2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • 2011627
無料ブログはココログ

« ちょっといいこと | トップページ | 朗読な一日 »

2017年6月28日 (水)

「ファンでした。」の効力

本を借りに行った図書館カウンターで、思いもよらぬ有難い言葉をいただきました。

「お久しぶりです! 以前、こどもみらい館にいたんですよ。私、ファンでした、○○(風)さんの読み聞かせ。」

ああ。こどもみらい館で勤務してられた方だったのですね。実家がごたごたし始めて、読み聞かせ(読み語り)の持ち時間30分を構成することがどうしてもできず、子ども達を見てもモチベーションが上がらず、辞めてしまったのでした。

それにしても、

ファンだったなどと、私にはなんてもったいない。有難いことです。 それなのに、楽しみにしてくださっていた方が、少なくとも一人いてくださったのに、申し訳ないことをしたものです。

だからせめて、

7月の朗読公演は、500円払って来てくださる方達へ、忙しい日々ではあるけれど、今の私にできる精一杯を聴いていただこう。 そう思ったことでした。

そう思ったのにしかし、170604_

家に帰ってみたらば、テーブルの上に実山椒と梅。

う。う。う。 稽古せねばっ。 しかし山椒の実がっ。梅がっ。私を呼んでおる。
はやくしないと美味しくなってやらないよぉ~。干してくれ~。煮てくれ~。塩に漬けてくれ~、と。

しかたがない。そうしかたがない。
実山椒と梅は、なんと、「ファンでした。」に勝ってしまったのでした。 (まー誘惑に負けた、とも言う。coldsweats01

こうして、無事、実山椒のつくだ煮&梅干の下ごしらえを済ませたら、気もすんで、稽古に突入できたのでした。

はい。がんばりますpaper2017world_2


.

私は、
灯台守である父子
そして

の 話をやります。
竹久夢二の世界。 是非ご来場ください。
ご予約、お待ちしていますbook




« ちょっといいこと | トップページ | 朗読な一日 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ_____。

いつもコメントありがとうございます。

がんばりますrock
と言いながら、あと1週間もないことに、昨日気づきました~~sweat01

佃煮OK
梅干、OKにするぞ!、です。

ファンが居るというのは心の励みになりますねhappy01
頑張ってくださいrock
つくだ煮と梅干しも美味しくできますよ~にwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっといいこと | トップページ | 朗読な一日 »