« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

誰だっ?!

真夜中、耳元でケータイが鳴った、気がした。そういう夢をみていたのか、ほんとに鳴ったのか、わからないけど、目が覚めた。明日の仕事は休みだ。もっと眠っていたい。不思議なもんで、疲れがとれないままだと、母との会話もうまくいかなくなる。

けれど気になる。ほんとに鳴ったのか?でもなぁ。画面を見てしまったらもう、完全に目が覚めてしまうし。。。。

がしかし気になる。

確かめよう。TEL着信を見てみよう。母になにかあって、病院から電話ということもあるかもしれない。

画面を明るくしてTEL着信の確認。何もない。やっぱり、夢だったんだ。あーもったいないことをした。自分の夢で、自分の目を覚まさせてしまった~。と、後悔してる間もなくメール着信。あれ?タイミングよすぎ。でも3時だぞ!

開けてみる。

「メールですみません。今日会う約束してたことで急な連絡を。なんとスマホが水没しちゃって~~。山内さんにアドレス教えてもらいました。今ちょっといいですか?」

あかんに決まってるやん!私は眠りたい!
・・・って、これ、だれ?!!今日は、母以外に会う約束などしていない。

まず、山内さん、っていったいだれ? 知り合いの中に、、アドレス伝えた山内さんって人、いたっけなぁ。人にアドレスを教えていいのかどうかを私に確認しないまま、個人情報を教える山内さん、って? 

しかも、会う約束する知り合いに、こんな夜中の3時に私に連絡してくるような非常識な人はいない。私が日没とともに眠たい態勢に陥っていくのを知らんのか?11時にはもう眠っていることを知らんのか? 朝にすべきだ! 

だいだいスマホが水没したのに、私のケータイにメールを、どーやってしてるのだ?

相手のアドレスをみてみる。
akarui-miai
って、いったいだれだ?! 知り合いでも、アドレスを他から教えてもらってメールするなら、名乗らなきゃ。名乗らないなら、アドレスで、だれか見当がつくようにしておいてほしい。
そういえば、ちょっと前にも「いまいいですか?」と消灯直前に来たメールが
snowwhite
だった、そーだった。これもだれだったんだ?

と、ぐだぐだ思っているうちに、もう、完全に目が覚めて、眠れなくなってしまったーーーーーっ。どうしてくれる!
akarui-miai も snowwhite も、気味わるいので消去した。
私も、メールするときは、名乗るようにしよう。



4月18日(土)小川未明 WORLD

 ~~ 別の記事は、最新の記事一覧からお入りください。m( _  _ )m ~~

20200418

次の朗読公演は、4月18日(土)小川未明の作品です。
朗読する話が決まり、本格的なレッスンも始まりました。


今はひたすら音読しています。話の世界を想像しています。
ひと冬越えて、この話たちがどんなふうに熟していくのかさせるのか。
なーんて、エラそうに思ってますが。。。
頑張ります。('◇')ゞ                 2019.11.24

 

ママチャリ

話は1年前にさかのぼる。

ある日、自転車もちゃんとしとかんとあかんなぁ~、と思いついた。ちゃんとしとく、とはどういうことかと言うと、自転車にも任意保険をかけ盗難防止の登録もしとかんとあかんなぁ~、ということだ。そろそろバランス力や動体視力や持久力などの低下を自覚せざるをえなくなり、万が一にも不覚にも他の人達に怪我などさせてしまったら💦 ・・・万が一にも盗まれ捨てられてしまったら・・・💧。うむ。確率はたしかに高くなってきている、と思ったからである。

その頃乗っていた自転車はマウンテンバイクっちゅうやつで、25年、いやもっと長く乗っていた。買った当時は盗難防止登録なんてものはなかったからついつい、登録せずにおいた。しかしこれも、愛車相棒。愛車でヒトに危害をくわえちゃいかんな。

相棒に乗っていつもの自転車屋へ行った。
あのぉ、自転車に保険をかけたいんですけどそれと、盗難防止の登録も。
「うぅぅ~ん。。。この自転車は、このままでは保険をつけることができません。」
え”っ!なんでですか?
「いろんなところが劣化していて故障寸前箇所が多いです。サビサビですしね。(^-^;」
はい~。ブレーキも効きにくいですし、雨のあとなどキキキキィーーーってすごい音出ます。それとベアリングっちゅうんですか?なんかコロコロガラガラと音がしてます。ギアチェンジも不能です。
「そーでしょーねー。(^-^;。 点検して、数カ所の部品交換をしたら保険をかけられますよ。けど、毎年、その繰り返しになりますね。」
それって、、、、費用は、毎年だいたいいくらぐらいかかります?
「まーこの自転車だと、2~3万ずつ。」
にっにさんまん!!! 毎年!?

考えに考えました。乗り慣れた相棒です。使いやすいんです。びゅーんと飛ばしてもあまり疲れないんです。持ち運ぶのに軽いんです。
でも、、、、、年2~3万。私は何歳まで自転車に乗れるのだろう。あと10年? あと10年として20~30万!

涙を飲んで、安全のため、新しいのに買い替える決心をしました。

そこでまた迷ってしまった私。前のと同じマウンテンバイクにして爽快に車道をかけぬけるか、もう年だしここらでママチャリなるものにしとくか。さあっ、どっち? 店員さんは、私の細かい質問や不安に、熱心に応え説明してくださった。そこで私はどうしたか? 性格上、考え直してまた来ます、とはできないほうでして、、、。 どうしたと思います?

ママチャリ。

数万の値段の差に負けてしまった。いや。その時は、負けたとは思わなかった。熟考の末、いい選択をしたと満足だった。しかもいい色の新車だった。マウンテンバイクには、好きな色がなかったこともあるし。

ママチャリのハンドルやベルを選んで、注文完了。支払いもクレジットで済ませた。

数日後、家まで届けてもらったママチャリは、実際いい色をしていた。ふ。これからこの色に乗るんだ♪ 悲しいけれど、今までのマウンテンバイクは引き取ってもらった。両輪ぺちゃんこに空気抜けした息子の自転車も、ついでに引き取ってもらった。

しか~~~~し、

何回か、何日か乗ってるうちに気がついたのだ。

乗りにくい。実にこぎにくい。なんといっても、ハンドルとペダルの間が今までより狭い。乗り降りするとき足のスネにペダルがぶつかる。こぐとき、今までは体重をかけるように下にペダルを動かしてたのに、ママチャリというものは、足でペダルを前に動かすもんだったんだ! 街のウインドウで、乗ってる自分を見たら背中がまがっておる!力のかけようが今までと違うこともあり、膝は痛いし腰も痛い。降りて自転車を持とうとすると、重い! こやいかん。(>_<)。

でもなぁ。もう前の愛車は廃車処分されてるだろ。私がママチャリに慣れてないだけなのかも。
と、サドルを高くし前傾にしてもらった。けどあまり変わらん。前のようではない。あーもうちょっとお金を出して、マウンテンバイクの新しいのにすればよかった。

と思ってるうち夏の腰痛神経痛⚡⚡。あまり乗らないまま、1年が過ぎ、はや保険の更新時期。
買い替えるのもなぁ。ほとんど乗っていないしもったいない。けどなぁ。。。。と悩みに悩み、
やはり私は今年もこのママチャリで保険の更新をしたのでありました。

どーしましょ。

まだ迷ってるんかい!

 

 

 

生き残るという美しさ

木枯らし1号が関西にやってきた日、八丁平自然観察会に参加しました。八丁平は山の中にある湿地です。同じ左京区とはKimg0382 いえ北方の山の中。もう紅葉・黄葉が終わっている木々もありました。木枯らしが吹き上げた枯葉が青空に舞うときもありました。

「これからの時季、植物を見る楽しみは、冬芽ですよ。」と話をしてくださった講師は、京都植物園の園長でした。

紅葉黄葉の進む順番は、まず山で言うと上から。気温の関係ですよね。それから、同じ1本の木で言うと、日当たりのいい外側からなのだそうです。ふむふむ。

たくさん種をとばし子孫を増やそうとする植物達の話が、印象的でした。

たくさんの種から芽を出せるか出せないか。芽を出したところに日光があたるかあたらないか。動物に食べられるか食べられずにすんだか。同種異種の植物との生存競争。それから台風や大雨。育つ長い時間の中で、運の良さやバトルに勝つ生命力の強さに支えられて生き残っているのが、いま目にしている山の木々なのだ、という話。

私達を楽しませてくれているのは、生き残ってきたものたちの美しさなのですね。いや、その後ろにある消えてしまったものたちの美しさでもある、かな。

今まで、目の前にある花や葉の色姿、名前、食べられるかどうかに注意をひかれていた私ですが、ああそうか、こういう見方もあるんだと。

日が地面まで届いている斜面なのに、成長した木々と地面近くのシダ類しかない、つまり木々の次世代・若い木や草がはえてないのは、鹿の害なのだそう。鹿も自然のうちだけれども、鹿も生きていかなきゃならないのだけれど、やはり植物の生態系がくずれてしまう。いま立っている木も永遠に生きているわけではない。山からなくなる植物が続出する。困ってる。 6月に尾瀬に行ったときも、鹿に困っておられたこと思い出しました。

鹿からのがれた野生のリンドウです。花の青が、生き残った貴重な色のように見えました。Kimg0375

 

 

京都では去年よりもましだった台風ですが、写真のように、根こそぎ倒れている木があちこちに居ましKimg0388 た。倒れたまま、冬芽をつけているのです。

今回は、新しい発想で山を見ることができました。相変わらず、植物の名前は、なかなか覚えられませんけど。。。(^-^;

京都の街中では、木々がいい色になってきましたよ。例年よりちょっと早いかもです。

 

電子チケット

‘彼女’のご家族と会いに東京へ。せっかく東京へ行くんやしめったに行けへんのやし、どっか寄ってから帰ろう👊と計画たてました。どこがいいか。慣れない都会で交通機関乗り継ぎだから、時間的な余裕みて1カ所やな。。。と、いろいろ考えるのも楽しい旅のうち♪。

東京は、ビル街から近いところに海がある。河もある。意外と水の景色。
日の出桟橋から船でお台場へ行くことにしました。帰りは‘ゆりかもめ’なるものに乗ってレインボーブリッジをわたり、新橋で乗り換え東京駅に戻る、っと。よし。

船便をネットで調べていると、何度も予約画面が出てきました。秋の連休やしなぁ。予約しないと乗れへんかも。船に乗れないために、帰りの新幹線に乗り遅れたら、こまる! ここ数年、旅慣れていない私です。なにをするにも、不安不安。。

ネット予約するということは、乗船時にスマホ画面の電子チケットを係員さんに見せるということなのらしい。
①ネット予約する→②メールで予約完了のメールが届く→③メール内のURLをタップしてチケット画面を出す→④当日、チケット画面を桟橋の係員に提示→⑤係員が画面にハンコを押す(なんとっ、画面にハンコが押される!)

①では、時間かけて入力画面に氏名・住所・メルアド・乗船日時等を入力いたしました✋。あ~やれやれ。

ところがっ、ところがですみなさん。②のメールが届かないのです。えーーーーっ!
汽船会社の電話番号を調べてTEL。「現在つかわれておりません」。えーーーー!
別検索してもいちど調べた番号にTEL。「あのぉ。この会社では、伊豆大島などへ行く船を出しております。」えーーーーーーーっ! 
もう焦る焦る💦。お、落ち着こう。再検索や。
と、別の番号をゲット。TEL。「只今、電話がタイヘン混みあっています。」やっぱ、混んでるんや。予約や。電子チケットや。数分後、再TEL。で、や・・・・・っと、つながった。

「届きませんかぁ。今、もう一度メール送信してみます。・・・どうですか?届きましたか?」
とどきません!
「そうですかぁ。おかしいですねぇ。今度はどうです?」
とっ、とどきません!
「そうしましたら、これから予約番号をお伝えしますので、その番号を乗船時に係員に伝えていただけますか?それで、乗船できますので。」

っちゅうことで、予約番号をメモした後で、気がついた。
💡 迷惑メール設定に関係しているのではないかと。汽船会社のHPをよく読むと、この会社のメルアドを迷惑メール設定からはずしておいてくださいと書いてありました。ありゃ。で、迷惑メール設定からはずしますと、、、予約完了メールが3通も届いておりました。まぁ。(*_*;

当日。

乗船しようといたしますと、
閑散とはしていないものの、待合所の自販機でチケット買っても十分に乗れるお客さんの数。。。。電子チケット使ったのは、わたしひとりでありました。 あのスマホと格闘し焦った時間はなんだったんだ?と、アタマの中、標準語で自問自答。すんなり乗船。Kimg0362

曇天でしたが、20分のクルーズは上々🚢。レインボーブリッジの下をくぐり、生フジテレビのビルにワクワク。(^-^;。 カモメの群れ。

Kimg0365 船から下りて、波打ち際を砲台跡まで歩きました。おだいばビーチです。けっこう水が澄んでいます。ゴミやうちあげられた海藻などなく、波の音を車の音がかき消しているいるのが、東京です。砂は、どこからやったかなぁ、運ばれてきたのだそう。砲台跡のある台場公園(第3台場)から見ると、その日、東京の町が海に浮かんでいるようでした。

海の風をすいこんで、満足。
つぎ息子たちに会いに行くときは、さて、どこへ寄りましょうかねぇ。
(*^-^*)Kimg0369

 

 

« 2019年10月 | トップページ

無料ブログはココログ