2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月21日 (日)

玄関ロック !

疲れとります。 家を出るのがだんだん早くなり(いてもたってもいられない)、家に帰るのがだんだん遅くなり。。。。。 我が家は、今や宿泊所です。 土曜日は弟の用事をしたり(支払いや解約や実家との連絡など)、家事をしたりするのですが、もう完全にフヌケております。 なにをするにも頭がぼぉ~~~~っとして時間がかかる。 気づけば何度も歯を磨いたりしております。

そしてなんとっ、

自分のうちhouseをちょ・・・・・っと出た瞬間に、私は自分のうちhouseへ入れなくなってしまいました。 ホテルで自動ドアロックされたみたいに。 !!(゚ロ゚屮)屮  そのときはどこの窓も開けてませんで、完全にロックアウト。 自分の家なのに、入れないsweat01。 家の鍵は、家の中sweat02。 

実は、Photo


玄関入ったところに靴箱があるのですが、靴箱の戸を開けたままにしておきますと、、、、

靴箱の戸はふわ~~~~っと開ききってしまい、このように、靴箱の戸で 引き戸の玄関扉につっかい棒をした状態になってしまうのであります。 

気をつけてたんですけどね。 忘れてました、昨日は。

で、

どーしたと思います?

.

.

.

無理やり外から玄関扉を引き開けようと力を込めました。 もう靴箱が壊れてもいいや。 だって私が家に入れない! 

はい、力を込めました。 

すると、

靴箱が傾いた様子。 もういいや、靴箱が倒れても。 と、さらに力を込めますと、少し隙間があきました。 

ぐぐぐぐぐ・・・・・っと自分の身体を押しこめる。 まずは腕から、次に足。 おなかを極力ひっこめて。 口をオのカタチに縦に思いっきり伸ばし、鼻の下も伸ばし。 

入るか?

入れるか?

と、自分の身体を押しこめ、

や・・・・・・・っとこさ、家の中に帰還できたのでした。

┐(´д`)┌ヤレヤレ。

それにしても、

この帰還チャレンジを近所の方に目撃されなくてよかったよかった。

(^-^;

2014年9月13日 (土)

観    戦

5時起き7時に家を出、まぁ平均すると8時半頃帰宅という今日201497_4この頃。 気づけ


ばコオロギが鳴き、彼岸花が咲いています。 

貯まる仕事を家に置き去りにして、先日、息子の引退試合を観に行ってきました、両親といっしょに。 両親が「もいちど孫の試合を観たい。」と数年前から言うていたからです。 引退となれば、行かないわけにはいきますまい。 両親にとって孫の試合観戦は、ひと昔前に大文字駅伝(京都市小学生の駅伝大会)予選会以来です。

香川県は観音寺へ、
トライアスロンを観に。 
日帰りです。 

自分よりも年下の方が多い中、息子はなんとか時間内にゴールいたしました。 

好天下の海沿いsun。 201497_2

私にとっては初めてのトライアスロン観戦。

 

トライアスロンちゅうもんは、 
なんとっsign01 
スイム1.5kmwave、バイク(自転車)40kmbicycle、ラン10kmrunなのだそうですよwobbly。 
知ってましたぁ?

1.5kmを走り続けることもできない私にとって、トライアスロンなんちゅう競技はもう身体を痛めつけているとしか思えませぬ。  競技範囲がめちゃ広いから、試合中の全部を応援することもムリ(だってついていけないsweat02)。 会場待機の救急車が動くたび、うちの子でありませんようにとドキドキしながら待っていました。 というより私は睡眠不201497_3足と連日の疲労と暑さで自分がもうへロヘロでしたから、若者とは言えなんでこんなにたくさんの人達がわざわざしんどいことをするのだろうと、心の中で感服したりぼやいたり。。。

若者達が列をなして沖合を泳ぐしぶきがが、胸に沁みました。 3枚目の写真。 水泳線手前の白い細い波は、競技者が泳いでいる列です。

試合後、息子は無事だろうかと探していたら、「おつかれ!」と後ろから声をかけてくれました。 

逆やん。

息子のおかげで、日帰りでしたが、いい旅いい時間を持てました。  ‘寛永通宝’と、かたどられた砂を見下ろし、♪おーとーこだったぁらぁ ひとつに、かけーるぅー♪と、小さく歌ってから、帰ってきました~。

.

.Photo

.

.

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »