« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月30日 (水)

文字に負けてる。

4月公演に向けての朗読レッスン。おもしろいなあたのしいなあといつも感じ、あーすっきりしたと思って帰ってきます。利害なしで、同じように朗読やりたいという仲間とその笑顔に会えるからでしょう。声を出すからでしょう。

私のやる話はね、じゃがいもと人参とタマネギとキュウリとと八百屋のおっさんとキリギリスとライオンと熊とたぬきが登場します。3話のなかに、分散して出てきます。 森の中と、森からちょっと出たところにある八百屋です。電車も通ってます。 他の方が担当される話には、ホテルや海などもあります。そんなワールドです。

昨日のレッスンでは、飛鳥井先生から
「まだ‘読んで’る。文字に負けてる。」
というご指摘。

‘語れ’るように、話を自分のなかになじませねばなりません。ワールドの中に入りきらねばなりません。

「登場人物を、語り手である自分がどう見ているのか、どんな立場でしゃべっているのかをもうちょっとはっきりさせて」ということや、以前からの「息をつなげる」ということも、まだまだ。

稽古しているうちに、少しずつ自分のなかにしみこんでいけばいいなあと思います。そうやって、時間をかけて話を通して自分を変えていくのが、今、面白いです。なんだろう。平面移動でもなく、時間移動でもなく、どこかちがう時空へ、ちょっと入ってはもどり、また入れないなあと試行錯誤して移動しようとしている感覚です。

レッスン終わったら、また、自転車で平面移動・時間移動してうちへ帰ってくるんですけどねー。現世・実世でもちゃんと生きておりますので、ご心配なくなく。

2019年1月23日 (水)

‘冬山における山岳遭難の防止’

帰宅すると、回覧板が置いてありました。
一枚だけぴらりとバインダーにはさまれて。

「冬山における山岳遭難の防止」

トップ見出しにこう書いてありました。
冬の山は遭難しやすいから防止対策を万全に云々。。。という記事。

その左下には少し小さめの記事。
「除雪中の・・・・」
内容は忘れましたが、おそらく、除雪するときは安全に十分注意してください、だったのではないかと。

ここいらの地域ならではだなぁと、いつもは玄関前でサインだけして隣家に回す回覧板。まじまじと眺めてしまいました。そのわりには、ちゃんと読んでへんやん、、ってか? まあまあ

冬山には・・・・まー入らへんわなぁ。
きのこ採るひとも、、、、もういぃひんやろし。
今年は、除雪するほどの雪、もっと奥のほうでは降ったんかなぁ。
ここらへんは、すぐ溶けた雪が2度ほど積もっただけやけど。

回覧板は、もしものときのための注意喚起なんやろな。

秋には、こんな記事も。181009_

「クマ出没にご注意ください!」

「クマが出たらしいし、今日は早めに帰ってきてん。」と
ウォーキング散歩の方が噂してられた頃でした。

そのクマも、今頃はどこかで冬眠してるんかなぁ。
あの山の、どこやろ。。。
なーんて、帰り道でぼやぁっと山を見たりしております。

気持ちは、私も、冬ごもり。
って、あかんあかん
ご飯のしたくしよ、お風呂入ろ、朗読稽古しよ、読書しよ。

2019年1月18日 (金)

♡リンゴ♡パンケーキ♡

「これな、早めに食べてな、傷んでるみたいやし。」
と言って、母が持たせてくれたリンゴふたつ。

 

1この半分食べてみた。

 

美味しいやん。

 

そや、
冷蔵庫にまだ小麦粉が余ってるんやった。
消費期限は、、、、、、っと、おーーーーーっとぉっ、
去年の6月やん!
はよ食べなあかん。
え? 捨てへんのかいってか?
捨てへんで。なんでかっていうとな、こないだ
林檎ういろう作って食べたとき、別になんともなかったもん。

 

んで、なにつくろ?

 

ういろうは こないだ作ったし、なんか別のもんをリンゴで。。。。。

 

そや!
蒸し器やのうて、フライパン。蒸すんやのうて、焼く。 
ちょっとは趣きも変わるやろ。
これ、パンケーキって言うんかな?

 

まずは、、、、っと、ボールに消費期限切れの小麦粉をば。
で、傷んでるみたい、と母にもらったリンゴのすりおろし&こま切れを投入。
それから、、、、なんか入れるもんないかな。。。あ。シナモンっちゅうもんがあった。
砂糖さとうは、、、あったかいなぁ。あった! 入れとこ。
水気が足らんな~。
お。ビールの代わりに飲むつもりで買ったけど結局ビールの代わりにはならんかった炭酸水。これを入れてみたらどうやろか。ふっくら仕上がるかもしれん。

 

適当に混ぜ、熱してオリーブオイルを入れて焼く。
と、まてよ。
この間にお皿を洗うと時短になるや~ん。その前に、洗濯機を動かしとこ。これで、いちどに3つのことができるや~ん。時短やん。時間も節約やん。できた時間で、後でこのパンケーキ食べながら、テレビ見ながら、だらだらしよう。我ながら、なんていい考え 
頭の中を空っぽにして、美味しいもんを口に入れ、ひたすらゴロゴロダラダラするんも、好きやぁ。

 

タイヘンや!言うてるあいだに、フライパンの中がコゲコゲ190118_
あーあ

 

2枚目は、まあまあの出来やな。よし。
(写真は、2枚めです)
さて、ごろごろタイムや~。

 

と喜んだときに気がついた。
洗濯終わった洗濯物を干す、という用事が増えておったのでした。
あれ? 時短のはずやったんやけどなぁ。

 

2019年1月16日 (水)

今春は『村山籌子WORLD』へ~

今年の朗読クラス公演は

 『村山籌子WORLD』

                   です。

2019_2


むらやまかずこ、という童話作家を私は知りませんでした。
が、彼女の童話が載った絵本は、図書館で見かけたことがあります。紙芝居もあったかも。
Photo

彼女の童話を呼んでいると、自分が幼い頃、いろんなことを想像しながら、家の中にあるものを駆使して、ごっこ遊びなどしていたことを思い出します。

稽古を開始しました
私は、ジャガイモの話 と キリギリスの話 と ライオンの話 をします。 他の方がされる話もふくめ、ほのぼのとい~い話です。

リキまず(これ、私の長年の課題)、聴いている方が村山籌子の世界の中へ入って行けるように、頑張りたいと__あ、頑張っちゃいかん__稽古を重ねたいと思います。

よろしければ、
ぜひ、
ご予約ください。

上記の電話NO.またはアドレスへ、知っておられる方は私へでも、
ご予約、
お待ちしています

2019年1月14日 (月)

大阪ガスの電気⚡

昨年、ガスコンロを買いかえた際、電気を‘大阪ガスの電気’に変えました。
‘大阪ガスの電気’やなんて、なんちゅうややこしい電気やろう。

 

電気代が少しオトクっちゅうことで。 
大阪ガスのHPにログインしたら、「先月の電気代は、従来の会社に比べて50円オトクでした。」なんて出てくるんやで。んで、電気代は、毎日だいたい何円ぐらい使ったのかもわかります。時間ごとの消費電力も、だいたいわかります。節電のはげみ(?)になって、なんかおもしろい。毎日、のぞくのが楽しみや。肝心のガス代の詳細が、電気とおんなじように日々確かめられへんのが不思議なんやけどな。

 

電気が大阪ガスになるときに電線を付け替えるとかいう工事がなくて、素人の私は???なんやけども、まー切替えの手続きも大阪ガスにおまかせですんだし。また‘関電の電気’にもどりたくなったら、今度は関電が手続きしてくれる、って言うし。

 

ま~~~~。 ’関電のガス’っちゅうのもあるわな。どっちも、おんなじぐらいのオトクさなんかなぁって、思ってんねん。

たしかに、去年よりは安くなってる。年々の気候にもよるし、石油の輸入ぐあいにもよるけどな。(灯油は去年より今年の方が高いわなぁ。)それもこみこみで考えたら、去年より光熱費は安ぅついてるんとちゃうかなぁ

 

ちなみに、今月の電気&ガス代は、ふたつ合わせて約3500円ぐらいどすどす。調べてみたら、去年の1月はふたつ合わせて約5000円やったわ。
やっぱ、去年より光熱費は安ぅついてるんやなぁ。小さなふっふっふ、や

 

2019年1月11日 (金)

おせちの始末。

190109_おせち用に黒豆を丼いっぱい作りました。うすく砂糖だけで味付けしたのが、私は好きです。売ってないので作ります。今年はシワなしツヤあり。私の肌もこーゆーふーにもどりたいものでありんす。
丼からスプーンですくって食べます。

その煮汁をいつものように寒天でかためました。残しておいた黒豆が底にかくれています。
これも、このままスプーンですくって食べます。

お雑煮用にダシをとった後のかつお節と昆布。きざんで冷凍しておきました。これで、ソフトふりかけをば。同じように、茹でて冷凍しておいた菊菜も混ざってます。菊菜の色が変わらぬようにあさく煮たから汁がちょっと残ってますが、気にせず食べます。

190109__3味は、私が美味しいと思っておるからこれでよし。

はい。年末に買った食材は終了。
すっきり

い~~やっ。 ところがどっこい。そうじゃなかった。

冷蔵庫をみたらば、まだ、ありました!

野菜室。 

つけあわせにと買っていたサニーレタス。 畑で買って、土など水で流し落として少しだけ使ったサニーレタス。

袋から出してみたらば、洗ったはずなのに、なんだか汚れています。葉が傷んだのかな?
1枚2枚と葉をはずしていくとーーー、なんとーーーっ、
黒い幼虫が動いておりました。 体長1cmほどのがくねくねと! 
ちゃんと洗ったんやけどなぁ。
水流にもめげず、冷蔵庫の中で葉を食べ、生きて、成長しておったのでした。だって、これだけ大きかったら、なんぼ老眼でも、洗ったときに発見できたはず。冷蔵庫ワールドで満足して(?)暮らしておったのかもしれないけど、わるいけど。。。。、こやつのいる葉をちぎりビニール袋に入れ、しっかりくくってゴミ箱へ。 他の部分は、汚れ(幼虫の糞でした)を洗い流し、インスタントラーメンの具にして食べました。(火を止める寸前に入れると、シャキシャキが残って美味しいですよ。)

はい。今度こそ、年末に買った食材は終了。すっきり。ごち

2019年1月 9日 (水)

ゆめのちょうとっきゅう

NHK「いだてん」を見てたら、涙が出てきた。 190107_tv

 

歴史書に書かれた時代ではなく、私の居た時代が連ドラになるなんて、いえ、毎週日曜日夜8時からは、テレビの中に私の居た時があるなんて、まあ! 

 

このテレビの中の、映ってないどこか奥の方に、幼い私が居るのだなぁ。まだ若い父も忙しく働いているんだなぁ。なーんて、思ってしまった。

 

カバー160830tvがかかってたブラウン管のチャンネルテレビ。 
「これ!便利やわー!」と母が喜んで使っていたローラー絞り器のついた洗濯機。(左写真)
薪でわかした木のお風呂。
粉をといて作る鮮やか色のジュース。
ガリ版、幻燈、紙の着せ替え人形、教室の石炭ストーブ、ハエ取り紙etc.etc.

 

昔のモノはほぼ断捨離したのだけれど、私が小一の時に書いた作文帳が1冊残ってる(超ヘタ!)。原稿用紙を黒ヒモで綴ったもの。その中にね。 小さい私はこう書いていた。たぶん父の日に書いた父宛の作文。

 

「ゆめのちょうとっきゅうに のせてください」
やって。

 

汽車より速い!速すぎて窓からの景色が見えへんぐらい!というのが、友達のあいだでもっぱらのウワサ。どんな電車やろう。と、子ども心にワクワク。 あの頃は「新幹線」のことを、私達はこう呼んでいたのだなぁ。

 

結局、乗せてくれたのは、母の姉(生涯独身で、幼稚園の先生だった)で、ほんとに‘乗る’だけのために名古屋まで往復。流れる景色は目視できてがっかりしたけれど、満足。後日、友達に自慢したのかどうか、、、そこのところは不明。忘却。 なんといっても、あれからもう・・・・・(計算中)・・・・・ ごじゅうねん以上もたっておりますゆえ。 本当は、あの頃の私達は、もう、居ない。時の流れは、悲しい。 

ところで、
最近やっと、父を思い出して涙が出るようになりました。 
よし。 良し。 良かった。

2019年1月 2日 (水)

ちゃんと初詣

また新しい年を無事に迎えることができました。有難いことです。めでたいです。190101_0914

ひさしぶりに、正月に初詣。ここ数年、年があらたまって数か月たってからお参り。これを私は初詣と言うておりましす。がしかし、今年はちゃんと正月に初詣。

い~い天気のもと、地元の三宅八幡へ息子と。平和やぁ。息子が子どもだった頃いっしょに何度となく行ったことなど思い出しながら歩いて、ほくほくと。

石の鳥居をくぐっていくと、なんと、参拝の行列ができていました! 私がこの神社が好きなのは、雑踏のなかを並ばなくてもよいからで、の~んびり今年一年の祈願ができるからでして。。。。 まぁ! こんなことは初めてです。

「東京では、なんか乗ったり入ったりするたびに並ぶで。」
と息子。

いや。そーゆーことではなくって、、、。そら、東京。 東京は、東京。
こんな、比叡のふもとの小さな神社で並ぶことがあるんですねぇ。

20分ほど並んで、やっと神様と対面する順番がやってきました。
いっぱいお願いしました、いつものように。
目をあげると、横目で息子が待っていました。もちろん、後ろに並んでられる方々も待っておられました。

そやかて、やっぱ、正月にちゃんと来たんやし。ちゃんとお願いしとかんと。

おみくじをば。190101_1517

この神社には2種類のおみくじがあります。
天然石おみくじ と 鳩のおみくじ。

私は天然石おみくじを。中を開けるとメノウが入っていました。この石は商売繁盛と身体健康をあらわす石なのだそうです。前にひいたときもこのメノウでした。わたしゃ健康に恵まれておる、っちゅうことやね。で、小吉。なになに。
「小さなことはたいていうまくいくが大きな手をうつのは難しい。いつまでも丈夫だと安心していてはいけない。思わぬことで健康を損なう」 ですと。 ふむ。 承知いたした。

息子は鳩のおみくじ。鳩の置物(?)の中におみくじが入っています。
大吉やって。よかったよかった。

こんなふうに、おみくじを結んだ上に、鳩が置いてあるんです。おもしろいでし190101_1521ょ?持って帰ってもいいんやとは思います。 

この神社の守り神は、鳩。けどもこの日は、あんまりにも人が多すぎて、いつもはわんさかいる鳩が、一羽もおらんかった。

今年一年、ドキドキ不安になるような(ワクワクはよいけれど)とんでもないコトなく、平穏無事にすごせますように!

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »