2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 大台にのったという勘違い | トップページ | ちょっといいこと »

2017年6月24日 (土)

ツバメ

ツバメが低く飛ぶと雨が近い。
これは本当で、雨が近くなるとツバメの餌である虫がたくさん低いところを飛んでいるのだからだ、というのを小学生の頃「なぜなに教室」とかいう本で読んだこと、この季節になると思い出します。

通勤途中の家の軒先にツバメの巣があって、親鳥が一生懸命ヒナにエサを運んでいます。巣からは3~4羽のヒナがこれまた精一杯首出し口あけて「エサくれ~。次はボク次はワタシ。」と主張すること主張すること。 鳥の世界も、親というのはタイヘンだ。と思いつつ、地下鉄の駅へと急いだある日。 この日は、明日から梅雨空がもどるという予報の日で、親ツバメは低空飛行で朝から働いておりました。

で、仕事帰りにそのツバメのある家の前を通ろうとすると、、、、
車に轢かれたツバメが一羽、道路にsign01 
ここの親ツバメかsign02 と、巣を見上げたら、ヒナ達の顔が朝と同じように並んでるのだけれど、鳴かず動かず。

親が死んでエサがもらえず、ヒナ達も死んでしまったんやろか。。。。

次の日も、通勤の生き帰りに見上げた巣には同じようなヒナ達の顔並び。動かず鳴かない。

近所の人達も気づいてはるんやろなぁ。けどなぁ、どうしようもない。このままほおっておいたら、どうなる? カラスとかが食べにくる? ヒナ達が腐っていく? 道路に張り付いたツバメはだんだんカタチもなくなっていってます。

次の日の帰り。

なんと、その巣から、ツバメのヒナの声がっsign01
ヒナ達が大きな口をまた精一杯あけて主張していました。
生きてたんや! よかった!
近くを一羽のツバメが忙しそうに飛んでいました。この間までの親より一回り小さなツバメのように見えましたが。。。 巣の中から顔出してるヒナの数が増えてました!

どーゆーこっちゃ。? ? ?


170623_1741

車に轢かれたのは、親じゃなく、ヒナのうちの一羽やったんやろか。巣から落ちたとか。
親は轢かれたんやけど、そのうち、ヒナのうちの一羽が巣立
って、親の代わりにエサを運んできて、兄弟たちを育ててるんやろか。
それとも、別のところから大人のツバメがやってきて、代わりにこのヒナ達を育ててるんやろか。

まあ、ともあれ。
この巣からはまたヒナ達のかまびすしく元気な鳴き声が響いて
いるこの頃です。
命が続くというのは、嬉しいことです。
ここのヒナ達、もうじき巣立ちかな?

« 大台にのったという勘違い | トップページ | ちょっといいこと »

コメント

ヒロさんへ_____。

あーそれなら! よく大群でいるやつなのかなぁ。
ひと皮むけなくて、ほっhappy01

ゴメンナサイですgawk
僕もヤスリ蚊なんて聞いたことがないcoldsweats02
ユスリ蚊でしたcoldsweats01
よく田んぼの畦道などで同じ場所を大群で塊になって飛んでいますね。
ホントにヤスリ蚊なんていたら、塊を通り抜けたら顔が削れて一皮むけそうhappy01

ヒロさんへ_____。

ヤスリ蚊というのは? ちょっと大きめの足の長いやつでしょか?
雑草の名前は結構しってるけれど、雑虫(?)の名前にはうとい私です。
(ふわふわ飛んでるのはすべて、蚊、ですcoldsweats01。)

秋になったら、旅立ち前のツバメたちが空高く舞ってるのが見られます。
そちらでも、見られるかもですよhappy01

自転車での通勤路の途中に田んぼの中の道を通る場所があるんですが、天気が下り坂の日はヤスリ蚊の大群の中に突っ込んで、鼻や耳の中に入り込んでくることがよくありますcoldsweats01

ツバメのヒナたち、無事巣立ってくれれば良いですねchick
エサを運んでたのは番のうちのどちらかだったんですかね。
1羽でヒナたちの面倒を見るのは大変だろうなdespair

そう言えば僕はまだ今年ツバメの姿見たことがないような・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大台にのったという勘違い | トップページ | ちょっといいこと »