« Yes, You can. | トップページ | 職場、移転する。 »

2015年5月16日 (土)

『小熊秀雄 WORLD』

1年前、朗読クラス公演を終えた後、なんと1度も来られなかったP-actに行って20155
きました。 久しぶりのP-act。 久しぶりに聴く朗読。 1年前が、なんて遠いムカシなところかと感じていたのに、行ってみればP-actはやっぱりちゃんとあって、知ったお仲間の方々が笑顔で声をかけてくださいました。

なんだか ほっこりします。
変わらない‘場所’が、私にあったんだ。

.

.

この公演を知らせてくださった飛鳥井先生に感謝です。

Photo


.

写真は、公演の構成・演出をされ、そして私達に朗読を教えてくださっている飛鳥井かゞり先生です~。

.

今年は 小熊秀雄 の世界。 

今日の話でいちばん心にぐ・・・・っとくいこんできたのは「焼かれた魚」っていう話でした。

白い皿の上にのつた焼かれた秋刀魚

は、たまらなく海が恋しくなります。 飼猫やらドブネズミやら野良犬やら烏に自分の眼玉や体中の肉という肉を食べさせて海へ連れて行ってほしいと頼むんです。 最初はみんな秋刀魚を海へ連れてってあげようとするんだけど、みんな途中でやめて逃げてしまう。 烏は丘の上に秋刀魚を置き去り。 海の近くの丘らしい。 秋刀魚はもう目がないから、なつかしい波の音を聴くばかりで、青い水も白い帆前船もながめ見ることができず悲しい日々を送ってたんですけど、さいごに蟻に海際の崖の上に運んでもらうんです。 魚は崖の上から海に落ち、そして岸にうちあげられ砂の中に。。。。

やがてなつかしい波の音を聴くこともできなくなりました、という話。

悲しくて、ぐ・・・・っ。 

知らなかったんですけどね、実は、小熊秀雄という作家。 でも面白かった。 話の発想が新鮮でした。

聴いてるうちに、ちがう世界に行けました。 これが、朗読の魅力です。 どこでもドアなぞなくたって、びゅーーーーんと飛んで行けるのです。 しかも、同じ話を聞いていても、その世界の中で見えている景色や登場人物の顔やなんかはきっとちがっているはずで、だから、その会場にいる人の数だけちがう世界があるっていうことで、、、、、。 それが、朗読の魅力です。

で、今、私。

おかげさまで、まだ手術痕のリハビリを残しつつも母は退院し、父も膨(ふく)れる血管をなだめながらも家で過ごし、弟は精神障害者手帳を持ちつつも生活は自立しております。 私が「次はなにが起こるか」とコワガリながら日々を過ごしても状況は同じ。 少しアタマを家族から離して、早く仕事に習熟し、声出しにまたP-actに足を運べたらいいなぁと思って帰ってきました。2015516

私も海に戻りたい。 

.

今日の晩ご飯は、秋刀魚だよ。

小鉢は、今朝 両親に持ってった‘キャベツとお揚げの炊いたん’です。

|

« Yes, You can. | トップページ | 職場、移転する。 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おひるねおかんさんへ_____。

泳げたいやきくん! あったねぇ!
物語の中で、この秋刀魚は海に帰った時、骨姿のまま泳ぐんですよ♪ 

投稿: 風 | 2015年5月18日 (月) 07時57分

こんばんは~
お母様 無事に手術が終わってよかったね~

海に帰りたい秋刀魚ちゃん。。。。
恋しいふるさと。。。。かしら?

およげ たい焼き君 とは ちょっと違うんだね。


投稿: おひるねおかん | 2015年5月18日 (月) 00時24分

ヒロさんへ_____。

「幸福な王子」、子どもの頃 読んだけど話の内容を忘れちゃってましたー。 幸福な王子はすばらしい!ツバメも!
この、焼かれた秋刀魚は、ただただ海に帰りたくて・・・・っと思ってたんですが、なにか他にあったのかなぁ。
と、ヒロさんコメントを読んで考えることができましたhappy01paper。話の世界は深いですねぇ。

投稿: 風 | 2015年5月17日 (日) 15時35分

「焼かれた魚」と言うお話、なんか奥の深い話ですね。
色々と考えさせられます。
内容としては少し違うのかもしれませんが、何となく「幸福な王子」という物語と重なってしまいました。

風さんも色々と大変なことが重なりこれまでは諦めることも多かったかもしれませんが、ぜひまた朗読を再開してもらいたいですwink

投稿: ヒロ | 2015年5月17日 (日) 12時57分

飛鳥井かゞり先生へ_____。

私もあなたの肉をいただきますよ~。
いっしょに海に戻りましょ、と言うて秋刀魚を食しました。
干物ですが、美味しかったですっ。(^Λ^)>

投稿: 風 | 2015年5月16日 (土) 22時44分

ご来場ありがとうございました。久しぶりに会えて、私もみんなも嬉しかった〜cat
うんうん、なんにも変わらず、P-actは、そして、猫会議朗読クラスは、貴女を出迎えますよ。
朗読を聞いている貴女の顔は、いいお顔でした。見ている私もにんまりしました。
わ〜っと声出しにいつでも戻ってきてくださいな。

。。。ほんとに秋刀魚食べたんだ〜(=^・^=)

投稿: 飛鳥井かゞり | 2015年5月16日 (土) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Yes, You can. | トップページ | 職場、移転する。 »