« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月28日 (日)

正月食べて、春を待つ。

ガス給湯器からのお湯が出なくなったりする今日この頃、みなさんいかがお過ごしです? もー寒いですねぇ! 先日の出勤時は、曇天の下、空気中の雪密度がはんぱなく、じ・・・・・っと目をこらせば畦道をかさこ地蔵が列をなして歩いているのではないかと思えるような朝でした。

あぁ早く1月も2月も過ぎて、春になってほしい。

と、冷蔵庫の中をのぞきますと、、、、おせちの黒豆が残っております。何度か煮なおして今にいたったのですけれど。 私は、砂糖だけで薄く味付けた、豆の味が残る‘黒豆’が好きなのでして、買ったものは甘ったるくていけません。なので、毎年 作ります。 今年は乾燥黒豆ひと袋を全部ダダダーーーーっと鍋に入れて煮ました。 シワシワにならぬよう、水もたくさん入れました。

で、食べても食べても残っておったというわけで。180114_


このまま丼鉢に残った黒豆を入れ、スプーンですくってパクパク食べるという選択肢もあったのですけど、今年は、汁ごと寒天でかためることにしました。

あ・・・・・・・・・っという間に、私の胃のなかへ~~~。

美味しかったです。もちろん薄味です。

今夜は、これまた大好きで残しておいた数の子をいただきます~~♪

冷蔵庫内の正月が終わったら春♪、
てなことは、まだないよなぁ。 節分もこれからだし。 現に今、雪だし。。think

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

ブーツの中で、

ある日。歩いていた。

地下鉄の駅まで徒歩で20分。降りた駅から職場まで徒歩10分。往復すると、一日につき1時間は歩けることになる。ちょうどいい運動量だ。

で、歩いていた。

ブーツを履いて、カッカッカッ。 地下鉄の駅へ行く途中、左足の親指辺りが、なんだかヘン。なーんかひっかかるような。。。。 勤務途中の朝なので、靴ぬぐ余裕は時間的になく、なーんかヘンだと感じながら、カッカッカッ。

職場に到着。 ついでに6階まで階段をひぃふぅはぁと息はきながら上る。 デスク上にリュックを置き、コートをぬぎ、まずはトイレへ。 私はこのタイミングで化粧する。私にとって、職場の朝トイレはまさに化粧室。 

で、その日はそぉぉっとブーツから足をぬくと、、、、左足の靴下の、左親指のところに小さな穴が! ヘンの原因は、これかー。 ちょっと爪がのぞいている。靴ぬぐ仕事でなくて、ほ。 爪がそんなに伸びているってことでもないんだけどなぁ。 歩き方にクセがあるのか? 靴下が古いのか? 仕方がないから穴が大きくならないよう、穴あいたところをちょいとつまんで位置を変えてみる。 穴を、足の甲のほうに。 

とりあえずは、これでよし。 家に帰ってからなんとかしましょ。

と、靴下を忘れて仕事する。仕事してると、アタマとカラダは疲れるのだけどココロは落ち着いている。 仕事のことだけを考えて、仕事を進めていけばOKな時間だから。

昼休み。屋上でブーツを脱いでみる。あーまた、靴下の穴から左足親指がのぞいておる。朝よりのぞいている左親指が大きく見えるような。。。 靴下の穴をひょいとつまんで、また足の甲へ移動。 ここにじっとしててくれないかなあ。

またPC2台と書類を前に仕事する。書類の入った保存箱をあっちに移動し、こっちに移動し。。。

退勤し帰宅。 歩く。職場から地下鉄の駅へ。地下鉄の駅から我が家へ。 ああもう左足の親指辺りが、ますますヘン。歩きにくくてしかたない。靴下はどーなったか。親指はどーなってるか?

帰った自宅の玄関で、ブーツを脱ぎ、さっそく確認。

左足の親指は、まあなんと、

まるまる一本、靴下の穴から飛び出ておったのであった。

チャンチャン。

| | コメント (2)

2018年1月14日 (日)

最低記録 ( Д) ゚ ゚

に、、、、、にっ、、、、、、にどsign02 2℃sign03 これ、室温ですよ。 

昨朝、起きてONしたファンヒーターの‘室温’が、2℃だった。起きて5℃というのはよくあるが、2℃は初。私は2℃の中で眠っていたのだった。布団というのは命の綱なんやとつくづく。もし、酔って家の片隅で眠ってしまったら、自宅で凍死っちゅうことになるんやろうか? ま、そのまえに寒くて寝てられへんのやろうけど。今年は灯油の値が高い。昨年の約1.5倍や。ガスストーブの方が燃費はええんやろか。。。 

私は冷房も暖房もエアコンはキライや。どれだけ暑くても寒くてもつけとうない!と、父にめったにエアコンをONさせなかった母。昨冬は2人とも、外に行く時と同じ格好で家の中にいた。その母が、「なんかエアコンの調子がわるい。うちはストーブないし、エアコンが壊れてしもたら、私、生きていけへん。新しいエアコン買うた。」と電話口でのたもうた。人間って自分勝手なもんやな。そんなんやったら、古いエアコンでもええしONしてたら、快適な冬を父に過ごさしてあげられたのに。という私も、日々の忙しさと疲れを理由に日々の関わりは電話のみ。私も、自分勝手やな。180114_0658

今朝の室温は5℃にもどったけれど、窓をあけたら雪景色。 

ご安心あれ。まだ水は出ます。給湯器も無事。

.

.

.

180114_1335tv


用あって街へ出るため、物置きから道具を出し、車に積もった雪を掻いた。10センチほどの雪をまだ車の屋根に乗せて街へ出ると、雪は気配もないeye。 女子駅伝での交通規制に会う前に、と急いで帰宅したらば、やはり残雪。雪国との境は、北山通り辺りやろか。

写真は、TV画面を写した我が家近辺です。ヘリコプターからの画像だとか。縦にまっすぐ通っているのが宝が池通り。手前に蛇行してるのは、高野川。北山通りは、この画像のまだ左(南)。

白い景色でしょ?

もー寒いんやけど~~~。 んんんんんーーー。給湯器もストーブも風呂もなく、火鉢しかなかった幼い頃を思い出して、我慢する、ことにする? むむむ。(ρ_;)

| | コメント (4)

2018年1月 6日 (土)

昼休みに初詣

昼休みを利用して、職場近くの神社へ初詣に行ってきました。180105_


護王神社。イノシシが守り神です。 

行くと、生きたイノシシが2頭、檻の中にいました。フツウ(?)色のイノシシと白いイノシシ。 
でかいです。 
先日、山からイノシシが下りてきて堀川辺りまで逃げたというニュースがあったそうですが、街を歩いててイノシシに出会ったら、こりゃあ驚きますわなぁ。 

「猪がサッカーするけど、見ます?」
ということで、檻から出してもらったイノシシが3種類のボールをゴールにシュート。サッカーゴールの方向を変えても、ドリブルしながらゴール! 慣れてる! 人にもボールにも!180105__2


売られていた甘酒を、ぐ・・・・とがまんし、職場に。

護王神社に生(なま)イノシシがいた!
「えーーーっ? 今年は戌年やのに、イノシシなん?」
そうかて、護王神社はイノシシの神社やで。
「けど、イヌ年なんやで。 イヌはおらんかったん?」
そうかて、イノシシの神社やし。

っちゅう、かみ合うたような合わんような会話を経て、シンとあらたまったココロでまた午後の仕事にとりかかったのでありました。

ちなみに、今年は平穏無事な一年でありますようにと祈って、おみくじは中吉。 ここ数年、凶とか末吉とか小吉ばかりだったのが、中吉♪ 
今までと違うことをすると明るさが出てくるでしょう、やって。ことしはまだ行動を広げんようにしようと思うんやけど、ええんかいな。 趣味や食事にお金をかけましょう、やって。お金を使う勇気がっ、出ない。 真剣に考えるとうまくいきません ときには遊びも必要です、やって。そ・そーんなもんなんかなぁ。 

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

次期公演は、夢野久作。

「夢野久作? 知ってるよぉ~~。へー、朗読でお稽古してるん?」
という反応はたったひとり。 職場で向かいのデスクに座っている60歳代後半の女性。彼女はメガネもコンタクトもせずに‘どんどん読む’のだとか。すっごーいshine。 うらまやし、いえ、うらやましい!

と、話を戻しまして、

2018421_2




私は知りませんでした、夢野久作という作家。禅僧でもあり郵便局長でもあった彼は、ペンネームもたくさんお持ちです。 『ドグラマグラ』という話が有名なんだそうですが、青空文庫でちょっと読み始めて、やめときました。忙しい年末に入りこんだら他のコトができなくなりそうだし、新しい年の初めに読んだらアタマが混乱しそう。

次期の朗読公演は、4月。 この夢野久作の童話です。けれどね。 この童話たちは面白い。 
私は、( ̄ー ̄)ニヤリ・・・って感じ。

台本はもらったけど、前回の稽古は風邪で行けなかったから、私が読むところはまだわからない。楽しみを年越しました。

 

 

 

父の一周忌をまわさねばならないこともあって、今はまだ、私の世界を広く遠く新しくする‘時’じゃない。 今ここでできる楽しみ。深めていける楽しみ。 朗読を、姿勢から、息の仕方からも丁寧にやり直そう。 声のバリエーションも話に合わせて広げられたら、それから、聞いていただく方にも ( ̄ー ̄)ニヤリ・・・としていただけたら嬉しいなぁ。 (む。かなりのハードルだ。。coldsweats01。)

 

 

 

この冬は、稽古を楽しもうと思っておる年の初めです。

 

 

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »