« 火迺要慎 | トップページ | 減  免 »

2016年6月21日 (火)

ああ脱力!

私の苦手なもののひとつに‘力を抜く’ということがあります。

抜けないんですよ~、力が。 苦手。 いっつも力が無駄に入ってるようなのです。 

朗読レッスンでも毎回、「力が入りすぎて、息ができてないのでは? 聴いてる人にしんどさも伝わってしまう」との指摘。 わかってるんです。自分でもほんまにしんどいんですけど、肩なんかに力が入りすぎてしまう。 うまく表現しなきゃ、とか思ってるんでしょうね。 周りの人たち(聴いている人たち)の目が耳や思いを気にしてるんでしょうけど、でも、周りを意識しないっていうことはひとりよがりのただの自己満足音読になってしまうし。。。。 

ほんまに、何年もの、私の課題です。 これがなかったら、悩みの肩こりもなくなるのでしょうに。 肩こりはもう20歳代後半ぐらいからずっとです。

先日、1年半ぶりに歯医者へ検診に行きました。 私の口の中をのぞいて約3秒。ワン・ツー・スリー。  先生がおっしゃったひとことは、「もう頑張らんとき」でした。 「歯ぁをいっつもくいしばってるやろ。歯ぁがすり減ってきてるで。前歯はヒビ入ってるし。」 うんうん。それも自覚あり。 歯を噛みくだく夢は、最近見なくなったんですけど。 よく頬っぺたや唇を噛んでしまうんです、と訴えると、それは顔にも力が入ってるからなんだとか。 気がついたときにフッとゆるめるだけでいい。歯と歯の間を開けて、顔もゆるめるんやで、って。 歯の磨き方や歯茎の手入れじゃなく、力のゆるめ方を歯医者でアドバイス受けるとは。。。

そう言やぁ、ヨガでも同じことを指摘されてたなぁ。 心をクリアにするため(すっきりするため)の‘瞑想’時にも、目から力をゆるめるのだとか。

姿勢や台本の持ち方など、身体の動かし方を見直しクセ直しし、何度も稽古して心に余裕をもたせ、そして本番、ワタシはいったいどーするのか、ちょっと楽しみでもあります。 できる範囲でできることを積み重ねま~すpaper。 

頑張らないことを、がんぼろう。 朗読以外で自分を楽しませることも、また自分にしてあげよう。

そんな私の本番、見に来てもらえたら嬉しいです。(要予約です。)

|

« 火迺要慎 | トップページ | 減  免 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

pegaさんへ_____。

それ以上ゆるめたら座ってしまう。。。。
って、やってみたけど、これも、むずかしいよ~~~。

仕事ができるってことでちょっと安心。でも無理しないで。

投稿: 風 | 2016年6月23日 (木) 14時35分

ヒロさんへ_____。

ヒロさんのように、いつの間にか、というのがいいのでしょうね。
残りの人生時間は若者のように多くはないし、ここで身体をこわしていては本末転倒。
ゆるゆると楽しめたらいいのにな~~と思う今日この頃ですconfident

投稿: 風 | 2016年6月23日 (木) 14時33分

ただ、立つためだけの筋肉って、それ以上、筋肉をゆるめたら、
座っちゃうってことかな^^;;; 意外に、正しい姿勢をしてたら、
腰より上は全部、脱力できます。

たぶん、丹田は、腹筋で上半身を支えるってことではないかなと
思いますが、その辺は私もわかりません^^;;;;

膝、痛いけど、仕事はできますよ(*^-゚)v
仕事が仕事なんで(温めているような感じの環境だし)、ジンジン
腫れてきている感じがありましたが、帰宅して、アイシングしたら、
楽になりました\(^o^)/

アイシングって、今まで面倒で、してなかったんだけど、大事だと
わかりました^^;;;

投稿: pega | 2016年6月22日 (水) 20時35分

僕も昔は無意識で歯を食いしばったり方に力が入ったりしてて、いつも体ガチガチでした。
これでは持たないと思って気がつく度にできるだけ脱力するようにしてたら、いつの間にかあまり力が入らなくなりました。
でもこれって多分見方を変えると「なげやり」ということにつながっているのかもcoldsweats01
いつも力が入ってるってことはいつも何かに一生懸命ということなんでしょうかね。
でもそれじゃやっぱり疲れてしまうし身体のあちこちにも悪影響が出てしまうから、時には力を抜くということも大切なんでしょうね。
僕のようにいつも脱力しっぱなしじゃイザという時に身体が動かなくなっちゃいかねないけどcoldsweats02

そう言えば究極の脱力というと多分死んだ時なんでしょうけど、横になってできるだけ意識して脱力したつもりでも、気が付くと必ずどこかに力が入っているものですね。
そこを脱力させても今度は他のところに力が入っていることに気がつく・・・。
う~ん、力を抜くということは意外と難しいことなのかもしれませんね。

投稿: ヒロ | 2016年6月22日 (水) 18時22分

pegaさんへ_____。

膝、痛そうですねweep。 走れないのも、つらそうです。 仕事もむりなんじゃぁ。。。?
早く治るために、焦らず、治してくださいね。 

’ただ立つためだけの筋肉’、って、どこだ?
やっぱり丹田ですか。 なんど教えてもらっても、丹田ある実感がわかない。力の入れようがない。
必要最低限に力を入れる、ってどうすることなんでしょうね。

投稿: 風 | 2016年6月22日 (水) 17時51分

私も、今まさに、同じことで苦労しています。
肩こりは高校生のころからだし、フルマラソン
走って、一番辛いのは20キロくらいから始まる
痛いくらいの肩こりだし(+o+)

そのうち、ブログにも書きますが、今、膝を
故障中で(歩くのも痛いレベル(+o+))、ホントに、
「普通に歩く」という基礎から、やり直しています。

こういう体の使い方のプロって、理学療法士さん
なんだと、改めて思い知った感じです。

ただ、立つためだけの筋肉だけ、それも、必要最
低限だけ力を入れて、ほかは脱力って、
ほんまに難しいです(+o+)

投稿: pega | 2016年6月22日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火迺要慎 | トップページ | 減  免 »