« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月27日 (水)

紙上の再会

学校仕事・塾仕事を離れて長いこと経ちますが、たま~~に懐かしい教え子と会うことがあります。

とは言っても、街なかで「おぉーーひさしぶり!元気?」というものではありません。 街ですれ違うなどしても、残念なことに私は気づくことができません。なぜなら、(元)子ども達はおとなに変身しているからです。私はあの頃から何十年、ずーーーーっとおとなでい続けているというのに。 まー私も、シワが増えたり顔や姿勢がタルんでいたり、変身していることにはかわりないのですけど。。。

たま~に酒屋(飲み屋じゃなく)やコンビニで、「あ。センセー。」と声かけられたりすることもあるんですけれど、最近の再会は紙上です。

え?!紙上で?どゆーこと?って思うでしょ? 

たとえば4月は新聞で。

公務員の異動が出ますよね。学校の先生になってる子(?)は異動になったら、新聞に名前が出ます。あー異動になったんやなぁ、京都でがんばってるんやなぁ、って、久しぶりに会った気がして嬉しいです。今年は、塾に来ていた子(?)が新採用で名前が載りました。まぁ嬉しいこと!たいへんな時代やけど、超人的な忙しさらしいけど、身体をこわさなければいいなぁ、など思います。

先日は仕事中、書類の中での再会。

私、今年は課が変わり、医師サインの要る書類を扱う仕事もさせていただいています。 書類をチェックしていたときに、懐かしい名前に遭いました。この子(?)の名前はめずらしく、あの頃以降、私は同じ姓の人に会ったことがありません。さらに、そのサインの字が!昔何度も見ていたテストの記名とおんなじ筆跡だったのです。斜めのハライとか筆圧とか。思わず、くすっと笑ってしまいました。今はどんな顔しているのか、それこそ道ですれ違っても私にはわかりませんが、あの頃の顔がうかびます。

今、私の昼時間の大半は公務に使っているので、教師や医師になった人達にはこうして紙上で会うことができるということなのでしょう。

他、大勢の人達は今、どうしているのだろうなぁ。商売や会社勤めや主婦専業や農業や、日雇い・フリーターも。失業や病気などで仕事のない人達もいるのだろうなぁ。

失業中の不安は、今の私にはわかる気がします。わかるからと言って、そしてたとえその人達に会ったからと言って、私にはどうしようもないのですけれど。

そんな、自分じゃない人達に思いを馳せることができるという、すこし心の中に‘空間’づくりをするきっかけを、紙上の再会が作ってくれてるようで、それもうれしく感じています。

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

地下鉄の中で、

先日の大阪北部地震。

 

あの時、私は地下鉄の中にいました。出勤途中でした。
もうすぐ降りる駅やなと本を閉じたあたりで、車内のどこかで誰かのスマホが鳴りました。

 

だれやだれやー、車内でスマホ鳴らしたらあかんやん。マナーモードにしとかな。

 

と思ってるうち、あっちからもこっちからもどんどんどんどんスマホが鳴り、おっと私のケータイも!

 

音があらかた鳴り終わりそうなころ、抑えた声があちこちから。
「じしんや。」「地震やって。」「大阪で地震らしい。」
緊急地震速報だったのでした。

 

地下鉄は、私が降りる駅に停車。たくさんの出勤・登校客とともにドアから降りるとき、車内アナウンス。降りたら駅構内で構内アナウンス。
「大阪で地震発生のため、地下鉄は全線、運転を見合わせます。」 云々。

 

よかった。私は足止めをくらわずに済んだ。いつも通り出勤できる。
とは、一番に思ったこと。自分のことが一番でした。おはずかしい。

 

けど、そんなに大きな地震だったのか? というより、最近は地震に対する交通安全対策が念入りになってきているということかな。それなら安心や。

 

と、思いながら地上へ出ると、息子からメールが入っていました。
「地震、大丈夫やった?」
めったに連絡などしない息子からのメールにまたびっくり。
そんなに大きな地震だったのか?

 

とたんに気になったのは大阪に住んでる友達のこと。地震直後でスマホ人がメールチェックするかどうかわからないけれど、職場についてから、とにかく「地震、大丈夫やった?」メールを。

 

そうや!実家のある伏見はここより大阪に近い。母や!と始業前に母へ電話。
「さっきはかなり揺れたなー。けどなんも倒れたり落ちてきたりはしてへん。怪我もしてへん。」
ということなので、ほ。

 

有難いことに、後はいつもどおり仕事をしました。

 

話を聞けば、揺れたとき地下を歩いていて、今まで聞いたこともないような地中の音がうなっていて怖かったという人。
揺れたとき、それからその後、子ども達がどうしているのか心配でたまらない人。

 

私は、幸いです。

 

実家を見に行くと、2階にあるベランダの床がずれていました。で、2階室内は砂でじゃりじゃりでした。柱近くの壁土が、揺れたときに落ちたようです。 先日のが前触れだとして本震が来たら、築55年の実家は心配ですが。

 

今回気づいたことがあります。あの、スマホ・ケータイへのアラーム音は、文字どおり‘速報’なのであって、もうすぐ地震がきますよ~の‘お知らせ’ではないのだということ。え?知ってました? 

 

で、今回、地下鉄に乗っていた私達は、地震の揺れを感じなかったので、もしも、万が一、上にある地面が崩落してきたらば、地震だということを知らずに死傷するのだなぁと、ぞぞぞぞっとしたことでした。

 

いつも通り仕事を終えて(国から「地震の被害状況を調べて報告してください」的な電話あったのはいつも通りではありませんでしたが)、比叡の麓に帰ってきたらば、会う人ごと「おかえり」の後は「よ~揺れたなーーー!」でした。我が家辺りも相当揺れたようです。

 

我が家に入ってみたらば、風呂場のシャンプーが1本、こけていました。

 

有難いことです。
心配して連絡してくださった方達に
感謝します。
‘いつも通り’でなかった(ない)方々の生活や心が早くいつも通りに(すこしでもかるく)なりますよう祈ります。

 

| | コメント (2)

2018年6月13日 (水)

仙人ロボット

先生は仙人のように歩く。180603_1314

この、先生とは、北山を歩く時ガイドしてくださる方。

山道を、登りも下りも、急斜面も谷川も、スーッスーッと歩く。

私は、慣れない山を踏み外さぬよう地面ばかり見て足を運んでいるのだけれど、時折すこし後ろから先生の歩きを見ると、息も切らさずスーッスーッと歩いている。まるで仙人みたいだ、といつも思う。

180603_1221_2


どうしたら、そんなふうに動けるのか。やはり経験値か?トレーニングか?身体づくりか?

と、思っていたところ、先日、少しレクチャーしてくださった。 木々かこむ山の中、休憩がてらに。

ロボットをイメージして、体重を移動していくのだそうだ。若い人・瞬発力要するスポーツをしている人のように、筋肉を使って登ってはいけない。筋肉を使って登るとすぐに疲れてしまう。何時間も上り下りし続けるようなとき、歳を重ねた体にとっては筋持久力がおいつかない。勢い込まず、無駄な音をたてず、体重を移動していく。だから、ロボット。

前後左右、上手にバランスをとって体重移動すれば、右だけ足が疲れるとか、左だけいつも足を痛めるとかいうことは減るのだとか。180603_1400

体重移動・身体のバランスはここでも大事だflair
朗読でも、もちろんヨガやマイムでも、日々の健康にも。

けどなあ。私から見たら先生はやはりロボットというよりも仙人のように見える。まぁ、仙人のイメージは人によってちがうのだろうけど。頭や肩が上下左右にぶれない。無駄な動きがないのだな。あんなふうに動くにはやはり筋力は要ると思うのだけれど。。。

ほっ、はっ、よいしょっと気合い入れつつ両手両足動かして登り(上り)下りしている私にはまだまだの域。

しかし、ひそかに自慢さしてもらおう。
約6時間、2万歩弱の、梅雨入り間際の北山分水嶺歩き。
私、後日の筋肉痛はなかったのだよ。
 !(^^)!

 

 

| | コメント (2)

2018年6月 9日 (土)

2度目のカーネーション

先月の話。180512_2

 

息子からカーネーションが届きました。

花キューピットが
「母の日で~~す♪」
と。

 

これは、先月1番うれしかったこと!

 

母の日のカーネーションをもらうのは2度目です。

 

1度目は、20年ぐらい前。1
「先生がお母さんにあげやって言わはったから、あげ
る。」
と、学童保育所から帰ってきたときに手渡してくれたもの。これもうれしかったなぁ。

 

それからずっととだえていた母の日カーネーションは、うれしい。

 

息子がおとなになったようでもありたのもしく、うれしい。

 

GW帰ってご飯食べに行った時、自分(息子)が支払うつもりだったのに忘れていたから、そのかわりなのだとか。

 

「こんど帰ったらまた一緒にごはん食べに行こう。」
などのメッセージがついていたのも、
ほんまにうれしい。

 

メッセージには「次は彼女もいっしょに帰る」と書いてあったのも、うれしい。
彼女とうまく続いているといいな。いい人だといいな。

 

5月もいろいろあったけど、うれしいことがあると、こころがほくほくしますね。

| | コメント (2)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »