2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 出雲の冷やしぜんざい | トップページ | ジャムな時間。 »

2016年7月 1日 (金)

セルフミニ手術 ? \ (lll゚Д゚)/

草抜きをしていると、時間を忘れる。ここも ここも あっちも そこも・・・・・。 後ろ向いたらとってもすっきり。 なにより草をぬくこと以外なにも考えなくてすむのがいい。

先日、無心に草をぬいておりますと、左腕に小さいけれど鋭い痛みが! 庭には私しかいないのに「痛っ。」 なんやなんや~、アリかぁ? ま、作業の続きを。

しばらくしてふと、痛かった腕を見たら、出血eye。 ・・・、アリ、かぁ? 薔薇の棘かなんかにひっかけたんやろか? でも痛くも痒くもないので、まだまだ作業続行。 無心に。 今にして思えば、この時、しかるべき処置をしとけばよかった。。。

辺りが暗くなったのに気づき、お腹も空いてきたので、その日の草抜きは終了。 しょうがない。今日はこれぐらいにしといたろ。 もうその頃には、「痛いっ」も出血も忘れていました。

ところが、

夜。痛かったところ、出血したところが、痒い。 蚊に刺されたみたいにぷくっとふくれてます。けどなぁ、あの痛みは蚊ぁでは出せんし。。。

しばらくして、たまらなく痒くなり、ぷくっとしたふくらみは赤い腫れとなり、まるでツベルクリン陽性って感じ。 いったい何に刺されたんやろう? 痒くなるたびに金柑を塗りたくる。 塗るとしばらく痒みはおさまるから様子をみることに。

明け方、痒みで目が覚めた。 見ればなんと、腫れが拡大し赤く熱を持っている。拡大箇所を測ってみれば、約8cm×約5cm。 出血した箇所は固くて、押すと痛い。

不安になってきた。 金柑を塗りながらうだうだ悩んでるうち、その日も夕方に。そうだ、医者に行こう。まだ間に合うかもしれないと、近くの皮膚科を調べてTELmobilephone。するとその診療所、今日も明日も皮膚科についてはやってないとのこと。 

不安増大。 どーする? 別の診療所とかをさがす?

じっと腕を見る。 出血したところ(刺されあと)はもうしっかりふさがってるけど、なーんかその周りが固いまま。毒みたいなんがここに溜まってるんとちがうやろか?それがじわじわと拡散してるんとちがうやろか? これがさらにどんどん広がって、肺とか心臓まで影響したら?bearing

抜こう、毒を。 久々に裁縫箱を開ける。先をガスの火で真っ赤になるまで焼いた待ち針で、出血したあたりを突き刺し破ってみた。これって、セルフのミニ手術やん。ドキドキheart02。消毒液を浸したティッシュでギュッとつまむと液が出てきた。これが毒だと信じ、腕にシワができること覚悟でギュッと。何回かしたら疲れてきたので終了。 ひたすら消毒液をかけた。

家の薬箱を開けてみる。 何か塗り薬はないか? ムヒS?  口腔用軟膏?は、ちがうよなぁ、却下。 抗ウイルス剤?も、ちがう気がする。残ったのは、いつだか忘れたけど医者でもらった外用抗生物質と外用副腎皮質ホルモン剤。 どっちだ? 

ってか、私はいったい何に刺されたんだ?

ネットで調べてみた。 最初の痛みと出血、そして時間差での腫れと痒み・痛みからして、たぶんブト(ブユ・ブヨ)という虫らしい。腫れ方が、ネットに出てる写真と違うけど、まあそういうことにしておこう。 ブトかい! ブト刺されにはステロイド剤、と書かれていたページをみつけたので、とりあえず、外用副腎皮質ホルモン剤の方を塗っておく。

数分したら、赤い腫れがすーーーっと縮小。 セルフミニ手術が効いたのか、塗り薬が効いたのか不明だが、まぁその後、腫れも熱も痒みも痛みもさらにひいてきた。ほ。このまま快方に向かうといいな~。

« 出雲の冷やしぜんざい | トップページ | ジャムな時間。 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出雲の冷やしぜんざい | トップページ | ジャムな時間。 »