2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 教えてください。 | トップページ | 脱走計画を練る。 »

2014年7月27日 (日)

認知力と体力のアンバランス (ノ_-。)

ご心配をおかけしています。

その後、弟の様子は日々変化し、オムツのまま介助で歩いてトイレまで行けるようになりました、周りにそう気づいてもらえた時だけですが。 ありがたいことです。 言葉もだいぶん出るようになりました。 日頃よく使っていた言葉なのか、「ちょっと待って」「とりあえず」「どうしようもない」「なんとかしてくれんとあかん」そして「いたい」「じゃま」。 単語だけじゃないです。ありがたいことです。

「じゃま」は、一生懸命救護やお世話をしてくださっている看護師に言った言葉です。 不快(手足の拘束、首骨折を守るための固定具、頑丈なミトン、自分をベッドに戻す人)から逃れるための言葉ばかりです。 ミトンを外すと、首の固定具をはぎとろうとするから必須アイテム。 力がかなり強いので、立ちあがってどこかへ逃れようとするのをおさえるのに、看護師4人がかりだったときに居合わせたこともあります。 口をかたく閉めてなにも食べません。 最初の流動食とお茶は飲み食いしたようですが。 昼夜逆転、夜になると、唸る・動く・ベッドから出ようとする。

怪我する前と、なんだか違う人間になって目覚めた感じです。

‘大怪我しているから(かなりの脳内出血や数か所の骨折)、まだまだ安静にしておかなくてはならない’とか‘身体回復のために食べたり薬飲んだりしなくてはならない’などの理屈が全くわかりません。 屈強なオッサンが、わけわからず動き回りたがる、ってかんじです。 私、言葉では、会話が成立しなくてもなんとか我慢強く対応できるのですが、力には限りがあり、弟が私を押しきろうとした時は申しわけないのですがナースコールしてしまいます。 他の患者さんもたくさんおられ、お忙しいでしょうに、「弟さんがわるいのじゃない。わるいのは病気ですから気になさらないでください」との言葉に思わず涙が出ました。

労災の申請や弟に来たケータイ、クレジットなどの支払いに少ない年休を削っております。せっかく皆さんにお知恵をお借りしているのに、他のことはまだ手つかずのまま気ばかり焦っております。 もうすぐリハビリ中心の病院へ転院するのには、説明聞ける家族の付き添いが必要。 年休なくなったらどうしよう・・・・と悩んだり。 

ま。

いまのところ、こんなかんじで、毎日、過ぎています。 

今日は今から弟のマンション(アパート?)まで請求書など届いてないか見に、部屋に風を通しに行きますrock。 それから、帰宅したら自分のこと。 履歴書の作成です~。 8月5日から新しい職場が内定しており、そこへ持参するものです。 次の仕事が決まっているだけでもラッキーですね。

« 教えてください。 | トップページ | 脱走計画を練る。 »

実   家」カテゴリの記事

コメント

pegaさんへ_____。

逆に、なんだかだんだんお手上げじょうたいになってきてる気がしてます。身体が回復し、身体機能も回復し(ペットボトルのキャップをはずす、とか、パジャマのボタンをとめて服を着る、とか、自販機でポカリを買うとか、エレベーターで階下へ行き人目をぬけだし外へ出てしまうとか)、どんどんできるようになってます。その分、ワケがわかってない理屈が通らないのが心配です。 

この先、私が、彼の後始末をしなければならないようになったら、仕事どころじゃない。病院の領域ではないだろうし。 

と、思いながら、今日は帰宅しました。 21時でしたーーcrying

よさこいっこさんへ_____。

ありがとう。
でも、身体だけ回復してくるということが、希望になるのかどうか。人の気持ちを推し量るとか、嬉しい悲しいの感情とか、自分がいまあるべき状態や理屈とか、人集団のきまりとか、そういうコミュニケーション能力だけが取り残されたら、社会的に犯罪など犯してしまったら、、、、、と、不安は膨らみます。
昨日は、人の少ない時間帯に、ひとりでエレベーターで下りて病院外へ出て、タクシーに乗ろうとしたそうです。

不安です。これからの私の残り人生にも関わってきます。

本当に、びっくりするほどの回復力ですね。
やはり若いというのは大きいと思います。
あとは、残った機能が、どこまで失った機能をリカバリーしてくれるか、です。

ですが、ここも予測が難しいです…。

しかし、病院の書類が17時までとは厳しい。できるだけたくさんの書類を一度にしないと、ですね。

その上、転職ですか。それも、風さんご自身にとっては、かなり負担のはず、、、。暑いし体力奪われるし、できれば週に半日でも、睡眠時間以外に、何もせずに横になる時間を作ってくださいね。

もう歩けるように、話せるようになったなんて、スゴイ回復力ですねeye
ご自分のこと、家族のことは判別できてるのかな?
でも事故当初のことを思うと、どんどん希望が見えてきている。良くなる一方なんだからsign01と思えば、気分はずっと楽ですね。
事務的なことを淡々とこなしてくださいね。
8月に転職ですか?
それも気分転換、と考えることにして…
ちょっと美味しいものを食べたり、なんていう小さな気分転換も大切にconfident

ヒロさんへ_____。

いつも言葉をかけていただいて、ありがとうございます。コメントしていただけるだけで、力になります。

労災の書類を労働基準監督署?へ提出するのは、職場がやってくれるのですが、病院が記載押印するところもあり、医療保障申請書の書き込み依頼と受け取り、器具購入申請書の書き込み依頼と受け取り。あ、警察へ渡す診断書の申請。すべて家族または本人が病院の受付へ17時までに行かなくてはならないのです。仕事してるもんもいるのだから、受付時間をもうちょっとなんとかしてほしいもんですー。

弟さん、回復の兆しが見えてきているようで安心しました。
でも意識が不十分な中で体だけ動き回れるようになると、それはそれで大変な一面があるのですね。

逆に風さんの生活やお身体の方が心配になってしまいます。
何のお力になることもできないし、いつも同じことしか言えないことがすごく申し訳ないのですが、どうかご無理されず風さんご自身のお体を大切にしてくださいね。

労災の申請とかって仕事中の事故だったら会社がやってくれることはないのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教えてください。 | トップページ | 脱走計画を練る。 »