2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月16日 (火)

どーする?

雨上がりの朝。通勤途中の歩道にて。

 

「どーする?」
「もとのところに、もどしといてあげよ。」
「そんなことしたら、だれかに踏まれてしまう。。。」
「うーーーーー。ん。」
「どーしよう。」
「道の はしっこに、置いといたげよかぁ。」
「もしも道路に歩いて行ったら、、、車にひかれるかも。」
「どーする?」
「どうしよう~~。」

 

通学途中の小学生たちの会話です。低学年ぐらいかな。数人。うち一人が小さな手にサワガニ。川か用水路からはいあがってきたんでしょうね。この辺りはまだ、雨上がりの道で煎餅みたいになったサワガニを見かけます。ぁ、もちろん横ばいしてるのも、たまに。

「どーする?」
と、まだまだつづきそうな子ども達のカニ会議。 声もかけず横目で通りすぎ、地下鉄への道を急いだ私でした。

どーなったんやろなあ、あのカニ。 どうすることにしたんやろなぁ、子ども達。ちょっと気になる。

2017年5月13日 (土)

山を浴びる。

久しぶり! 山に170507_1304入りました。


黄砂が新緑をけむらせた連休最終日。 北山分
水嶺を歩くrun

 

今年はあんまり咲いてないなあというシャクナゲの群生。二週間前は一面咲いてたやろうなぁというイワウチワの群生。 陽を透かして見せるブナやミズナラの枝葉を見上げる。山々を渡る風の音。ぽつぽつと薄明るく桜で染まった谷向かいの山。

 

山は、命がいっぱい。 

いいですよね、たまには、年老いた母やあの世の父やもう元通りと思っている弟をおいて遊んでもthink

たいへんやったな。しんどいな。でもあんまりむりせんときやぁ。

木々の葉擦れの音を、自分の心都合で翻訳していっぱい受け取りました。 


170507_1206

どんどん歩いていると、はじめはしんどかった心臓がおちつき、肺がス――――っとしてきます。これ、トレッキングハイって言うてもええんかなぁ。問題は、足です。 心と体の心地よさとは反対に、足が疲れてきます。 浮き石を踏まぬよう、急斜面を転がらぬよう、素人なりに集中して下りました。 筋肉つけなきゃなあ。。。 

はるか南に、比叡。 写真では、グラデーションのいちばん奥。それの、真ん中の山だと聞きましたが、なじみあるカタチは、左側ですよね。 


昼は三段弁当。メインは、鹿のハンバーグ。肉を粗くたたいてミンチにしたのだそ170507_1132_3
うで、濃いめの
味付けでした。 北山でジビエ。おいしかったです。ごちそうです。山の命、有難くいただきました。写っていない三段(パック)目は、フルーツ盛り合わせ♪ 

汗かいて山道を歩きふと足止めて見遥かしたとき、
山々の名前を言えたらいいなぁ。
木々で鳴く鳥の名前を言えたらいいなぁ。

足元に生きる草の名前を言えたらいいのになぁ。
と、いつものように思いながら、街へ帰ってきました。

.

170507_1454_2170507_

下りる途中で手折ったクレソン。 

晩のポトフにトッピングしました。 
野生の苦さがたまらなく美味でした~happy01

 

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »