« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

85歳のネット入門

父が新しいパソコンを買った。 今までのパソコンはネット契約をしていなくて、かつ、もう機種が古いから、ネットを使えるパソコンが欲しかった(???)、と言う。 知人がみんなパソコンでメールしてるから、たまに会っても話が合わないのだそうだ。

実家に帰り、さっそくその知人方のメルアド登録を父のかわりにした。 母は、そういう新しいモノ・コトを覚える気が全くないから、ノータッチ。 補聴器をイヤホンに換えてテレビ時代劇を見ている。 メルアド登録した後、メールのやり方を父に伝授。 

父は、メモ用紙と鉛筆を持って、何度も同じことを質問する。 いつのまにかすこしイライラし早口で説明している自分に気づく。 反省反省sweat01。 自分が職場でわからないことを訊いているときのいつもの気持ちを、父にさせてしまっている。 相手に申し訳ないような、ワカラナイ自分がなさけないようなたまらない気持ち。 だめだな~~。 一生懸命ワカロウとしているのにワカラナイ時のなさけなさを、忘れちゃダメだ。

数日たって父より電話。  

「ひとりからはメールの返事がちゃんと来たんやけどな、もうひとりは返事を英語で書いてくるんや。 なんぼメールに慣れてるからっちゅうても、英語で返事されても意味がわからんsweat02

それな。 返事が来てるんとちゃうで。 こっちからのメールが届いてない、って英語で書いてあるような気がする。 私のメルアド入力が間違ってたんかも。。。

という私の説明もあやふや理解だったらしく、父は結局、後日、パソコンを持ってきてくれた街の電器屋さんを呼んだ

ところで、

古いほうのパソコンはというと、これもまだ捨てずに父は使っている。 プリンターとつながっているのはこの古い方で、お世話している○○会の名簿とか、なにやら秘密で(?)作っている話とか、年賀状作成はこっちを使うのだそうだ。 私は、もう新しい方ひとつにまとめたほうが空間もすっきりしていいと思うのだが、父はこの方が頭の中が整理しやすいようなので、まぁ、それはそれでよい。 

「こないだ名簿作っててな。 よし、これで完成!と思ってエンターを押したら、なーんかヘンになってしもた。 直して。」
と依頼されたのだけれど、私にもわからない。 Wordで表を作ることって、最近ないしなー。忘れてるかも。 あ、そーや。 表を作るんやったら、Excelにしたら? と、強引にExcelの表にしてしまったワタシ。 父の頭、混乱したかしら? しかも、いろいろと試しているうちにプリンターが作動しなくなってしまった。 

それでも怒らずに「新しい表の方も練習するわ。」と言い、ゆ・・・・・・くりと時間かけてプリントする手順を追って父が作業したら、5分ぐらいしてプリンターが動き出した。

年金もらってるモンのプリンターやから、このぐらいの速さでええんや、とかけてくれた父の言葉に、なんだか胸がいっぱいになる。 パソコンを使えるようになりたいから、もっと長生きしたいわ、と父。 

よしっ。 ゆっくりでええから、まだまだ前に進んでやぁ。

| | コメント (2)

2014年6月27日 (金)

雨 後 。

Photo


          いつだったか。

          地下をたどって北へ帰り、地上へ出ると、雨の後でした。

          地面は濡れており、空気は洗われて森のいい香り。

          手入れの及ばない我が庭も、生き返っておりました。

          蝶が、

          アガパンサスの蕾につながってびくともせず

          まるで一体化した彫像のよう。

          し --------------- っ!

          まだ飛ばせちゃだめ。

          ここへ越してきて初めて見た蝶だもの。

          ここが正念場。

          ゆっくり雨を乾かして、

          じっくり空を見定めて、

          青く明るくなってから、飛んで行きなさいよ。

| | コメント (0)

2014年6月22日 (日)

通勤道5景(東寺編)


今回は、勤務地である東寺近辺から帰り道をたどります。Photo

普通の住宅地。 どの路地(ろぉじ:アクセントは‘ぉ’)を歩いてても住宅屋根から見える東寺の塔。 この東寺ができた当時は(ぁ。ダジャレやんbleah)家並みの高さも低かったやろうし、電柱もなかったやろから、さぞかしどどーーーんと威厳ある大きな存在やったんやろなーーって思いながら、行きに帰りに歩いております。 

そう。 勤務地は、電車を下りてからさらに徒歩10分です。 息子には、「どうせ歩くんやったら、京都駅から東寺駅までひと駅なんやし、そのひと駅分も歩いたら? ( ´・ω・`)チラッ」と、言われております。 (  ̄^ ̄)ゞラジャと、即答できないのが、くるしいところでして。。。。sweat02

.

仕事の要領が悪くてちょっと帰りが遅くなりますと、濡れたタオル入りPhoto_3洗面器を持った人に会うときがあります。 おっちゃんもおばちゃんも、すれちがうと石鹸のいい香りがします。 木の葉でかくれてるけど、寿湯という名の風呂屋です。

あー私もはやく帰って風呂に入りたい! 切にそう願う瞬間であります。 しかし我が家ははるか北。 どんなに背伸びをしても、ここからは比叡の山も見えません。

あとね。 ここは何年か前はりっぱな蔵やったんやろなぁ、とか、○に米と書いた看板とか、今も現役の手焼き煎餅屋さんとか。 な~んかなつかしい街並です。

.

京都駅の改札前。 京都駅は乗り換え駅ですので、朝はすっごい人・ひと・人! Photo_4
人の川ができます。 改札に入る人達の川。 改札から出てくる人達の川。 怒涛のように速い流れを、シュシュシュシュシュと忍者のようにすりぬけて横断し、私も改札へと向かうのであります。

旅行客にまぎれてJRか長距離バスにふらぁっと乗り込み、どこか遠くへ行ってしまいたい気になるときも、、、、、ありますのんぇ。

お土産屋さんで他府県人の顔をして、茶団子や生八つ橋を大人買いし、家でこっそりひとりでバカバカ食べたい気になるときも、、、、、ありますのんぇ。

.

地下鉄に乗って約20分。ひたすら北へと向かいます。 めざすは終点、国際会Photo_5
館駅。

電車の中に、母校の宣伝チラシ、見っけー。 最近やたらと宣伝したはります。 新しい学部もできてるようですね。

地下鉄のこのまとまった20分は、なにかに利用できそうなのですけれど、ところがどっこい、行きも帰りもひたすらボーーーーっとしております。 行きは、ケータイでニュースを確認したり、その日のボスの予定を確認したり、、、は、しておきます。 えらいなーワタシ。 (自分で言うとこ。)

.

そして終点。 地上に出たらば、比叡がでーんと待っててくれています。 気温もPhoto_6
すこしちがいます。 心なしか、涼しいnote。 

私は、こんなにも圧倒的な緑に囲まれて暮らしているんだと、実感できるうれしい瞬間です。

ただいま~~~。 

*以上、通勤時間約1時間とちょっと。 遠ォ~~~。

| | コメント (5)

2014年6月21日 (土)

「本能寺が燃える」

京都劇場へ「本能寺が燃える」というミュージカルを観に行ってきました。Photo

コンタクトレンズの懸賞(?)に応募したら、当選したんですnote。 しかも京都駅は通勤途中にあるから定期券で行けるし、交通費もゼロだーー。(だから応募したんですけどねsmile。)

 

今日は、西暦で言うと、本能寺の変があった日なのだそうです。 1582年。 432年前sign01。 なんてはるかな時の流れでしょclock

 

明智光秀は、この‘変’の後、逃亡中、農民に殺されたのではなくて、生き延びて天海になったという設定。 ‘明智光秀=天海’説ですね。 光秀は若き頃、美濃の斎藤道三につかえていました。 彼は、道三の娘・帰蝶に恋していたのですけれど、帰蝶は美濃の為、信長と結婚。 お濃と呼ばれるようになります。 天海扮する江守徹が、若き日の光秀と台詞をハモる(なんて言うんでしたっけ?、こういうの)場面、帰蝶を思いつつ一生を終える場面では涙が出ました。 

 

バックスクリーン? いやちがう。 なんて言うんでしたっけー、こういうの? もうだいぶん遠ざかってますから、忘れてます。   ぁ、ホリゾント! そうそうホリゾント。 そこからさらに舞台をはみ出て映る‘光の切り絵’がとても美しく、舞台上でのアンサンブル生演奏も心地よく。。。。。楽団横にしつらえられた狂言っぽい舞台も私には珍しかったです。 狂言のように足をドンっと響かせることでも音効果があり、また狭い舞台上での役者の位置を変えることによって、なんだか役者をズームインしてるみたいだな~と思えたりすることもありました。 

 

休憩をはさんでの3時間公演! さぞ力が要るだろうと思う中で、両脇を共演者に支えられて退場した江守徹の様子にも感嘆し。。。。(なんだか具合が悪そうでした)。

 

巻き舌の信長に「ラップを入れてもよさそうだflair」と思い、 帰蝶のソプラノに「時代モンでソプラノかぁ~」とびっくりし、 足利義昭のキャラにフッと笑い。。。。。

 

ひさしぶりに、心が動きました。 

 

役者やスタッフの方々もそうでしょうけど、観ている私も、432年前の別世界に行けました。 

 

疲れがとれました。 息ができました。

 

| | コメント (4)

2014年6月14日 (土)

定期券に、えぇっ! w(゚o゚)w

Photo風はんな、疲れたはりますわ。

.

Photo_3そーさなぁ。 電車の中で、くてっ。

.

Photo電車の中で、じっと手を見る。。。やなかった。 じっと定期券を見る、意味もなく。

.

Photo_3意味もなく。 そらコワイ。 ほんでどーした?

.

Photoじ・・・っと、ぼーーーーーっと、自分の定期券を見てたら、突然、「えっ?!」 w(゚o゚)wと小さく叫んだね。

.

Photo_3叫んだかい? それもコワくない?

.

Photoって、急に2人とも関東アクセントになってしもたがな。

.

Photo_3まーまーえーがな。 ほんでや。 なんで「えっ?!」 w(゚o゚)wと叫んだんや、電車の中で。

.

Photo定期券に、ある数字が書かれてあることに気づいたんや。


.

Photo_3そら定期券やもん、数字ぐらい書いてあるやろ。 有効期限とか、値段とか。

. 

Photo有効期限やら値段ぐらいやったら、風さんも、「えっ?!」 w(゚o゚)wと叫ばへんがな。 名前の横にな、‘**才’って、太字のゴシックで書いてあったんや。

 

Photo_3あ~、ほんで、「えっ?!」 w(゚o゚)wっとなったわけやな。

.

Photo今まで2か月とちょっと、定期券持って電車の中で座ってたやろ?

.

Photo_3ふむふむ。

.

Photoほんならや。 横に座ってた女子高生やサラリーマンが気づくわけやね。「あ~このひと、**才なんやな。」って。

Photo_3まー、ちょっとイヤかもな。

.

Photo名前を書いてあることも知らんかったみたいやで。

.

Photo_3まー、きょうび、そーゆーのんは個人情報っちゅうことやわな。

.

Photo個人情報をばーーーんと出して車内に座ってた。しかも2か月。しかも知らんと。

.

Photo_3磁気かなんかで書き込んであるんやから、そんなん、わざわざ字ぃで書かんでもええ、っちゅうのが、風さんの言い分やな。 せめて、**のあとの‘才’はいらんやろ、っちゅうわけや。

Photoま。疲れてるから、駅に文句言いに行く元気もないやろけどな。

| | コメント (1)

2014年6月10日 (火)

‘日の名前’

‘日の名前’と言えば、今までの私の日常では、

たとえば、月曜日・火曜日・水曜日・・・。

たとえば、子どもの日・クリスマス・誕生日・卒業の日・記念日・・・。

しかしthink

今の仕事では、

起案日・負担行為確定日・履行年月日・各課要求受付日・納品日・請求日・決定日・・・。

なんなんだこれはwobbly。 

各課要求受付日・・・・・・ってー、どこの課がどんな要求を受け付ける日なんですか? どこかがなにかを要求してるんですか?  なんて、尋ねてしまうcoldsweats02

しかも、

この日付の順序がテレコになっちゃったりすると、支払いが行われなかったりする。

やりなおしー。 (;´д`)トホホ…

きっちりと。 きっちりと。

あちゃーーーbearing

一日は、一日じゃないか。

そうだ。

そうだった。

いい人に出逢った日・洗濯物がよく乾いた日・夏が来た日・しんどい日・・・

それでよかったのになぁ。

いやthink

だめだだめだ。 

いろんな日があるのだ。

稼がなきゃ。 進まなきゃ。 punch

| | コメント (2)

2014年6月 8日 (日)

なんてじょうずに!

庭で見つけたPhoto

旅立ち寸前。 

たんぽぽ達。

みんなで集まったところが

まんまるだ。

どうやって揃えたんやろぅ。

.

.Photo_2

.

引っ越し途中。

みのむし。

落葉をつかって

シックな色合い。

どうやって見立てたんやろぅ。

.

.

        休みになると、

           こんなところにも

               目と心が行くんやな。

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »