« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

ボケてるのは、どっち?

「産地直送」という張り紙と軒先に並べられた野菜たち。職場の行き帰りに、たまに出る店(?)。畑を、自宅から離れた場所に持っておられて、そこで収穫した野菜を収穫したときだけ売る、ということかな。うちの冷蔵庫にないものが並べられていたら買おう、と思いながら歩いている。

 

ある日、キュウリが2本、売れ残っていた。
「キュウリ 3本200円」
と壁に貼ってある。
直送にしてはちょっと高いかな。でも直送だから新鮮で美味しそう。
と思いつつ、キュウリ2本の横に座っているおっちゃんに声かける。

 

このキュウリ、2本やったら、なんぼ?

 

「そやな~~~。んーーー、キリのええとこで150円。」

 

急に暗算検証できないワタシ。
え? 3本で200円やから・・・・・・・3で割ったら・・・・」

 

「1円玉とか5円玉とか、こまかいお金はややこしいやろ?150円やったら、キリがええ。」

 

まだ細かい暗算検証はできてないアタマでも、これは損かなと直感する。
2本で150円やったら、1本につき75円やん!
こらあかん。おっちゃんにごまかされたらあかん。

 

そら高いわ。2本で140円で買うてもええで。
と返す。これで10円安くなる。ふっふっふ。

 

「そーか?も~年とってきたら、ボケてるさかいな、計算もボケてるねん。」

 

ほな、140円でな。ええか?

 

「はい。140円な。」

 

よっしゃ。 おっちゃんの言い値より安くゲット。 と、財布をのぞくと、あいにく10円玉がない。私は150円を渡す。え?150円ちょうどあるんやったらこのさい150円で買うてもよかったんちゃう?ってか? ちっちっち。そこはちがう。たとえ10円でもおろそかにしたらあかん。10円は10万円の始まりや。うんうん。

 

そしてキュウリ2本と交換。

 

「はい、キュウリ。まいどおおきに。」

 

おっちゃん、おつり10円やで。

 

「お~~~。おつりな。も~年とってきたら、ボケてるさかいな。おつり渡すのも忘れるわ。」

 

おつりを10円もらい、してやったりと機嫌よく帰路についた私。しかし、

 

地下鉄の中でゆっくり計算したら、
もともと 3本200円。
つまり1本の値段は 200÷3≒66.6円
私が今回買ったのは 2本140円。
つまり 140÷2=70円
いや~~~ん。売れ残りのキュウリやのに、損したんやん

 

おっちゃん、
やるやん。
ぜんぜんボケてへんやん。

 

ん? ボケてたのは私かぃ。
くやしーー!
ま。美味しかったのは美味しかったけども。。。

 

| | コメント (4)

2018年8月19日 (日)

南瓜な夏

となりの畑。 秋から初冬にかけてはすぐき(京野菜のひとつ・漬物になります)畑となる場所に、春からカボチャが植えられていました。 通勤の行帰り、蔓が伸びて葉をつけ花が咲き実がなるのを横目で見ながら歩きました。植物の成長ははやい!これも命の妙です。実が生ると、これまたどんどん大きくなります。プロの農業家なのだから、でしょうね。

重そうに大きくなってきたとき、畑のおっちゃんに声かけました。

あそこに生ってるやつ、手前のあれ、重そうに、もう地面につきそうやで。まだ採らへんの?
「あれか? まだや。 もうちょっと大きくしてからや。」

そうかぁ~。もう十分に大きいと思うけど、まだかぁ。あれ、採るときになったら、売ってくれはる?
「ええよ。」
180713__2

ということで、待つこと数週間。仕事から帰ってきたら、おっちゃんが
「かぼちゃ。採るけど、買う?」
買う―――っ。
「どれがいい?」
あれ、あの手前のやつ。

 

と、かねてより目をつけていたカボチャを指名し、採ってもらいました。そしてついでに、トラックの荷台で、半分に切ってもらうことに。うちの包丁は丸ごとカボチャを切るには研げてないもんで(サボっております)。

 

180715__2
この夏は、これを数回に分け、カボチャを堪能いたしました。

 

南瓜の夏

 

南瓜三昧。

 

まずは、茹でて胡麻酢和え。
私は、こうして食べる南瓜が一番好きです。写真では、う~ん、胡麻があまり見えませんね

 

.

180731_
次に、ミンチ肉と煮ました。

 

写真では、う~ん。さっきの胡麻酢和えとあまり変わりませんね。本当は、ミンチ肉のあんかけにするつもりだったのが、途中で面倒になり、変更したのでした

 

でも、美味しかったですよ。

 

で、カボチャサラダ。180721_

 

マッシュカボチャとマヨネーズとで。

 

 

180717_


それから、フライパンで焼いて、酢醤油で食べる。

 

.

 

 

南瓜バーグ。180812__2

これは、息子が小さかったころ、よく作りました。

 

マッシュカボチャと水溶き小麦粉を混ぜてフライパンで焼きます。冷めた方がよく固まります。

 

今回は、鳥ミンチもすこし混ぜました。

180819
カボチャプリン。

 

プリンと言えるのかどうか。マッシュカボチャを寒天で固めました。シナモンを混ぜ、うちの庭から摘んだペパーミントの葉をちらしました。

 

はい。 これで、カボチャ一個です。 

天ぷらやスープも、できたなぁ。でもまたこんど。 

カボチャまるごと、ごちそうさまでした

 

 

| | コメント (2)

2018年8月12日 (日)

火が緑になったので、

消費物品というものは、なんで同じ頃にどんどん壊れてくるんやろう! 

去年は車だったし、今年は、雨漏り。 

雨漏り箇所が、梅雨入り・台風前に直りほっとしておったところ、こんどはガスコンロであります。

ガスコンロの火が、緑色になってきました。不完全燃焼? 危険な火の色です。魚を焼くオーブンも弱火にすると消えるし、天板(?)を取り外すと中はサビサビだし、スイッチをひねってもなかなか点火しないし。

うううううぅぅぅぅ・・・・・・・・・ん

おし

取り換えよう!ということで、お財布事情も気になるけれども、バクハツなぞしたらもっとお金かかるし安全にもかかわる。 思い切って新しいのに換えました。あーモノイリだ。

最初はリースにしようと考えていたのです

ぁ。車を買うときも最初リースにしようと思っていたのでした。レンタカーの長期版なのだと思っていたからです。乗らなくなったら、返せばいいと。 

けど、車をリースで手に入れるというのは、そうじゃなくって、月賦で購入するのと同じだと車屋に教えてもらい、へーそーなんや、そしたら利息分だけ損や。ということでリース購入案は撤回。

で、今回のガスコンロ。 私は、月々ガス代と一緒に少しづつ支払って何年かしたら自分のものになるのだと思っていました。キャンペーン中とかで、計算してみたら一回払いよりも、少しずつ支払うほうがお得。 今度こそリースにしようと。

ちがったんです。ガスコンロには月賦のような完済期限がなく、使用している間中ずっとリース料金を払うというものなのだそう。ひょー。車のリースよりもっと損やん!ということでリース購入案はまたもや撤回。

いったい、リースってなんなんでしょ? 品物・商品によって意味がかわるもんなんでしょか? リースって聞くだけでなんだかオトクな気がしてしまうけど。 ヘンな言葉です。

お、そうそう。我が家に新しいガスコンロがやってきたのでした

みなさん、聞いておくれやすぅ~。今のガスコンロっちゅうのは、べんりですねぇ。

まず、ツマミをひねって点火するのではなく、スイッチ・オンなんですねぇ。
でね。天板(?)の中にゴトクがあるんじゃなくて、天板(?)の上に乗っているだけだから、しゅっと拭いたらきれいになる。
でね。温度が高くなりすぎたら勝手に消火する。
でね。さらに、鍋やフライパンをおろしたら、勝手に消火する。
でね。お湯が沸いたら消火。タイマーもついておる。魚焼く部分は分解して洗える。

すごいでしょ~~~~。しゃべったり、かわいい色がついてたり、換気扇と連動してたりするのは、予算上やめときましたけど、、、、すごいねーーーー

え? 知ってました? けっこう前からガスコンロは、そーなってる、って? 

そーやったんやぁ。なんせ20年使いましたから。

お財布はさびしくなったけど、なんかワクワク嬉しかったからよかった~。これで出かける前に、ガスの火を消したか気になって何度も玄関の鍵を開け閉めしなくてすむ

と、思っておったところ、

炊飯器と、ダブルラジカセ(カセットテープからカセットテープへ録音できるラジオ)と、扇風機(ツマミをひねってタイマーをかける)が、なんだか不穏な様子をみせています。やばいです。 しかしもう今年の予算はありませぬゆえ、だましだまし、大事に使っております。あーモノイリやぁ

| | コメント (4)

2018年8月 5日 (日)

骨導聴力も

仕事で電話をとるとき、3つある電話機のうち、一番私に近い電話機がとっても聞き取りにくくて困っています。他の方達は3つの電話機それぞれ難なく聞き取っておられるようなので、ああ聴力も弱ってきたかー、と耳鼻科へ。

私は実は常に耳鳴り(電波音のような音)がしていて___周りに音があふれていたり、仕事中とかなにかに夢中になっていたりすると気にならない程度___10年ほど前に耳鼻科で聴力検査をしたことがあります。

耳鼻科の先生も「ま~ここらで、も一度検査してみましょかぁ~」ということで、あれから10年後の検査値をとってみることになりました。

前にはなかった骨導聴力検査っちゅうのも、初体験。ヘッドフォンみたいに外耳を覆ってする普通の聴力検査もしましたが、これは外耳の後ろの骨にヘッドフォンみたいなのをつけて検査します。

どんなふうに聞こえるんやろう。わくわく。そもそも、骨から音が聞こえてくるって、、、?

外の音が聞こえないようになってる個室に入り、器具を耳の後ろに装着し、、、、、、

聞こえるんですねぇ! 音が! 骨を伝って!
考えてみたら、振動が伝わってくるのが音だから、あたりまえっちゃぁあたりまえなんですけども。

ん? だったら、ずーーーーーーっとキィーーーンと耳の奥で鳴っている耳鳴りはどこから伝わってくるんだろう? 

ヒトの身体って不思議です。

で、結果。 数分後。 10年前の検査結果グラフと今年の検査結果グラフが重なっているのを、PCで見せていただきました。

「そんなに聞こえが悪いというほどでもありませんよ。心配しないでいいですよ。年齢相応ですから。。。」

年齢相応の耳、ということですな。
目だけじゃなく、私の耳も、フツーに老化しておるということですね。

コマルなぁ。仕事しにくいんやけど。。。。

| | コメント (2)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »