« アサーティブな捉え方 | トップページ | 還暦過ぎの就活 【施設での介護職員編】 »

保 険 変 更 💴

実は、任期満了(?)にともない、いったん‘職’を退いております。そろそろフルタイム職を卒業しようかと、任用期間の延長を申し出ませんでした。

国民年金が出るまでは、まだまだ働かねば食っていけないのですが、1週間のうちの2日の休日を、実家(母)と自分ち🏠のケア・食材の買い溜めでつぶしてしまうとヘロヘロ具合が蓄積してきます。また最近、人生は‘残っているもの’と感じはじめていることもあり、「残りの人生をヘロヘロと過ごしていいのか危機」におそわれておりました。 体調をくずしたら、薄給を医療費でつぶしてしまうかもです。

いい機会。パートにシフトチェンジです。残りの時間の中の、仕事がしめる割合を減らそうと思います。 今は、求職中。なので、講習にも行けておったというしだいであります。

で、毎日が日曜日な中で、今までできなかった・やりたかったリストをつぶしてます。これは快感です。

例えば、包丁を研ぐ。これ、ヘロヘロだと面倒で時間も惜しいし、まず危険でしょ? 
また例えば、年が明けても大掃除。シンク下の引出しとか。 
例えば、まとめ買いじゃなく、必要なものができたときに、歩いて(2~3駅かな)リュックしょって買い物に行く。 
例えば、シーツやカバーをまめに洗濯する。 
例えば、外壁・内壁のヒビ割れをチェックしてパテで埋める。 
例えば、不要の品々を更に断捨離する。 
例えば、読書のための時間を特設する。 
例えば、家計簿Excelの様式を変更する。
などなど、いろいろ攻略できていけてうれしい! しかも誰からもクレームや注文が入らない

その「やりたかったリスト」のひとつに、保険を見直すというのがありました。健康保険のほかに任意で入る、いわゆる生命・医療保険です。

今までは、安心代のつもりで月2千円以下の保険に入っていました。 そんなもん、保険料をかけてるつもりで貯金したらええんやという人もいますし、実際、掛け捨てですし。けれど、自分でのその貯金が貯まらないうちに大病を患ったり大怪我して手術・入院したりしたらどうしよう、とか、医療費のつもりでの貯金だけどそれを生活費にまわしてしまうかもとか、揺れまして、まぁ、安心代というわけでした。

がしかしっ、同じ保険なのに60歳を過ぎたら保障内容がガクンと下がったことを発見! 死亡保険しかり。入院費しかり。生命体としての商品価値みたいなのが下がったとみなされてる気がしてがっくりしたり怒ったり、しててもしょうがない。なので、見直しを。他社で、今までより低価格(?)で保障がアップ。先進医療にも対応というのがありましたので、乗り変えました。ただし、保障は70歳まで。70歳からの保険も、今ではあるみたいだし、その時はその時で考えようかと。

けれど、こんな少額でも、お金を払い続けると決めるのに今だにドキドキするなんて、私も小心者ですじゃ。 はい、小回りの人生です。

« アサーティブな捉え方 | トップページ | 還暦過ぎの就活 【施設での介護職員編】 »

お金の話。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アサーティブな捉え方 | トップページ | 還暦過ぎの就活 【施設での介護職員編】 »

無料ブログはココログ