2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

ジュニア大会!

P-ct文庫へ、客で行きました。観る、というのも久しぶりです。 先日‘出た’ときよりも暑さがマシだったのは天気のせいかな?

今回はジュニア大会。 司会も出演者もジュニアです。

その壱は、番町皿屋敷の続編「おきくその後」を小五の女子が。 まだ私は成仏したくない~というおきくさんが、表通りで蕎麦屋をやるという話。 蕎麦は例の皿に盛られて出てくるんです。よーまーこんな発想を!と、楽しくも羨ましくもあります。若いアタマはすばらしい! 三途の川を渡ってしまったおきくさんはどうなったでしょう?続きは第3話。なーんて終わられると、どうしても続きを聴きにまたP-ct文庫へ行きたくなります。

その弐は、枕草子の現代っ子訳。
頭の弁(とうのべん)の、 職(しき)に参り給ひて、 物語などし給ひしに

というところ。これは百人一首のなかの
夜をこめて 鳥の空音は謀るとも よに逢坂の 関は許さじ

という句がおりこまれた話です。この現代っ子訳は「よをこめて」という題。

数年前うちの塾に休み期間限定で来ていた子が訳し、語りました。 小学生だったころと同じ素敵な笑顔でした。 あの頃小学生だったのに数年でもう高二。  彼女が男女の機微を語るとは・・・!  普通の現代語訳よりずっわかりやすかった。 自分や自分の世界に重ねて、話の世界にすっとワープできました。


170730_

その参は、本当は800歳を越えてるけど心はジュニア、というなぞのねこ(飛鳥井先生)の御出演。「森のお店やさん」という短編童話集からいくつか。 中にポケット屋さんが出てきて、それに合わせたねこさんの衣装に木の葉のポケットが! それを見つけてから、最前列で見ていた私の目は、その木の葉ポケットにくぎ付けでした。 話を聴きながら、また山に入りたくなりましたconfident

2017年7月23日 (日)

東京は、

春先からの恐々とした母を見ての言葉だと、私は勝手に有難く感じているのですが、息子がぼそっと言うに、
「いっぺん、東京にでも来るとか。。。。」
東京まで普通電車を乗り継いでいくなんて遠くてしんどいと言うと、
「オレんとこ泊まればええんやから、宿泊費はタダやで。」

そうか♪ タダか~~♪
だったら新幹線に乗ってもいいかな。 
それに、実家のばあちゃんもだいぶんと落ち着いてきてるしな。

小学校卒業以来、「来てくれるな」オーラ満載だった我が息子。 試合も、参観も、下宿訪問も、入学・卒業式も、遠慮がちに見に行ったっけ。その息子が誘ってくれるなんて、なんて嬉しいこと!170715_1257

祇園祭の人混みを逃れるためでもあったのに、東京って、なーんて人の多いこと
sign01 この人達はどこから来たんだろう。どこへ行くんだろう。どこで眠っているんだろう。 子どもの頃、「都会のねずみ・田舎のねずみ」という昔話を面白く読んだことがあったけれど、まーわたしゃ、田舎のねずみになった気がしました。

今回の目当てはと言いますと、*十年も生きてきてまだ行ったことのない所、でもとても有名な所。 東京駅からまず皇居へ、そして国会議事堂へ。駅から往復歩きましたー。 ふつーの旅行鞄を肩にかけてrun。 あづかったーーー。 暑かったけれども陰に入ると、涼しい風が吹いてました。 京都の風170715_1412
のように、まとわりついて離れないうっとおしさがなく心地よかったです。そして、この2カ所は、人が少なくて気分上々。

それから山手線一周する。江戸前寿司を食べる。もんじゃを食べる。銭湯へ行く。
それから、♪しのぶしのばず、むえんざか~~♪の不忍池と無縁坂。
そしてからに、♪あなたは、もおお、わすれたかしら♪の神田川。
おっと話題の築地にも。
で、時間あれば、スカイツリーっちゅうとこにも。

夜勤明けの息子は、2日目つきあってくれ、すべてクリア。おまけに2泊目は東京湾を見下ろせるホテル予約までしてくれていました。170716_1035
高給でないだろうに、奨学金返しながらであるのに、いい旅をくれた息子に感謝。 おとなになった息子が誇らしく、長い時間ともに過ごせるのが嬉しくもありました。 私は、元気でいるようにと祈るばかりであります。

東京は、人が多い。
東京は、アスファルトからの照り返しがきつい。 が、風が心地よい。
東京は、海が近い。 魚が美味しい。
東京は、広い平野にビルビルビル・・・・。
東京は、空とビルの間に山がない。
東京は、碁盤の目の街並みではない。上る下る東入る西入るがない。
東京は、消費の街。 
東京では、みんな並んで、待つ。人が多いところならではのルールなのだな。170716_1051
      (いえ、関西でも並びますが。)

写真は、上から順に、

・二重橋の前で振り返ったビル群

・国会議事堂の中(天井はステンドグラスでした。)

・不忍池(ハスの花が満開。これは圧巻。)

・無縁坂(暑かったので、ため息ついて引き返しました。)

ちなみに、神田川は、濃い抹茶色の羊羹のようでした。

2017年7月 9日 (日)

朗読な一日

昨日。朗読公演「竹久夢二WORLD」の日book。 

5時半起床。 いつものストレッチで身体をほぐし、南瓜の胡麻酢和えを打ち上げのための一品として作り、昼食用おにぎり🍙や必須の水・出演時の服装・台本、それから傘などもリュックに詰めて8時過ぎに出発。 声出しなどもやるつもりが、もうこれでぎりぎりでした。 なんて要領のわるいこと!

昨日に初めての、全員リハーサル。

あれよあれよと本番となりました。

飛鳥井かゞり先生が写真など記録してくださっていました。詳細は、先生のこのブログhappy01

今回は、実家のことや新しい仕事のこともあり、なっかなか気持ちがひとつ朗読公演へと向きませんでした。 体か心か頭かなにかわからんけど重~くてしんどいまま本番に突入。今できることをやって本番にのぞもう、一生懸命やろうと納得していたはずなのに、朗読に限って言えば、一生懸命でも不完全燃焼。 

いいわけですじゃthink。 いいわけなぞ、お金出して観てくださった方に失礼だとわかりつつ。。。

それでも終了後、先生は、終わったあとはいい顔するねえといつも通り言ってくださり、うれしいことこの上ないです。 知り合いの方々も観に来てくださり、有難いことこの上ないです。

先生によると、私が次めざすところは‘硬さから重厚感へ’。 
なかなか思うような声を出す身体の使い方ができません。 
むずかしいです。
が、めざしますrock

私自身はと言うと、今日一日、竹久夢二の世界にどっぷり入れたから、
幸せでした。。confident

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »