« 梅しごと | トップページ | ミカンをのせた天使 »

未 羽 化。

いっときの雨あがり。マイ車の横。まだぬれているコンクリートの上。!。なんかいる!こげ茶色。弱ったゴキブリか?

おそるおそる近づいてみる。ゴキブリ特有の、ゾゾゾっとするサササっという動きはない。ひたすら前進。一生懸命。

よく見ると、顔を見ると、、、蝉、、、か? 蝉、だな。

えええぇーーー、どこから来たん?
と、思わず声をかけた。

土の中から出てきたんやったら、そのそばになんかとりつくもんがあったやろ? うちの段下の畑か? コンクリートの段(家の基礎)&ブロック塀を登ってきたんか?5メートルはあるやん。で、またブロック塀をおりて、ガレージを歩いてるんか? (これは内言)

蝉は、あたりまえだけども返事をせずに、ひたすら歩く。前へと歩く。一生懸命、歩く。

もうちょっとや。もうちょっとしたら、玄関前の土スペースがあるで。
そや。写真、撮ろう。

家ん中からスマホ持って出てきたら、蝉は、リュウノヒゲ草むらまで来ていた。リュウノヒゲの1本の葉にすがり、自らの重みでユラ~ンと倒れ、すがりなおしてはまたユラーンと倒れしている。

そらあかんわ。私は蝉のことはようわからんけども、そんな細い葉にとりついても、なんぼなんでも羽化はムリやろ。私でもわかるわ。

蝉はそのうち、リュウノヒゲ草むらにあおむけにバタバタ。

しゃーないなぁ。こんなこと、していいのかわからんけどもや、見てみぬふり、っていいうのもなぁ。向きだけ、戻したげよ。

礼も言わずに蝉は向かう。羽化できるどころへ。こんどは家の壁にとりついた。でもちょっと不安定。足場がためしにくそう。おっとー、またリュウノヒゲ草むらに落下。あおむけや。2019713

ほんまに、必死でやってるもんの手助けなんて、せんほうがええのかもわからんのやけど、、、、すぐ横に沈丁花の鉢があるねん。そこにしときぃな。
と、沈丁花の根元にそっとおく。

蝉は登る。沈丁花の幹を。枝を選んで登る。先の葉裏に位置をとった。

ええんか、そこで。そこで羽化することにしたんやな。
それにしてもや。今日はえらい雀が多い。燕もよう鳴いてよう飛んでる。サナギ姿の蝉を狙ってるんかな?気のせいやろか。オリーブの鉢を前に置いとくわ。ちょっとは鳥のアタックから防いでくれるやろ。2019713_20190714115401

と、ここで私も家の中へ。
夜はまた本降りの雨。

雨上がりの朝。玄関戸を開け、沈丁花の枝を見ると、、、、、いない。

蝉は、枝下のリュウノヒゲ草むらに落ちていた。背中もそのまま、開いていなかった。

雨、そうとう降ったしな。ぎょうさん歩いて登って落ちてひっくり返って、しんどかったもんな。
もうちょっと季節を待ったらよかったなぁ。そしたら、飛べたのにな。青い空も、見られたのにな。一生は、タイミングやな。

.

Webで調べた文章より、

「サナギや羽化したてセミは大変デリケートで、落下するとその衝撃で死んでしまいます。

そのため成虫になる確率は約30%ということですから、かなり厳しい現実です。」

.

2~3日前から白川通で鳴いてる蝉の声。車の音に混じって、ジーーーとかシュワシュワも。この蝉たちは、この梅雨時、タイミングよく、場所にも恵まれ、強く這い上がってきたものたちなんやなあ。

 

 

 

« 梅しごと | トップページ | ミカンをのせた天使 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

おひるねおかんさんへ-ーーー。

ほんまになぁ。
雨にぬれて殻も重かったやろなぁ。
なんてこったい!

うわあああ~
もうちょっとやったのになぁ。。。最後の雨におとされたんかなぁ。。。

ヒロさんへ_____。

生きるというのは、理不尽で、リアルですね。
私も、受け入れていかねば、ねばっ。('ω')ノ

何年も暗い土の中で過ごしてきてやっと明るい外へ出てきたのに、大空からの景色を見ることもなく一生を終えてしまったんですね(:_;)

蝉の世界も厳しいんですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅しごと | トップページ | ミカンをのせた天使 »

無料ブログはココログ