« 『認知症ポジティブ』 | トップページ | 庭の凝縮! »

2020年2月28日 (金)

雛人形達のつぶやき

Kimg0523 今年もなんとか出してもらえましたね。

はい。いっときは、箱に入れられたまま11年ほども屋根裏におりましたねぇ。

明るいところ、暖かいところにいられる、っていうのんは、ほんま、幸せどす。

だんだんと春になっていく時季を感じられるのですものね。

風さんの庭も、ようやくクリスマスローズという花が咲き始めたみたいですよ。

ほう。その花たちもなんですな。ほぼ手入れをされていないのに、毎年咲いてるんですねぇ。

たくましい花じゃ。

私は、なじみ深いこの左近の桜や右近の橘のほうが、みやびで好みですけれども。

ときに、お供えのお菓子は毎年同じですね。

ふむ。季節がらかのぅ、のど飴であるな。風さんがこの時期、朗読の稽古を集中してやってるらしいですからな。

これも美味。われら雛飾りも喉が命。

それに笛や太鼓も奏でられぬでは、仕事に支障をきたします。

鼻水でぐしゃぐしゃになってものう、マスクもできぬ身。

そーそー。雛飾りは、顔も命。

とは言え、何年かに一度はひなあられというものも供えてほしいものですな。

同感! ま、来年こそはと、楽しみに待ちましょうぞ。

それがよいですね。ほほほ。

.

って、わいわいと雑談してるんかなぁと思いながら、しばし、母が(?)買ってくれたミニチュア雛飾り達をながめるという、贅沢な時間を持ってみました。そうか。最近あまり眠れないのは、無意識下で雛飾り達の雑談が聞こえていたからやろか?

いつも気になっていた最下段の3人。調べてみたら、彼らは「仕丁」と呼ばれ、宮中の雑用係なのだそうです。雛たちのなかの唯一の庶民。徭役(ようえき)といって地方から連れてこられて官公庁などで労働奉仕をする人達なのだとか。なんだか親近感わくなあ。本来の大きな雛飾りでは、その表情に怒り・泣き・笑いが表わされているとのこと。真ん中の人は、履物を持って待機する役なのらしい。そうか、これは、履物だったんですね。

桃の節句が終わったら、お供えののど飴は、私の稽古のコヤシになる予定です。

« 『認知症ポジティブ』 | トップページ | 庭の凝縮! »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『認知症ポジティブ』 | トップページ | 庭の凝縮! »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

  • 2011627
無料ブログはココログ