« 台風21号 | トップページ | 『西尾維新大辞展』 »

2018年9月17日 (月)

あかり

台風で約20時間停電したとき、電気がなくて一番困ったのはなんだったろうと考えました。

①冷凍食品が解けたこと・・・再凍結したものを少しずつ食べ続け、やっともうすぐなくなります。

②情報が絶たれ、母との連絡がとれなくなったこと。TV・ラジオ・ネット・ケータイすべて要・不要を問わず情報を得るためのグッズだったのでした。この‘情報’の中には、‘台風&避難情報’‘安否’のほかに’正確な時間’というのも、うちの場合。うちの置時計・壁掛け時計はゆる~くちょっと早めに時刻を合わせてあるのです。

③手元が見えなくなったこと・・・玄関に何年も置いてある懐中電灯ひとつ。電池がなくなってきていたのか薄暗い明かり。それが、とても心強かった。

自転車ライトは明るかった! PCから充電するもので、春先に充電したきりだったけど、細かいところを見る時はこれが役に立ちました。

がしかし、、電気がもったいないからと用が済んだらすぐスイッチオフ。そんで、ふつうに明るいときのようにふっとどこかに置いてしまう。どこに置いたか忘れてしまう。小さいモノなのでさがせない。ライトを捜すために、懐中電灯を手探りで捜す。ということが数回。 で、カラの箱を自分の脇に置き、大事で小さなもの__自転車ライト・メガネ・置時計・薬ETC.をそこにまとめて入れたりしました。あとね、バッテリーがきれるまでのPCとライター・チャッカマン(炎は危険だけど)。

ところで、

何かをするには必要だった手元の灯りですが、今回うちは、一部地域だけの停電。 はじめは、なんであの家(うちから見える)は電気(灯り)が点いているのにここいらは停電なんだ!と憤っておりましたが、北海道のようにブラックアウトでなかったのは有難いことでした。

窓を開けてみると、星も月も出てないし街灯も消えているのに、明かりが家の中に入ってきました。これはかなりの安心感。 停電してない家々の灯り・山の向こうの街(修学院や一乗寺)の灯りが曇った空をぼぉぉぉっと明るくしているのです。どこか岩倉あたりのグランドで、夜間照明を一晩中点灯してくれていた気もします。その晩は(台風そのものが過ぎ去っていたこともあって)、明かりを家の中にいれるために、雨戸や障子をを開けました。漆黒の闇ではなくなった、程度のうすい明かりでしたが、朝を待つ気になれました。

夜が明けたとき、明るぅなってきたぁ~~って、さらに身体が緩んでいきました。

指の先ほどの灯りでも、どんな薄い明かりでも、闇の中では支えです。心をぽっと落ち着かせるものなのだと、あらためて思いました。

|

« 台風21号 | トップページ | 『西尾維新大辞展』 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

pegaさんへ_____。

ヘッドランプ!
考えてみます。
話は戻りますが、
今回 私が初めて知った単位。
それは、
ルーメンhappy01

投稿: 風 | 2018年9月30日 (日) 09時06分

え~~~~っと。
山に行くなら、たとえ真昼のハイキングでも、電灯は持って行ってくださいね(小さいものでもいいので)。
もしも、こけて骨折して動けなくなったり、迷って日が暮れてしまった場合、ほんとに真っ暗で歩けなくなって、途方にくれます。
ヘッドランプは、夜の山に登る特別の人が持つものではなく、山に行く誰もが必須の持ちものです。

最近、大文字でも遭難が増えていて、先日もヘリコプターが飛んでいたそうですよ(+o+)

投稿: pega | 2018年9月26日 (水) 19時19分

pegaさんへ_____。

ヘッドランプで山にのぼるなぞ! 思いつきませんでしたー。こわいーーー。ようお子さんがたが着いてきたなぁ。

子どもの頃、父の生家に泊まり夜中に目覚めたときのことを思い出しました。私は、声も出なかった。思い出すだけで、動悸ですcoldsweats02

投稿: 風 | 2018年9月22日 (土) 11時25分

ヒロさんへ_____。

自分の手さえも見えない闇は、ほんとに怖いですね! ましてや音もしないと、自分がどこにいるのか生きてるのか夢の中なのか、わからなくなってきて、息ができなくなります。

高知へ旅したとき、夜、山道で車止めてヘッドライトを消すと、、、、、ま・・・・っくらでしたbearing。動物って、闇の中で夜眠るんですね。

投稿: 風 | 2018年9月22日 (土) 11時22分

ほんとに真っ暗ってほんとに怖い。
バイクで、街灯のない山の中を走ったときも怖った(+o+)
山の中で、自分の手さえ見えない恐怖も知ってる。逆に月が明るすぎて、星がまったく見えなかったことも^^;;;;(山の中で、懐中電灯なしでトイレに行けた(+o+))

そっか、ブラックアウトって、街全体があんなふうになるんだ(@_@;) すごいイメージができました。ありがとうございます。

私は350ルーメンという明るさのヘッドランプを持っています。どのくらい明るいか、説明できないんですけど…。

以前に、90ルーメンのヘッドランプで、子どもと夜の大文字に行ったとき…。
子どもの頃、あんなに頼りにしてた、単1の乾電池4本使う大きな懐中電灯。あれが、暗くて役に立ちませんでした(@_@;) 
結局、ひとつのヘッドランプで、3人が大文字に登りました。

あとは、100均の小さなLEDライトを枕元に置いてますが…。家中に置かないと確かに探すのが大変ですよね(+o+)

投稿: pega | 2018年9月20日 (木) 09時38分

停電になって電気の有り難さを感じますね。
そして灯りがあることの有り難さも。
漆黒の闇のとてつもない不安感、灯りがあることの安心感、本当に感じます。

山中のキャンプでテント泊したときの夜に漆黒の闇になったとき、すっごく怖いですcoldsweats01
でも空一面に星が出たとき、街明かりで霞んでないその星々の綺麗さには感動するんですけどねhappy01

投稿: ヒロ | 2018年9月20日 (木) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風21号 | トップページ | 『西尾維新大辞展』 »