2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« 認知力と体力のアンバランス (ノ_-。) | トップページ | 百恵がマイクを置くように、 »

2014年8月 2日 (土)

脱走計画を練る。

またあなたの弟の話かよ、と、思われるかもしれません。すみません。書くことで少しは落ち着くので、私自身の心の消火です。 

転院先の知らせがないのは、私が「もう年休ありません。お盆にならないと転院につきそえませんーーー!」と担当の方に言ったためか、はたまた転院先が見つからないためか、わかりませんが、ひと月ずーーーーっと病棟が変わりつも、弟はお世話になっております、ほんとに大勢のスタッフ方の手をわずらわせて。

今日、見舞いに行ったならば、弟がナース室からスタスタスタと歩いてきましてビックリeye。 パジャマの胸ポケットには鉛筆1本と雑にたたんだメモ用紙。手にはA4用紙と鉛筆。
「ちょっとこっち来て。」と、弟が手招きするまま私もナース室へ。 弟はテーブル前の椅子に座り、「まー座り。」 看護師の方は「だいぶんしゃべれるようになったんですよ~。」と、にこにこ。 

弟:今日は車で来はったんか?
私:はいeye
弟:その車、何人乗りや?
私:4人乗り。軽(けい)ですけど。。。
弟:ちょー待ってや。こーゆーことやな。(と、おもむろにA4用紙に鉛筆で車を上から見た簡単図を描く。) ここに座って(と、運転席に漢字で‘姉’と書く)運転するんやな。
私:はいeye。 
弟:そしたら、や。 ここ(空いた座席)にオレが座る(と、自分の名前を漢字で書く)。 そしたら、ふたりで外へ出る。
私:出ません。 私だけ出ます。 
弟:なんでやねん。。。。。。あのな(と、私に言い聞かせるように)、ここの席は空いてるから、いっしょに帰れる。
私:帰れない。
看護師:まだ入院中やからねーーー。そや、部屋(病室)で話の続きをしたら?
弟:(その声かけには無視して私に)いっしょに帰るやろ?
私:帰らない。私はこれから仕事に行く(と、ウソついた)。 部屋に行こう。 
弟:ちょー待ってぇや。 (声をひそめて)2階にな、4つある。 
私:なにが?なにが4つあるん? あのな、まだ怪我が治ってないからここからは出られへんのや。ふたりでも、車でも、出られへんのや。
弟: ・  ・  ・  ・  。


私だけ病室へ行くと、何度も何度も手招きしてエレベーターや階段のあるほうへ誘おうとします。 自分が大ケガしたこと、ここは病院であること、みんなが治そうと&直そうとしてくれていること、がわかってないのかなぁ。 行くたびに「ここを出よう」と誘われます。 今日聞いたところによると、何回か脱走したようで、最長距離では病院の裏の通りまで。 

いま書いたように、自分が知りたいこと(病院からでること)については会話らしいピンポンはあるのだけれど、他から話しかけられたことには全くの無視です。 私、疲れてきてるのか、なにごとにつけ、弟のすることにだんだん腹が立ってきてます。

今日はぼそぼそしゃべりを卒業し、まるでオッサンが営業してるみたいなふうになっていまして、それはそれでうれしかったのですが、それよりもなによりも、何度も脱走を目論み実行しているということを知り、頭が真っ白になりました。 彼がどこまでを理解しているのかは、だれにもわからず、たとえば信号の意味を忘れていたり、変化についていけなかったりして事故ったりするかもしれません。 そのとき、本人だけじゃなく、周りにいる人が傷つくことになったら、、、、、! ぞっとします。 これから先、自分の興味本位で動き、社会的・人間関係的理解が今のままだったら、私は、これから先の人生を、彼の後ついて回らなきゃいけないのか? 老化以外の、障害を持つ者が入る施設はあるのか?

A4用紙に ‘病院で、頭と骨を治してください。m( _  _ )m 8月2日’と書いて見せると、
「なんやねんこれ」と言ってその紙持って立ちあがり、近くの看護師に尋ねていました。(尋ねる!これは進歩だ!)


看護師:(じっと、私の書いたのを読んで) ほんまや、こ・の・とおりや。
弟:   なんやねんこれ!

と、手に持ってた鉛筆で弟が赤二重アンダーラインを引いた言葉は、

‘8月2日’ でした。 

そっちかい!

お盆休みになったら、弟の車を廃車にして、マンションを解約して、などと考えていたのですが、廃車はともかくとして、ああも「帰りたい」攻撃をあびると、ひるんでしまいます。 けど、ひとり暮らしはどう考えてもムリやなぁ。 力はつよいし行動は機敏になってきたし、夜にもうろうろするし、並のヒトでは世話できません。 今はカラ家賃を支払っております。 やはり先の(労災のお金が出なくなってからの)出費のために、ここは、解約すべきなのか!

火曜日から新しい職場なので、気持ちの切り替えをうまくやらなくてはなりません。 もーーーー、なんやねんこれ!と、私も言いたい。 悪夢がひとつき続いているようです。

もうーーーーーーっ、なるようになるかっ?

« 認知力と体力のアンバランス (ノ_-。) | トップページ | 百恵がマイクを置くように、 »

実   家」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ_____。

とんでもない! 気に障るどころか、力をいただいているようで、心強く思います。

はい。朗読もお話会も舞台もお客さまと息を合わすと言う課題も、遠い世界になってしまいました。

またいつか。 きっとまたいつか!

こうやって、気づかいのエールを送って下さる人達がいること。 支えです。

僕が書く内容はネガティブなことが多いかもしれませんので、もしお気に障ることがあれば大変申し訳ありません。

いつも読ませて頂いていて感じることは、風さんはとても明るい方だから少しユーモアを交えて書かれているところがあるのかもしれませんが、実際はとても大変な思いをされているのだろうと推測しています。
もしかしたらご自身のやりたいことも諦めていること、諦めざるを得ないことも出ているのではないでしょうか・・・。
今は朗読などもそれどころじゃないと言う状況なのでしょう。

弟さんがだんだん回復されていることはとても喜ぶべきことですが、そのことでさらに風さんの負担が増えていることもあるのだろうと思います。

弟さんの言動の辻褄が合うようになり、自分の行動に自覚が持てるようになればとても喜ばしいことですしひと安心ですが、その前に風さんご自身が参ってしまわなければ良いのですが・・・。
風さんの体調面、生活面、全てに於いて。

こういう時に行政も何らかの形ででも力を貸してほしいものです。
本当にどうか風さんご自身のことも大切にされてくださいね。

よさこいっこさんへ_____。

ありがとう。
本日現在、本人はなぜここにいるのかがまだわかっておりませんが、辻褄がうまく合って本人自身の頭がすっきりすることを切に願っております。

おひるねおかんさんへ_____。

ありがとう。
寝て、食べて、飲んでますbeer
出血部分はだんだん吸収されていくのだそうですが、一度ダメになった脳細胞はフッカツしないのだそうです。回復も、人らしく、を願っております。

ひと月ほどで、この回復はスゴイんじゃないかな?
きっと頭の中で、いろんなことが少しずつ結びついて、辻褄があってくるようになると思いますよ。深く考えずに目の前の状況だけを処理して行きましょう。
うまく気分転換も図ってね。

こんにちは。
ちゃんと 寝てますか?
食べてますか?

すごい回復力や。
脳のダメージが吸収されてきてんねんな。

このまま 回復してほしいなぁ。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 認知力と体力のアンバランス (ノ_-。) | トップページ | 百恵がマイクを置くように、 »