2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 定期券に、えぇっ! w(゚o゚)w | トップページ | 通勤道5景(東寺編) »

2014年6月21日 (土)

「本能寺が燃える」

京都劇場へ「本能寺が燃える」というミュージカルを観に行ってきました。Photo

コンタクトレンズの懸賞(?)に応募したら、当選したんですnote。 しかも京都駅は通勤途中にあるから定期券で行けるし、交通費もゼロだーー。(だから応募したんですけどねsmile。)

 

今日は、西暦で言うと、本能寺の変があった日なのだそうです。 1582年。 432年前sign01。 なんてはるかな時の流れでしょclock

 

明智光秀は、この‘変’の後、逃亡中、農民に殺されたのではなくて、生き延びて天海になったという設定。 ‘明智光秀=天海’説ですね。 光秀は若き頃、美濃の斎藤道三につかえていました。 彼は、道三の娘・帰蝶に恋していたのですけれど、帰蝶は美濃の為、信長と結婚。 お濃と呼ばれるようになります。 天海扮する江守徹が、若き日の光秀と台詞をハモる(なんて言うんでしたっけ?、こういうの)場面、帰蝶を思いつつ一生を終える場面では涙が出ました。 

 

バックスクリーン? いやちがう。 なんて言うんでしたっけー、こういうの? もうだいぶん遠ざかってますから、忘れてます。   ぁ、ホリゾント! そうそうホリゾント。 そこからさらに舞台をはみ出て映る‘光の切り絵’がとても美しく、舞台上でのアンサンブル生演奏も心地よく。。。。。楽団横にしつらえられた狂言っぽい舞台も私には珍しかったです。 狂言のように足をドンっと響かせることでも音効果があり、また狭い舞台上での役者の位置を変えることによって、なんだか役者をズームインしてるみたいだな~と思えたりすることもありました。 

 

休憩をはさんでの3時間公演! さぞ力が要るだろうと思う中で、両脇を共演者に支えられて退場した江守徹の様子にも感嘆し。。。。(なんだか具合が悪そうでした)。

 

巻き舌の信長に「ラップを入れてもよさそうだflair」と思い、 帰蝶のソプラノに「時代モンでソプラノかぁ~」とびっくりし、 足利義昭のキャラにフッと笑い。。。。。

 

ひさしぶりに、心が動きました。 

 

役者やスタッフの方々もそうでしょうけど、観ている私も、432年前の別世界に行けました。 

 

疲れがとれました。 息ができました。

 

« 定期券に、えぇっ! w(゚o゚)w | トップページ | 通勤道5景(東寺編) »

コメント

おひるねおかんさんへ_____。

はいーーー。 当たりましたーーーhappy01

そうそう。江守徹の朗読「ハリーポッター」をCDで聴いたことがあります。 朗読会には行ってませんけど。
でもね。ほんと、ぐあいわるそうでした。 滑舌も、もひとつ、あやうげでしたthink

いや~
よかったね~
ええもん あたったね~

朗読にも 応用できそうだね~
江守徹さんて よく 朗読会にでてない?

もりりんさんへ_____。

100分休憩無しの二人芝居! それもけっこうやなぁ。 100分も、芝居してる世界へ入り込む集中力がすごい!
そのおかげで頭が緩むんやね。

ツキがまわってきてるという、その言葉も私の中へ入れて、今後わたしの力をどこへ向けるかを考えています。

いやぁ、ええもん見たね、それもただで。懸賞に当たるっていうのは、ツキが回ってきてるってことやね、きっと。
私は今日はアルティへカトケン見に行ってきたよ。100分休憩無しの二人芝居、「請願」。アフタートークもあって結構楽しめた。そして、キュッとなってた頭が緩んだ。やっぱり芝居はええなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定期券に、えぇっ! w(゚o゚)w | トップページ | 通勤道5景(東寺編) »