« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月21日 (月)

ブルースカイブルー

黒いレコード盤片面に1曲しか入ってない時代、ファンクラブに入ったのは仲雅美と郷ひろみだし、閉めきった部屋のTV正面にラジカセを置いて音楽録音してた時代にコンサートに行ったのはユーミンだったのだけれど、

先日、西城秀樹の背中におぶさっている夢をみました。マル子ちゃんが住んでいそうな街の路地でした。 夢の中で「ああもうこれが最後なのだ」と思っている夢でした。 おぶさる、なんて、何の象徴なんでしょ。おかしな夢です。

西城秀樹と私の接点はもちろんただメディアを通してだったから、それだったらこれからも変わらないのだけれども、

同世代だからかどうなのか、彼の訃報は心にきました。

ああそれから、父が亡くなったとき数分で同じ人間が’患者さま’から‘ご遺体’に変わったときの無常さを思い出しました。

ローラも好きだし、♪やめろっと言われても♪も好きだけれど、今はこの歌が好きかな。

♪悲しみの 旅立ちに まぶしすぎた空 思い出した♪

彼の声はいいですね。180520_154101


この世を離れた人間は、その人を思う人間の心の中に居ると教えてもらったけれど、やっぱり私はいなくなった人のことを思うとき、空を見上げてしまいます。 

彼がどこかでまた思い切り歌っているにちがいないと、私は、空を見上げるときがあるのでしょう。

今日は、風の爽やかな5月です。

| | コメント (2)
|

2018年5月19日 (土)

『働く男』

大学卒業後、初めて勤めたのは情報処理の会社でした。 先日、同期入社し180511_2142
た者が集まっての飲み会に参加beer。 同期とはいえ年齢には若干のばらつきがあるので、まだあと数年働く者、退職後に同じその会社へ再雇用された者、あと数か月で退職の者(民間は誕生月が退社月なのだった)、主婦、他で働く者。 私は、最後の、他で働く者、ですね。

仕事の話、その情報処理会社の話、その飲み会に来てない同期や先輩や後輩の話、仕事の合間によく遊びに行ったよなあという話、それから、、、、年金の話、健康の話、親の話。

社会的な‘雇われ外貨(?)を稼ぐ’仕事に関して言えば、現職とリタイアの狭間世代です。厚生年金はなぜか開始時期に男女差があり、‘もらってるもらってない’のこれまた狭間世代です。

孫のいる人いない人。(生別死別で)独身の人結婚相手と住んでる人。子どもと一緒に住んでる人と子どもとは別に住んでる人。

あの入社から38年!

38年とは、百人百様なんていろんなことが人間の上を通りすぎていく時間なのでしょう。

いろんなことを経験することに価値があると思って生きてきた私ですが、日々ヘロヘロに疲弊してる今、こうやって今もあの会社で働いている同期の人達と会うと、38年も同じ職場で働き続けるということが本当に価値のあるすごいことだと実感。 私にはできなかったことです。 また、同じ相手とずっと一緒に住み続けるということのなかには、私には得られなかったものがあるように思います。

時を同じくして、1年半も前に図書館予約した『働く男』(星野 源)の順番がきました。 昼休み、本屋でこの本の‘はじめに’を目にして思わず予約したのが前々職のとき。建築審査の事務手伝いをしていた頃でした。

___働きたくない。
     働かないで済むのなら、仕事をせず、ずっと遊んでいたい。
                       
 『働く男』 by 星野 源 (文春文庫)

と書かれたこの本の‘はじめに’は、本屋の店頭で、私の気持ちと重なって、働きたくないという気持ちの対処方法を星野源が伝授してくれる本なのかなと思わせたのでした。まあ、読んでみたらばそんな実践本ではなかったのですけどね。(星野源の‘好き’がいっぱい詰まった本でした。) 

しかし、この‘はじめに’が私の気持ちと重なるというのは今も同じ。事務庶務仕事が特に好きなわけでもなく(嫌いでもないですが)、現在将来の生活を立ちゆかせるため中期任用仕事を渡り歩いておるのですからまぁ、そういう気持ちになってるのでしょう。

なんだか、働き続ける男たち・生き続ける仲間たちとの再会が、やっとやって来た『働く男』と妙にシンクロしてしまった数日でありました。

| | コメント (2)
|

2018年5月12日 (土)

カレンダーの裏を、

月めくりのカレンダー、ひと月すんだら、みなさん、どうしたはります? 

私はね、適当にハサミで切って、メモ用紙として使(つこ)てます。

この、元カレンダーだったメモ用紙、
実は、クセモノですえ。
わ・た・し、こないだ、えっらいめにあいました~。

うちの月めくりカレンダーは写真の載ってるちょっとしっかりした紙のやつですねん。これを、ハサミで切って、買い物メモにしてましてん。何を買うか、メモしといてね、それだけを買って帰るんです。そうしたら無駄使いを避けられますでしょ?

こないだもね、「食パン・うどん・豚コマ・菜っ葉・ヨーグルト・・・・」ってね、次の一週間に要るもんをメモして車でスーパーへ行きましてんcar

駐車場で並んでるとき、あ、そうや並んでる間に買い物メモを出しとこ、タイムイズマネーや、思てね、メモをカバンから出しましてん。

でね、開いてるスペースにバックで駐車しようとしたとき、ほら、手ぇにメモ持ってたらハンドルきりにくいでしょ? そやし、口で持っとこ~思てね、上と下の唇でメモはさみましてん。

駐車場のおっちゃんがずっと見たはってね。 おし、一回でバック駐車をきめたろう、って力いれました。 で、 一回で駐車成功!(拍手) エンジンきって、よぉーし よしよしhappy01と自分を褒め、勢い余って唇の間から買い物メモをひっぱったら、、、、、、、

ら、、、、、、、なーんとっ、上唇からビッ!wobbly 

唇にも力いれてたんやろなぁ。 力の入った上唇に元カレンダーの買物メモがしっかり貼りついておりましてーーーー、
力いれてひっぱったもんやからあなた、上唇の内側の皮がメモの方にくっついていきましてーーーcoldsweats02
はがれてしまいましたぁーーー、上唇の内側の皮 crying

そら痛いのコワイの言うたらありませんわ。

な。 元カレンダーだったメモ用紙、クセモノですやろ? 
みなさん、気ィつけてくださいね。元カレンダーをメモ用紙として使うときは、けっして、唇で挟んだらあきませんえthink

| | コメント (2)
|

2018年5月 6日 (日)

五月飾り

ミニチュアの五月飾り。私の母が、息子が小さい時に買ってくれたものです。180430_

 

ぁ、今日は関西弁で書いてます。どうぞ関西アクセントでお読みくださいまし。

 

さてミニチュアの五月飾り。出さずじまいで節句が過ぎること数年。今年は三月に雛飾りも出したことやし、と息子の帰省に合わせて出しました。

私は、このガラスケースが割れないよう、箱との間に新聞紙を挟んで片づけるんやけど、今回ケースといっしょに出てきた新聞紙を見たら、10年前の若い安倍総理が笑(わろ)てました。 わぁ、10年もこの飾り、出さへんかったんや。

帰省したとは言うても、息子は、友達の結婚披露宴参加の準備やら、大学部活OB会やらでほとんど居ませんでしたが、晩御飯は二度いっしょにhappy01。息子はこの飾りにはコメントしいひんまま仕事へ帰ってしもて、はやくも今年の節句もおしまいです。

こないだ出したばっかしやけど、五月飾りを片付けました。ガラスケースと箱の間には、今回も新聞紙をはさみました。満面笑顔の金正恩の載った新聞紙、次見るのが来年であるよう、出すのを忘れんよう、気ぃつけます。

| | コメント (2)
|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »