2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ワタシ、シッパイシナイノデ。 | トップページ | 鹿のピンポ~ン♪ »

2016年11月27日 (日)

発掘調査中。

職場の窓からこんな様子が見下ろせます。161003_1256

発掘調査中です。 

京都の町なかでは__きっと昔から人が多く住んでいたところはそうなのでしょうが__新(さら)地にして新しい建物を建てる場合、地面を掘って発掘せねばならないのだそうで、建設にとりかかるまでにとても時間がかかるのだそうです。

ここは、私の若い頃は市営駐車場があった所で、私もたまに停めにきていました。今の任期アリ仕事を始めた頃はプレハブが建ち会議室等に使われていました。 

外部から来られるお客様に尋ねられることがあるので、調べてみましたら、以前は妙満寺というお寺があったとのこと。 安政の大獄の時、ここに住んでいた間部詮勝という人が志士の弾圧を指揮したと言われているのだそうです。 秀吉時代に遷されてきてから昭和43年までの約400年間ここに寺があり、幕末にはここも沢山の人達が喧々諤々、命と人生をかけた諸事があったところ。 そんなあれこれのカケラを掘り探しておられるのだなあと、日々、窓の外をのぞきながら思い馳せています。

この妙満寺、今、岩倉にある妙満寺です。  161122_1220

今の職場は超手狭で、近所のあちこちのビルに執務室を借りたり(本当に、アチコチ)、前にも書いたように地下に倉庫を作ったり(地下倉庫もアチコチ)、それでもなお廊下には書類や文具等を保管するロッカーが立ち並んでおります(地震対策はしてあるのでしょうが)。

とにかく、せまい。

というわけで、この、道を挟んだ北側の土地に新しい庁舎がつくられるとのこと。 そのための、発掘調査。

毎日、場所を変えて丁寧に掘っておられ、日々、土地の姿が変わるのがとても面白いです。雨が近づくと、全域にシートをかぶせておられます。して、雨が上がると、また全域のシートを取り除き、作業開始。 大変!

上の写真。わかるでしょうか? 奥の方に煉瓦の塀が。 これも地下から出てきたもの。私が面接に来た9月初めはまだ見えてなかったものです。 地面の下に、煉瓦の塀。へーーーーー!eye お寺と煉瓦塀。どんなつながりがあるんでしょうかねぇ。

下の写真は最近のもの。 煉瓦塀はすでに埋められて、手前に石垣が登場! これももうすぐまた埋められてしまうのでしょう。 そして、この新庁舎に地下室を計画しておられるのならば、その地下室の為またまた掘られるのでしょう。 まぁなんという手間。 

ふと浮かんだこと。 現代の地面の下にあった江戸時代あたりまでは発掘するとして、応仁の乱あたりはどうなんでしょう? そもそも、応仁の乱時代の地面はもっと下なんでしょうか? 何かあるたび新しく作るたび、上へ上へと土を積み重ねてきたんでしょうか? なにか、古文書による歴史資料をもとに、ここら辺りは地下○メートルまで掘るとよい、なんて決められているんでしょうか? 

なんだか日々、仕事中にアタマが忙しいこと忙しいことcoldsweats01。 仕事もちゃんとしてます(つもりな)んで、ご安心を。

« ワタシ、シッパイシナイノデ。 | トップページ | 鹿のピンポ~ン♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワタシ、シッパイシナイノデ。 | トップページ | 鹿のピンポ~ン♪ »