がビンの中で固体化し、逆さにしても出てきません💧 しかたないからマヨネーズで代用。

外に出たら、プランターが倒れてる。しばらくそのままにしておきましょう。

凍った雨戸は開けずに外出し、帰宅した13時頃、まだ、お湯は出ませんでした。給湯器からのお湯がフッカツしたのは、15時頃。そこで、朝食のカップと皿を洗いました (^-^; 。

特に朝はまるで冷蔵庫の中にいるよう。

けれど、考えてみれば、幼い頃は火鉢に炬燵・豆炭アンカだったのだし、今よりとても寒かった。あの頃を思えば、ファンヒーターなど使えることは心地よい住処のはずなんですけれどねぇ。お風呂も指一本でスイッチONですもんね。おまけに「オフロガ ワキマシタ」って知らせてもくれる。便利な世の中になったもんだぁ。

って言うても、寒いもんは寒い。冷たいもんは冷たい。まだまだこれからですねぇ。
はぁ~るよ、こい!

 

2021年1月 4日 (月)

白いイノシシ 🐗

正月三が日は、老人ホームとのTELやりとりもあったけど、寝正月ときめこみました。寝正月は、私の理想のんびり正月です。

で今日は、久しぶりに地下鉄を使って護王神社へ行きました。理想の正月で満足だったはずなのに、三日ぶりに歩いて駅まで行き、地下鉄に乗るとしゃんとしてきますね。なまっていたのですね。(^-^;。 日々の通勤乗車はうんざりだったけれども、不思議なもので、久しぶりだと地下鉄に乗るというだけでちょっぴりウキウキしてきます。

右の写真、犬ではなくて、イノシシです。20210104
白いイノシシ。慣れてます。
正月になるとお目見えする、この神社のイノシシです。

足と腰にご利益があるというので、老母へ渡す御守りを買いました。
有難いと思ってくれるかな?
お菓子を持ってきてくれたほうがよかったのにと、部屋に帰ったら引き出しにポイかな? 

おみくじは、末吉。
「願い事は半分かなうでしょう」でした。
半分もかなうんや!♪ よき。

保育園の子ども達が、お散歩兼ねてお参りに来ていました。

20210104_20210104173401 地下鉄駅までの烏丸通沿いに、菅原院天満宮神社があったので、そこにもお参り。
ここには牛がいました。(*^-^*)

老母が安らかな心で過ごせるように、祈りました。

今日も、晴れ。

 

2021年1月 1日 (金)

新年早々 (*^-^*;)

おめでとうございます。

2021

今年も新しい年を迎えることができました。命があって、家があって、おせちを作り駅伝TVをゆっくり見る時間があるという新年を迎えることができました。めでたいです。有難いです!

昨夜は、息子夫婦が電話をしてくれました。今晩はテレビ、なに見る?紅白?ガキの使い?なんていう会話する家族がいるということが嬉しいなぁ。

お雑煮食べて、ゆったりと洗濯物など干していると(寒風&ちらちら雪のなか!)、なんと老人ホームから電話!
「よく転倒されているので、CT検査とかしてもらってください。」とのこと。正月休み明けを待って、精密検査を受けにいくことにしました。

さ。今年、どうなることやら。
ま。老母のことですぐ動けるようにということがあって、急なシフト変更で職場に気をつかってしまうこともあって、アルバイトもやめたのだし、よいよい。なにか起こったときのための待機生活です。

待機中にできる範囲で、楽しむことを探します ✋。

今年も、健康でありますように!

 

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »