« 一気に友達30人!! Σ(・□・;) | トップページ | 松ヶ崎アピカルインは今! »

イ ヌ ホ オ ズ キ

ワルナスビという名の草だと思ってました。201910

毎年、勝手に生えてきて、葉のカタチがくっきりしていて、面白いなぁこのままほっておいたらどうなるんだろうなぁと、いつも思いつつやはり抜いてしまう草。今年はひとつ、残して育ててみる、いえ、育つのをじっくり見てみることにしました。抜きたい~、けど、今年は抜かないっ!と、いくどかガマン。

ワルナスビだと信じていましたので、いったいどんな実が、ナスビに似た実が成るんだろう? ワルナスビの‘ワル’とはいったいどんな部分か、とくとみてやろう、なんて思いながら。

真っ黒な実をつけました。紫じゃなくて、真っ黒。
右上の写真で言うと、一番上に小さな花が咲いていて、中段に緑の実、一番下に黒い実。わかりますぅ?201910_20191008155001  
実だけを拡大すれば次の写真。加茂茄子に似ています。実際はめちゃ小さい実です。


ところが、

調べてみましたら、うちのはワルナスビじゃなくて、イヌホオズキという名の草だということが判明いたしました。

ナスじゃないんや。。。ありゃ。

ワルナスビの実はプチトマトのように赤・黄なのだそう。花の大きさも違うみたいだし、ワルナスビの茎には棘があるとか。

そうかそうか。おまえはナスビじゃなかったんだね。ワル、でもなかった。

何年か越しの勘違い。わかってよかった。ガマンして抜かずにおいてよかった。ひとつ、すっとした。

ちなみに、
イヌホオズキの花言葉は「嘘つき」。反対の「真実」というのもあるそうな。抜いてる草にも花言葉があるなんて、いいですねぇ。

このイヌホオズキ、茎・葉は大きくて、全体にまだしっかりすっくと生えてます。いつまで生きるのか、せっかくだから見届けましょうぞ。 ('◇')ゞ

 

 

« 一気に友達30人!! Σ(・□・;) | トップページ | 松ヶ崎アピカルインは今! »

草・花・木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一気に友達30人!! Σ(・□・;) | トップページ | 松ヶ崎アピカルインは今! »

無料ブログはココログ