« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

蔵で宴会

気晴らしに愚痴を出しに出て来ませんか?20141129

というメールをもらい、久しぶりに夜の街へ。 ふだんは外食・買食を自分に禁じておりますゆえmoneybag、ほんに久しぶり。 こういう、たくさん仲間が集まっての夜は、一昨年の朗読劇仲間との飲み会以来です。

今回は、大学卒業して就職した会社KKCの同期達と。 

不思議です。 仕事というものは、たとえ同期であっても利害関係があるもの(と私は思っている)なのに、こうして今も集まれる、というのが。
有難いです。 私なぞは2年ほどで辞職し、お誘いあっても断ることもあるのに、こうして仲間としてまた声かけてもらえる、というのが。

いやーー、 飲みましたbeer飲みましたbeer。 蔵を改造した個室だったせい20141129_2もあっ
て、いやーーー、大声でしゃべりましたhappy01わらいましたhappy01。 ササキクラノスケの実家である酒屋のお酒、をヒヤで飲んだあたりまではそれでも冷静だったのですがね。 それ以降はアヤフヤです。

最終電車になんとか間に合い、クラクラしながら駅の階段を上り、フラフラしながら切符を探してたら駅員さんに「だいじょうぶですか?」と声かけられ、やっと改札出たら駐輪場のシャッターがしまり、歩いて帰宅。 (´Д⊂トホホ

ゆったり湯船に浸ってテンション落としたはずなのに、マイ・アドレナリンは出続けていたらしく、何度も目が覚めました。 今朝は、昨夜置き去りにしたチャリを取りに地下鉄の駅へrun

企画(?)し店を予約し集まり話を聞き合い一緒に笑ってくれた仲間たち、ありが20141129_3
とう。

おいしくて、楽しかったっす。
   牛(うし)も 食べられたしdelicious
   発泡酒じゃなくて、ビールだったしsmile

 

また明日から、地道に生きます。

| | コメント (4)

2014年11月29日 (土)

何ていう菜っぱ?

畑の端で菜っぱ発見eye! 

【ひとつ50円】の札が目についたが、なんだか見たことない葉ぶりだったから、横目で追ってスル―。 

いやまてよ。

50円にしてはワサワサとすごいボリュームだ。

みずみずしい緑の葉だ。

と、

数メートル歩いたところで引き返すrun。 100


さわってみる。

やわらかくておいしそう。

けどなんやろう、これ? 何ていう野菜なんやろう?

畑のおっちゃん、もう帰ったかな。 
この野菜の名前を聞きたいんやけど。。。

畑を見わたす。
キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

いない。

50円を、備え付けのビンにチャリ~ンと入れ、手にぶらさげて家へ。 私の小さなリュックには入らないもの。

さて。

どーやって料理するか?

葉っぱはね、白菜の外側に、たまに緑色の葉がついてるでしょ? あんなかんじ。
あんなかんじのやわらかい緑の葉がワサワサと中まで。
デカクなりすぎた小松菜?
根采の葉っぱ? でもこれは違うよう。 牛蒡の匂いも、蕪の匂いもしない。

ためしに、出前一丁に入れて食べてみることに。。。
うん。くせのないやわらかな味。
下のほうの芯(茎?)は、チンゲン采と同じ味と食感。ここもやわらかい。
鰯を梅と生姜で炊いたので、いっしょにこの菜を入れてみた。 good
炒めたり、お揚げと炊いたり、豚といっしょの鍋ものとかにも合いそうだ。

なんなんやろうこれ?
ま、これだけでしばらく葉ものは食べられそうだし、お得感に満たされ満足heart04。 
いっしょに写ってるサニーレタスは別の畑で買ったもの。 ギューンとつまって、これまた50円moneybag

で、

これ、いったい、なんていう野菜なんでしょ?

| | コメント (2)

2014年11月27日 (木)

♢ こがね色 ♢

今秋は、ほんに木々の葉が美しい。 *:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*

山の錦が青い空に映えます。

冬が来る前の、

木々のパフォーマンスだ。

.201411_2


.

うちの紅葉です。

毎朝、雨戸と窓を開けるたび、

真っ赤な葉々が目に飛び込んできます。

これはしあわせ。

いっぱいに指を広げた葉っぱたちに感謝です。.

.

.

.

.

紅葉もいいけど。20141121


黄葉もよいです。

イチョウ並木にため息です。

これは、堀川通りの並木です。

ああ、

この葉っぱ一枚一枚が

一万円札であったならば。。。。。

はぁ~~~~~dash

ああこがねいろ。黄金色。

イチョウ並木は美しい~~~~~。

dash

| | コメント (2)

2014年11月24日 (月)

ドライあんこ

小豆を煮て、冷凍ストックしてる餅にからめて食べたら、ちょっとは間食代の節約になるやろか?

と、

あんこを作るつもりやったんやけど・・・・・・、

ど・・・・・・・、

.

パソコンのぞいてる間ぁにPhoto

いつのまにか

水分とんでしもててな。

カラッカラになってた。

カラッカラの

ポロっポロやねん。。。

ドライあんこや。

ん?

甘納豆、っちゅうたほうがええやろかぁ?

.

ドンブリに入れて

カレースプーンですくうて

パソコンのぞきながら

バクバク食べた。

2~3日で なくなってしもたsweat02

.

節約できたと思う?

| | コメント (2)

2014年11月23日 (日)

教会へ_____。

夏以降、弟や父を見ていて思っていたことがあります。 

命や人生の危機に直面した時、信じるものがあるのとないのとでは大分と苦しさがちがうのだろうなぁ、って。

弟。 

気づけば知らない部屋でベッドに胴や手足を拘束されていると感じた時、逃げても逃げてもその部屋に引き戻された時、身体は快調なのになぜか病院から出られない今、心の中にひとつ信じられるものがあれば、大分と心の混乱を落ちつかせることができたのではないか、って。

父。 

手術してもしなくてももう自分の人生が残り少ないのだと気づいた時、心の中にひとつ頼れるものがあれば、その恐怖をやわらげることができるのじゃないか、って。 (けれど父は今、私の前では泰然としています。 その強さは、なににささえられているんでしょう。)

たとえば、宗教。 神とか仏とか。 手を合わせたり祈ってしまう なにか大きなもの。 Something  Great。


Photo_2

ところで私は今、頭や心は疲れておるのですが、体は運動不足。 なんでか時間があるので久しぶりの散歩を思いつきました。 万歩計と歩いてると教会が。 いえ。 実は前からすこし気になっていて、礼拝開始に間に合うよう、家を出て足を向けたんです。 どんなのかな? お寺や神社に身をおくのとどうちがうのでしょ? 

聖書と讃美歌の本など貸していただき、教会内へ。 

言葉と 音楽のシャワーと 初冬の陽をあびた、いい時間でした。

でもね。 讃美歌も聖書の言葉もわからないから‘着席見学’を決め込みました。 ちょっとヒンシュクかったかも。 最初の讃美歌は胸に沁み、思わず拍手するところでした。 これじゃぁ、、、舞台観ている観客ですねcoldsweats01。 

今よりもっと心の居どころがくずれたら、また行くかもしれないなぁ。

神の愛は「でも」の愛なのだそうです。私の表も裏も全てご存知の上で、それでも私を愛して下さる愛なのだそうです。

心の在りようを見つめていこうかなぁと思った朝でしたーhappy01

| | コメント (0)

2014年11月21日 (金)

だれも説明してくれない。

弟の外出許可が出ました。 事故当初の、あの、呼吸器付き赤ちゃん状態のことを思えば、本当にありがたいことです。

付き添い人が前もって外出許可証を書いて申請します。 最初は慣らしで、私が1時間ほどの散歩を、と思っていたのですが、弟の友人達から誕生会をしたいとの申し出があり、記念すべき第1回外出は、その方達と2時20111118_2間ほど近くの喫茶店へ行ったもよう。 約4ヵ月半ぶりの‘シャバ’です。

で、先日、予定通りに私とふたりで吉田神社へ。 目を離したすきにささっとタクシーに乗って自宅マンションへまた帰ってしまったらどうしよう、今日の付き添いは私一人だしなぁ、という心配も杞憂でした。 財布を持って出た弟は、帰りにコンビニ24hoursに寄りたいと言い、タクシー代にではなくシュークリームと午後ティー2本とバンドエイドに使いました。

楽しく世間話をし、散歩するぐらいなら、一見もう退院してもいいぐらいのヒトです。 事情をよく知らない友人は、いつまで入院させとくのや、と言われます。 

本人も、なぜ今も自分がずっと入院しているのかがわからない。 リハビリ優先で、肩の脱臼をそのままにしているから、肩は治さないといけない、と弟はわかっている。 (以前は感じなかった痛みを感じてきたらしい。 ということは、脳が復活してきたということでもありますが。) 言葉がうまく出てこないし漢字もよく間違える、とこれも弟は自覚している。

「でも、これだけや。」

と、弟は、見舞いに行くたびに言います。 「こんなとこにずっと居たら、よけいにボケる」と。 まるで、言葉が不自由なのは、入院生活が長引いているからだと言わんばかりです。 「早く肩を治す病院へ行きたい。肩を治して、早く仕事に戻りたい。」

ちがうんやなぁこれが。

上下ちぐはぐのパジャマ、そのアンダーにトレーナーという妙な格好で外出しても、平気。 それヘンやでと言うてるのに。 おかげで私ゃ、パジャマ姿男とツーショットで吉田神社への道行きでしたsweat02

言葉をうまく使えないだけじゃなく、長い間話してると言ってることがビミョーに???だったり、病院スタッフの説明がわからなくてそれが気になるコト(例えば、新しく渡された薬をいつ飲むか?など)だったりすると、何度も何度も同じ人に聞きに行ったり。。。。

私や母は、行くたびに弟に質問されることがあります。 毎回、同じ会話です。 こんなかんじ、、、

弟   :ここの病院のお金を払わなあかんし、はよ退院して働かんとあかん。

私   :治療代は、心配せんでもええ。 支払われてる。

弟   :会社からか?

私   :労災からや。

弟   :ローサイってなんや?

私   :仕事中にケガしたら、ローサイっていうところが払ってくれるんやで。

弟   :ローサイってどこや? 誰やねんそれ。

私   :国が、 払ってくれてるんや。

弟   :どこの国や?

私   : (・_・)エッ....? ・  ・  ・   。 に ほ ん。

弟   :なんでやねん。 ローサイ、って会社?

私   :(ちょっとイラッ (-゛-メ) ) 会社じゃない。

弟   :そんなら、オレはクビになったんか? (涙目になる)

私   :ちがうsweat01、まだクビやない。 

弟   :そんなら、はよ肩治して、働いたらええねん。 ここの仕事(実はリハビリ)は、簡単すぎる。

私   :(ダカラ~。イライラ (-_-X) ) まだや。 まだ、できひんことがあるから、、、、

弟   :できるっ! オレはフツーや。 肩さえ治したら、、、、

私   :(モー (#`Д´) )肩はすぐに治るけど、頭をケガしたから、できないことがいっぱいあるんや。 そのチカラをつけるためにリハビリしてるんやで。あれは、仕事とちがうんやで。

弟   : ちょっと待って。 ノートに書いとく。

私   :どーぞ。    あのな、例えば、昼となく夜となく何回も病院のヒトに同じコトを聞きに行く、とかな。 書いたか?

弟   :(書こうとしたけど、最後まで書けない。)

私   :もう一回言うで。 なんかいも、おんなじことを、きいても、わからない。 はい、書いて。

弟   :(‘何回も同じことを聞いてもわか る’と書く。)

私   :ちゃうで。‘わからない’やで。 (# ゚Д゚) ムッカー

弟   :わかるっ!

私   :車の運転はできない。 これはドクターストップや。 前にも言うたけど。 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

弟   :(‘車の運転はでき る’と書く)

私   :都合の悪いコトはすぐ忘れるannoy

弟   :忘れるかっ!

私   :こういうことは、コミュニケーション力も訓練しんとあかんっちゅうことや。

弟   :コミュニケーション力は、オレ、もともとないで。 あったらもっと営業してるわ。

私   :いや、そういう意味じゃなくて、、、、。 モムーリ!o(゚Д゚)っ んーーー、文章も、読んでわからへんやろ? 新聞とか、読んで、わかる?

弟   :あんな。 オレの仕事のこと、知ってるか? オレの仕事には新聞要らんねん。 仕事中に新聞読んだことなんか、いっぺんもないわ。

私   : ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…   こんなことがまだまだいろいろあるから、ここでしばらく入院して、リハビリを続けなあかんのや。

弟   :退院する! (と立ちあがりスタッフ室へ行き) あの~、ワタシね、今月かぎりでここを引退しよと思ってるんですわ。

とまあ、こんな具合の会話を、毎回毎回、見舞いに行くたびにやります。 事故前のことはしっかり覚えてるし、計算も地理的感覚も、私以上。 だけど、事故後に聞いたり覚えたりしたこと、特に‘脳がダメージを受けたから以前のようにはできないことがある’ということについては、頭が拒絶するようです。 認めたくないコトは、聞かない覚えない。で、記憶にないコトは、なかったことであって現実ではない。

ええかげん、イヤんなってきます。 さすがに‘どこの国?’のくだりは最近なくなりましたけどね。 このあいだも、スタッフの方と労災申請書類のことで相談してたら、弟がスタスタとやって来て曰く、

「ローサイ、ってなんですか? そういうことを だーれもワタシに説明してくれへんのですわ。」

なんかいも何回もみんなして言うてるやろ、さっきも言うたやろっと突っ込む気力はもうありません。

面会を終えて、病院備え付けの血圧計で測ったら(私の血圧です)、
なんとっ
最高170、最低105、でした。
                    クララ~~~~~~~。  
!(;´Д`A ```

                                         すんません。今回も愚痴愚痴記事でした。 m( _  _ )m

 

| | コメント (2)

2014年11月16日 (日)

取り調べ室にて、

「本日は遠いところお出でいただいてすみません。ここには適当な部屋がないもんですから、この部屋で。。。」

と、刑事さんに案内してもらったのが、

警察署内の取り調べ室eye。 

TVドラマに出てくるのとおんなじ。せまい部屋に小さくてシンプルな机。 入口のドア窓には黒いカーテン。 ついでに壁紙がちょっとはがれてる。

思わず笑っちゃいました。 私には縁のない部屋だと思ってたのに、ひょんなことで入室の機会を得られるとはcoldsweats01。 
ドラマとおんなじですねーhappy01、と言うと、
「顔を照らす照明スタンドは、ありませんけどねhappy01。」と刑事さん。

弟の転落事故に関して、「仕事先である会社の安全責任を問う刑事訴訟を起こしません」という供述証書にサインをしに行ってきたのです。 「本来ならば弟本人が警察署まで出向いてサインすべきところ、本人は障害を残しまだ入院中であり、また理解できないため」云々(表現は正確ではありません、たぶん)という記述もありました。 

つまり弟が確認すべき調書だけど、それができないから、代わりに姉がサインしますという調書を警察が作る。 
ハァ~~~。 どこに行っても、すべてがややこしいーcoldsweats02。 もうこんなことから手をひきたいよーー、と言っても、私しかする人がいないから、、、しょうがないかぁ。。。

よし。

まず最初に、転落事故について警察が現場検証した結果を説明していただき、そしてサイン。 後ろの窓から陽がさし込み、背中はぽかぽかsun

あのぉ~~、この調書のコピーはいただけるんですか?

と刑事さんに尋ねました。 だって、どこに行っても大事な書類は2部作成し、一部ずつ両者が保存する、って思ってたもんですから。

「すみません。情報が外に出てはいけない、という理由でダメです。」

そーなんやぁ。 じゃあ、、、、(すっかり忘れてたんだけど)持参したICレコーダーで今回の説明を録音、ってなこともダメだったわけですね。 刑事さんへ確認するのも忘れてました。

お忙しいでしょうに、弟と私の、残った人生への不安もじっくり聞いて下さいました。 前もって、車で行くと伝えておいたら、駐車スペースparkingを一台分空けておいてくださり、署の前で待ってていただきました。 

お世話さまでしたthink

| | コメント (4)

2014年11月14日 (金)

正当な理由のない自己都合?

ハローワークへ行ってきました。 雇用保険受給の説明会です。

 
受給資格者証、というものをもらいました。 私にとって、これから‘なくしてはいけないモノ’のひとつです。 この受給資格者証には、離職年月日や離職時賃金日額や基本手当日額なんてのが記載されております。 そのなかの離職理由のところに‘正当な理由のない自己都合退職’と書かれていましたeye

先日来た時に、なんで離職しなければならなかったのかを細かく訴えた(?)のに、‘正当な理由のない自己都合退職’なんて書かれたんじゃあ、まるで私が「あ~ぁ、この仕事イヤんなった。やーめた。」と、辞めちゃったみたいなニュアンスを受け不本意です。 資料をよく読んでみると、‘正当な理由のある自己都合退職’というものもあります。 なんで私はこっちの自己都合退職じゃないんだーーsign02 と、心中ひそかに憤慨。 

なので説明会後、再び窓口まで訴えに行きました。 弟の後遺障害リハビリや父の命をけずってる3つの病気や諸々の手続き・世話・緊急時への待機が必要なことなどなど。 

すると、

雇用保険の受給認定においては、もっと深刻な、例えば常に私が家族のそばについていなければならない介護等以外は‘正当な理由のある自己都合退職’とはならないのだそうです。逆に、常に私が家族のそばについていなければならない場合はもう求職活動や仕事ができないから雇用保険をもらえないのだそうです。 求職活動をしたり働いたりできない人は、雇用保険をもらえない。 最近、‘失業保険’じゃななくて‘雇用保険’と言うようになったのは、このあたりに理由があるのですね。

ちなみに、常に私が家族のそばについていなければならなくなった場合は、雇用保険ももらえないし、どうやって生活を立てていけばいいんですか? 

と尋ねましたところ、それはハローワークの分野ではなくて、他の福祉サービスや生活保護といった方面をたよることになるから、役所に相談しに行くのだそうです。

なるほど。

かくして、私の、先の辞職は‘正当な理由のない自己都合によるもの’ということに落ちつきました。 自己都合で退職したので、雇用保険の受給は3か月後から最高90日間。 しかもその間(今からだと半年ほどかな)は、求職活動してることを記録し、ハローワークに定期的に出向いて認めてもらわねばなりませぬ。 

ややこしいですねぇ。 

 

 

2013116

でも勉強になりますpencil。 こういう仕組みになっておったのかflair、と。 

(ハローワークの方には、丁寧に対応していただきました。).

          庭のレモン、

            今年の収穫は、

               ひとつです。

.

| | コメント (6)

2014年11月12日 (水)

姉です。 (^-^;

数年のアンチエイジング努力が報われたのか(最近はそんな余裕ありませんが)、はたまた私の言動が子どもっぽいのか、

「お兄さんのケガ、その後、どうですか?」

と、尋ねられることが多いです。

心の中でちょいとニンマリしながら、でもまだ冗談にすることではないから

「私のほうが、姉です。(^-^; 」

とひと言おことわりしてから、話題の続きをば。

「ぇ? ぁ。 そーでしたそーでした。失礼しましたsweat01。」
と、誤っていただくのが申しわけないです。だって、心のなかではニンマリなんですから。

.

先日なぞは、弟の病院でこんなことが_____ 。

 

 

弟が入院するリハビリテーション部では、ご老人がたくさんリハビリしておられます。

 
で、
病院へ見舞いに行ったとき、療法士の方が本人へ声かけたひと言が

 

「○○さ~ん、娘さんが来てくれはったよー。」

 

.

さ・・・・・・・っすがに、
‘むすめ’はないやろ。(^-^;
と思い、

「姉です。」
と言いながらも、

心のなかでは

ニンマリニンマリ。 ( ̄ー ̄)ニヤニヤニヤリ

| | コメント (4)

2014年11月 9日 (日)

なんとも妙に不安な、待機。

ごめんなさい。今日は、必要な方達への報告と、私自身の気持ちセーブのための話。

.

5月に「大腸癌の手術をしない」と決めた父ですが、その後、大動脈瘤が見つかり、弟に気をとられている夏のあいだになんとeye直径8センチちかくにまでふくらみました。 大動脈とはいえ、血管がそんなにまでふくらむなんて! 病院のCGで見せてもらったら、腎臓よりも大きい! かかりつけの医師に「こんどは、手術しないなんて言わんといてや。」と言われ、検査した国立病院の主治医から「もうこれはバクハツ寸前です。」と言われ、父は手術をすると決めました。

そうなると、、、弟の病院と、父の病院。 諸々の手続きと、準備と、緊急事態への対処と・・・・、もう老母ひとりではいくら考えてもムリ。 私の勤務は、7時前に家を出て夜の9時前後に帰宅し実質休憩はないようなもんで、ケータイチェックも通勤時の車の中だけ、という状態。 

悩んで悩んで迷って迷って、

こらあかん。

と、就いたばかりの職を辞しました。 職場の、本当に多くの人達に大きな迷惑をかけ申しわけなく、今もその判断が妥当だったのかという思いが消えません。 

で、

その後、父の度重なる精密検査と主治医の説明。 _____ 手術で死ぬこともある。手術後の合併症で呼吸器などに長期間つながれることもある。そのときは、たとえ家族や本人の意思で合っても延命処置を止めることはできない。手術が成功しても、人工透析をずっとすることになる。だけど、動脈瘤がやぶれたら、それはそれでとても苦しむ人もいる。云々。 
父はもうひとつ、肺気腫も持っています。

結局、

父も悩んで悩んで、手術はせずに寿命に従う決心を。 けども動脈瘤がバクハツしたらもう、ダメなのです。 毎日がコワイでしょうに、家でフツーに過ごしている父を、すごいなあとただただ思っています。

目下のところ、

「もうすぐ病院から出られるheart04」と勝手に思い込んで、‘仕事’(と、彼は思ってるが実はリハビリ)に励んでいる弟。 なにげない顔して瘤bombかかえ込んで過ごしている父。 子どもの助けはできるだけ受けたくないと、私の助けを避けようとする母。 

そのはざまで、現在、私は‘待ち’状態。 いざというときすぐに出動できる状態。 弟の病院スタッフと今後の相談したり、実家へ惣菜つくって持って行き掃除して帰ってきたり、自分の国保・年金の切り替え・減免申請したり。。。。 

あんなに悩んで悩んで仕事を辞したのに、
これでいいのか? なんとも妙に不安な、落ちつかない、待機。

身体の疲労は回復しましたpaper。元気です。

昨夜は、お礼・お詫びかたがた、弟マンション近辺の人達に会いに行きました。 Photo


2度目の脱走先である雀荘へも。 
おっちゃん(主人)やおばちゃんに挨拶している最中、TVの中で羽生結弦と閻涵が衝突。 
「あ~あ~あ~あ~、どもないんかいな。もう試合に出たらアカンがな。」
と、おっちゃんおばちゃんとの話題が変わりつつ、弟の脳挫傷と重ねてしまいました。

.

写真は、失業保険認定してもらいに行ったハローワーク近く。 聚楽第って、ここにあったんやぁ。

| | コメント (4)

2014年11月 3日 (月)

ヤモちゃんへ_____。

なぁ、、、、ヤモちゃん。

ヤモちゃん聞いてる? 
あんな、こないだ息子の部屋見たらな、

なーー聞いてる?
え? 聞いてるって? ほんならいいんやけど。  
聞いててや。

息子の部屋の畳の縁に、ちっちゃなウンコが落ちてたんやけど、
あれ、ヤモちゃんの?

はじめはな、カエルかなーーー、部屋のなかに入ってきてるんかなーーーー、
って、カエルをさがしたんやけどな。 だってな、カエルはこのまま部屋の中にいたら干からびてしまうやろ? そしたらまた年末大掃除の時に、干ガエルを目ぇつぶってとらなあかんbearing。 そやし、部屋の中にカエルが迷い込んでへんか捜してん。 

けどな。 なんぼ捜しても、いいひんねん。eye

次の日見たらな、また畳にウンコや。 よう考えたらカエルのウンコにしたら、ちょっと大きい気ぃするねんeye

。。。。。。。

あれ、ヤモちゃんの?

.

や・・・・・っぱしな。 
あんな、うちン中でウンコするの、やめてくれる?

あ。それからな、
朝、窓を開けた時に上から落ちてくるときあるやろ?
あれも、止めてくれる?
もーーーーびっくりするねんな。 ペタリ・・・って冷たい生き物が朝から落ちてきてみ? 
いっぺんに夢から覚めてしまうわ!

え?
はよ目ぇ覚めてええやろ、ってか?

そーゆーモンダイやないっ!annoy

ヤモリは家守って言うからな。 私はなんもせぇへんけどもや、

eye

止めてや、
ウンコとペタリ。Photo_2

Photo






  椿の実がたくさん。

  これ、
  どうにかして使えへんかな?

| | コメント (6)

2014年11月 1日 (土)

実況!! オオタカの捕食 w(゚o゚)w

現在 私は、自宅の南窓から庭を見ております。 2014111


先程、庭の砂利に鳥が舞い下りてきました。 
スズメ? いや、、、カ ラ ス、でしょうか。。。。 

いえっ、カラスではないようです。 大きさはカラスと同じぐらいですが、、、、ぁっと、こちらを振り向きました。    スルドイ目つきです。 カラスではありませんっ! なんという鳥でしょう? トビ? タカ?

いや。 いつもは大空を悠々と飛んでいるトビやタカが、こんな猫の額ほどの民家の庭に下りてくるはずがないのですが、、、。 尻尾、じゃなかったsweat01、しつれいthink、尾羽にしま模様があります。 パソコンの鳥図鑑で調べてみましょう。

 

オオタカ ですflair。 まちがいありません。 タカが、我が庭に下りてきているようです。

な に をしているのでしょうか?

おーーーーーーっと、やヤツの足元でなにかがうごめいています。ヤツはなにかを捕えているようですっ。 ここ室内からでは‘なにか’はよく確認できません。 窓と網戸を開けて、写真でも撮ってみたいところですが、開けたら、その音でまた飛び立って行きそうです。 しかし、さっきからヤツは何度も振り向き、何度も私と目が合っているのですが、びくともしません。目をそらすのはもっぱら私の方。 この貫禄だと、窓と網戸を開けてもビクともしないかもしれません。 この現場を撮れるかもしれませんっ。 う~ん、ここは思案時。 

いやいや。 

いやいや。 

いやいや。 そっと見ていることにしましょう。

ぉ。 足元になにかを捕えているヤツは、そのなにかをつつき始めましたsign01 eye。 ヤツが首を上げるたび、羽毛が細かく宙に舞っております。 ヤツの足元にいるのは小さな鳥のようですっ。 食べられているのかっsign02 小鳥は死んでしまうのかっsign02 ここはみなさん、私は南窓と網戸を開けて、小鳥を助けてやるべきでしょうか? 

いやいや。 

いやいや。 

いやいや。 やはりそっと見ていることにしましょう。

ぉ。 足元の小鳥の動きが弱くなってきました。 我が庭には、羽毛が舞い散ります。 羽も散っています。  ヤツは、首を上げ下げするたびに羽毛と羽を散らし続けております。

ヤツが庭に下りてきてからはや10分ほど、経過しております。

ぁ。 空に舞い上がったー。


庭には、羽毛と羽が残るのみ。 骨もありません。 どうやら、完食のもよう。 ヤツの足元でもがいていた小さな命は、ヤツの命となったもようですthink

以上、
弱肉強食の現場から、あっけにとられながらも、風がお伝えしました。

| | コメント (6)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »