2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • 2011627
無料ブログはココログ

« ごちゃまぜごころ | トップページ | 建築から難病へ、 »

2017年3月30日 (木)

心強きは我が子

息子にとっても祖父の死はけっこう大きなことだったのではないか。 

彼が今までで通夜・葬儀に並んだのは、保育園のときと小学校低学年のとき(たぶん)。 どちらも遊び仲間で、どちらも交通事故だった。昨日までここでそこで一緒に遊んでいた友達が、もうぜったいあらわれないという寂しさ、そして、子どもが亡くなったら親はくるったように悲しむのだということは目の当たりに感じただろう。

だけど今回はもっと身近な祖父であり、正月に会ったときは嬉しそうに優しく微笑んでくれてた人が、次に会ったときは死んで動かなくなっている冷たいカラダになっていたという事実。燃えて、骨と灰になって出てきた(後で知ったことだけれど父の骨年齢は40歳代だった!)という事実。彼なりに思うことがたくさんあったのだと思う。

私は、
息子がおとなになっていてよかった。

すぐかけつけてくれた我が息子は、今回、とてもとても心づよかった。帰宅後すぐだのに、私の話を黙って延々と聞いてくれ、通夜あたりからはこまごまと手伝ってくれた。 あの数日、いちばん頭がクリアだったのは彼だった。 弟の様子も、初めは「別にあんまり。お母さんの言うようには思わへんで。」と言ってたが、だんだんと何かを感じてくれたよう。 わかってくれる人がそばに居るというだけで、こんなにも心のよりどころになるのだなあ。

母(私)が悲しみながら混乱しながらあたふたしているのを見てか、いずれ母も年とっていくと思ったのか、葬儀の後、家まで運転してくれた彼が、助手席に座ってる私に言った。
「もうちょっとしたら、こっち(自分が住んでる町)に来る?」

ぇぇぇぇぇ。私は、いま住んでるとこが好きやしなぁ。 もっとよれよれの年寄りになったら考える。
「よれよれの年寄りになったら、その時には、よれよれになったっていうことがもうわからへんのとちがう?」
なんていうやりとりをしたけれど、今回の彼の有難さ頼もしさを思い、それもありかなと初めて思った。

みなさん、もしかしたらわたし、関東人になるかもthink。。。
いや。
今じゃないっすよ。

« ごちゃまぜごころ | トップページ | 建築から難病へ、 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ_____。

いやいやthink。。。
もともと結果的には私が息子や元夫を追い出した感じなんで、
これも、それこそ「自分のやったことが返ってくる」、ということですね?
息子の近くに住む、かも、ってね。。。coldsweats01

ヒロさんのお子さんも、常にじゃないにしても(それは逆にお互いしんどいかも。私だったらしんどい、ってこれは自分勝手ですね。)
今頃おとうさんどうしてるかなと気にかけてられると思います。
だって親子ですもんhappy01

息子さんが風さんの一番の心の支えになってくれてるんですね。
優しい息子さんですね。
でもそういった息子さんに育ったのは風さんが母親であった賜物ですねhappy01
とても羨ましいな。

僕はもう息子や娘とは全くの音信不通で、もう何年も全く交流がありません。
大体の居場所は知ってるけど、連絡のしようもないし交流がないことに慣れてしまうともうあまり気にもならなくなってきましたdespair
僕の育て方が悪かったんでしょうね。
結局何でも自分がこれまでにやってきたことの結果が最後に自分に返ってくるということなんでしょうね。

これからもぜひ息子さんとは交流を保って下さいね。
「老いては子に従え」とまでは言わないまでも、息子さんもきっと風さんのことが気がかりなんだと思います。
いつかは息子さんと一緒に暮らす日が来るんでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごちゃまぜごころ | トップページ | 建築から難病へ、 »