2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

  • 2011627

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

電気屋さん事件

実家近くの電気店から電話がかかってきました。両親がいつも電化製品を注文していた‘町の電気屋さん’です。

「こないだからな、あんたのお母さん(老母)から夜となく昼となく電話がかかってきてるんやけど、」

え”っ! なにでです?

「テレビのリモコンが動かへん、テレビがつかへん、直しに来て、言うてな。」

いつからです?

「日曜日やったわ。」

日曜日、私、実家に行ってましたよ。昼前から3時ぐらいまで。

「あ~~、そのあたりは、かかってきいひんかったわ。」

いやいや。テレビ、映ってましたけど。

「そ~かぁ。でな、うち、日曜日は休ましてもろてるし、かかってくるたび、明日まで待ってなって言うて電話をきるんやけど、またかかってきててんわ、電話。」

すみません。全然知らなくて。。

「ほんで、次の月曜日の朝に電話がかかってきたから、見に行ったんやわ。リモコンの、ちがうとこを押してて映らへんかったみたい。で、店に帰ってしばらくしたら、また、電話かかってくるねん、テレビ映らへん、て。それで4回、行ったり来たりしたんやけど、、、、」

す、すみません。。。。

「うちもな、他のお客さんのとこにも行きたいしな、ちょっと最近は、お母さん(老母)から電話かかってきてもスルーさしてもろたりしてるんや。ほんまに、昔からいっぱい買うてもろたお得意さんやし、心苦しいねんけどな。」

はい! 無視していただいていいです。こちらこそ、お忙しいのに、すみません。。。。 

実家の電話横には、その店の『なんでもご相談ください。お困りごとがあったらお電話ください』という手書きメモが貼ってある。今までも、新しい洗濯機の使い方など、教えに来ていただいたりしたよう。

けれど今回は、これは、びっくりです。(;゚Д゚)
いくら『なんでもご相談ください。お困りごとがあったらお電話ください』であっても、これだけの電話攻撃は非常識だし迷惑だという判断ができなくなっているのだと、焦りました💦 電気屋さんからの電話は夜だったので、いろいろ考えて、眠れませんでした。

コロナで外出機会が減ったことと、歩行機能が一気に衰えてきていることで、家の中でテレビを見てる時間がほとんどなのだろう。だけども、私が外に連れ出したら「よけいに歩けへんようになったわ!」なんていう言葉がまた返ってくるだろうし。そもそも、ほんまに、リモコン操作もできひんようになったんやろか。。。

老母が、家族でない誰かと会う機会を増やさないといけない。テレビ時間を減らさないといけない。

ケアマネさんと相談。ケアマネさんから、デイケアセンター(リハビリ&整形外科&内科&昼食&入浴)の利用時間を増やす提案をしてもらうことにしました。今や、私から言うと逆効果になることは目に見えているんです。上手に言うていただき、すぐに決定。さすがはプロですね。そこでの入浴は、まだ抵抗していますが。

それと、一応、脳神経MRIなど検査をしてもらうべく、大きな病院へ予約を入れてもらいました。
が、混んでいるようで(コロナも関係しているのか、緊急ではないという主治医の判断なのか)、検査はお盆過ぎ! 
あちゃーーー。

認知機能が低下していることは、素人の私でもわかるのですが、どんな具合なのか。異常はなくて、ただ、自分の生活の面白みのなさ・身体の不便さからくる周りへの芝居だったのだとわかるだけなのだとしても、それならそれで私の中での心構えや対処の仕方が変わってくるのかもしれない、と。認知症だとしても、施設への入居待ちが多いのだそうですね。

けっこう、勉強させてもらいました。

しかし、

それまでに、また事件が起こったらどうする? 弟に知らせたり相談しても、よけいにややこしくなるのだろうし。。。
とまた眠れない。飲んでも酔わないのに動悸はおさまらない夜の連続。夜明け前に頭と目が覚めてしまう朝の連続。

一応、民間介護施設の資料も取り寄せてみました。

そんなこんなの、コロナの日々。
今年の4月5月は長かった~~~~~。(>_<)

 

2020年5月25日 (月)

かめ印の小麦粉

おっとぉーーーっ。期限切れだったぁーーー。

と、見つかったのは冷蔵庫の中。小麦粉です。

老の目に袋を近づけて見てみると、、、消費期限が数か月前!
なななんと~。

いやだがしかし、Kimg0728

私はすぐには捨てませぬ。

「かめ印の小麦粉」
めずらしいでしょ?
石臼でひいた、福岡県産100%です。めずらしいでしょ?
だから買ったんだと思うんですけど、なかなか、私、小麦は使わない。減らないんです。
でもね、せっかく買ったこの珍しい小麦粉。捨てられません。どうにかして、腹のなかにおさめたい!

袋の中をよく見る。
ふむ。カビなどによる変色は、なし。
粉の中でなにかうごめくものは、なし。
ジッパー開けて匂いをかいでみる。
ふむ。なんかようわからんけど、キツイニオイが鼻をつくようなことはない。

食べましょう。(^_^)v
食べてしまいましょう。
ひとりで食べれば、万が一の被害者も私ひとりなんだし。美味しいか美味しくないかは、アンチグルメな私の舌にはわかるまい。

まずは、190118_

実家の冷蔵庫にゴロゴロ余っていた傷だらけのリンゴ。老母がどんどん買い込んでは食べずにすぎたリンゴ。
このリンゴたちとコラボしてみましょ。
どうやって食べよう。。。

レンジでチンして冷ましたリンゴとレーズン、水で溶いた小麦粉を混ぜて、フライパンで焼きました。

パンケーキとまではいきません。お好み焼きの甘い版、みたいな。卵は常備してないので、水だけで。ぁ、そう言や片栗粉と重曹と砂糖もちょいと入れました。バターも無いのでオリーブオイルで焼きました。

ここいらでお腹が空いてきた私には、おいしい、と感じました。まあ、捨てずに済んだ満足感も味のうちでしょか。
作る時間を思うと、食べる時間はあっという間。それが少々不服です。(._.)

それでも余った小麦粉。
でも捨てない。

数日後、なにかの拍子で思い出した幼い頃の食事。
「戦争の時は米がなかったから、こんなもん食べてたんや。」
と、両親の話を聞きながら食べたスイトン。あれがスイトンという名だというのは、数年経ってからTVで。実家では‘だんご汁’と言っていました。味噌汁やすまし汁のかわりに、時々、このだんご汁が食卓にあがりました。

そーだ!あれ、作ろ。Kimg0729
と、小麦粉を水で溶きだしたら、冷蔵庫にアンコが余っているのを思い出しました。そうや、アンコも、食べてしまわなあかん。
そいうことで、水溶き小麦粉をお湯で茹でて、アンコをのせて食べました。ドライぜんざい? あんこ餅?

余った‘だんご’は冷凍して、数日に分けて食したしだいであります。

はい。完食。胃腸も安泰。満足。(*^-^*)

 

 

 

2020年5月21日 (木)

解除日にアベノマスク

昨日、
ニス塗り用刷毛を買おうとホームセンターへ行ったら、箱マスク50枚入り¥1980(税別)が売られていました♡。

全国マスク工業会のマークはないけど、買っておこう。完全な終息まではまだずっとかかるだろうし。
「お一人様ひと箱でお願いいたします」
と書かれていました。

今日、

実家ゴミ捨て用のカラスよけネットを買いに、またホームセンターへ行ったら、別種類の箱マスク50枚入り¥1980(税別)が売られていました。これも全国マスク工業会マークなしです。

「大放出!お一人様4箱まででお願いいたします」
になっていました。

ちょっと迷ったけど、昨日買ったのもあることだしと、買いませんでした。このマスク達、いままでどこにあったんだろう。少し前なら、喉から手が出るほど欲しかったのに。

帰宅すると、緊急事態宣言おしまい、のニュースが流れていました。
コロナ前後で私自身の生活はあまり変わらなかったけれど、こんな田舎でも、道歩く人の数が戻るというのは、けっこう嬉しいです。

夕方、ポストをのぞくと、Kimg0739
アベノマスクが届いていました。

ふむ。。。

では、
とっておいて、また使うことにしましょうぞ。

2020年5月18日 (月)

幸せのベリー

整体院から、封書が届きました。コロナによる自主休業をされていた期間に。

郵便受けに手紙が入っているというのは、うれしいもんですねぇ。メールやネット配信などとはまたちがった嬉しさ。今の若い方達はまた感覚がちがうのかもしれませんけどね。あえて、この時代この時期に郵便。手間と時間をかけて届けられたというのが心地良いです。

中には、整体の通信(お知らせ)やら、客である私個人へのちょっとしたメモ伝言といっしょに、一封の紅茶が入っていました。
フルーツ香のティーバッグです。Kimg0714

「幸せのベリー」

ポットをつかって、ゆっくり淹れました。

ほっと一息。

湯気の香といっしょにお茶をひと口ふくむたび、
心の中にある諸々のザワザワが溶けていくようでした。
ひととき、
ストロベリーとラフランスの香りに ほわぁっと癒され、深い息ができました。

ありがたいです。。

昨今の動画配信などもそうですが、
こんなふうに、時間と場所が離れても‘癒す’ということがあるのだなぁと。リモートほぐし、ですね。

身体がこってるから、心もこってきてるのかもしれません。


営業も開始されたよう。
予定をみて、またほぐしてもらいに行くことにしましょ。

 

2020年5月16日 (土)

💔 心臓は早いえ (;゚Д゚)!?

老母を見に行った折、実家近所のおばちゃんに会いました。彼女は、老母と親しく、また弟の同級生の母でもあります。なので、私をも、小さい頃から知ってもらっている方です。老母よりちょっと若いかな。

「どうぇ? 最近、お母さん。」
んんん~~~。(^-^;
「こないだ見かけたら、えらい痩せたはってびっくりしたわ。背中も曲がって、よろよろしたはったけど、大丈夫?」
んんん~~~。たいへんです。。。(^-^;
「タイヘンか?👀」
歩けへん、言うて晩にあちこちケータイで電話したり。弟が慌てて私に電話し続けたり。その晩、私は、母と弟を電話口で落ち着かせて。。次の日はケアマネさんに報告・相談したり、車で様子を見に来たり。。。。
「そら大変や!けど、まだケータイは使えるんや。」
それが、ケータイわからん!言うてたんですけどねぇ。
「まぁ、あんたに頼ったはるんやし、頑張ったげぇな。」
うんん。。。それが私も、ここんとこ動悸やら不整脈やら高血圧やらで、自分の身体も守りたいし~。心臓の精密検査も勧められてるんですぅ。

そら大変やな、自分の身体も大事やもんな、という言葉を期待していたら、
「心臓か?!心臓は、早いでぇ!すぐ死ぬえ。」


だから私もあんまり無理できひんのです、と言えばよかったのですが、咄嗟に思い浮かばず出てこず。不思議な間。

「まあここはな、こうやって娘が来てくれるし、ええわ。私なんか、今ひとりで整形(外科)に行ってきたんぇ。」
? 
たしかこの方、隣に息子(弟の同級生)家族が住んでられたような、とか、杖もなしに自分で通院してこられたんだ、とか思ったのですが、それには触れないことにして、

私も腰がヘルニアなんですけどね、腰より今も動悸が、
「心臓か?!心臓は、早いでぇ!すぐ死ぬえ。」

ん?

母と弟と、ふたり分なかんじ。この状況、6年前から続いてる気ぃしてます。もうしんどい。
「まぁ、がんばったげぇな。」

がんばれる範囲でがんばります。
と言うと、おばちゃんは不服そうでしたけど、もう私自身のことを伝えるのはやめときました。
すぐ死ぬぇ!も、かなりなインパクトで心臓にきてましたので。(^-^;
おばちゃんも、歳とらはったな。

立ち話が終わって家に入ると、老母が言うのに
「あんた今、車の中から、家の中の電気(電灯)、消したやろ。もいっかい車に入って、電気つけてくれへん?」

ああしんど。
この段階でしんどいと言うのは、私が弱い?ゼイタク?あまい? 
コロナのことをも頭から消えてしまう時が多々あったこの数週間でした。

 

2020年5月14日 (木)

☀ 朝日を追う

明るくなると目が覚めます。新聞配達のバイク音でも、目が覚めます。アラームかけてたら、そのちょっと前で目が覚めます。健康なのかどうなのか?

覚醒時の動悸がおさまるのを待ちつつ検温。よし。布団をあげてストレッチ。ジーンズにTシャツ、マスクにメガネとキャップといういでたち。あやしげですねぇ。

家を出たとき、今朝は寒かったです。手もかじかみそうでした。だけども、歩いて温まることにしましょう。時間がない。

というのも、今日こそ太陽が比叡の山から昇る瞬間を見たいと思っていたからです。

辺りはもう明るくなりきっていて、京都の日の出時刻はもうとっくに過ぎています。 もう間に合わないかもしれないと急ぎ足。太陽よ、ちょっとだけ、山から顔出すの、待ってくれないかなぁ。

ですがそこは比叡 848mの麓、きわなので、ぎりぎり間に合いました。20200514 ? いやちょっと遅刻?

一枚写真を撮って、別の場所からも~、と半ば駆け足🏃 。誰も歩いてない、畑の横道を駆け足🏃 。パタパタパタ🏃。

一筋向こう側へ行くともう太陽はだいぶんと出現ーー。
ま、まぶしいっ!
太陽はけっこう速く動きます。
ちゃうちゃう。
地球はけっこう速く回っています、でした。

もう10分早く布団から出ればよかったなぁ。

家や木で光線を隠して、なんとかもう2枚。Kimg072120200514_20200514141001


線路の向こうと、川の向こう。どちらも山は比叡です。
もうちょっと早うに起きなはれ~~、
と、太陽が言うてはりました。

せっかくだから近くの神社まで。
子どもを守る神様なのに、
「悪霊たいさ~~~ん!(疫病退散じゃなく)」
と心でけっこう長く祈りました。10円のお賽銭で(^-^;。

往復約30分。約3000歩。
あーすっとした。(^_^)v

 

2020年5月12日 (火)

CDダブルラジカセ 🎶

毎朝のお伴(とも)は、ラジオ。家事のお伴も、ラジオです。Kimg0703

このラジオ、最近いやここ数年、機嫌がワルイ。音が割れる。天気によって音量が変わる。私が近づくと、雑音が入る(イヤなんか~い!)。

それはたぶん、アンテナが折れてしまったこと、手入れもしてないからかしらん? 選局もデジタルではなく、ゆるりと手指の感覚勝負で回すやつです。これも、天気等によって変わります。 電気も、電池だと単1×8個ほど要ります。

CDダブルラジカセ。
カセットからカセットへ録音できて、CDも聴けて、ラジオも聞けるというすぐれもの ♪ さらにカセットテープは両方向に回るし、CDは選曲もできる(これはデジタル)! なんという便利なものができたもんだと、 買った四半世紀前はとても嬉しく重宝しました ♪ 

がしかし、

日々のラジオが、聞き取りにくい ( ; _ : )。
気づけば、カセットテープはほぼ使っていない。若いころは宝物のように思えたカセットテープ達もほぼ断捨離されてしまっています。
掃除等で持ち上げるときはけっこう重い。よっこらしょっ。

ふむ。

いっそ、ここらで、新しいのに買い替えるかい?

でもなぁ、

もしかしたら、残ってるカセット音楽を聞きたいと思うときがくるかもやしなぁ。
最近の電化製品は寿命が短い、って言うしなぁ。

でもなぁ、

ラジオの音が朝から不愉快な日もあるしなぁ。

と悩みながらのここ数か月。
悩んでるうちに、約20才の炊飯器がこわれてしまいました。あちゃーーー。(>_<)。 
けど、ご飯は、ガスと土鍋でも炊けるしなぁ。

とにかく家電店に行ってから、どっちを買うか、または買わないか、決めよう。と、家電店へ出向きました。

買っちゃいました ♪

炊飯器。

ごはんがおいしい!

今は、雑音交じりのラジオを聞きながら、おいしいご飯を炊いてます。
はい。聴より味の感覚を採りました。。。(^-^;

2020年5月10日 (日)

コットンキャンディー

「母の日で~す。」2020_20200508164401
という配達員の声とともに、
コットンキャンディーという名の紫陽花が届きました。
うす桃色の、鉢植え紫陽花。名前もかわいいでしょ?

息子の妻からです。

以前、息子からめずらしく母の日の花が届いたときがあったのですが、その花を買う時も実は彼女がそばにいたのだそうです。

花🌼をもらうのって、プレゼント📦って、うれしいですねぇ💛 

Kimg0710

ずっと庭に咲いていた紫陽花は、抜いてしまっていました。老朽化していたのと、枝をつたって蟻が大量に家の中に入ってくるのとで思いきって。
だけれどもやはり、ちょっと物足りなかったんです。紫陽花の季節になるとさらに。
今回、ニューフェイスが届きました ♪

ところで、この、まるで花束のような鉢植え。

小さな鉢に、どうやったらこんなにたくさんの大きな花を咲かせることができるんでしょう?
肥料かなあ。

この季節が終わったら、大きな鉢へ植え替えてやりましょう。
また来年も、今年の喜びをつけたせるように。

もうすぐ彼女の誕生日。
なにを送ろうかなぁ。(#^^#)

2020年5月 7日 (木)

GW 泣きべそ作戦

 

「ケータイデンワの使い方が、わからんよ~になったぁ~😖」

と泣きべそをかいた老母。

 

自分は使い方がわからんでも、いざという時、周りの人が連絡してくれはるやろうから、お守りと思って持っときや。

「でも、要るときもあるや~ん💧」

「ケータイを持って行くの忘れたらど~しよ~💧」

「いざという時、周りにだれも居はらへんかったらお守りにならへん💧」

といつまでも何度もグダグダメソメソし続ける難聴の老母に、10分ほどかけて大声で説明したのはひと月ほど前。

 

私は、この‘泣きべそ作戦’が大嫌いだ。すすり泣いて小さい声で訴え、目の前の人間の感情に訴える。自分に注意を向けようとする。子どもでも嫌なのに、自分の老母となるとなおさらハラが立つ 💢 ハラが立つと、いつもの動悸がひどくなる。バクバク。

で、このGWの初め。
車🚙と レンタルした車椅子♿で、老母と、実家近くの公園へ行った。祝日はデイケアが休みになるということもある。運動不足解消と気分転換になるかなとも思い、家の外へと誘った。
ちょっと車いすから降りて、5・6歩でも歩いたら?、と言うと
「ただ歩くのはコワイ。あの柵につかまりながら歩くっ。」
と数メートル歩いた。気分よさそうに歩いているように、見えた。外の空気を感じながら歩けてよかったと帰宅すると、

「うわ、こんなん初めてや。 足が急に動かへんようになってきた。どうやって足を動かしたらええかわからへん~💧」

良かれと思って、外に誘ったあげくが、この言葉かい💢泣きべそ作戦かい💢。なにが不満やった?!
こっちは、腰痛を気にしながら車椅子♿を車🚙に乗せたり降ろしたりしたんやのに!

と私も、自宅の大掃除はしてるのに、こんな時は腰痛を理由にハラをたててしまう。そんな自分にも、💢。動悸。バクバク。

 

 

GW半ば。夜。
さあ晩御飯🍻と風呂からあがると、老母からスマホに着信有。なんやろう。

「あんなぁぁ~~。歩けへんねん。電話機まで歩けへんから、ケータイでかけてるねん~~~。〇〇先生(老母のかかりつけ医)に電話しても、何回も電話しても出はらへんね~ん。◎◎(弟)に電話したらな、今から行くって言うんやけど歩いてくるからな、いまから何分もかかるね~~ん💧」

と、泣き声。弱々しい声だけども、けっこうたくさんしゃべるから、さてはこれもいつもの泣きべそ作戦か? 第一、ケータイの使い方は、わからないようになってたんじゃないのかっ? 使い方がわからないのに、私と弟と主治医にケータイから電話したわけだ。

私が車でそっちに行くより◎◎が行くほうが早いから、そのまま待っとき。
「でもなぁぁぁ、あるけへんねん~~~💧」
◎◎が来たら、トイレとベッドに連れていってもらうんやで。
「トイレはさっき行ってん~。ベッドに入っても寝られへんね~~~ん。胸も苦しいねぇぇん💧」
明日の朝、私も行くから、寝られなくてもベッドにいるようにと言ってなんとか電話を終えると、弟から何度も着信が入っていた。

弟は高次脳機能障害である。TPOや相手の心への想像ができず、言葉の選択もヘン。自身は「ワタシはフツーです」と言う。弟と話すときも、私の心臓がバクバクになる。あの頃がフラッシュバックしてきて、アタマがギューッと締まる。接点を減らしたいのだけれど、あまりにも多くの着信なので電話することに。

電話がつながったとたん、
「アネは、今、何が起こっているのか、わかっていますかっ?!」

私に向かって私をアネと呼ぶこと自体、フツーじゃないとわかってないのに、どうやって話を進めればいい? それにこのエラそうな言い方。心臓バクバク。

「救急車は、よばんでもええんですか!」
ええよ。バクバク。
「歩けへんて言うてるんですよ!」
これまた10分ほどかけて、弟に、実家に着いたら老母にトイレとベッドに行かせるように伝えた。

 

電話を切ったら私も不安になってきた。

母のかかりつけ医に電話しても、出ない。留守電を入れる。バクバク。

 

ケアマネさんに電話してみた。出ていただけた。

「今晩のところはその対応でいいと思いますよ。明日、私も行きますね。」
と言っていただきちょっと安心。

 

その晩は私も眠れず、朝、実家へ🚙。

留守だった。

GWとはいえ、その日は祝日ではなかったので、デイケアへ行っていた。弟は一緒について行き、その後、自分のマンションへ帰宅したとのこと。ケアマネさんからデイケアセンターにも連絡していただいてたようで、昼頃、老母を送ってくださったデイケアセンターの方が
「今日も、いつもと同じように笑顔で穏やかにリハビリされておられましたけれども。。。。」
と苦笑い。安心と同時にまた💢。バクバク。

昼過ぎ、ケアマネさんも来てくださり、老母の話を笑顔で聞いてくださった。ほんとうに、ありがたい存在だ。
で、老母が最後に言ったのは、
「もう早う死にたいわ。」
死にたいならなんで夜に使えないハズのケータイで助けを求めたーーーーー!この1日であなたのためにたくさんの人が心と体と時間をつかったというのに!

この後、音沙汰無しのかかりつけ医に行って処方箋をもらい、GW中の老母の薬を買った。弟にも、老母の前でTEL報告。

夕方遅くの帰り道。
疲れて、なにも考えられない状態で運転していると、前の車が他府県NO。
えーーーっ、まだ他府県から来てるんかーー! でも商用なのかもしれへんし、、、と、ぼんやり前の車を見ていると、後部座席でピョンピョンとびはねてる子どものかげ。

ムッカーーー💢 三密やなかったらええんかー!感染したりされたりしなければ、遠出してええんかーーーーっ!医療や介護や運輸の人達はタイヘンな思いで働いてるのに、ええんかーーーー💢 

と、自分も医療介護運輸じゃないくせに、なぜか支離滅裂に無性に腹立たしく思ってしまった。私は一緒に暮らして介護してるわけでもないのに。ただ老母にふり回されただけで、助けてくれる人もいる。なのにこんなに疲れて実は取り乱していた自分にハラが立つ。バクバク。

つかれたーーーーー!!!

が、ブログで「バクバク」を訴えてる私。バクバク作戦だな。ブログでこんなのは大嫌いだと不快な人もいるだろな。

 

さて、

今日も実家だGO--👊

 

 

 

 

 

2020年5月 5日 (火)

📝 組長交替

うちの町内会には20弱の組があります。それぞれ組長が1名。1年交替です。

昨年度、ワタクシ、組長でありました (''◇'')ゞ。

とは言え、そんなに仕事はありませんけどね。(#^^#) ほ。

ん・・・・とね、

回覧版を回す、市民/府民/区社協便りを各戸に配布する、
町費などの集金、募金集め、集めたお金を町内会計に持参しもらった領収証を保管、
体振などの取組みへの参加あれば名簿を出す、
、、、、ぐらいかな。
組長の集会は年度初めの顔合わせを兼ねて一度。年度末には、文書にて次の組長氏名の報告のみ。

組長の仕事内容は、町内会によって少しずつ違います。
ここの町内会、区民運動会の参加者集めやご老人方への案内は、体振。地蔵盆のお世話は、6年生のお子さんを持つ親。婦人会や少年補導も、別立てです。

で、うちの組は、組長を順番に回すと決まっているので、もめません。昨年度、私は3度目の組長でした~~。なんと速くに時が流れていくことよのぅ。

どうりでこの家も、古くなるわけだ。いっぱいあふれていた子ども達の声も、世代交代するわけだ。うちの子の友達が、たまに我が子を抱いて散歩してたりするわけだ。私のシワも増えるわけだ。

先日、今年度の組長さんが町内会費を集めておられました。家まで来ていただくのもご足労なんで、せっかく見かけたのだからと私から持参することに。

道端にて。

すいませ~~ん、おせわさまですぅ~~。町費ですよね。持ってきましたぁ。
と、お金を渡していると、別の家からまたお一人、出てこられました、町費を持って。
でもその方ね、
「あ!マスクしてくるの、忘れた! ちょっと待ってて! (^-^; 」

マスクをつけに、ご自宅へ引き返されました。それを見た私と新組長、

とっさに、どうしたと思います?

お互いに1歩下がって、ぴょんと間を開けていました。

どうです?この、数か月で身について(?)しまったソーシャルディスタンスな反射行動。

「2メートル、あけなあかんかったんやで。」
お金の受け渡し、できひんやんな。
「お金と領収書を置く場所を、間に作るとか。。。」
2メートル、手ぇが伸びるとか。。。
「ワンピースやがな(笑)。」

と言いながら、日頃はめったに会わないご近所の新組長さんと、マスクのみの現金授受を、手と手でいたしました。
なぜか心和む午後のひとときでありました。
チョンッ。

2020年5月 3日 (日)

📖 外郎売りタイム

外郎売りの科白を音読する。これを日課の中に組みこんでみています。せっかく時間あるんだからちゃんと読もう、と読んでみると、アクセント不明箇所が多出。20200502

アクセント辞典というのがありまして、調べてみようとはするんですけど、慣れてないのかなかなかめざす言葉に会えずに時間が経って疲れてしまいます⤵。おまけに外郎売りは現代語じゃない言葉も出現。旧カナあり。終止形は、なんだろう? この名詞のあとにつく助詞は、どうやって調べるんやったっけ? 

遅々として進まない。。。

そぉ~~だ! 今は、動画というものがあるんだった ♪

YouTubeで検索すると、いっぱい出てきました。
歌舞伎の外郎売り、声優がいろんなキャラになっての外郎売り、アナウンサーレッスンの外郎売り等々。

聴きながら、不明アクセント箇所を原稿にメモしていきます。メモする前に動画をポーズにして、シャーペンでメモ。で、動画再開。ポーズ。メモ。あ、違う。メモを消して再記入。メモだらけ原稿。

こうして、いくつかの動画を見て、いや、聴いているうち、
気がつきました。

それぞれ、違うアクセントで読まれている単語があるということ。
特に、歌舞伎は独特です。型があるのでしょうか? 私ゃ素人なんで、わかりません。

声優さんも、なにかクセがあるような。。。 人によるのか、キャラによるのか、わかりません。
(でも楽しい!)

原稿のアクセントメモ、消しては書き、書いては消し。
なんだか、紙がボロボロになってきました。

まー、声出す機会を増やし口をなめらかにするために選んだ外郎売りなんで、結局、自分の言いやすい「たぶんこれなんだろうな」というアクセントを採用(?)。それでも、今まで自分流に読んでたのとだいぶん違います。今までの私の関西流あらため、これまた自分選択のアクセントで、もうちょっと外郎を売ってみまする。

__ 貴賤群衆の花のお江戸の花ういろう ・・・
   ・・・ ホホ敬って外郎はいらっしゃりませぬか

(#^^#)

2020年5月 1日 (金)

☀ 夕日を待つ

20200425 20200425

西日のあたる2階の部屋。山々に日が沈んでいくのを眺められる部屋です。

台風のときなど雨風が直撃し家がふるえ、いつも心配なのですけれど、季節や気候によってはけっこう大きな景色を見ることができ、気にいっています。

季節が動いて日が長くなりました。

最近は、ちょうど夕食の支度や洗濯物の整理やストレッチなどする頃が日没時刻と重なります。
日の入りの瞬間を見たいと思いつつ、いつの間にか太陽が沈んでしまっていたりします。

よし。今日こそは、太陽が山に隠れる瞬間を見るぞぉーー、と、待ち構えることにしました。鍋の火を消し、洗濯物も置いて、ストレッチはあとにして。

ゆっくりだけど、たしかに山の端に近づいていく太陽を見る時間。
なんて贅沢な時間を過ごしているんだろうと思います。

ほんとうに、たしかに、この星は太陽の周りを動いているんだなぁ。
コロナで四苦八苦している今の地球も、今までとおなじように。

快晴の空は、雲を赤く染めることなく、上からグラデーションに、青を藍に、昼を夜に換えていきます。

その一刻一刻をのがすまいと、じっと目をこらしました。

日が沈んでしまったら、
さ、
生活の続きをしよ。

明日も、晴れそうですね。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

無料ブログはココログ