2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 川の始まるところ | トップページ | 自分を食わすということ »

2016年9月 6日 (火)

千手観音1001体

そんなにたびたびは来たことないけど、ここが好き。 160826_1203

東山七条にある三十三間堂(蓮華王院)。

建物に入ったとたん、1001体の観音様。これは壮観。

でもぞわっとしない。 ほわっとする。 これは不思議。

向かって右端から見て足を進める。 

最初はどの観音様とも目が合わないが、見て歩いているうち、目が合う観音様が出てくる。微笑んでくれてたり、いさめてくれてたり。 

1001体のこのご本尊は、十一面千手千眼観世音(じゅういちめんせんじゅせん160830__2
げんかんぜおん)というのだそうだが、手は40種だとか。1001体のうち124体は、創建時(平安時代)のものだとか。

観音様の数。手の数。頭の数。この世に居た年の数。

観音様たちのいろんな言葉が、私の心ににぎやかでした。

 moneybag交通費¥1060 (これは失敗。車で行った方が安かった)、
   拝観料¥600、飲食費¥0

« 川の始まるところ | トップページ | 自分を食わすということ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川の始まるところ | トップページ | 自分を食わすということ »