« ぎょぎょぎょっ、税抜き27万円? ( ゚Д゚)! | トップページ | 🚙 桜見ドライブ🚙 »

2020年3月27日 (金)

延期【朗読公演】

  ~~~新しい記事「ぎょぎょぎょっ、27万円!」は、この次にあげています~~~

世界・世間の状況より、4月18日(土)の朗読公演を、延期することになりました。

秋にできればいいなあということですが、他の諸々と同様、まだ未確定です。

満席になった組(回)もあったのに残念ですが、出演者一同、本番へむけて、声の作品をさらに深めていきたいと思います。朗読による話たちが熟成するといいな。

その時はまたお知らせいたします。 よろしくお願いいたします。

 

2020.3.15    ご来場予定のみなさまへ

翌4月18日の朗読公演「小川未明WORLD」の開催について、飛鳥井かゞり先生からメールが届きましたので、ここでも伝えさせていただきます。メール内容は、すこぉし、私がでしゃばり補足しております。ご来場予定の皆さまや先生や共演者の方々に失礼あればどうか、お許しくださいませ。m( _ _ )m

 

*「公演まであとひと月となりました。

今のところ開催予定ですが、もしも、P-act関係者もしくは公演出演者にもしも新型肺炎罹患者が現れた場合は延期いたします。

当日は、防音壁ははめずに換気ができるようにつとめます。多少の音漏れがありますがそこは、皆さまに集中して話に入っていただけるよう、一同、努力いたします。

こんなご時世だからこそお話の世界に浸りに来てください。

なお、お客様におかれましても、延期・予定通り開催にかかわらず、少しでも具合が悪い場合は、ご来場よりもご自身のご健康を優先していただきますよう、お願いいたします。」

 

ふむ。

私は、例年通り、手洗いうがい足洗い(?)不織布マスク洗い(?)と食事睡眠ストレス軽減で免疫力UPし、少しずつ自主稽古するだけです。(ストレス軽減が、難しいが!)それしか、私ができることはないですもん。

私も含め、小川未明ワールドに入っていける人ができるだけたくさんいる日が来ればいいなぁと思います。

 

 

2020.3.1.   Little Glee Monster をヒントに、

TVドラマ「陸王」で知ったLittle Glee Monster 「Jupiter」。ここ数年聞いています。

平原綾香の「Jupiter」 もいいけれど、今の私には彼女たちのが適度に心地よい。アルバムには「糸」も入っていて、中島みゆきの「糸」も好きだけれどやはり、今の私には彼女たちのが適度に心地よい。 過去の自分をよぎった孤・淋・辛を、今の私に上書きしなくてすむからです。

歌・曲というのは、聞く人によって受け止め方がちがうし心に占める度合いもちがうのだろうけれど、私は、心を直撃されるとちょっと今は前に進めない。(心を直撃する曲も、本来好きです♡)

Little Glee Monster は、すーーーっと入ってきて、私の未来を想像する余白をのこしてくれます。

これは、朗読も同じなんじゃないだろうか。
と、先日、バスの中でLittle Glee Monster を聞いていてひらめきました💡 。同じ表現だもの。

つたない朗読ながら、作品内登場者の思い・立場やそれに対する私の思い・考えを強く出さ(伝え)ないほうが、聞いてくれているお客さん達には心地よく、個々の想像世界に入ってもらう余白を作れるんじゃないだろうか。

実は先のレッスンで、先生から「それ以上、話を押し付けたらだめ」とのご指摘。こういうことにも関係するんだろうなぁ。
いくら言葉をはっきり大きな声で読んでも、目の前で居眠りする人は話の世界に入ってこないし、起きて一生懸命聴いていても、その人のアタマの中を、私の声の記号だけがスルーしていることも多々あるのだろうし。

では、どうするか。

姿勢? 間や緩急? 読み手である私が話の中をちゃんと見ていること?

うううぅ~~ん、わからん。

とにかくだ。家で自主稽古して、基本を積むこと。小さくても響く声を発すること・小川未明の言葉を間違えないこと・小川未明がこの話を書いた時の世界にもっと入ること。ひゃー、まだこの段階にいる! ま、重ねていきます✋ 。

 

 

 

2020.1.15. アクティングエリアをいかす

「と」をまだクリアできないまま年を越し、レッスンへ行ってきました。

次の課題は、動きと目線です。

話し言葉を読む時、相手はどこに居るのか。それによって語り手の目線が変わる。ふむ。私は虚空を見上げながら言っていたようです。きっと私の意識は、話の中にではなく別の、現実の稽古場に居たのでしょう。人間、考えるときは視線が飛ぶって言いますもんね。

私たちが稽古しているのは、見る朗読、です。 朗読時、朗読者に与えられた空間で動くことができます。 この空間をアクティングエリアというのだそうです。芝居語なのかなぁ? で、動ける空間があるのだから、話し言葉に限らず、適切に場所や向きや姿勢を変えると、その話の世界を有効に伝えることできる。先生に後で実際に動いて説明してもらうと、あーそーかそーかと深く納得するのです。狭い空間なのに、周りの人々とか後ろの風景とかまで見えてくる気がして、見て聞いている私の脳のなかで起こることにびっくりです。 

けれど、さて、自分は文章のどの箇所でどう動くかと考えるともう声はもちろんカラダもこわばってしまいます。きっとその時、視線も虚空を泳いでることだと。。。(^-^;

とりあえず決めて、声を含めたカラダに、一連の流れとしてしみこませられたらいいな。
という感じで、次のレッスンまで、家でやってみましょう👊 。

 

 

 

2019.12.31  「と」は、曲者

「*****・・・」と、言いました。
「*****・・・」言いました。
とか
*****・・・と、思っていました。
*****・・・思っていました。
などの「と」。

「と」 に苦戦しています。

朗読者というものは、聴いている人をその話の中・流れへ連れていく役目をもっているのだと、先生は言います。

だから、登場人物やその行動に対する朗読者の思いを入れつつ、聴いている人達に伝えなければ、聴いている人達といっしょにその話世界(ワールド)に行くことはできない。できにくい。よっぽど集中して朗読を聴いてくれている人は別なのかもしれないけども。大概のお客様のアタマの中では、ちゃんと伝えないと、朗読の言葉だけが流れていってしまう。そう。私の朗読も、たぶん、そう。

で、「と」を、どう読むか?

「と」のひと文字で、聴いている人の気持ちが変わる、というご指摘を、先日のレッスンでいただきました。

「と」に、
不思議・・・とか、よかったね・・・とか、困ったことですね・・・とか、よっしゃー・・・とか、
そういう気持ち・音をのせて(入れて?)朗読する。

や・・・・・・・・ってみます。
む、難しい!

20200418_20191212165301

 

                                            2019.12.31

 

 

« ぎょぎょぎょっ、税抜き27万円? ( ゚Д゚)! | トップページ | 🚙 桜見ドライブ🚙 »

コメント

飛鳥井かゞり先生へ______。

はい。手洗いうがい足洗い、ぬかりなく。
( ^ _ ^ )>
稽古のほうも、、、、( ^ . ^ )>

補足告知ありがとうございます。
大変なご時世ですが、観に来てくださった方が少しでも元気の出る公演になれば、と願います。
風さんもしっかり手洗いうがい足洗いで頑張ってくださいね(=^ェ^=)

夢子さんへ_____。

コメント、有難うございます。コメントいただけるだけで、私自身へ喝を入れることができます。
無理しないでくださいね。ご自身の活動を第一に!
でも、
もしも来ていただくことができたら、ダメ出しください。

私も、一番最初の芝居で「また、ひとり・・・」というセリフが最後までいえませんでした。今もいえません。その時は、何が悪いのかわかりませんでした。今は悪いことはわかります。でも、やっぱり、いえません。

4月、楽しみにしています。ただし!コロナの騒ぎがもう少しおさまって、JRにのる勇気がでたらですけど。

未定のため、申し込みはまだしていないのですが、大丈夫ですか。

飛鳥井かゞり先生へ______。

ありがとうございます!
試みてみます。
今年もよろしくお願いいたします。

難しいからこその挑戦です。
でもね、気持ちが入ってれば、自然と、いい「と」が言えるんですよ。
風さんのいい「と」、時々聞いてます♪
よいお年を(=^ェ^=)

おひるねおかんさんへ_____。

キャラメルも人魚もないの。だれにもほぼ知られてない短編ばかりです。
ん・・・・っとね、私は、お正月にうさぎをだましにいくカラスの話と、
おじいさんが一生懸命くわを作る話。
愉快な話が山盛りなかんじ♡

もしよければ、来てね♪

こんばんは~
小川未明の作品も多いよね~
どの作品で 朗読するの?
キャラメル?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぎょぎょぎょっ、税抜き27万円? ( ゚Д゚)! | トップページ | 🚙 桜見ドライブ🚙 »