2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「本能寺が燃える」 | トップページ | 雨 後 。 »

2014年6月22日 (日)

通勤道5景(東寺編)


今回は、勤務地である東寺近辺から帰り道をたどります。Photo

普通の住宅地。 どの路地(ろぉじ:アクセントは‘ぉ’)を歩いてても住宅屋根から見える東寺の塔。 この東寺ができた当時は(ぁ。ダジャレやんbleah)家並みの高さも低かったやろうし、電柱もなかったやろから、さぞかしどどーーーんと威厳ある大きな存在やったんやろなーーって思いながら、行きに帰りに歩いております。 

そう。 勤務地は、電車を下りてからさらに徒歩10分です。 息子には、「どうせ歩くんやったら、京都駅から東寺駅までひと駅なんやし、そのひと駅分も歩いたら? ( ´・ω・`)チラッ」と、言われております。 (  ̄^ ̄)ゞラジャと、即答できないのが、くるしいところでして。。。。sweat02

.

仕事の要領が悪くてちょっと帰りが遅くなりますと、濡れたタオル入りPhoto_3洗面器を持った人に会うときがあります。 おっちゃんもおばちゃんも、すれちがうと石鹸のいい香りがします。 木の葉でかくれてるけど、寿湯という名の風呂屋です。

あー私もはやく帰って風呂に入りたい! 切にそう願う瞬間であります。 しかし我が家ははるか北。 どんなに背伸びをしても、ここからは比叡の山も見えません。

あとね。 ここは何年か前はりっぱな蔵やったんやろなぁ、とか、○に米と書いた看板とか、今も現役の手焼き煎餅屋さんとか。 な~んかなつかしい街並です。

.

京都駅の改札前。 京都駅は乗り換え駅ですので、朝はすっごい人・ひと・人! Photo_4
人の川ができます。 改札に入る人達の川。 改札から出てくる人達の川。 怒涛のように速い流れを、シュシュシュシュシュと忍者のようにすりぬけて横断し、私も改札へと向かうのであります。

旅行客にまぎれてJRか長距離バスにふらぁっと乗り込み、どこか遠くへ行ってしまいたい気になるときも、、、、、ありますのんぇ。

お土産屋さんで他府県人の顔をして、茶団子や生八つ橋を大人買いし、家でこっそりひとりでバカバカ食べたい気になるときも、、、、、ありますのんぇ。

.

地下鉄に乗って約20分。ひたすら北へと向かいます。 めざすは終点、国際会Photo_5
館駅。

電車の中に、母校の宣伝チラシ、見っけー。 最近やたらと宣伝したはります。 新しい学部もできてるようですね。

地下鉄のこのまとまった20分は、なにかに利用できそうなのですけれど、ところがどっこい、行きも帰りもひたすらボーーーーっとしております。 行きは、ケータイでニュースを確認したり、その日のボスの予定を確認したり、、、は、しておきます。 えらいなーワタシ。 (自分で言うとこ。)

.

そして終点。 地上に出たらば、比叡がでーんと待っててくれています。 気温もPhoto_6
すこしちがいます。 心なしか、涼しいnote。 

私は、こんなにも圧倒的な緑に囲まれて暮らしているんだと、実感できるうれしい瞬間です。

ただいま~~~。 

*以上、通勤時間約1時間とちょっと。 遠ォ~~~。

« 「本能寺が燃える」 | トップページ | 雨 後 。 »

コメント

pegaさんへ_____。

そっそんなっ! なんぼなんでも東寺・京都駅まではムリっすーーーpaper
私にとっちゃぁ、本庁までがセキノヤマbicycle
行きだおれます。 仕事するチカラ、なくなっちゃいます。

おひるねおかんさんへ_____。

そうなんだよね~~。 職場に着いたら、おつかれ~~、じゃぁねぇ。
これから暑いしなー。 汗だくだくで仕事始めるのもなー。
。。。。。なんて、悩んでるうちに電車に乗っちゃうsmile

あ、失礼しました。
東福寺でなく、東寺ですね^^

遠いところまで通勤しているのですね^^
なぜ、私鉄でなく地下鉄?っとちょっと思いますが^^;;;;;

あと、歩くのが無理なら、チャリ通勤はどうですか^^
河川敷をひたすら下ればあっという間^^
でも「行きはよいよい~帰りは…」ですけどねえ。

最近、京都駅くらいなら、自転車で行ってしまうことも多いです。
毎日は嫌だけどなあ、週に1~2度くらいから、どうですか^^

あ~
京都駅から東寺まで歩けと。。。。。
う~ん。。。。
帰りはいいけど
行きからつかれたくないなぁ。。。。。

比叡山がやさしく おかえりって言ってるよ。
おつかれさま~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「本能寺が燃える」 | トップページ | 雨 後 。 »