« 大当りぃ~~! | トップページ | 次期公演は、夢野久作。 »

2017年12月29日 (金)

年金の妙

12月は誕生月。休みをとって、5年に一度の免許更新。その帰りに、年金事務所へ行ってきました。年金請求(申請?)です。とはいえ、私の年齢はまず厚生年金だけの支給。基礎年金は65才まで待たねばなりません。

 

厚生年金は、主に離婚後に働いた分なので、月あたりにすると5千円ぐらいらしい。それから、大学卒業後に勤めた会社で企業年金基金を3か月かけてもらっていたのが、月あたり約150円。年金と思ったら少ないけれども、給料が5150円増えるのだと思うことにし、喜んでいます。

 

年金請求の書類は数ページにも及び、そろえる書類や書き込むページの多いこと多いこと! 時間かけて「記入の仕方」を読み、役所にも行き、何回も個人NOやサインを書きこみました。ややこしいことややこしいこと! 

 

こんなに時間かけて申請しても、審査があるから実際の入金は4月ぐらいになるとか。 なんの審査をどんなふうにするんやろう?

 

それから、今月をもって私の基礎年金額は決定、なのだそうです。満額じゃないけど、、、。 お、だったら、、、わーい、来月の給料からは年金を引かれなくて済むんですね♪と言うと、そうはとんやがおろさない。 やはり今までと同じように同じ額だけ給料から差し引かれるのらしい。稼いだ金の一部が年金の掛け金(?)として国に行くのに、私が65才からもらう基礎年金は増えないのらしい。なんでやねん?

 

そのかわり、基礎年金以外の部分で、65才から少し(数千円だったか数百円だったか忘れた)増えますよ、と。 失業しても、もう、国民年金払って下さいの催促はありませんよ、と。 そうか、もう、失業するたびに年金免除してもらいに区役所へ行かなくてもいいんだな。 けどなぁ、このまま働き続け年金を引かれ続けるのは、はたして、お得なのかっ? と、年金事務所のカウンターで、おもわずひとり言。 まあ、年金掛け金を引かれはしても、働いていれば手取りの給料は入り続けるわけなのだけれども。。。

 

私のひとり言を受けて、相談にのってくださった方が、カウンターごしにおっしゃった言葉。今まで人にはかけたことはあるが、自分に向けられたのは初めてという新鮮な言葉。

 

それは、


「長生きしてくださいね~。」

 170330_

なんと-、そんな年齢になってしまったのだなぁ。

 

できるだけ元気で長生きして、そして、この、ぎりぎりの年金額で、どんなふうに過ごすべきか、過ごしたいのか、そのほうが大事かな。 と思いつつ、仕事の山をこえたところで、また、父の一周忌法要の案内を出す準備のめどがついたところで、なんと、不覚にも風邪をひいてしまいました。 我が身の健康が、一番ですね

 

 

 

|

« 大当りぃ~~! | トップページ | 次期公演は、夢野久作。 »

お金の話。」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ_____。

ああ。 65歳まで待っててもどうせ毎年のように減額されてしまう。
そういう考え方もあったのですねぇ。
まーどーしましょ。
本当は早く引退したい! フルタイムがだんだんキツクなってきてるし時間が稼ぐことでうまってしまうし。
だけどもまだ働らけないこともない、雇ってくださるところがあるのならそれはそれで有難い、、ってかんじです。

まあ。今年は平穏無事に時間がすぎていきますようにと。

ヒロさんは、はれてフリー。 楽しい時間が待ってますねぇ。よい年に!

投稿: 風 | 2018年1月 2日 (火) 11時52分

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします

年金は今年申請して来年からの受給なんですね。
僕は去年の春に受給申請して8月から厚生年金を受給しています。
と言うことはほぼ僕と同じ年齢だったんですね~

僕は去年末で勤めをやめました。
僕の気持ちの中では定年は60歳という気持ちがずっとあったのですが、年金支給開始年齢の引き伸ばしにあってとうとう62歳まで働かされたと思ってるぐらいです。
厚生年金は40年働いてきたのでそれなりにはあるけど、それでも到底生活できるような額じゃないので国民年金も繰り上げて早期受給しようかなと思ってます。
(40年のうちの10年間は当時準公務員で共済年金だったのに、民営化されて厚生年金に統合したため莫大な減額になってしまいました)

65歳まで待っててもどうせ毎年のように減額されてしまうし、多少減額になってももらえるものはさっさともらっとくほうが良いかな・・・と思ったり。
かと言って厚生年金と国民年金両方足してもとてもまともな生活できるような額じゃないですけどね
僕は借家住まいだからその家賃も毎月払い続けなきゃいけないし、健康保険料なども全て自分で全額負担しなきゃいけないし。
その両方でほぼ全年金受給額の殆どを占めてしまいます。

はてどうしよう・・・
若いときには年金のことなんて気にしたこともなかったし、今こんな思いをするようになるとは夢にも思ってなかったけど

投稿: ヒロ | 2018年1月 2日 (火) 10時50分

pegaさんへ_____。

おひさしぶりです。コメントありがとう~~。

そーなんです。こーゆー歳なんです
年金請求の書類は、誕生日のひと月ほど前に届きました、どしっと。
見るからに面倒そうな書類で、しばらくほおっておいたのでした。

50歳というのは、けっこううらやましいです。
だって10年前ですもん! 

とは言え、老後のことはアタマ痛いですよねぇ。
我が子には、私の老後にお金かけさせたくないしなぁ。
まーそんなことはまた今度考えよう

投稿: 風 | 2017年12月30日 (土) 17時43分

失礼なことに、そんなに「お姉さん」だったことを
知りませんでした~(若く見えていたってことかな^^)。

「年金の手続き」をするんですね~(@_@;)
なんだか、かなりのショックです~(+o+)

私は年明けとともに50歳。
これでも、だいぶとショックなんですが(+o+)

とりあえず、75歳くらいまで働いて、足りなくなったら、
マンションを売って…。それでも、足りなさそうな私の
老後でございます。

投稿: pega | 2017年12月29日 (金) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大当りぃ~~! | トップページ | 次期公演は、夢野久作。 »