2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 柊の花 | トップページ | 返 却 »

2015年11月 9日 (月)

高次脳機能障害

弟は昨年夏、仕事での転落事故のため通算8か月弱の入院後、通院しながら休業補償(労災)をもらい、現在は一人暮らしをしております。 

事故後は‘赤ん坊のよう’と書きましたが、その前(事故直後)は実はゾンビのようでした。 沈静(?)の点滴を減らすとウォーーーと叫び起き上がる、ただ動物としての意識があるのみでした。 しばらくしても、入院していることがわからず、仕事場所に閉じ込められていると思い込み脱走を繰り返し、また他の入院患者さんの点滴などを触って(仕事として?)周ったので個室に入ったりもしました。 そんなことを思うと、本当に奇跡的です。 ありがたいことです。 皆さんの励ましの言葉は、しんどい私の心の支えになりました。 ありがたいことでした。

弟は、このたび休業補償金を打ち切られることになりました。 弟からのショートメールでは、「監督署で面接した結果、治癒と認定したので休業補償給付は11月で打ちきりです」と書かれてありました。 この’治癒’というのは、もうこれ以上良くも悪くもならない、つまり‘症状の固定’ということなんだろうと私は思うのですが、弟は「私はまともです」だそうです。 現在、高次脳機能障害として障害者手帳(3級)を所持しています。 

普通にしゃべれるし自分のこともできるし計算OK地理的感覚OK、事故当時のこと以外は記憶もある。 ちょっと付き合っただけではもう’元通り普通(?)の人’で、障害をもっていることはわからないのですが、やはりじっくり話していると、な・・・・・んかヘンです。 ん?、そこやないやろ。。。って感じ。

たとえば、

あなたが脱走するたびに仕事に支障があったし、病院や警察と連絡とれるのは仕事終わりの車運転中(夜の8~9時)で、 実際私があなたのかわりに警察にサインしにいったりした。 今年の3月ぐらいまでは昼休み返上であちこちに電話連絡した。タイヘンやったんや~。

と言うと、弟の反応は

「そら、病院に閉じ込められたら、だれだって逃げ出したくなるやろ。」

でした。 ふつう長い入院後にそんなことを知らされたら、わーーどうしよう! タイヘンな迷惑をかけてしもた。 申し訳ない! となると思うのですけど。。。。。。。弟が’申し訳ない’と思った相手は、会社の社長と 見舞いに来てくれた飲み屋常連仲間でした。 

なんというか、言葉通りにしか受け取れないところもあるようです。 聞いたことから相手の気持ちやその時の様子を想像することができないというか。

先日は「小学校の時に直した前歯が黒ずんできたからセラミックにする予定。136500円ですので振り込んでください。」  とのメール。 前歯1本=十三万六千五百円ですよ! びっくりです。 私の先月の生活費以上です。 以前の稼ぎがあっての話ならともかく、失業中で再就職もできるかどうかわからない今、です。おそらく歯医者は良いものをと勧めたのでしょうけど。 その言葉通りに受け取ったようです。 

弟の貯金は、退院時、病院の方にも立ち会っていただき、1年間私が管理するということになっています。 ひとつのキャッシュカードだけを渡し、その口座に月々入金・振込しています。 が、将来、弟が以前の金銭感覚で、または人の言われるままに(将来のことを考えたら、少々高くてもオトクですよ~、とか)お金を使っていったら。 信用できる人に借金したとして、本人の知らないところで悪徳業者にその借用書が渡ってしまい、私を含め親戚にイヤガラセをされたら。。。。。なんて、不安がどんどん大きくなってしまうのです。

今回は、「歯を直してから、就活する」ということなので、その意欲を買い、とりあえず入金しましたが、不安でどうしようもなくなり、実家の両親へ電話してしまいました。 弟にちゃんと話せばいい、起こってもいないことを考えてもしょうがない、などと両親は言うので、
「こんな金使いは就職してからするように、親として言ってほしい。何度も何度もいうてほしい。私の不安は生きてる以上ずっと続く!」
と、春に骨折入院した難聴の老母と 動脈瘤・大腸癌・肺気腫でもう立ち続けるのがしんどい状態の老父に、キツクあたってしまいました。

そうです。 両親の言うとおり。 まだ起こってもいないことは、だれにも相談しようがないのです。  私の言葉で、両親の具合が急変したらどうしよう、とまた別の不安。

自己嫌悪の極致。
けれど、
どこまでも続く 不安の重さ。 

ごめんなさい。 いまさらですね。 この記事が、重かったですねdown。 読んでもらってありがとう。

« 柊の花 | トップページ | 返 却 »

コメント

よさこいっこさんへ_____。

ありがとうありがとう。

寛大で優しい、と書いてもらって、ありがとう。

けど、、、私は逃げてるだけなんだろうなぁ、と。
両親自身のことに対する不都合は、両親にぶつけてしまってます。 もう昔のころのように頼れる存在じゃないのに、この歳になってまだ私は親に甘えておるのです。 
なんちゅう人間や!って、思いますdown

ヒロさんへ_____。

休業補償は最長1年半までとなってるのだそうで、どのみち12月末まででした。 つぶれた脳は再生しないらしく、この状態でできる仕事をさがして社会参加しなさいよ、ということなのでしょう。 

はー、でも。。。。 本人はもう完全に元に戻った気でいるし、仕事も見つかる気でいる。 
お金を全部返してもらったら(私から)、今のまま自粛して節約生活が続けられるのかどうか。。。

お言葉に甘えてまた書かせていただきます。。。 

私だったら、この歯の治療費は出さない方向で、何らかの手段を考えるかなあcatface
出すのを良しとした風さんは多分、私より寛大です。
弟さんのチグハグさは、認知症になりかけている我が母の受け答えと、とてもよく似ています。
認知症も、言わば高次脳機能障害なんだろうなあ。
弟さんのことを、ご本人にではなく、ご両親に言い募る風さんも、私よりずっと優しい。
私は、母本人に言い募ってしまって、いつもいつも優しくできない自分に落ち込んでいますthink

具体的に何かの形でお力になることができないのがすごく歯痒いんだけど
もし風さんが書くことで少しでも気持ちが紛れることがあるのであれば
どうかおもいっきり書いて下さい。
力になることはできないけどせめて風さんのお気持ちを共有できればと思っています。

それにしても治癒したことにして休業補償金を打ち切ると言うのは、なんか釈然としないなー・・・。

風さんは風さんでご自身の人生も生活もあるのです。
どうかご自身のことを再優先に考えて下さい。

すごく無責任なことばかり書いてしまって申し訳ないです。

ところんさんへ_____。

ありがとうございます。 
ほんと、不安はモンスターです。 どんどんでかくなる。
自分を楽しませるようにpaper、せめてアタマの中だけでも。
モンスターを萎らせる塩、みたいなのがあればいいのに!

心配しだすときりがないですもんね。
どんどん不安になって憂鬱になって。。。
ことが起こってからでは遅いけど、自分のことじゃないから気を付けようもなく難しいですね。
風さんひとりで抱えてたらしんどすぎる。
どうにか頭ん中の不安や心配を取り去れればいいけど。。。
少しでも風さんの好きなこと考えたり、したりして、そっちで頭ん中うめて、
めんどいこと考えるスペースをどんどんちっちゃくしていけますように。


HAWK2700 さんへ_____。

ありがとうございます。
がんばってます。 でももうなんか限界。

pegaさんへ_____。

セラミック歯というのはそのぐらいが相場なのだそうですが、、、、。

私が今 ぐぐぐ・・・・・っと思っているのは、自分勝手なのかもしれないけど、
一生懸命やってきた結果がまたコレで、なんで私がまた?って気持ちなんです。
「私はまともです」というなら今後いっさい私の人生にこれ以上しんどさをもってこないでほしい、っていう。 本来なら、妻か子でしょ。 独身貴族でええようにやってきた始末をなんで、私?っていう。。。。

いやいや.
背負っていますね.
重い記事,全然大丈夫ですよ.
頑張っていますもんね.

そら、びっくりするわなあ。
私なら、歯医者の名前を聞いて、電話して「なんでそんなに高いの?」と問い合わせするかも。
でも、それは禁断の一歩かあ…。
そういうのを、相談できるケアマネさんとかがいたらいいんだけど、まだ介護保険の対象じゃないのかなあ。言葉を真に受けるなら、医者は「保険の範囲内しかダメ」と言って、保険証とセットにしておくかだなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柊の花 | トップページ | 返 却 »