« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

雨上がりには下を見て👞 👞 👞

雨上がりの朝、出勤時、歩く時は気をつけんとあかん。よぉ~く自分の足が出る先を見ながら歩かなあかん。そやないと、踏んでしまうんや。三つあるねん。アスファルトに貼りついてるねん。三大注意事項やねん。

それは、20198_20191027115101

①踏まれたカニ

 雨降ったらうれしいんやろかやっぱり、カニは。雨の夜、人はもちろんケモノもあんまり道を歩かへんしなぁ。安心して散歩できるんやろか。私が出勤する時分にはもう、何匹かあっちやこっちで踏まれてて、せんべい🍘みたいになっている。あ~あ。せっかく、♪雨にうたえば♪の世界やったのになぁ。歌てたかどうかは知らんけど。。それをさらに私がプレスしたらかわいそうやろ? かわいそうって思いながら、私、海辺の土産屋で売ってた袋売りの揚げた蟹を思い出してしまうねん。この写真、わかるやろか? 小さいカニがいるやろ? これは踏まれてへんねんけど、生きてへんかった。これも、踏まんように歩いたで。

②地上に出てきたミミズ

 これ、最近、減ってきたような気ぃする。ここらはまだ田畑が多いんやけども。土が変わってきたんやろか。それでもまだ、水でふやけてるのか地中の主なのか、で・・・・・っかいミミズが出てきてるねんなぁ。水 多すぎる!息できひん!って、出てきてるような気ぃするねんけど、どうやろ?ミミズって、水中では息できひんやんなぁ。ミミズもな、踏まれたんか轢かれたんか、ぺっちゃんこやねん。それを踏むのはなぁ。。。これは、なんでやろ?かわいそう、ってなかなか思えへん。おんなじ生き物やのに、ちょっと気の毒やけども。踏みたくないわ。

②放置ウンコ

 まずは言いたい! 放置ウンコは悪質行為だ! 公の道に放置するぐらいやったら犬を飼うたらあかんわ💢。 自分の家の玄関前でウンコさしてから散歩してほしいわ。と、いっつも思ってるから、最近は犬見ただけで、踏んでしまった時の、あの、不快感がついてくる💥 。踏まれたウンコを見るのもいややろ? 先に踏んでしもた人は、今日一日どんだけ不愉快やろう、思うわ。

 ついでに猫はな、道とちゃうねんけどなついでやで。ひとの庭に勝手に入ってきて、植え込みの根元にウンコするねんなぁ。。草抜いてたらな、突然、ぐちょ、やで。びっくりするで不快やで。首輪してる猫の現行犯を目撃した日にはっ、もう怒り心頭ですわ。猫飼うんやったら、家から出すなぁー!、と私は言いたい。

20191026 、、、とまあ、三つめは、初老おばさんの主張になってしもた😖 。

ところで、今日、下見て歩いてたら、金木犀の花が、雨で落花していました。塀のきわが、金木犀の濃いオレンジ色になってた。ああこの家も金木犀を植えたはったんやなと、今季最後の香りを思い切りすいこみながら歩きました。ええもんも、落ちてるんやったわ。😃

 

『夜のピクニック』

‘彼女’が好きだという『夜のピクニック』を読んでみました。Photo_20191022121701

高校生達の話。その高校では、朝8時から翌朝の8時まで歩くという行事がある。鍛錬歩行祭。全行程約80km。

初めは、その24時間を、どう書いたら1冊の本になるのかと思いながら読み始めたのです。ちょっと、長ったらしいかもしれないかと。
でもすっと読めた。面白くて懐かしかった。

主人公2人(異母きょうだい)に映る景色や生徒達の様子と、2人の心情とが、恩田陸の文章を通してリンクしているようでした。加えて、読んでる私のココロともリンクしていきました。

___ ・一面のススキ。どことなく空に滲んだ、遠い記憶を騒がすような風景。
___ ・秋の海の波は荒く、黒い岩の塊やテトラポッドに打ち寄せる潮騒は不機嫌である。

彼らの会話と沈黙。そのなかに、とても濃い思いが詰まっていて、繋がっていくところが素敵でした。

___ ・誰もが沈黙を恐れてお喋りしていたのに、今では沈黙に慣れ始めていた。むしろ、今までにも増して言葉は身体の中に満ちてきているのに、自分の中だけでお腹一杯になってしまい、語る必要を感じないのだ。

言葉が自分の中に満ちているかんじ、なんとなく、わかる気がします。目で見ていること・耳で聞いていること・触って感じていることから、いろんなコトを思い出したり考えたり不安になったり嬉しかったり。。。 言葉のお腹一杯を過ぎてはちきれそうになったとき、私の場合は、このブログを書く、ということになっているのかなぁ。

この、高校生達を語る1冊が、何十年も生きてきた現在の私に気づかせてくれたこと。全体のテーマとは離れているかもしれませんが。

心と体のスピードは、必ずしも一致しているときばかりじゃないということ。
今を未来のためだけに使うべきじゃないということ。

なにをいまさら、ねぇ。
でも、私のココロの弱点に、さらりとふりむかせてくれた一冊でした。

*「夜のピクニック」by恩田陸 新潮社

 

彼  女

過ぎ去った今なお、大変な損失や恐怖・不安をとても多くの人達へかぶせている台風19号ですが、幸いなことに私周りでは命・怪我・家屋損壊等はありませんでした。ありがたいことです。昨年の21号でとても怖い思いをしたので、今回あの比にならないほどだとどんなにつらいかと。つらい思いが何年も続く方達もおられるのだろうと。

ところで、

この13日(日)は、本来ならば息子の婚約者のご家族と顔合わせを兼ねた食事会をする予定でした、東京で。皆の仕事予定を考えて当人たちが会場を予約し、息子は私の予定に合わせた新幹線チケットを送ってくれていました(増税前に)。彼女は振袖を着ると言って、とても楽しみにしているようでした。私も、彼女のお母さまも「なに着て行こう!」とひととおり(嬉しく?)悩みました。

で、この台風です。

はじめは、
12日(土)に台風が過ぎ去りそうだ、なら13日(日)は交通も回復するだろうし、予定通りかなと楽観していたんです。

が、思いの外この台風、デカくて遅くて勢力絶大らしい。 
11日(金)、彼女はうちの息子と相談しようとしたけれど、あいにく息子は夜勤で連絡つかず。食事会場へ問い合わせてみると「台風直後は食材もそろいそうにないから、お客様にキャンセルをお勧めしている」とのことだったそうで、彼女は独りで苦渋の決断(?)を。「安全第一ということで延期します」とLINEがきました。後、彼女はお母様やうちの息子と連絡しようとしつづけ(自分の仕事もあったでしょうに)。。。

そこで、私もハッ・・・・・!と気がつきました。
新幹線をキャンセルして払戻しを受けなければ! 
今日ももう終わりモードに入っていた自分をよいしょと起こし、京都駅まで1時間🚙。ひっさしぶりの人混みの中、JR東海窓口をさがすのに30分(混雑も京都駅もチケットなるものからも遠ざかっておったもので💧)。多国籍な列に並ぶこと40分! やっとこさ払戻し終了~。

台風接近12日(土)晩。彼女からLINE。
「懐中電灯・電池・食料など備えて、今はNHK見ながら読書して、台風が過ぎるのを待ってます」と。
防風大雨真っ最中の関東地方。家で一人なのかな。私だったら、怖くて不安だろう。
読書、ということからお互いどんな本が好きかなんてLINEを交換。私は送るのが遅いので、かれこれ2時間半ほどのLINE TIME。このあいだに少し台風が北へ進みました。ま、もしかしたら彼女の方が気をつかってつきあってくれていたのかもしれませんねぇ。

次の日。出勤前に「無事でした」と連絡くれた彼女でした。

松ヶ崎アピカルインは今!

201910_20191010170701 じゃり研OB会で2回ほど利用した松ヶ崎のアピカルインが、なくなりました。仲間で飲んで食べて、懐かしい話・歳を重ねた話に花を咲かせた宿です。

建物の取り壊しはもうすでに終わって、がれきが少し残っている状態。バイトの帰り足をのばして、写真撮りました。1週間ほど前、かな?

2020年を前にして、どこに行っても外国観光客の多い京都、宿が足りない予約がとれないというこの時期、とりこわさねばならない宿もあるのですね。。。 交通の便の関係なんでしょうか? 古かったからでしょうか?

新しくマンションなどできると書いてあった気がします。

大浴場もあって、私は気にいってたんですけどねぇ。思い出も取り壊された気がして、ちょっとさびしいな。まあ、捨てるものがなきゃね、新しいものをとりこめませんものね。

ホテルに沿って並んでいた木々は健在。いつもどおり、高野川を見下ろし葉に色をつけ始めています。

イ ヌ ホ オ ズ キ

ワルナスビという名の草だと思ってました。201910

毎年、勝手に生えてきて、葉のカタチがくっきりしていて、面白いなぁこのままほっておいたらどうなるんだろうなぁと、いつも思いつつやはり抜いてしまう草。今年はひとつ、残して育ててみる、いえ、育つのをじっくり見てみることにしました。抜きたい~、けど、今年は抜かないっ!と、いくどかガマン。

ワルナスビだと信じていましたので、いったいどんな実が、ナスビに似た実が成るんだろう? ワルナスビの‘ワル’とはいったいどんな部分か、とくとみてやろう、なんて思いながら。

真っ黒な実をつけました。紫じゃなくて、真っ黒。
右上の写真で言うと、一番上に小さな花が咲いていて、中段に緑の実、一番下に黒い実。わかりますぅ?201910_20191008155001  
実だけを拡大すれば次の写真。加茂茄子に似ています。実際はめちゃ小さい実です。


ところが、

調べてみましたら、うちのはワルナスビじゃなくて、イヌホオズキという名の草だということが判明いたしました。

ナスじゃないんや。。。ありゃ。

ワルナスビの実はプチトマトのように赤・黄なのだそう。花の大きさも違うみたいだし、ワルナスビの茎には棘があるとか。

そうかそうか。おまえはナスビじゃなかったんだね。ワル、でもなかった。

何年か越しの勘違い。わかってよかった。ガマンして抜かずにおいてよかった。ひとつ、すっとした。

ちなみに、
イヌホオズキの花言葉は「嘘つき」。反対の「真実」というのもあるそうな。抜いてる草にも花言葉があるなんて、いいですねぇ。

このイヌホオズキ、茎・葉は大きくて、全体にまだしっかりすっくと生えてます。いつまで生きるのか、せっかくだから見届けましょうぞ。 ('◇')ゞ

 

 

一気に友達30人!! Σ(・□・;)

息子にLINEしようとしていたら突然、友だちが30人に増えていた!
え”っ⁉ Σ(・□・;)
あまりたくさんLINE来ても対処できそうにないから、LINE友だちはとりあえず息子&その彼女にしぼってたのになぜ?

その30人はランダムに選ばれているようで、ほんとの友達(?)以外にも、職場でお世話になった方々やら、弟の大家さんやらご近所の方やら元PTA役員仲間やら、消防署やら医院やら一度だけ泊まったことのあるホテルやら。。。

あまり親しくない方にしてみれば、むか~し知っていたなぁ・この人知ってるわという人(私)からいきなり「友達になったで」と来たとしたら、これはなんと失礼なことだろう! 私やったらそんなん嫌やで。

焦りました💦 。

するとすぐに、
「LINE はじめたん?」
とLINEがきました。ほらーーーほらほらほら。

でも安心。よかった。。大学時代の友達Pちゃんでした。ほ。

で、
それに「友だちが30人ほど追加されてて、困ってるねん。この中から、ほんまの友達以外はどうやって消せばええねん?」と返信。

Pちゃんは
「トークの左、ホームをポチしたら、一番上に友達自動登録があって、、、、、」
と詳しく教えてくれたのでした。ちょうど仕事帰りで返信可能だったのだとしても、約1時間超えのご教授、ありがたかったです。持つべきものは友達や♡。LINEは便利なんや。

そして、ランダム30人のうちのほんまの友達(?)だけ残して、後は削除とあいなったのでありました。

考えてみれば、一旦は「あんた友達」としておきながら数時間後には削除、っていうのも失礼な話だったのかもですね。LINEは便利やけども、難儀なもんでもあるなぁ。

けどなぁ。友達を自動登録するというのもヘンな話。友達以外の人間関係もあるやん? って、アタマかたすぎですかね。

1割のイメージ

古着を売りに行ってん 。ここ数年来ていない服、いつかまた着るかもしれないと思ってたらなんとサイズが合わなくなった服。7着。タンスの肥やしにしといてもなぁ。中の風通し悪うなるだけやん?

「LINEで友だちになったら、買い取り価格が10%アップするんですが、どうされますか?」
と、店員さん。

10%! 一割やん! これはお得!
はい、友だちになりますっ。けど、やり方がわからへんから教えてもらえますか?

ということで、あーでもないこーでもない、バーコードってどうやって使うんやろとか、アドレスを入力するのにめっちゃ手間取ったりとか、送信されないんですけどみてもらえます?とかなんとかしているうちに、15分ほどたってしもた。

LINEもタイヘンやぁ。けど1割のためならエンヤコーラ♪

で、買取料金の発表♪ ダラダラダラダラ・・・・・(ドラムロールの音やで)。

「そうしましたら、買取料金1円のものが6点、10円のものが1点、合計16円のところ、1割増しとなりますので合計17円で買い取らせていただきます。 ^^) ニコニコ」

(*_*;

1割とは、私の洋服7点の場合、1円やったんやね。。。 1割=1円。
笑てしもた、自分の価値観に。
そりゃ1割は大きいがしかし、元となる金額が小さければその1割も小さいのだとなぁぜ気づかんかったぁ?

内訳を分析いたしまするに、
1円の服は、私が独身の頃に購入したもの。10円の服は、10年程前に購入したもの、やったわ。

なるほど。

割合を計算するときは、元の金額をまずアタマに置くべし。
これが、今日ゲットした教訓や。

明日から消費税が10%となる昨日のこと。帰りに、そやガソリン買うとこ!💡と思いつき、消費税8%でガソリン満タンにしたんやけど、今日同じGSをチラと見たら、単価が昨日より下がってた。( ゚Д゚) っちゅうことは、、、? 今日、ガソリン買うたほうがよかったんかいなぁ。買う量にもよったかいな。価格が変わるようなもんは焦って買わんでもよかったっちゅうことやな。

ふむ。
アタマコンランしてきたしもう考えんのじゃまくさい。要するに、買う場合、あんまり買いすぎひんほうがええ、っちゅうことやな。
これ、教訓その2、や。

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

無料ブログはココログ