« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月28日 (土)

『脳で旅する日本のクオリア』

茂木健一郎の本を読んだ。 でもクオリアって、なんだ? 151122


この本によると、クオリアというのは、私たちの意識の中でとらえられるさまざまな「質感」。薔薇の赤、水の冷たさ、ほほをなでる風のさわやかさ、夕暮れ時に訪れるそこはかとない寂しさ、密の甘さなどなど。 (下線は、本から抜き書きした文です。)

んなら、クオリアというのは‘私’の外にあるものかと思いきや、こうも書かれている。 

目覚めた瞬間から、絶えることなく私たちの意識を満たしていて、脳の活動から生み出されるもの。

んなら、クオリアというのは‘私’の中にあるものなのかっ? そもそも‘質感’って、なんなんや? あれ? むむっ。

実際にその場所へ行かなければ感触が得られない。どれほど情報を集め、写真を見て、映像を眺めても、その空間に包まれてみなければ立ち上げることができない。とも書かれてあるから、実際に出会ったものたちから、自分の五感を使って‘私’の脳の中にうかんでくる感情のようなものかい?  

まーそんなよーなもんということにしておこうthink。 

この本、意味はガシッとつかめなかったけれど、フムフムな文が沢山あって、おもしろくもありました。 けっこうメモしましたpaper

人生を旅する中でクオリアと出会う(気づく)には、それなりの精神の準備が要る。体力だけがあれば良いのではない。知識だけでも足りない。(例えば)森の中に息づく様々な生命の様子に目を凝らし、耳を澄ませ、感覚を開かなければ、せっかくの宝物に気付かずに通り過ぎてしまうかもしれない。 

フムフムpencil。 

人生は何が起こるかわからない。そのために人は不安にもなるし、恐怖にもかられる。しかし、そこに踏みとどまっていてはいけない。一歩前に進まなければ、何にも出会うことはできない。人生の中の偶有性を抱きしめること。 ・・・ その偶有性を抱きしめることでしか、私たちの命は輝かない。 ・・・ それでこそ、スバラシイ幸運があり美しいクオリアにも出会うことができる。

フムフムpencil

これからの人生。 あせらずじっくり、私と周りを見て進んで行こう。

って言うてもなぁ、す~ぐ忘れるんやなぁ。 目の前のことしか見んと、しゃかりきにガンバッテしまうんやわぁ。 

気ィつけなあかんな。

| | コメント (2)

2015年11月25日 (水)

飛鳥へ___。

秋雨続きのある日。 またまた思いきって外へ出ました。 今回は、日帰り。友人151116
と。 行ってみたかったところ。思い出のないところ。。。ということで、チョイスしたのは奈良の飛鳥です。

手塚治虫の「火の鳥」を初めて読んだのは、もう何十年も前のこと。なに編だったのか忘れたけれど、石舞台から始まったのがありました。そのときから、何十年も前から、いちど行ってみたかったのです。 思い立ったら即実行!の‘今でしょタイプ’じゃなかったもんでsweat02。 ダメですね。 変えていかなきゃいけません。

ところで、秋雨続きのある日。 もーなんでまたこんなに雨ばっかりなん?というある日。その日だけ、ぽっかりとその日だけ、とてもいい秋の快晴。 
「日頃の行いがええからやなぁ。」
と私が言うと、
「ここんとこガンバッテきたご褒美や。」151116_1128
と、友人。
ああそれなら、ほんとに嬉しいこと!

いまの飛鳥は、降りてきた秋にゆったりとつつまれていました。同じように歴史が累々と折り重なってできたところとは言え、京都とはずいぶんちがいます。 自分の生活場所じゃないから、時間の流れ方がちがうからかもしれません。 

あちこちにぽこぽこと居る丘はたぶんすべて古墳で、その間を自転車で移動してるいまの私たち。 山道や田んぼの横に突然現れて、なんやろなんやろと思う石造物などはパズルのヒント。 おれらな、ここに住んでてんで。 なにしてたと思う?どんな顔してたと思う?なに食べてたと思う? って、大きな誰かがにこにこしながら、私の耳元で言うてる気がしました。 151116_1057

酒船石遺跡におっちゃん2人。地元の方々で、なにやら作業しておられました。
「これな、酒造ってたところ、とか、薬つくってたところとかいう説もあるんやけど、わしは違うと思うなぁ。 わしはな、これは、まぁ今で言うたら方位磁針みたいなもんやったんやないかと思ってるんや。ここに彫られた(と石の溝を指差す)筋の先に水が貯まるようになってるやろ?ここに月が映ったら何時(なんどき)とか、こっちに月が映ったら何時とか、、、そーゆーふーに昔の人らが使(つこ)てたんとちゃうやろか?そう思わん?」
などなど、仕事の手をとめて、遺跡説明に独自の歴史観をまぜて話してくれる作業着のおっちゃん。 

初めて会ったいまのおっちゃん達と いまの私達が、はるか昔の‘ここ’のことを話しているのがなんとも不思議に思えました。 素敵な時間でした。
clipぁ。写真は、別の古墳で撮ったものです。)151125__2


もちろん石舞台周りの空気の中にも入れて、満足。 他に、キトラ古墳(まだ工事中で未公開)・高松塚古墳・岡寺・橘寺など回りました。 体は疲れたけど気分すっきり。 のんびりおおらかな飛鳥ですが、‘時間の後ろ’をふり向けば沢山の人達がいて、にぎやかな飛鳥でもありました。

| | コメント (4)

2015年11月22日 (日)

左京区のソムリエになろう

‘魅力あふれる京野菜の継承’と副題のついた催しがあり、府立大学まで~bicycle。 


区役所にチラシが置いてあったのを見つけ、‘無料’という字にめがくらみ、、、だけじゃないけど、応募しました。 大学生の実習も兼ねているのだそうです。 

まずは、京野菜・京漬物についてや野菜の健康パワーについての講習book

ワタクシ、高血圧につき、‘血管壁の強化’ですとか‘動脈硬化予防’ですとか‘血圧を下げる’とかの言葉に、ついつい耳が向いてしまいます。 

なになに・・・・カプサンチンを含むもの、赤ピーマンねpencil。 
ビタミンAを含むもの、トウガラシとかカブの葉っぱ、カボチャ。 これは近くの畑
でも手に入れやすいかな。 ぁ、赤ピーマン、また出た! 優秀やん。 あと
151121鰻に魚卵、かぁ。ちと高い(私にとっては)。 
ケルセチンは、タマネギ・林檎にサニーレタス、っと。 
なになに、京の三大漬物のうちのひとつ、千枚漬にはラクトバチルスL13という滑舌練習になりそうな名の乳酸菌が含まれていて、血圧を下げる効果のあるGABAを多く作り出すそうじゃないですかっ。 ただし、これは昔ながらの作り方である場合で、甘い味を入れた調味液漬けはアカンらしい。 むむむ・・・。 これは私のお財布事情では、薬を飲むのとどっちが経済的なのかなぁ?

講義の後は、実際に左京区の京野菜をつかった精進料理をごちそうになりました。 私はもともと動物がなくても全然大丈夫なひと。 それにこんなに手の込んだ、目にも美味しい料理をいただけるなんてっ! 食卓に色を運んでくれるのは野菜です、と先生。 全部、学生達の手作りです151121_2。 (一番上の写真は、首を右90度に傾けてご覧ください)

・京野菜とひじきの炊込み御飯
・聖護院かぶの蕪蒸し (真ん中の写真
。蒸した黒大豆も入ってる)
・堀川ごぼうの鋳込み 
・すぐき菜の信田巻き(油揚げで巻いてあるのん)
・大和芋の昆布巻き
・えびいもの素揚げ

・蓮根の毬栗揚げ (かぼちゃ・さつまいも・銀杏・稲穂の素揚げ付) 
・聖護院大根としば漬の酢の物
・すぐき菜の胡桃辛子和え (黄色の四角い器)
・生麩の田楽 (柚子味噌・赤味噌)
・鹿ケ谷かぼちゃの豆乳寒 (写真からはみ出てましたsweat02。かぼちゃの種が乗ってたよ)
151121_3
・丹波白大豆のきんつば (おうす付。 これも学生さんが一人分ずつシャカシャカとたててくださいました)

あ~~~~~満足なりconfident

レシピもいただきました。 少々値のはる京野菜で、日常の食卓にのぼらせるのにはちょっと・・・という食材もありましたが、炊込み御飯・和え物・酢の物・田楽ぐらいなら、一度に大量につくって‘ばっかり食べ’なぞしてみましょ。 

修了証書もいただいて帰ってきました。 はてさて、私、左京区の野菜ソムリエになれたやろか。

| | コメント (2)

2015年11月17日 (火)

返 却

その後、弟から「話したいことがある」と連絡あり。 それなら私も話をしておこうと、両親立ち合いのもと話し合いの場をもちました。 

予想通り弟からは「すべて返してほしい」でした。弟は、今後の失業(雇用)保険申請(今からできるのか?)や後遺障害のアフターケア請求(労災)のことなど、結構くわしくしっかりと話したし、確定申告も自分でするとのこと。 医療控除の資料もPCで作成してきていました。

「そんなに(精神的に)しんどいなら親に任せて」という、先だっての父の言葉にもう甘えてしまおうという気も。 ただ、私から見たら父・母・弟が3人とも同じような感じ(時折すこしチンプンカンプンな受け答え等)だし、3人同じならといっそのこと本人に返すことにしました。 もーいいや!えいって、心が踏ん切りつけた(逃げた、と言うべきかも)。 

前もって誓約書を作って持参。 誓約書は公正証書ではないけど、抑止力にはなるだろうと思ったんです。 ひとつひとつの項目を私が読みあげて弟に確認。 ICレコーダーをON。 

ひとつ項目を読み上げるたびに、自分が誤解されていると思うのかどうなのか、やはりヘンな弟の反応にいちいちちょっと不安。 

たとえば、

「以下のことを厳守します。一. どんなに親しい人が困っていても、保証人にはなりません。」と私が読み上げると、
「そんなこと今までしたことない。周りの○○さんも△△さんも**さんも@@くんもみんな‘保証人にはなったらあかん’って言うたはる!」
「・ ・ ・ そしたら、これはこれで、‘今後もしない’ということでええんやな。」
「はい。」

こんなふうにして、全9項目を確認後、サインの横に実印と拇印を押してもらい、返却。

運転免許証は、昨今の、脳の病気等による交通事故が多発し話題になっていることもあり、私が預かることに。 弟の説明した‘後遺障害のアフターケア’というのは、「病院から、てんかん薬を一生服用するようにと言われている。」ということなのでした。 

弟は「顔写真つきの身分証明書が要る。」と抵抗(?)しましたが、「運転免許持ってない人達も健康保険証で事足りてる。顔写真つきなら障害者手帳がある。期限がきたら更新すればよい。」ということと、「万が一 事故を起こしたとき、責任を問われるのは、事故する可能性があると知ってて免許証を返した姉である」ということを時間かけて説明し、なんとか納得してもらいました。 

そんなこんなで、

弟からの「お金 振り込んでください。」「全部 返してください。」からは、離れられることになったのですが、すっきりしません。 この話し合い後も数時間、心臓の動悸が治まらず、困りました。 不安・ふあん・フアン・・・・・でおます。  まぁ、自分で決めたことだから、しょうがないですね。 またなにかあったら話、読んでくださいませ。

| | コメント (2)

2015年11月 9日 (月)

高次脳機能障害

弟は昨年夏、仕事での転落事故のため通算8か月弱の入院後、通院しながら休業補償(労災)をもらい、現在は一人暮らしをしております。 

事故後は‘赤ん坊のよう’と書きましたが、その前(事故直後)は実はゾンビのようでした。 沈静(?)の点滴を減らすとウォーーーと叫び起き上がる、ただ動物としての意識があるのみでした。 しばらくしても、入院していることがわからず、仕事場所に閉じ込められていると思い込み脱走を繰り返し、また他の入院患者さんの点滴などを触って(仕事として?)周ったので個室に入ったりもしました。 そんなことを思うと、本当に奇跡的です。 ありがたいことです。 皆さんの励ましの言葉は、しんどい私の心の支えになりました。 ありがたいことでした。

弟は、このたび休業補償金を打ち切られることになりました。 弟からのショートメールでは、「監督署で面接した結果、治癒と認定したので休業補償給付は11月で打ちきりです」と書かれてありました。 この’治癒’というのは、もうこれ以上良くも悪くもならない、つまり‘症状の固定’ということなんだろうと私は思うのですが、弟は「私はまともです」だそうです。 現在、高次脳機能障害として障害者手帳(3級)を所持しています。 

普通にしゃべれるし自分のこともできるし計算OK地理的感覚OK、事故当時のこと以外は記憶もある。 ちょっと付き合っただけではもう’元通り普通(?)の人’で、障害をもっていることはわからないのですが、やはりじっくり話していると、な・・・・・んかヘンです。 ん?、そこやないやろ。。。って感じ。

たとえば、

あなたが脱走するたびに仕事に支障があったし、病院や警察と連絡とれるのは仕事終わりの車運転中(夜の8~9時)で、 実際私があなたのかわりに警察にサインしにいったりした。 今年の3月ぐらいまでは昼休み返上であちこちに電話連絡した。タイヘンやったんや~。

と言うと、弟の反応は

「そら、病院に閉じ込められたら、だれだって逃げ出したくなるやろ。」

でした。 ふつう長い入院後にそんなことを知らされたら、わーーどうしよう! タイヘンな迷惑をかけてしもた。 申し訳ない! となると思うのですけど。。。。。。。弟が’申し訳ない’と思った相手は、会社の社長と 見舞いに来てくれた飲み屋常連仲間でした。 

なんというか、言葉通りにしか受け取れないところもあるようです。 聞いたことから相手の気持ちやその時の様子を想像することができないというか。

先日は「小学校の時に直した前歯が黒ずんできたからセラミックにする予定。136500円ですので振り込んでください。」  とのメール。 前歯1本=十三万六千五百円ですよ! びっくりです。 私の先月の生活費以上です。 以前の稼ぎがあっての話ならともかく、失業中で再就職もできるかどうかわからない今、です。おそらく歯医者は良いものをと勧めたのでしょうけど。 その言葉通りに受け取ったようです。 

弟の貯金は、退院時、病院の方にも立ち会っていただき、1年間私が管理するということになっています。 ひとつのキャッシュカードだけを渡し、その口座に月々入金・振込しています。 が、将来、弟が以前の金銭感覚で、または人の言われるままに(将来のことを考えたら、少々高くてもオトクですよ~、とか)お金を使っていったら。 信用できる人に借金したとして、本人の知らないところで悪徳業者にその借用書が渡ってしまい、私を含め親戚にイヤガラセをされたら。。。。。なんて、不安がどんどん大きくなってしまうのです。

今回は、「歯を直してから、就活する」ということなので、その意欲を買い、とりあえず入金しましたが、不安でどうしようもなくなり、実家の両親へ電話してしまいました。 弟にちゃんと話せばいい、起こってもいないことを考えてもしょうがない、などと両親は言うので、
「こんな金使いは就職してからするように、親として言ってほしい。何度も何度もいうてほしい。私の不安は生きてる以上ずっと続く!」
と、春に骨折入院した難聴の老母と 動脈瘤・大腸癌・肺気腫でもう立ち続けるのがしんどい状態の老父に、キツクあたってしまいました。

そうです。 両親の言うとおり。 まだ起こってもいないことは、だれにも相談しようがないのです。  私の言葉で、両親の具合が急変したらどうしよう、とまた別の不安。

自己嫌悪の極致。
けれど、
どこまでも続く 不安の重さ。 

ごめんなさい。 いまさらですね。 この記事が、重かったですねdown。 読んでもらってありがとう。

| | コメント (10)

2015年11月 7日 (土)

柊の花

初めて見た!151106

柊の花が咲いていました。

柊って、

こんなふうに

こんな花が 咲くんだな。

隣の木を 刈り込みすぎたからか?

いつも咲いていたのに 気づかなかったからか?

いいにおい。

クリスマスには実がなるかしらん。

.

スケッチしようとしてみました。151106_2

なんだかなあ。

葉っぱがおいしそうだ。

するどく見えない。

葉先がささると とても痛いのに。

花を描きはじめたらイヤになった。。。

絵を描くには

私には根気という才がまず足りない。

.

花言葉は、

用心深さ。

| | コメント (4)

2015年11月 4日 (水)

炊いたん、の後

京都では(もしかしたら関西では?)、煮物のことを‘炊いたん’と言います。‘炊1510
いたもの’。 

今、畑では(私の畑とちゃうよ)、大根と葱とすぐき(これは京野菜)がよう育ってます。 こないだ大根の間引き菜が売られてたので、買うてきてお揚げと煮ました。菜っ葉とお揚げの炊いたん、です。 干し椎茸でダシをとったから椎茸も入ってます。 

煮物は楽チン。 火にかけたあとは、鍋から離れて別のこと、ん~掃除とかパソコンチェックとかテレビ見るとかができるから。

次の日ぃ、

冷蔵庫をのぞいたら、米とネギとお揚げしか残ってなかった。 言いかえたら、米と葱とお揚げがまだある。 なくなるまで買わない主義の私としては、ここで買い物に行くわけにはいきません。 
clip調味料と発泡酒は在庫あり)
Photo

‘葱とお揚げのぬた’にしました。 ‘葱とお揚げの酢味噌和え’です。 砂糖・味醂は入れません。 すり胡麻と練からしを少し入れました。 葱のゆで汁は、美味しそうやからご飯を入れておかゆにして食べることにしました。

ごちconfident

そしたら、

冷蔵庫は、ほんまにすっからかん状態になってしもた。 ちょうどええ具合やから冷蔵庫の掃除をば~paper。 庭の手入れもカタがついてきたことやし、今月は早めの大掃除に取り掛かります。 いつなにがあるかわからへんもん。 なんにも起こらへんうちにやっとかんとなpunch

え? 主菜があらへんやん、って? 
そやねんそやねん。 ぬたを作った後で気ィついてん。 まだ日ぃが高かったから、鰯をなどタンパク源のまとめ買いに行きました。 はい。計画性がないです、はいはい。
 

| | コメント (2)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »