« 紙上の再会 | トップページ | 新聞包みの一期一会 »

2018年7月 1日 (日)

祭まとう街

祇園祭が始まりました。と、ラジオが車の中で言ってます。

今日は、神事の無事を祈る日で、明日はくじとり式なのだそう。

私自身は、山鉾のある街なかで生活しているわけではないし人疲れもするので、超混雑する祇園祭はTVニュースで見るもの。私の心の中では、たとえば、ねぶた祭とおんなじ位置にあります。あえて言うと、宵山や山鉾巡行が近づくと、あ~交通規制だ駐車場も満杯だ出かける予定を調整しなきゃ、と思うのが身近な祭ということなのでしょうか。

180701_as_2


7月に入ると、街なかでは祭り感がただよいます。コンビニ店内で♪コンコンチキチン♪のBGMが流れていたり。私の行く美容院は山鉾のある街にあるので、町内あげて祭り感をじわじわと盛り上げていっておられる気がします。話題も祭りが多いのでしょう。店内で、店長手作りの山鉾が飾られていました。一式、手作りなんて、すごい~~!

京都は、特に梅雨時期は、もーほんまにカラダがしんどいです。吹く風がねっとりとしつこくカラダにまとわりつくのです。湿気が多いから、とった水分が蒸発していきにくかったり。祭りは病や厄災を追い払うためだとはいえ、この不快な季節、大きな祭でもやらなきゃやってられない、ってなことも、もしかしたら、あったのかも。。。とは、ほんに私見です。

180625_1248


祭じゃなく行事なのだそうですが、先日の昼休み、立ち寄った神社
に茅の輪が作られていました。けっこういろんな神社にあります。6月は茅の輪の季節でした。茅の輪くぐりと言って、約病や罪穢が祓われるのだそうです。くぐり方があるんですけど、この時は私、ひょいとくぐってお参り(心こめて)するにとどめ、午後の仕事にむかいました。

京都は毎日どこかでなにかあっていいね~と言ってた知り合いがいましたが、、、、住むにはやっぱり蒸し暑くて、冬は芯まで氷りそうな京都です。歴史の中でいろいろいろいろ通りすぎていったところでもあって、常になにかないとやってられなかったんやと思うなぁやっぱし。いや、年初から話合いなど重ね祭りをつくりあげてきた人達の気持ちや、歴史研究してる人達の考えもあるのは承知。私的なこの季節への不快感からつい、そう思ってしまいます。

|
|

« 紙上の再会 | トップページ | 新聞包みの一期一会 »

京都とか近所とか」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ_____。

コメントいただいていたのに、すみません。
こちらも相当降りました。ずーーーーーーっと降っていました。避難指示とか特別警報が出たけど、避難場所の方が川に近いから家にいました。昼は、職場が安全なのでそちらへ。おかげさまで、命、あります。

広島はまたまた被害大なので、心配していました。
昼寝ができるぐらいで、よかったですhappy01

投稿: 風 | 2018年7月10日 (火) 18時08分

今回の大雨、そちらの方は被害はなかったですか?
こちらは避難指示が出てたみたいですが、呑気にグースカ寝てましたcoldsweats01

昼間は一時日が射してたのに今はまた雲行きが怪しくなってきつつありますcloud
また一雨来るのかなーcoldsweats02
お互い気をつけましょう。
(呑気に寝てた僕に言える資格はないですがcoldsweats01

投稿: ヒロ | 2018年7月 7日 (土) 15時15分

おひるねおかんさんへ___。

そっかぁ~~。祇園さん=夏。
私は・・・・ 祇園祭→鱧? 祇園祭→暑い・人混み・うちわ → 夏、ですねー。

投稿: 風 | 2018年7月 4日 (水) 07時15分

おっはよ~
祇園さんやね~
夏が来た~って思うわぁ~

投稿: おひるねおかん | 2018年7月 3日 (火) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙上の再会 | トップページ | 新聞包みの一期一会 »