« やっとこさ台風21号の、 | トップページ | トンネル貯蔵の、カッパやろか? »

2018年10月31日 (水)

大台ケ原へ

念願だった大台ケ原を歩いてきました。ひとりでの日帰りがタイヘンそうだったの181028_1241_2でツアー参加です。昨年は台風のため中止になったツアーに再申し込み。

大台ケ原は遠いです。京都駅前からバスでなんと片道4時間半。家からだとプラス1時間。

けれど、日常とちがう景色を見るというのは楽しい! 高速道路から見おろす京都。1時間半ほどで入った奈良の、鹿の居る街。どんどん空がちかくなっていく吉野の山々。下に見る川の流れの蒼さ透明さ。

吉野の山は深い!

百人一首かなんかで「吉野の山のふかければ・・・・・」っていうの、なかったっけ、181028_1301
だとしたら、その続きはどうつづくんだったっけ~~
などと、つらつら思いながら運転はプロにまかせながら時間を過ごす、というのがとても贅沢。こうやって、車窓を眺めてゆられているのが私はすきです。

で、後で調べてみたら、百人一首にそんなうたはなく、実は
「み吉野の 山の秋風さよふけて ふるさと寒くころもうつなり」
であったのでした。どーりで続きが出てこないわけだ。

標高1600mの大台ケ原へバスでのぼっていくとちゅう、紅葉を素敵に誇っている木々がありました。今はもう、秋だったんですねぇ。 到着した大台ケ原の紅葉は、もう終わってるんじゃないかという気配でした。

181028_1341
晴れ一日! 
3日に一度は雨が降るといわれている所で、いい天気! 

東大台を4時間ほどかけてくるっと歩きました。
クマザサの原。 京都北山とはまたちがった山歩きです。

展望デッキ(一番上の写真)あたりから海がみえました! 
尾鷲あたりなのだそうで、写真(上から2番目)に撮ったのですけれど、なにせガラケーなもんでもひとつ写ってませんね。わかります?尾鷲の海。 海に飢えてる京都人私は、しみじみと‘海’を目に心に沁み込ませたことでした。

正木ケ原・牛石ケ原を経て、シオカラ吊り橋。181028_1422

澄んだ水! 
川の存在を示すのは、吊り橋と川音。  
川底に岩影が写って
(一番下)いました。 

.

.

.

.181028_1419

心肺と筋力の老化を実感しつつの歩きでしたが、歩いた後は肺がクリアになったよう。リセットですね。

2年越しの大台ケ原で、貴重な楽しい一日を得ました

|

« やっとこさ台風21号の、 | トップページ | トンネル貯蔵の、カッパやろか? »

」カテゴリの記事

コメント

pegaさんへ_____。

そーなんですっ。遠いんですよねぇ。
自分で運転して行っくとしたら、現地到着しただけでもう疲れ果ててしまいまいそうです。

Prgaさんなら、私が4時間でまわったコースを、2時間で疾走してしまいそうですー

投稿: 風 | 2018年11月 3日 (土) 17時59分

いいところに行ってますね~~~~^^
一度行ってみたいのですが、遠すぎて、なかなか(+o+)

投稿: pega | 2018年11月 2日 (金) 22時21分

チヌ太郎さんへ_____。

ほんと♪ 
申し込む時は、雨覚悟でした。
山の天気は変わりやすいからと、雨具持参しました。
で、いい天気!
日頃の行いはダイジです
って、同ツアー参加のメンバーに、「いつどこへ行っても晴れ
という方がいたから、その人の行いにあずかったということですかね

投稿: 風 | 2018年11月 2日 (金) 18時07分

良いお天気でよかったですね。
大台ヶ原はお天気が悪いので有名ですからね。
普段の行いですか?

投稿: チヌ太郎 | 2018年11月 1日 (木) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっとこさ台風21号の、 | トップページ | トンネル貯蔵の、カッパやろか? »