« 後輩の死。 | トップページ | 伏見 酒蔵あたり »

2020年6月17日 (水)

⇔ それぞれのディスタンス ⇔

スーパーのレジで。

並んでいたら、私の後ろに並んでいたおばあちゃんがしきりと話していました。誰にともなく、しゃべってはるんやろかぁ。と思い、前(レジ)のほうを向いて、自分の順番が来るのを待っていました。

床には、コロナ感染防止のため、人と人との距離をとるため、並び列の筋にビニールテープが貼ってあります。このビニールテープのところで1人ずつ立って待ってくださいというやつです。

でもね、そのおばあちゃん。テープ印を無視して、しゃべりながらどんどん私に近づいてくるんです。

そうか。。。私に、しゃべってはったんやな💡。

おばあちゃんを無視せんと相槌ぐらいうちたい、うとう、うとうかなと思ううちに、このおばあちゃん、どんどん私に近づいてくるんです。おばあちゃんは私の様子をみて、この人はもしかしたら話のってくれるかもしれないって思ったのかもしれません。

私は、コロナじゃなくても今までも、あんまり知らない人との距離をある程度保ちたいひとです。人混みの中など、どうやったらできるだけこの人達との距離を保ちながら歩けるかと画策するだけで疲れてしまうタイプです。

なのに今、このおばあちゃん、どんどんしゃべりながら近づいてくるのです。

どうする? これ以上近づかないでください、と言うのも、、、、なぁ。

おばあちゃんが更に一歩近づいたとき、咄嗟に片手が動きました✋。手のひらをおばあちゃんに向けて制していました。
間髪入れずにおばあちゃん、
「そんなことせんでも、わかってるわ!💢 」
悪いことしたかなぁ。したよなぁ。というとき、私のレジ順となりました。おばあちゃんはもはや私の横で、レジの人にしゃべりかけていました。

せめて、テープ印のところでしゃべりかけてほしかった。店によって、レジの停止幅はちがうけれど、私は、その店のテープ位置を守りたい。

つぎ、別売り場のレジ。

いつもは混んでるそのレジで、位置を表すテープ箇所がいくつか空いていました。へ~~今日はえらいすいていると、その時レジで支払いされてる方の後ろに並びました。と、後ろから、
「おいおい。」
という声が。
ふり向くと、おじさんが後ろの方に並んでおられました。並び位置テープで言うと、2~3本分のテープを空けたところです。

私はテープ位置に従って並んだのであって、順番抜かしをしたつもりはなかったのですけど。ちょっと口をとがらして(いたと思う)、そのおじさんの後ろへ並びがてら、床に貼られた2~3本分のテープを指差して言いました。
「テープはもっと前ですよ。空いてますよ💢 。」と。

おじさんは不承不承、テープを空けない位置に並び直されました。(口がとんがりぎみでした。)

私は、おじさんの後ろに並びながら考えました。
なぜこのおじさんは、テープ2~3本分をあけて並んでいたのか?

じ・・・・と床のテープを見直してるうちに、わかったこと。
それは、
テープ2~3本空けた間隔が、約2メートルなのだということ。

このおじさんは、報道などで示されている「人とは2メートルほどあけるように」という指示のほうを選んでおられたのですね。

けども、小さい店だと、みんなが2メートルあけて並んだら、陳列商品の前をレジ待ちの列が埋めてしまって、その並んでる人達の列を割って、商品を選ばなくちゃならないということにもなるんでしょう。

ソーシャルディスタンスも、いろいろです。
自分は、なにを基準にするか? むむむっ。

早く、インフルエンザなどのように、予防注射や治療方法が見つかり、広く使えるようになればいいな。

 

« 後輩の死。 | トップページ | 伏見 酒蔵あたり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後輩の死。 | トップページ | 伏見 酒蔵あたり »