« 悪魔の🍙 | トップページ | 283円。 »

2019年6月29日 (土)

『孤高の人』

Photo_20190629174001 山岳小説の面白さを教えてくれたのは、高校の同級生でした。何年前でしょ?うううぅぅーーーんと、ええぇぇーーーっと、、、、、ま、いっか。井上靖の『氷壁』でした。小学中高学年の頃から漫画本へ向いてしまって、文章読む速度が遅くなった(身につかなかった?)私でした。おもしろいよぉ~と貸してもらったその一冊。一気に読みました。面白かったー。そこからまた読書がぼちぼちと私の生活のなかに入ってきたのでした。

その高校時代だったか、つづいての大学時代だったかに読んだ新田次郎。これにはハマってしまいました。特に長編の3部作。『孤高の人』『栄光の岸壁』『銀嶺の人』。文庫本で上下2冊ずつ。だいぶんと断捨離してスキスキになった本棚にこの6冊は今も並んでいます。

これらの山岳小説から私は、登山もハイキングもしないのに、雪洞だとかアイゼンだとかカラビナ・ハーケン・ザイルなどの言葉を知ったのでした。それから、立山や乗鞍・白馬・上高地・八ヶ岳などなどへ、登山でもスキーでもなく観光で、行ったのでした。ちなみに当時のいでたちは、GパンにTシャツ、ペタンコサンダル、それと横長リュック。カニ族でした。

閑話休題。そうそう。本棚に残っている6冊、でした。

手にとってみると、小さい本に、細かい字!なんという小さな字を、私は読んでいられたのでしょう! 最近では、遠近両用コンタクト+老眼鏡+明るい部屋でも、文庫本の字は読めません。乱視もあるもんで。。。とほほ。。。(/_;)。 細かい字を判読するときは、コンタクトをいったんはずし、裸眼で本に顔を近づけて読みます。うん。これがいちばん!(不便だー)

おっとー閑話休題。本棚の6冊。新田次郎。山岳小説。

久しぶりに3部作のひとつ『孤高の人』を読みました。なつかしや。

昭和初期、‘単独行の文太郎’とよばれた加藤文太郎の話。ずっと単独で登山してきた文太郎が、頼まれて初めてパーティーを組んだ北鎌尾根で遭難死してしまう話。
___雪がちらついているのに意外なほど遠くがよく見えた。厚い雪雲の下面と神戸市との間の空気層の間隙の先に淡路島が見えた。
で始まっている長編。読みごたえありますよ。

読書という現在の時間の流れのなか、茶に変色したページにあの頃のわたしも見えるようで、若い頃の思い出と久しぶりの『孤高の人』が並行して進んでいった気がしました。若い頃の思い出の方はもちろん、断片的ではありますけれども。

せっかくの機会だから、『栄光の岸壁』『銀嶺の人』 も井上靖の『氷壁』 もまた 読んでみようかな。コンタクトはずして本近づけて。(;´∀`)

« 悪魔の🍙 | トップページ | 283円。 »

本・映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

おひるねおかんさんへ_______。

そうそう! 糸通し糸通し! 裸眼でしかなしえない技だー。
ほんまになんぎやわいなあ。
みんなそうなんやね。

悪魔のおにぎり、そうなんですね。
おひるねおかんさんは、ずっと大阪ですか?
やっぱ大阪の味なんかな。

こんちは~
あ~
みんなそうなんかなぁ~
すごく近く(5センチ~10センチ)だと裸眼が1番焦点が合うんだよ。。。
裸眼だと 糸通しも可能なんだなぁ。。。
本読むときは 裸眼が1番楽。。。
10センチ超えると老眼エリアになるのよね~
1メートル超えると近眼エリアだし~
遠近両用を自然に使い分けてるみたい。。。

難しいなぁ。。。

前回の悪魔のおにぎり。。。
これ 母によく作ってもらってた味だったなぁ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪魔の🍙 | トップページ | 283円。 »

無料ブログはココログ