2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 叫ぶ。 | トップページ | 天空の城 »

2016年11月 6日 (日)

カタマル空間

先日は仕事中の突然な暗闇に叫んだ私でしたが、その数週間前の鳥取地震の時にも私は仕事中でした。

今の職場は、一般の方々が公開情報を見に来られるところでもあります。 なので、部屋の中が沢山の人達でざわざわしていることが多いです。 

あの日、パソコン入力していると、♪ピロリロリン♪だったか♪ピュイピュイピュイ♪だったか忘れましたが、おんなじ音があっちからもこっちからも、しかも同時にいつものザワザワ感に混じってきました。ちょっとだけザワザワ感が増したようです。空間のどこからか
  「お。鳥取で地震や。」
へぇ~~~、鳥取で。それでここ京都のみんなの警戒音が鳴るんや。って、まだ鳴ってるで。だれやだれや。消してへんのは? 
♪ピロリロリン♪だったか♪ピュイピュイピュイ♪だったかの音がまだしつこく鳴っている元に耳をすませば、、、、私のカバンからでしたcoldsweats01。そうか、私のも鳴るのね。

続いて、鳥取で地震があったから京都でも揺れにご注意ください云々という館内放送あり。

直後に、ガタガタガタと少し長く揺れました。一瞬、部屋のザワザワがピタリと止まり、部屋の中に居た数十人の人達の動きも止まりました。 動いているのは、部屋。壁。窓。録画をポーズしたときみたいに全部が静止するのではなく、人だけが静止、いえ、カタマッてました。

警戒音が鳴っても、館内放送でご注意くださいと前もって知らされていても、いざという時にはどうしたらいいのかわからなく、動けないものなんですね。もしかしたら、あわてて動くよりじっとして揺れがおさまるのを待ったほうが良いという判断が頭の隅にあるのかもしれません。

揺れがおさまると、部屋は止まり、人は動きだし、またザワザワ空間にもどりました。まるで、あの、人だけ止まるという不思議な時間はなかったかのように、仕事の続きをしました。 たしかに鳥取で地震があり被害もあるのだろうに、自分には被害が起こらないと無理やり信じようとしてる気がして、ちょっと後ろめたかったです。 

あの時の京都は震度3でした。

« 叫ぶ。 | トップページ | 天空の城 »

コメント

ヒロさんへ_____。

自分ひとりの命を救うことは実は二人(以上)の命を救うことと同じ
なるほどなるほど そうですそうです。
でも、、、、、
助かった自分はやはりヒロさんの言うように心痛むんでしょうねぇthink

たしかに咄嗟のときに冷静な判断をすることはとても難しいですね。
普段から行動や心の訓練をしてれば良いのでしょうけど、平穏な日々が続くとなかなかね~coldsweats01

これはある登山家の言葉ですが、自分ひとりの命を救うことは実は二人(以上)の命を救うことと同じことなんだと言われた方がいます。
自分が遭難など危険な目に遭ったときは、それを救助するために危険な状況の中で救助活動をする人が必ずいます。
ときにはそういった人が二次被害で命を落とす可能性もあり得ます。
そういったことを考えたら、自分一人でも危険を避ければそういった人たちを危険な目にあわすこともないということでしょうね。
たしかに自分一人が助かってすぐ近くにいる人が命を落とすなどということがあると、すごく心が痛むでしょうけどねdespair

ヒロさんへ_____。

揺れがきたその場所や状況によって自分で判断すること。
とっても難しいです。 自分で判断して自分は助かるかもしれないとして、すぐ隣にいる方がとっても危険な状況だったら、、、、自分は逃げればいいのか、その方はどうすればいいのか。
って、考えてばかりいてもね。その時になったら私はやはりかたまって動けないんだろうな。。。

あの日は僕も会社で仕事中でしたが、いきなり他の人の携帯が警報を発しました。
直後に揺れが来たので携帯を持っていた人が「外に出よう」と言って一緒に外へ駆け出たのですが。後で考えたらその行動が本当に良かったのかどうか。
と言うのが工場の直前は国道で車の交通量が多いので、ヘタをすると揺れでハンドルを取られた車が突っ込んでくる恐れだってあったかも。
その場所の状況を冷静に判断してどう行動するのが最善かは、自分で決めなければならないと思いました。
実際工場の建物自体はほとんど揺れなかったし、上から落ちてきそうなものもなかったですしね。
僕もいざとなれば人の言動に惑わされやすいタイプかと、ちょっと反省。
こちらではその時の震度は4でした。
目の前が広い空き地とか駐車場だったら絶対建物から出たほうが良いのでしょうけどね。

集団行動、付和雷同というのは場合によっては怖いなと思った出来事でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 叫ぶ。 | トップページ | 天空の城 »