2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

ひとつずつ。ひとつずつ。

はぁ終わったdash、確定申告。 いやこれは、私の、です。 昨年は仕事4つを転々といたしました。 年末調整時期には無職でしたから、今回は初めてすべてを自力で申告するっちゅうことになってしまいました。 できるだけ平日の勤務時間を減らしたくないので、今回は国税庁HPの確定申告書等作成コーナーを利用。 意外と簡単でしたpaper。 2時間でできた。 プリントアウトして、源泉徴収票4枚と保険会社から送付されてきていた控除資料を添付し、コーナンで買ってきたA4角封筒に入れ、税務署へーーーrvcar。 『時間外に書類をお持ちになった方はここへdownwardright』のところに放り込みました。 ほんまにここに入れてダイジョーブやろかぁ、、、、と、いっぺん中をのぞき込み、帰ってきました。 明日は、銀行から弟に送金する日だから、郵便局で税務署まで郵送する時間は昼休みにとれないだろうな~と思って。

今日はもう一つ、弟の労災休業補償の用紙を厚生労働省HPからさがし、どうやって請求したらよいのかを むむむeye・・・・と研究。 この半年間は、彼が所属していた会社が請求してくれていたのですが、弟が退院して「うちではもう働いてもらう職種がない」と宣告され退職したので、これからは自分達でやらねばなりません。 ゆくゆくは弟本人に請求手続きをしてもらい、失業(雇用)保険へとつなげていってもらおうと目論んでおるのですが、なにせやり方を説明する私自身がなーんもわからんもんでね。 まず私がわかってから、手続き方法をなんとかわかりやすく弟に伝えようと、頭をひねっております。 やっぱり電話するかぁ、明日の昼休み、銀行へ行った後、労働基準局へ。 

と、弟からメールmailto。「ケータイショップへ(障害者割引のことを聞きに)行くのはいつですか」と。 あ”ーそれも手続きせねばならないのだった。 とりあえず「また連絡します」と、なげやりに返信mail。 

あ。

今日したこと、もうひとつ。 障害が残ったときのための保険を、弟が勤めていた会社がかけてくれていたのですが、「その請求手続きのための診断書を書いてください」と病院へ頼みに行きました。 よかったです、日曜でも受付で対応していただいて。 

時間をさかのぼりまして、

昨日は、弟の退職金受け取りのための書類を整理。 書き込んで、通帳をさがして、弟の印鑑証明書を添付して。。。。。 

さらに時間をさかのぼりまして、

おとといは、仕事を半日休んでsad弟と区役所へ。 ①障害者手帳をもらう ②国民健康保険に切り替える ③国民年金に切り替えて減免申請する ④印鑑登録をし、証明書をもらう。 私の時間が限られているので、さくさくとコトを進めねばなりませんでした。 弟は、ひとつこだわるともう進めなくなるから、最初にまず、待ち合わせの場所で「これから何をするのか」と「私(姉)は急いでおること」を説明しました。 頭の中がもうクルクルと全力で回転しておりました。

労災のための書類、生命保険会社のための書類、退職金請求のための書類、などなどなどなど、ヒト(弟)の書類が山積みsweat01。 はやくこの書類の山をなくしたいよ~~~。 ややこしくて、しかも、なくしそうだーーーcrying。 

ひとつずつ、ひとつずつ、確実に、終わらしていきたい。 
そして、休日はやはり、
休みたいrock

とまあ、またまた愚痴アップでしたー。 m(_  _)m
はやく元のブログ記事にもどらなきゃなぁ。

2015年2月15日 (日)

退   院

7か月あまりの入院生活を経て、弟が退院しました。 数カ月の禁酒禁煙・規則正しい生活に偏りない食事のおかげで、体はいたって健康。 食事・風呂・トイレはもちろん洗濯も簡単な調理もできる。自転車にも乗れるし、走れもする。 「最悪の場合を考えておいてください。」と言われた7月5日のことを思うと、ベッドの上で赤ん坊のように手足をブラブラさせてた頃のことを思うと、何度も病院からの脱走をくり返したことを思うと、弟の生命力はすごいなあと思います。

 

しかし、

 

おめでとうと言わないでくださいpaper。 私ゃとても不安です、私の将来に弟がどんなふうにかかわってくるのかが。 

 

と言いますのは、まだまだその場にあった判断など不安定なところがあるからです。

 

たとえば、、、、、

 

正月ぐらい病院から出たいというから「今回は、親の顔を見るだけやで。外泊じゃなく外出やで。」と言いふくめたら、もう私のその言葉どおり、実家の玄関で「今日は顔見に来ました。じゃ。」と言うたきり踵をかえし、ちょっとは話ができるのではと期待していた両親をがっかりさせた弟です。(その後、年の初めから、私と 予定とちがうやないかという父とで言い争いの惨事?となりました。down

 

そしてたとえば、

 

病院スタッフ(主治医・看護師・療法士・相談員の方々)と弟本人、両親、私とで、現在の症状説明と退院後の打ち合わせをしたとき、「退院後しばらくは金銭的な管理はお姉さん(私)にしてもらいましょう」となったのに、録音もして本人も聞きなおしたのに、つぎ見舞に行けば「通帳とか、オレのもんを全部返して。」と言いよったり、返したケータイで「通帳を返してください。」「ハンコとかも返してください。」とショートメールを次々と送ってきたり。 何度説明してもダメで、迷惑メールが何度も何度も送られてきてるようで、もうノイローゼになりそうでした。 今、オレは何円持ってて、月々いくら入ってきてて、その中からなににいくら私達が使ったのかを報告してくれというので、秋頃からは土日をつかって報告書も作成しました。 

 

それから退院の日は、

 

荷物もあることだし車で弟のマンションまで送っていったのですが、最後の言葉は、この数カ月の私達のしんどさをねぎらうものではなく、「車でおくってくれてありがとう。」でした。 これはまー、感謝の言葉が出ただけでも良しとしますかねぇ。

 

.

 

弟は独身貴族でありました。 私よりも勤続年数多く年収もよかったし、養う家族も家のローンもなかったわりに、貯金は少しでした。 仲間におごったり、競馬・麻雀・宝くじなどなど自由に遊び、移動は自分の車かタクシーというような生活をしていたのだと思われます。 もちろん毎日外食です。 本人はもう治った気でいますから、「また仕事復帰して給料もらったら元の生活にもどれる!」と、元の規模の生活に戻り、借金・クレジット払いなど自分の知らぬ間に(使ったことを忘れて)ふくらんだら、、、、、困りますthink。 本人が借りたものだとは言え、最近は、借用書がいつのまにかアヤシイ金融機関に渡り、どこからか私など親戚の家を捜し出し、取り立てに来ないともかぎりません。 そのとき、両親がもういない何年後かであれば、私は、ひとりで受けて立たねばならないのかと思うと(今もほぼ私ひとりで処理してますが)、ほんとに不安。 あの日の、弟の職場事故のために、私の何年後かの生活を脅かされるのだと思うと、腹も立つangry。 

 

また、脳機能障害のために車の運転は一生ダメと言われているのに「そしたら教習所へ行ってまた免許とろうかなぁ。」と言ったりもしました。 まだ返納してない免許を使ってレンタカーなど借り、他人に、自分よりおもい障害をおわせるようなことになったら・・・・・・と思うとぞっとします。 そのことを本人に伝えると、「大丈夫! オレは今まで一回も事故を起こしたことがない。」とのこと。 

 

起こしたやん、事故sign03 

 

本人はもう自分は完治したhappy01、と思っている。 しかも、ちょっとしゃべっただけでは高次脳機能障害であるということはわからないから、周りの人達から「もうどうもないやん。」と言われたら、さらに本人は「おし。もうちゃんと治ったrock」、と勘違いしてしまう。

 

.

 

この7か月、弟の代わりになにかひとつのことをするたびに「本当に、ご本人のお姉さまですか?eye」と疑われ、役所に証明をもらいに足を運び、一から説明し、そのたびに仕事を休み私の給料が減っていく(時給なもんでsweat02)。 実際、弟がもらってる労災からの休業補償のほうが、私の月収よりもうんと多いのに、その本人のために動くたびに給料と時間が減っていく。血圧は上っていくweep。 本人からは‘返してくれメール’が次々届く。 その悔しさ・つらさ・なさけなさが、今、もう心の中で飽和状態になっています。Photo_2

 

こんなこと考えるのは私の独りよがり・わがまま・ゼイタクでしょうかねー。 ま、でも、これぐらいにしときます。 読んでいただいてありがとう。

 

.

 

それから、
こんな弟に根気強くつきあっていただいた二つの病院の方々、祈っていただいた方々のおかげで、今の弟の健康な命があり、‘ひとりぐらし復帰’があります。 多くの人達の、心と時間に、感謝します。

 

*写真は、7か月ほったらかしにしていたのに、弟マンションのベランダでちゃんと咲いていたシクラメンです。

 

2015年2月 8日 (日)

店の隅から (^-^)

見つけた!Photo


バナナ食べてるサル。
杖を持ってる白髭メガネのおじいさん。
たれ目のペンギン。

カナート洛北の中の、とあるお店の、レジの横。
思わず目が寄せられて、手にとってみたら、それはなんと、指人形なのでした。

おーーーーっ。 これ、お話会の呼び込みに使えそう♪

なんて考えてたら、お店の方も傍に来られて(まー万引き予防なのかもしれなかったのですけど)
「それ、おもしろいでしょう? 
え?これ、なんなんだ? っていうのも、なかにはあるんですけどねー。それはそれでおもしろいっ。(#^.^#)」

はいーおもしろいです~。 指にはめてみてもいいですかっ?
と、はめてみたらば、いよいよそれぞれ個性あるキャラに。。。Photo_2
動かしてみて、店員さんと目があったら、顔が知らんまに笑いました。 
こんなに顔が軽くなるのは久しぶりでした。

ひとつ百円。 税込です。
数分なやんで、
この3つを買いました。
(言うときます。 百円は、私の5日分の朝食パン代です。)

帰宅後、偶然にもこどもみらい館の図書室から電話がtelephone。 実は、お話会も長いことお休みをいただいています。 
「春からまたいかがですか? お話会に出られそうですか?」
ぐぐぐーーーんと、遠い国にもどったよう。 遠いけれどもそれは、ほんの半年ほど前まで参加していた世界なのでした。
事情を詳しく話して、もう少し休会させていただく返事をしましたdown

ところで、この指人形達、ペルー製だとのこと。
ペルーの、どんな人がどんなこと話しながら作ったんでしょう。 目をあげたとき、何が見えるところで作っていたんでしょ。 
そんなことを思うだけで、心が広がります。

ペルーから、京都の店へ。 そして今は我が家へ。
遠いペルーから来た人形達が、仕事から帰った私を和ませてくれています。 そして、お話会やら朗読やらマイムやらヨガのあった世界に私がいたのだと思い出させてくれます。 

でも、やっぱり今それは別世界だな。 遠いです。



 

2015年2月 1日 (日)

ゼッタイもらえるもの♪

そーでしたそーでした♪ Photo_2


TVコマーシャルで♪ゼッタイもらえる♪と宣伝されていたのどごし生キャンペーンに応募しておりました、そーでした。

来ましたよ、のどごし生3缶beerbeerbeer。 うれしいなー。 3缶分でういた何百円かの金額を思うと、にやにやconfident、にやにやhappy01

私、最初は、応募してゼッタイもらえるものはビールサーバーだけなのだと勘違いしておりまして、
なーんや、サーバーなんか要らん。 サーバーはハラのたしにならん!
と、応募シールを缶に貼ったままうち捨てておりました。 

ところがっ、
説明をよく読んでみますれば、セッタイもらえるのはのどごし生3缶なのだと知り、
途中からせっせと集め始めたのでした。 実にもったいないことをいたしました。 
みなさん、説明書は読まなくちゃいけませんrock

せっせと集めたかいあって、先日、はれて(?)のどごし生3缶を手にしたのでありました。

そして、

これは‘ゼッタイもらえる’のだから、運を使ってしまったわけではありません。
運はまだ残ってます。

ふ。 (*^ー゚)b

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »