« めっちゃつくしやん! | トップページ | 歯医者さんに褒められる、はずが、、、(◎_◎;) »

2019年3月17日 (日)

『ヒグマの静かな海』

津島佑子コレクション『ヒグマの静かな海』の朗読を観に行ってきました。飛鳥井かゞり先生の朗読  at P'act です。全5公演のうちの2回目。70分をひとりで、音響・照明演出なしで読む長編! その体力と集中力持続力(これも体力か?)のすごさに改めて圧倒されました。

命を狙われる北海道のヒグマ、戦後女の子の家にやってきたヒグマさんとその家族、数十年経って起こった東北の震災が交差してすすんでいく話。今現在は居なくなった人達は、思い出も含めて、今もその人達を想う人の心の中に居る。その人達も抱えて、揺れた記憶も抱えて、かつての女の子(今はそう若くない女性)が、さあこれからここで生きていこうと、仮設住宅で言うところが印象的でした。話のはじめに出てきた「どうしてこんなにも独りなのだろう。」という言葉とリンクしました。

 

聴いている私のなかで、話中の女の子や周りの人達の今とむかしが交差しました。それから、幼かったころの自分や、子どもの頃の息子と行った北海道(利尻)や、この8年間の自分の生活・心の揺れも混ざって交差しました。いろんな思いがグルグル回って、実際、酔いそうになったとき、ちょうど朗読終了。

 

不思議な時空体験でした。

 

さ、明日から数日は、新しい職場のお試し(私にとっても、雇ってくださる職場にとっても)です。うまくいきそうならまた、書きますね。今まで生きてきたことや人達や思いを抱えて生きていくということは、日々、抱える自分が大きく賑やかになるということなのかなぁ。合う仕事・職場で、いい思いを抱えていけたらいいな。

« めっちゃつくしやん! | トップページ | 歯医者さんに褒められる、はずが、、、(◎_◎;) »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

飛鳥井かゞり 先生へ_____。

公演終わった次の日に、朗読レッスンをありがとうございました。

周りも過ぎた時間もぐだぐな気持ちもひっくるめて、今生きてることを自覚して
自分を生かしていきたいと、思いました。

はい。気持ちを聴いてくださる方々へ向け続けられるよう、しゃべれるよう、
次のレッスンまでに練習します('◇')ゞ。

ご来場ありがとうございました。そして、素敵な感想もありがとう!
明日も生きます(=^ェ^=)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« めっちゃつくしやん! | トップページ | 歯医者さんに褒められる、はずが、、、(◎_◎;) »